小さな庭

デジタルな仕事について20数年、だからという訳でもありませんが、アナログな世界に惹かれます。

一輪は一輪の・・・

2017-03-25 | ガーデニング

やっと冬あやめが1輪だけ咲きました。冬の間に咲くあやめは丈夫で花付きも良いのですが、
今年はなぜか1輪だけ、いくら葉をかき分けても蕾はなさそうなので今年はこれで見納め!
でもこの1輪だからこそ愛おしいんだとも思いました。

茅ケ崎にある氷室椿庭園の椿が見頃かと、桜の華やかさに目を奪われる前にと出かけてみました。
ところが、椿はほとんどが咲き終えて比較的花期の長い花なのに3月下旬では遅すぎたようです。
この椿園は、三井不動産の元副社長である氷室氏の別荘だった庭園が茅ケ崎市へ寄贈されたもの
で、椿の種類は200種類以上、なかでも黒椿と、氷室氏の夫人である花子さんが育成した品種
「氷室雪月花」が有名です。
ほとんど咲き終えた椿が多い中で、この「氷室雪月花」は、咲いている花の数も多くうれしく
なりました。

有形文化財への登録も進められている氷室椿庭園の建物と氷室雪月花

たわわに見事に咲いた椿もすばらしいけれど、最後の木の枝に残った椿の花も何かもの言いたげで
それぞれ表情が違って見え、我が家の冬あやめではないけれど、1輪は1輪の愛おしさがあるもの
と思いました。でも来年は時期を逃さずに行こうと。

上段は左から「隠れ磯」、「呼子鳥」、「紅唐子」

中段は匂いのする木に咲く「フレークランドピンク」と「散椿」
下段は「いわねしぼり」、「ピーターパン」、「サンダイアル」

コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加

大岡川ウォーキング  横浜みなとみらいから

2017-03-20 | ウォーキング

雪柳があっという間に満開になって、春の風にゆらゆらと気持ちよさそうです。

冬の間、部屋の中で過ごしていた君子欄も、気が付いたらあっという間に花径の先に白い蕾が、
日向に移したと同時に咲き、花の色もぐっと色濃くなり満開となりました。

先月、ウォーキング仲間と鶴見川の源流に到達したので、今月からは馴染みのある横浜の川を
歩いてみようということになり、横浜市南区と港南区を主に流れる大岡川を河口からスタート
することになりました。
大岡川は、私の職場の近くを流れていました。また仕事で出向いた先でもよくこの川のほとり
を歩きました。ゆっくり川の流れを見ることもなく、いつも時間に追われていたように思いま
すが、でも桜の咲いている頃や、川に渡されたこいのぼり、しとしと降る雨の中に咲く川岸の
アジサイやくちなしの花などを思い出すことができます。

大岡川は横浜市磯子区の円海山から横浜港に注ぐ全長14キロの2級河川です。

河口はみなとみらいの観光スポット、ヨコハマグランドインターコンチネンタルホテルと万葉の
湯の間が大岡川の河口に当たります。
この先は東京湾、14キロの旅を終えた大岡川はこの東京湾に注がれます。

先日、日本の重要文化財に指定された「帆船日本丸」の脇を通ります。

桜木町駅南側の歩道橋あたりから大岡川がはじまります。

JR根岸線を超えるとまもなく、日ノ出町、黄金町と川岸は繁華街が続きます。
かって、日の出町周辺は湧き水に恵まれた地域で、この湧き水も野毛山が水源で、飲料水では
ありませんが、生活用水として利用されているそうです。

京急線沿いに川は流れます。

まもなく蒔田あたりから、周りはマンションや住宅地が目立つようになってきました。

材木を立てかけた店構えの材木問屋が残り、流れのある川というより運河の趣があり懐かしい
風景でした。
水の中で亀が立ち泳ぎ(?)遅々として進まない姿を微笑ましく眺めました。桜の開花はもう少し
先でしょうか。すでに桜祭りの準備は整っているようでした。

まもなく賑やかな弘明寺商店街のほぼ中央に掛かる観音橋に差し掛かりました。
弘明寺観音堂にも寄ってみました。
川幅もぐっと狭くなったころ高層ビルが見えてきました。京急線と地下鉄ブルーラインが交叉
する上大岡駅です。このあたりは川岸のプロムナードもよく整備されていてます。

この先で大岡川は笹下川と日野川に分岐されます。左側の笹下川に進みます。
まもなく開放的な横浜刑務所内を通ります。朝夕の開閉門の時間に合わせて近隣の人たちの
抜け道のようにもなっているようでした。

