ソフランブログ

ソフランブログです。

なぜ下半身が大切なの?

2017-03-20 10:25:12 | 日記
アンチエイジングにとって、なぜ下半身の鍛錬が有効なのか?

はっきりいって、
ちんぷんかんぷんでサッパリ見当のつかない人も多数いらっしゃることでしょうね。

ここで私が断っておきたいのは、
下半身を鍛錬することがアンチエイジングにとって大切であるというのは、
決してテキトーに言っているわけではないということなのですよ!

ちゃーんと、裏づけがあるのです!

いや、ホントなんですよ。。。

おそらく皆さんはわたしのことなどまったく信用していないでしょうから、
そこをなんとか信用してもらえるように、
キッチリバッチリわかりやすく説明をしていきたいと思います。




まず、脳みそに関して。

脳みその働きを活発にするためには、
脳みそを使うことがいちばんと考えられている向きが強かったりしますが、
残念ながらそうでもないのです。

いちばん脳みその働きを活発にするのは、
地団駄ふむかのように腕や脚をジタバタ動かすことなのです。

まあ別に、ほんとにジタバタ地団駄をふまなくてもいいのです。
ふつうに腕や脚を動かしてもらえればそれでけっこうですので。。。

最近の研究の結果、運動して腕や脚の筋肉を動かすことによって、
脳みその神経の成長がけっこういい感じで促されることが判明しているのです。

まあ、
「けっこういい感じって、具体的にはどれくらい?」
って聞かれると、ちょっと私も困ってしまうのですが‥‥。

そんな質問は私に対するイジメにつながるかもしれないので、
控えていただくようにお願いします。




次に、「痩せる」ということに関して。

「痩せる」ということを、
大筋群、特に下半身の筋肉ほど容易にしてくれる存在はありませんね。

これは、断言できます!

下半身の筋肉の量を増加させればさせるほど、
日常生活の中でカロリーがじゃんじゃんバリバリ消費されますからね。

下半身の筋肉がカロリーを吸い取ってくれる、みたいなイメージがわかりやすいですかね?

だから、下半身の筋肉の量が多ければ、少々食べても太らない、みたいなことが言えたりするんですよね。

上記とは逆に、下半身の筋肉の量がすくないと、大して食べてもいないのにすぐ太ったりしますね。

そりゃ、当たりまえですよね、
カロリーを消費してくれる下半身の筋肉が少なければ、カロリーは余ってしまうわけですから。

余ったカロリーが脂肪に変身して、
結果として体がバカみたいにブクブク太るのは自明の理ということができるはずです。

加齢するごとにだんだんデブになってきたって人がよくいますが、
それってつまり、加齢から来る体の衰えにより下半身の筋肉の量が減少して、
それまでは下半身の筋肉に吸い取ってもらってたカロリーが余るようになってきただけの話だと思うわけなんですよね。

はっきり申し上げて、それは加齢のせいではないのです。

その人個人の鍛錬不足に起因する下半身の筋肉量の減少のせいに他ならないのであります!

じゃあ、どうしたら、もとどおり、
カロリーを吸い取ってもらえる便利な下半身の筋肉を復活させることができるのか?

そんなもん、質問や説明をしなくてもわかるだろ?って話ですよ。。。

要は、きっちり鍛えて、下半身の筋肉の量を取り戻せばいいだけの話なんですから。



そんなこんなで、
アンチエイジングにとっては、
下半身の鍛錬が有効であるといえるのであります。





置き換えダイエット美味しい
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 原樹理 | トップ | 磯の王者 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。