ただいま修行中...

ソフトウェア開発において、勉強中で悪戦苦闘の日々

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

みんな割と知らないで実施している

2006-11-06 23:41:52 | ソフトウェアテスト
ホワイトボックス・ブラックボックステストの長所と短所について知らないエンジニアが多い。

ホワイトボックステスト
長所
内部仕様上から網羅的にテストができる
短所
外部仕様上規定されていながら実現されていない部分のテストが漏れる

ブラックボックステスト
長所
ユーザの立場からのテストができる
短所
外部仕様に現れない内部仕様上の特殊な箇所のテストが漏れる

最近は、上記をあわせたグレーボックステストという言葉もある。

俺も、自分が担当したプロジェクトで、グレーボックステストを試したときに、
どちらかに特化した場合に比べてテストケースに対するNG率が格段にあがり
効果があった。

ジャンル:
ビジネス実用
コメント (4)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« お勧めの食べ物 | トップ | OSを作成します »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
TDDはグレー (softest)
2006-11-22 13:34:52
いつもは意見させてもらってます。

テスト駆動型開発のテストケースってグレーボックステスト技法だったりしますね。
そのとおりですね。 (ぽんた)
2006-11-23 19:45:05
>softestさん
いつもブログを拝見させていただいております。
テスト駆動型開発のテストケースはグレーボックスですね。テスト駆動開発がなかなか浸透しないのは、やはりその点が理解されないのではないかと最近感じております。
誤字すみません。。 (softest)
2006-11-30 11:16:22
>ぽんたさん

グレーボックステストについて自分の中で曖昧な認識だったので、もう少し勉強してみます。

http://softest.cocolog-nifty.com/blog/2006/11/post_72da.html

認識が明確になったあとでTDDにどう結びつけるかを考えてみようかと。
拝見させていただきました (ぽんた)
2006-12-03 21:00:03
>softestさん
グレーボックスに関して、私もかなり曖昧でした。
私も色々と調べて判ったことがあれば、ブログやコメントをさせていただきます。TDDももう少し勉強してみます。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
テスト駆動型開発(TDD)とグレーボックステスト (ソフトウェアテストの勉強室)
最近、テスト駆動型開発(TDDあるいはBDD)についての雑誌を買ったり、他のブロ