午後3時前、大岡川水門に到着して第1回目のウォーキングとしました。
次回は源流の磯子区円海山周辺を目指します。

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

箱根湿性花園の水芭蕉

2017-03-13 | ガーデニング

梅が咲き終わり、河津桜などの早咲き桜が咲いて春の到来が確実なものと思っていたのに、
気温は春への期待に反して冬の寒さが戻ってしまいました。
この低温はしばらく続くとのことです。

箱根湿性花園の開園は例年だと3月の末、今年は湿性花園の水芭蕉を見逃すまいと(いつも、
水芭蕉が咲いている時を見逃して、おばけのような葉っぱの時にしかお目にかかれなかった
ので)、今年は気を付けようと、湿性花園のホームページを確認してみると、なんと今年は
園内の整備が早く終わったので、3月10日開園、水芭蕉はすでに咲き出しているとのニュ
ースに、この日の予定を変更、早速箱根に向かいました。

予想外だった開園日に、人はまばらで、まだ早春の趣きの園内は木々の芽も堅く、それでも
足元にフクジュソウが春の陽を浴びて、寄り添って日向ぼっこでもしているように見えました。


早速、水芭蕉のエリアにいってみました。

咲いている!咲いている!「やったー」と思いましたが、厳しい長い冬からやっと目覚めた
感じで、その苞の先はまだ痛々しいほど、黄色い花を守るようにそっと開いた姿は白色とい
うよりオフホワイトで、生まれたばかりの初々しさのようでした。



水芭蕉の季節にむけて、職員の方々が苗の養生をされていました。
湿性花園に水芭蕉が咲き、いよいよ園内も春に向かっていくのでしょう。

コメント (7)
この記事をはてなブックマークに追加

スギ花粉のメッカに入ってみると

2017-03-07 | ウォーキング

スギ花粉の予防のために薬を飲んでいるはずなのに、くしゃみの連発が止まりません。
先週の土曜日、雲は多いものの雨の心配はなさそうだったので、早起きができたことも
あって高尾山に登ってきました。
フットワークを軽くするつもりで、リュックサックの中はいつも簡単なハイキングの
装備が入っているので、そのまま背負って、コンビニによってランチを買えば準備OKの
はずでした。
高尾山はハイキングコースがいくつかあり、その時の体調や一緒に行くメンバーによって
決めることができます。今回は一番ルートの長い稲城山コースを選びました。
緩やかな登りの続くコースです。

いざ登り始めて気が付きました。高尾山の杉並木は東京都指定天然記念物であるほど、
山も杉の木が多いところ。そのスギ花粉のメッカに入るにも関わらず、なんとマスク
も目薬も忘れてきてしまったのでした。


頂上からは、なんとか富士山の姿が


マスクを忘れたことは大失敗と思いながら、ただ思ったより症状がでないのは不思議でした。
スギの木の脇を通っても平気だしマスクをしている人も少ない!ところが、下山したと同時
にくしゃみの連発、もしやスギ花粉の元凶は、杉の花粉だけではなくて車の排気ガスなどに
よる複合汚染なのかとも思ったのですが、
この実証をまた試すのには、ちょっと勇気が要りますが・・・。

大山から丹沢山塊もよく見えました。

まだ、梅の花もよく咲いていました。

高尾山は、ミシュランガイドの三ツ星に認定されているので外国の観光客もたくさん訪れて
いました。京王線の登山口駅には登山靴を洗うコーナーが設けられていたのには感心しました。

昨秋、鎌倉のハイキング途中に泥濘道に足を取られて、泥で何倍も重くなった靴のまま
バスに乗ったり古都鎌倉を歩かなくてはならなくて、靴を洗う場所があったらなと思っ
ていました。
この高尾山の登山客への配慮は、観光地としての人気の秘訣でもあるのかなと思いました。

コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

桃の節句に

2017-03-03 | ガーデニング

今年も娘が残していった7段飾りのひな人形は日の目を見ることなく、3月3日を
迎えてしまいました。大した労力でも時間でもないのに、なんとなく億劫になって
しまうのを歳のせいにしてしまうのはいけないなと少し反省しています。

女の子の成長を願って飾るひな人形、幸せな結婚ができるようにと願いを込めて・・
娘はもういませんが、気持ちだけ我が家にある手のひらサイズのお雛様をと飾って
みました。

