YOU-PROJECT BLOG

YOU-PROJECTのウェブログです。
毎週月曜に座付き演出家松浦友が書く「演出者の眼」が掲載されます。

近況

2017年06月19日 | 演出者の目
休む前は、過去を懐かしがっていましたが、しばし近況を。

先週は、チラシ挿絵を2003,2004年、2006年と提供していただいた宮崎智晴君 http://blog.livedoor.jp/silverpoint38/
の結婚式に参加して、いろいろがんばりました。

スピーチとか披露宴でのゲームとか。

なぎさ高校での舞台芸術(三年生)は、初めて台本を書こうかな、と思っております。

と、いってもCDFの手法を生かしてワークショップをしながら作るやつです。

ハーフ2以来、俳優さんと稽古しながら作品を書いてみたいなあ、という欲があります。

枚方演劇連絡会では、新たに大学にワークショップを端緒として切り込んでみようと思っています。

あ、あと合宿して制作するのを本気で考えていて、枚方市穂谷の野外活動センター http://hirakata-taikyo.org/hao/
に行ってきました。

城崎アートセンターもよさそうですし。

あとは、枚方公園のワークショップの準備とか、絵本原作やじゅぶナイルに今年こそ手をだしたいなあ、など。

また、つれづれに綴っていくパターンに変えた方が、ちゃんと書くかなあ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

元気です!!

2017年06月12日 | プロデューサーズボイス
すみません。

一週まるまる抜けてしまいました。

書き始めた時からしないようにと思っていたのですが。

火曜日から少しのど風邪にかかり、高校の授業をお休みするも、痛いのどを抱えながら担当の先生に電話で指示を出したりしているうちに、これを投稿するのを忘れていました。。。

さて、まだ声はおかしいですが、全力で6月7月のワークショップ月間を走り抜けます。

まずは6月24日土曜日、枚方演劇連絡会主催の「芝居体験」です。

きむたか倶楽部さんは、しっかり大人が指導し、子供たちが踊る、素晴らしい劇団です。

無料の公開稽古ですから、ぜひとも足をお運びください。

私、松浦も劇場時代のようにアテンドをして受付とかやってますので、顔を見がてらお立ち寄りください。

ws@you-project.com あてに申込してください。おそらく当日、来ていただいても大丈夫です。


芝☆居☆体☆験 第一回 6月24日(土)18:30-20:30(受付開始20分前)

ナビゲーター:ひらかた肝高倶楽部

タイトル:「火焔の蝦夷阿弖流為」公開稽古

内  容:「ひらかた肝高(きむたか)倶楽部」は、2011年夏、枚方市で上演された現代版組踊「肝高の阿麻和利(あまわり)」を機会に結成されたクラブです。 私たちはこの舞台に触発され、枚方の歴史ロマンを題材にした物語「火怨の蝦夷 阿弖流為(かえんのえみし あてるい」の公演を2012年から継続して上演しています。

参加費:無料

会  場:牧野生涯学習市民センター 〒573-1143 大阪府枚方市宇山町4−5
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

7月26日のワークショップ続報

2017年05月31日 | プロデューサーズボイス
ほんの少し体調を崩していました。すみません、曜日変わっても相変わらず更新が遅れています・・・

しかもプロデューサーズボイス。

演出家は沈黙しています。


さて、お知らせしていた7月26日のワークショップですが、もう少し情報出します。

<タイトル> 中高生向け 演劇ワークショップ
「お芝居を楽しくやってみよう!」

お芝居を始めてみたい人
学校の部活でお芝居をやっている人
演技が上手くなりたい人
お芝居に興味がある人
ぜひ、ご参加ください。

<日時> 7月26日(水)午後1時~4時
<場所> 枚方公園青少年センター(3Fホール)

<内容> テーマ「楽しくお芝居をやってみよう!」
「楽しくお芝居をやってみよう!」

 「シアターゲーム」という演劇的要素を取り入れたゲームをしてから、短いシーンを実際に創ってみます。同じ内容のはずなのに、やる人たちによってこんなにも違うものになるなんて・・・。これが“演出”の力ってやつか。
 
