♪もぐもぐ育児日記in上海♪〜ベビーカーで食べつくしちゃおう〜

食いしん坊ママの「こんなもの食べたね〜」「こんなことあったね〜」の記録。

♪はじめまして♪

ご訪問ありがとうございます。 上海生活を卒業し、今は親子3人、日本で暮らしております。 上海在住中、 「いつか記事にしたいなー」 と撮りためていた画像やメモがありまして、 もう少々こちらのブログ、続けさせていただきたいと思っております。 いつか愛娘に、 「3歳ちょっとまで、こんなところで暮らしていたんだよー」 と、熱〜く語るのが近い将来の夢だったりします。 過去に遡る内容になりますが、そのような形で宜しければお好きな時にお楽しみいただけたら幸いです。 (日々、目まぐるしく変化する上海ですので、 実際にお出かけになられる際は、最新の情報をお調べになられてからお出かけくださいますように。。。)

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

魯迅故居へゆく(虹口エリア)

2011-11-20 | 上海 おでかけスポット

2011年2月の画像でお届けしています。

゚・*:.。..。.:*・゚ くらだしちゅう゚・*:.。..。.:*・゚

シェラトン上海虹口ホテルの朝食ビュッフェを楽しんだ約2時間後、

地元っ子に人気の小吃店「万寿斎」で舌鼓を打ち、

次に目指したのは、「万寿斎」向かいの「魯迅故居」。

 

上海の下町の生活風景が楽しめる、

「山陰路」沿いにあります。

 

 

里弄の入り口から奥へ。向かって右側の一番奥にありました。

 

 

歩いてきたところを振り返ってパチリ

 

 

「魯迅故居」の一軒手前に管理事務所みたいなところがあって

そこでチケットを買いましたよ。

 

 

チケットを手に、再び、一番奥にある魯迅故居へ。

もれなく、「ガイドの小姐」と「警備員さん」がついてきましたよ。

警備員さんがカギを開け、中へ入ります。

 

*中は撮影禁止。外はOK!

 

ママの表現でどこまでお伝えできるかわかりませんが、

見聞きしたこと、

内部の様子を

活字でお伝えし隊〜と思います。

 

 

魯迅故居入り口 

1933年4月11日〜1936年10月19日

お亡くなりになるまでの3年半、

こちらの住まいでお過ごしになられたそうです。。

 

 

 

 

3階建てでバルコニーがついています。

***1階=リビング、ダイニング***

]タ廚魯轡礇い弊格だった

1階の窓近くに魯迅が座っていたイスがあったのですが、

魯迅は通りのある側の窓に背を向けるようにして、座っていたのだそう。

 

∀タ廚呂茶好き

ダイニングの食器棚に素敵な茶器が8組ありました。

 

***中2階=トイレ&バス***

.丱好織屬詫良。

▲肇ぅ譴睛亮

E油缶が2個置かれていた。

 

***2階=寝室***

‥軍犬弔のベット

日本の百科事典

 

***3階=子供部屋、机***

 

 

 

 

 

ガイドの小姐より警備員のおじちゃんの方が

魯迅について詳しくて、

魯迅にまつわるプライベートエピソード、

熱〜〜〜く語って下さいました。

 

貴重なお話を、警備のおじちゃん、ガイド小姐、ありがとうございました〜

 

魯迅故居Former Residence of Luxun

住所 上海市虹口区山陰路132弄9号

No.9. LANE 132,SHANYIN ROAD,SHANGHAI,CHINA

入館料 8元  (2011年2月時点)

見学の際=ガイドのお姉さん、警備員さんがついてきます

ガイド=中国語or英語

*日本人個人で来るのは珍しく、団体のツーリストが殆どなので、

日本語のガイドは在籍していない、とのことでした。

 

*「魯迅故居」向かいの万寿斎もお忘れなく〜 

 

その他の記事→<目次>博物館・美術館・名人故居

 

↓いつも応援、ありがとうございます↓

にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ にほんブログ村 旅行ブログ 中国旅行(チャイナ)へ にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加