「せんり鏡(かがみ)」今日の日記

介護福祉施設の準備~開業~色々な出来事を書きます

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

スズメバチがやって来た

2017-04-29 15:31:45 | 日記
午前10時過ぎに玄関を出ると、頭上から「ブーン」という羽音。「えっ?」と見上げると、スズメバチが威嚇してきた・・・・・。
慌てて車に乗り込み観察するとスズメバチが巣作りの場所を物色中でした。

我家には毎年、コガタスズメバチと、とてつもなく大きなオオスズメバチがやってきます。一昨年は何んとクマゼミ並みの多きな奴が
やって来ました。たぶん、それには理由があると思うのですが、他の家と比べて緑が豊か(屋敷が広いわけではありません。色々な
植物が自由に生えているからなのですが)で、きっと虫たちも住みやすいと思うのでしょう。

でも、ハチ、ムカデ、ヘビは嫌ですよねぇ~。早速、スズメバチ駆除用の殺虫剤と捕獲器の材料を購入してきました。

ところで、ハチの種類は非常に多いのですが主だった物を挙げると次のとおりです。

・コガタスズメバチ   働き蜂:21~28㍉ 一般的なスズメバチのこと 
・キイロスズメバチ   働き蜂:17~24㍉ 攻撃的、アシナガバチに似てる
・オオスズメバチ    働き蜂:27~40㍉ 非常に危険、刺されたら死ぬことも
・アシナガバチ     雄:17~24㍉   どこにでもいる
・ミツバチ       働き蜂:15~20㍉ どこにでもいる
・二ホンミツバチ    働き蜂:10~13㍉ 体色が黒っぽい
・クマバチ       20㍉前後、全身が黒く、背中が黄色い、ずんぐりした体形
  ※上記の中でミツバチやクマバチは余程、捕獲してイタズラしない限り刺すことはありません。

 いずれにしても、ハチに刺されて「アナフィラキシーショック」を引き起こせば、嘔吐や呼吸困難等の症状が出て、最悪の場合は
死に至る場合もありますので、注意が必要です。

前置きが長くなりましたが、スズメバチから刺されるのは嫌だから、我家では毎年、捕獲器を作り主だった場所に吊り下げています。

捕獲器の作り方は簡単です。炭酸飲料の大きめのペットボトルに写真のような切込みを入れ、ワイン、炭酸飲料、バナナなどを入れ
て吊り下げるだけです。さて、今年は何匹のスズメバチを捕獲できるのでしょうか?
(自然愛好家の中には生態系を壊すからと否定的な意見もありますが、まずは我家を守る必要があると思いますのでご容赦願います)




ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« スズメの 「ちゅん」 登場 | トップ | すずめの「チュン」 ~その後~ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。