現役演出家によるナビゲートに沿って、演劇の幅と広さと深さを感じていただきます。お芝居って技術と創造性なんだと感じられる、体験講座です。
 最初はリラックスした状態でワークショップを受けられるようにストレッチやリラクゼーションを行いますので、動きやすい服装でお越しください。
<対象者> 中学校・高校生
<定員> 20名
<持ち物> 動きやすい服装、タオル、水筒など
<参加費> 無料

申込先、主催などは追って出します。
まずは、興味ある方、お時間あけておいてください。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

7月26日中高生向けワークショップ

2017年05月22日 | プロデューサーズボイス
これはまだ、ある程度オフレコ情報なんですが、7月26日(水)13:00-16:00で、中高生向けにワークショップやります。

おそらく昨年公演した枚方公園青少年センターです。

内容は、わりと演出家が行う、ある程度専門的なワークになる予定です。

たぶんセリフを扱います。


なにぶん演出家がちっとも執筆しないので・・・。

情報を少し早いですがリークしていくしか・・・。


秋以降、本体のYOU-PROJECTも秋から再始動します。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

芝☆居☆体☆験

2017年05月15日 | プロデューサーズボイス
さて「演出者の目」を月曜連載に切り替えましたが、初っ端からプロデューサーによるお知らせです。
わたくし、枚方演劇連絡会の副会長になっておりまして、枚方の劇団・個人によりますワークショップシリーズ企画を始めました。

京都のワークショップで育った私としては、枚方で演劇に親しんだ中高生(僕はクラブではなく文化祭でした)たちが成長しても何らかの形で演劇と関われる場を作り続けたいと思いますし、逆に全くやったことがない人たちがフラッと立ち寄れるようなそんな場所があれば、と考えてきました。
そうして、かつてはCDFという集団演劇創作ワークショップをやり続けて10年、民間で個人でやり続けるのは無理と判断して急死して7年、こんなシリーズを企画しました。

芝☆居☆体☆験

枚方演劇連絡会では6月より、加盟劇団・個人によるワークショップシリーズを始動させます。

毎年秋に、講師をお招きしていろんなジャンルの演劇ワークショップを開催してきましたが、これからは毎月、連絡会員自身がナビゲーターとなって皆様に演劇体験を提供します。
何かを教えたりするような演劇教室ではなく、公開稽古や体験型の一緒に楽しむ「芝居体験!」です。

第一回 6月24日(土)18:30-20:30(受付開始20分前)
ナビゲーター:ひらかた肝高倶楽部
タイトル:「火焔の蝦夷阿弖流為」公開稽古
内  容:「ひらかた肝高(きむたか)倶楽部」は、2011年夏、枚方市で上演された現代版組踊「肝高の阿麻和利(あまわり)」を機会に結成されたクラブです。 私たちはこの舞台に触発され、枚方の歴史ロマンを題材にした物語「火怨の蝦夷 阿弖流為(かえんのえみし あてるい」の公演を2012年から継続して上演しています。
参加費:無料
会  場:牧野生涯学習市民センター
〒573-1143 大阪府枚方市宇山町4−5


第二回 7月22日(土)18:30-21:00(受付開始15分前)
ナビゲーター:YOU-PROJECT
タイトル:演劇的朗読会「本を読む」
内  容:皆で持ち寄った大好きな本を読み合います。ただしこれは演劇的朗読会なので、読み手が聴き方を、聴衆に指示出来ます。目をつぶったり寝転んだり、効果音を聴き手が出した事もありました。どんな風に朗読が演出されるかお楽しみに。
参加費:500円
会 場:楠葉生涯学習市民センター視聴覚室
〒573-1118 大阪府枚方市楠葉並木2丁目29−5

申込方法:氏名・年齢・人数を明記してws@you-project.com 宛にご予約ください。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「演出者の目」月曜に移動します

2017年05月13日 | 演出者の目
連載している「演出者の目」を木曜日から月曜日に移動させます。
おそらく、新たなワークショップ情報をお伝えできるかと思います。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ベルギー版「思い出せない夢のいくつか」