お人形の飾りの中で、結婚式を表現しているのがお雛様とか・・・
ならば男女一体のお人形もお雛様代用にと、

           もしやお人形でなくても、紅白揃ったべこも着飾れば変わり雛に

貝雛は庭の寄せ植えの上に置いてみました。

桃の節句らしい柔らかな日差しに、リュウキンカの花をひとつ見つけました。

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

1月行って、2月逃げて・・・

2017-02-28 | ガーデニング

日中は日差しが暖かく春が近いことを感じますが、このような陽気の日は、出がけに着て
いく洋服で迷います。
厚いコートは脱いだ時に荷物になりそう。薄いコートにしたいけれど夕方には寒くなるの
ではなどと迷い、春になったり冬になったりと、こんな心配も春先だからのことでしょう。


野山のフキノトウはすっかり伸びてしまいましたが、八百屋さんの店先で一山300円の
フキノトウを見つけました。小田原産と表示してありました。
野山のような力強さはありませんが、ほのかに春の香りを楽しむことができます。


街にも春の兆しが・・・、
水にもそっと触ってみたくなるような、水に映る景色も春の気配を感じます。

庭にも春の兆しが

植物たちは寒い冬にしっかり根を張り、暖かい日差しに芽を出し、蕾も開き始めました。
2月中に庭にも寒肥をと思いながら、手付かずのまま今週はもう3月「1月行って、
2月逃げて、3月去って」あっという間の2月だったように思います。

コメント (9)
この記事をはてなブックマークに追加

春の兆し 水温む鶴見川源流とスギ花粉と

2017-02-19 | ウォーキング

春の兆しも束の間、今日は抜けるような青空に冷たい冬の寒さが戻ってきました。
それだけに、日本海側はまたもや大雪に見舞われているのでしょうか。

鎌倉の天園から金沢文庫へ抜ける六国峠ハイキングコースを歩いてきました。
尾根から富士山をみることができ、真っ白い富士山に例年より雪が多いかなと思いました。


空高く見上げれば、真っ白い飛行機雲が見事な軌跡を描いていました。


そして杉の木の枝に、たわわに付いた杉の蕾も確認しました。いよいよスギ花粉が舞う
季節がやってきたようです。すでに喉にも鼻にも症状で出始めていますが・・・。

また一昨日は、半年ぶりに鶴見川も歩きました。
前回は暑い夏の鶴見川河川敷を歩きましたが、すっかり里は梅の季節を迎えていました。

いよいよ最終回鶴見川源流域に達します。
前回、小田急線の鶴川駅近くまで歩き終えていましたので、今回は河口から歩き始めて4回目。
川幅も狭く、川床も浅くなってきました。


今まで到達した川の源流は山肌から沁み出てくるようにわずかな水の流れでしたが、
町田市上小山田地域にある鶴見川の源流はボコボコと水が湧き出る泉でした。

コメント (9)
この記事をはてなブックマークに追加

吾妻山の菜の花

2017-02-08 | ウォーキング

立春過ぎて冬型の天気も緩み、お天気が周期的に変わり始めました。
前日の雨も上がった一昨日、二宮の駅前にある吾妻山に咲く菜の花を見に出かけて
きました。

駅前から300段ぐらいの階段を上ると、136メートルの吾妻山の山頂に出ることが
できます。山頂は360度の眺望が開け、前日の雨に青空が一層澄み、眼下に相模湾
が広がり、海岸のコバルトブルーが見事に海岸線を縁取っているようにもみえました。


早咲きの菜の花は山のスロープ一面に咲き、空と菜の花と海のコントラストが
とても見事でした。


この鮮やかな黄色、調べたらやっぱり「菜の花色」という色名があるんですね。
「ナノハナ」の花弁のような色、とありました。
少し緑がかった明るい黄色、春の色です。

ほんとはここから見える白い富士山を期待していたのですが、丹沢山塊も
箱根の山々もバッチリ見えるのに、富士山だけが・・・
特にここから見える富士山は関東富士見百景とも言われているだけに残念、
雲は少しずつ流れ、時々すそ野をチラッと見せたりもしましたが、やっぱり
雲が切れることはありませんでした。
正面に富士山のはずが・・・。

里はすっかり梅が満開を迎えていました。


帰りに立ち寄った徳富蘇峰記念館の梅園は古木が多く、華やかさには欠けるものの、
緑ガク梅と言ってガクが緑色で、全体が緑がかった感じでした。

白梅と緑ガク梅

明日は雪が降るとも、でも気候は少しずつ春に向かっているのでしょう。

コメント (9)
この記事をはてなブックマークに追加

イギリス バースそしてストーンヘンジへ

2017-01-31 | 旅行

お風呂の語源にもなった街バース(Bath)へ
紀元前1世紀にローマ人が建てた大浴場「ロマン・バス」へは、コッツウォルス地方に
訪れた翌日に行きました。
このローマ時代の浴場跡は、地下に埋まっていた遺跡が1878年に偶然発見されたそ
うです。

