葉酸、妊活研究

最近、雑誌などでよく特集を組まれている、葉酸と妊活について詳しく書いていこうと思います・・・

今までと違って便秘しやすい、という妊婦さんはちらほら

2017年04月21日 | 日記
今までと違って便秘しやすい、という妊婦さんはちらほらいらっしゃるようです。


腸の動きを活発にし、便秘を解消するためには腸内環境が正常でないとどれほど食事に気をつけて栄養を摂るようにしても、栄養素は十分吸収されません。


腸内細菌の働きで、葉酸をはじめとした栄養素が吸収が進むわけで葉酸など栄養素を十分に摂取したければ、腸内環境を正常に保つことを考えた方がいいでしょう。


漢方を妊活のために服用する人も多くいます。


漢方による体質改善効果で身体を妊娠しやすくするのに役立ちます。


近頃はドラッグストアでも買うことができ、容易に手に入れることが可能です。


「費用が心配」という方には漢方療法を不妊治療に取り入れている病院に診てもらうことをおすすめします。


お医者さんの診察が必須ですが、健康保険適用となり、費用がおさえられるでしょう。


パッと見では何の関係もなさそうなのですが、妊娠と歯の健康という二つのものの間には、強いかかわりがあるということが明らかになっています。


日々の絶え間ない研究の成果により、自覚なく多くの人が罹病している歯周病の影響によって早産であったり、低体重児であったりのリスク因子であることが明らかになったのです。


妊娠中は控えた方がいい治療というものも存在しています。


妊活をしている方で歯医者さんにずっと行っていない場合は今のうちに診てもらうことをおすすめします。


一般的に、多くの葉酸を含んでいると言われる野菜は、高い栄養価で知られるモロヘイヤや、小松菜、菜の花などの青菜系の葉菜が多いようです。


妊娠後、早めにこれらの食材を摂取することによって、胎児の先天異常を発症させにくくするという報告があります。


とはいえ、毎日たくさんの野菜を摂取するのは大変ですよね。


そんな時には他の食材で補っても構いません。


例えば納豆やホタテといったもので葉酸を摂取するのを勧めたいものです。


レバーやほうれん草なら、葉酸が多く含まれると知られていますが、毎日食べ続けるのは無理な話で、継続して摂るのはなかなか難しいのです。


葉酸の所要量を満たしていくためには、食事からの摂取のみでたくさん摂ろうと考えるのではなく、上手に栄養補助食品などを使っていくべきです。


葉酸を摂るためにどうしたらいいか、最適な方法を考えて毎日しっかり葉酸を摂るようにしたいものです。
ジャンル:
モブログ
この記事についてブログを書く
« 今、二人子供がいます。二人目 | トップ | 妊娠してから病院が行う栄養指導 »