2017年05月06日 | 演出者の目
またまたおそくなってしまいました。

今回は、ほとんど日記みたいな感じになります。

30日18時の回、こまばアゴラ劇場での「思い出せない夢のいくつか」を見てきました。
面白かったです。

なかなか、自分が演出した作品を翌年に同時代の外国の演出家、しかも性別も年代も(まあ、ここは30代と20代というだけの違いですが)異なる人のものを見る機会はなく、それもこれも平田オリザさんという同時代の巨星の作品ゆえだと思います。

感心したのは、会話劇的に「ああー、こうした方が確かによかったなあ」というところがいくつかあったことです。
言語が異なるのに(フランス語なのに)、オノマトペ?がない言語なのに。
すごいですね。

銀河鉄道の夜に、僕の作品ほど寄せていなっかったのと、赤色巨星のところをさらっとやっていたのが、若干残念でしたがこれは全くもって解釈の違い、年代の違い、国の違いかな、と。

スペイン村にも取材に行ったんですが、フラメンコ舞台についてはもう少し消化が必要ですし、そもそも批評できるほど僕はすごくないので。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今週も休載しました

2017年04月29日 | プロデューサーズボイス
またもや2日遅れになってしまいました。

今週も休載です。

しかし、朗報です。まだ詳細発表できませんが、枚方演劇連絡会で毎月ワークショップをやっていきます。

その中で個人会員である松浦がナビゲーターとなるワークショップもいくつか行う予定です。

お楽しみに。

直近では現在、7月22日土曜日午後の予定です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今週休載です。

2017年04月20日 | プロデューサーズボイス
今週も休載で申し訳ありません。

一応、とまっている感じの、新たなワークショップ企画は進行中です。

・枚方演劇連絡会でもワークショップ事業を開始しようとしています。

・枚方なぎさ高校で「舞台芸術」の授業も始りました。

・演出家は相当数の漫画・小説・ドラマ・映画を見て取材・勉強だけはしています。
 (特に過去に見たものを見直したりしています。自分の作品も含めマトリックスやスタンドバイミーなど)

と、いうことで今しばらく文章はお待ちください。


いつもご愛読ありがとうございます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Ecole Philippe Goulier@London(2002年6月)

2017年04月15日 | 演出者の目
またもや三日あいてしまいました。

これ以上書かないと、プロフィール欄の次の部分が流行りの(いや流行りではないか)「経歴詐称」と言われてしまうかと思いました。

演出担当の松浦がロンドンのEcole Philippe Goulierにて”Writing and Directing”受講。

まあ、昔はこれを書かないとあんまりプロフィールが埋まらなかったのと、ウエストエンドでもソウルのテハンノでも必ずお芝居のパンフレットには俳優や演出家がどこの教育機関でトレーニングを受けたかが書かれていたので、それをまねたつもりもありました。

でも正直にそのひと月後には「Creating Drama Factory 2002」を企画・制作と書いて、留学がたった一ヶ月であることは書いてあります。

また、普通に考えて7月からバケーションに向こうはなりますから、何も「一年間行ってきた」みたいな箔をつける感じで書いたわけではありません。

でも、このときの体験が本当に僕の演出人生を支えているのは事実ですし、この留学(自費)によって、今まで演出を続けている動機づけにもなっています。

とにかくフィリップが直接指示を出していくその演出術もそうですが、世界各国から集まった他の生徒たち(名前だけは聞いたことのあったエストニアとかイスラエル、スウエーデン、スイス)との交流(主にしゃべったというよりは周囲にいて演技や話を聞いただけですけれど)、そして6月のロンドンの美しさとそこで見た美術と演劇の革新性(ベーカー街のホームズのお宅にもお邪魔しましたが)に本当に刺激を受けて、細々とやっていくつもりが、こんなにも(といっても他から比べれば小さいですけど)大々的に劇団としてやっていけているのだと思います

コメント
この記事をはてなブックマークに追加