プールほどの大きさの浴槽は、深さ1.5メートル、今でも常時46℃のお湯が沸いて
います。

ローマ式床暖房やサウナも遺跡からは発掘されたということですから、当時の建築技術
の高さに驚くばかりです。
18世紀には貴族の温泉リゾートとして栄え、たくさんの人々がロンドンからやって
きたのでしょうか。

床はタイル張り             太陽神と思われるレリーフ

お湯の通り道もそのまま地下を通り、すっかり赤褐色になっています。

ローマ時代には温泉の効能は神の力と祀られていたようですが、温泉好きは、昔も今も
日本ばかりでなく古代から、人はやっぱり温泉に入るのは気持ちがよかったのでしょう。

 ストーンヘンジ
イギリス南部の大草原の中、古代より今だ謎多き世界遺産ストーンヘンジへも訪れました。
イギリスの天候には、あまり大きな期待はしていなかったのですが、ここだけはお天気で
ほしかったと思いました。なんと雨風強く、立っているのさえままならないほどでした。


大草原の中、ストーンヘンジは太陽の動きに合わせて直径100メートルの円形に、高さ
4~5メートルの30個の巨石が配置されていて、古代の神殿とも言われています。

紀元前2500年から紀元前2000年の間に、どうやってこの4トンもある石を運んできた
のかは、現在でも謎が多く解明されていないことも多いようですが、地面の上に切り出
した丸太を並べた木製ローラーではないかとか・・・、
それにしてもどれだけの人数の労力をかけたのか、想像することもできない膨大な時間を
必要としたことでしょう。

立石と横石は凹凸を組み合わされて接合されているということですから、この気の遠く
なる年月もの間、動くことなく固定されていたことに驚きます。


円形のストーンヘンジから東から約42度の北東方向にヒールストーンと呼ばれる
玄武岩の巨石が位置しています。
夏至の日の出時に、このヒールストーンと太陽がかさなり、ヒールストーンの影が
ストーンヘンジの中心に届くのだそうです。
先史の時代に、天文学者でもいたのでしょうか。



たった7日間のイギリスの旅でしたが、羽田空港に着いてみれば、まだまだお正月気分
の残る街に、途方もない遠くの異文化に接してきたような密度の濃い旅だったような気
がしました。

コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

イギリス コッツウォルズ地方

2017-01-27 | 旅行

イングランドのほぼ中央に位置しているコッツウォルズ地方には、ツアーで参加しました。

まず「英国で最も美しい村」と呼ばれ、詩人ウィリアム・モリスも称賛したと言われる
「バイブリー」へ、特にアーリントン・ローと呼ばれている街並みは、どこか絵本にでも迷
い込んでしまったような村のたたずまいです。


この地方で採掘される石灰岩で作られた家は蜂蜜色と言われ、黄みがかった壁の家が多く
昔と変わらない風景は、もっともイギリスらしい田舎と言われているそうです。


セレブをはじめロンドンから週末に過ごす人々も多いと聞きました。ただ、通常は100人ほどの
地元の人々が暮らしているそうです。


老舗のスワンホテル            羊毛加工産業の交易で栄えた頃建てられたウールチャーチ

小学校の建物も蜂蜜色                   教会の庭には墓地が

コルン川


Footpathと書かれた標識が街角でよく見かけます。田園風景を楽しみながらのウォーキング、
すでに出発のハイカーが

バイブリーと同じコッツウォルズ地方にある「コッツウォルズのベニス」とも呼ばれている街、
ボートン・オン・ザ・ウォーターにも訪れました。


街の中央に、ウィンドラッシュ川が穏やかに流れ、この川を中心に人々が集まっている感じでした。
ゆっくり歩いても小一時間で街を巡ることができたます。


18世紀に架けられた小さなアーチを持つ橋



さすがガーデニングの国、この季節でもどこの家の庭もとってもおしゃれ

シェークスピアの生誕・永眠の場所としても有名なストラトフォード・アポン・エイボンの村
にはコッツウォルズ地域から1時間ほどでした。

シェークスピアの生家を中心に16~17世紀に建てられた木造建築が並び、観光地として
成り立っている街でしたが、街を流れるエイボン川には白鳥など水鳥も多く、
ことのほか美しいと思いました。


ハリーポッターの世界を感じる教会            街中には気軽に入れるパブが

ポストはやっぱり赤い               犬はどこの国も人気者、飼い主さんもとても自慢げ

コメント (7)
この記事をはてなブックマークに追加