ウィークエンド・カフェ・デ・サイエンス (WEcafe)

国立科学博物館認定サイエンスコミュニケータ×武田計測先端知財団によるサイエンスカフェWEcafe公式ブログ

トークイベント「みのだNight!~サイエンスコミュニケータになるには~」3月4日(土)開催!

2017年02月12日 | WEcafeイベント

トークイベン 「みのだNight! ~サイエンスコミュニケータになるには~」

WEcafe のサイエンスコミュニケータ蓑田(みのだ)がパーソナリティを務める、
ちょっと変わった下町トークイベント:みのだNight!を開催します。

テーマは「サイエンスコミュニケータになるには」です。

【日時】
3月4日(土)19:00~20:30(18:45受付開始)

早めのご来場&晩ご飯も大歓迎です
さんさき坂カフェのカレー炒飯、パスタ、おでん等がお勧め!

【内容】
サイエンスコミュニケーションに興味があるけれど何をしたらいいの?という方へ、
サイエンスコミュニケータの様々な職能や養成講座の様子をご紹介します

話題提供者は、国立科学博物館認定サイエンスコミュニケータで
WEcafe事務局スタッフの蓑田裕美・宮崎寧子です。

いずれも学生時代に国立科学博物館でサイエンスコミュニケーションを学び、
共同でボランティア活動のサイエンスカフェWEcafe(ウィーカフェ)を
2009年に立ち上げました

その後、二人とも仕事の場においても科学を伝える仕事に携わるようになり、
今も試行錯誤しながらサイエンスコミュニケーション活動に取り組んでいます。

今回は、国立科学博物館サイエンスコミュニケータ養成実践講座での
受講体験談を中心に、話題提供者がこれまでに受講してきた
各種サイエンスコミュニケーション講座(科学ジャーナリスト塾、
日本科学未来館、お茶の水女子大学、東京大学の市民講座など)
との違いや特長をご紹介します

科学と人を繋ぐような活動を実践してみたいという方へオススメです!

お気軽にご参加ください( ´ ▽ ` )ノ

【話題提供者】
国立科学博物館認定サイエンスコミュニケータ
蓑田裕美・宮崎寧子 (WEcafe事務局)

【会場】
さんさき坂カフェ(東京・谷中)
■ アクセス: 東京メトロ千代田線「千駄木駅」から徒歩 5 分
■ 地図: http://tabelog.com/tokyo/A1311/A131104/13109126/dtlmap/

【参加費】
無料(別途、ワンドリンク以上のオーダーをお願いします)

【対象】
学生・社会人などどなたでもご参加頂けます。

【申込】
事前申込み不要です。当日直接会場へお越しください。

【主催】
ウィークエンド・カフェ・デ・サイエンス(WEcafe)事務局

【注意事項】
※当日の会場混雑状況によってはカウンター席からご参加いただく場合がございます。皆さまのご理解・ご協力をお願いいたします。
※当日は、研究・広報のために、写真や動画の撮影を行う場合があります。また、ICレコーダー等での録音・記録は主催者のみとさせていただきます。写真等に撮影されることについて差し障りのある方は、当日その旨を主催者へお申し出ください。
※本イベントの模様やアンケート結果は、WEcafeのウェブサイトや学術発表等で公表することがあります。本イベントで出されたコメントは、個人が特定されない形で公表される場合があることを予めご了承のうえ、お申込みください。参加者の皆さまにおかれましても、本イベントの内容や写真をご自身のブログやSNS等へ掲載される場合には、発言内容など個人の特定につながらないようご配慮をお願いします。ご心配な点やご不明な点がございましたら、WEcafe事務局( wecafe@takeda-foundation.jp )へお問合せください。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【日記】下北沢・ダーウィンルームに行ってきました

2017年02月12日 | 日記

東京・下北沢(南口側徒歩5分)のダーウィンルームに行ってきました。

自然史博物館&ミュージアムショップのようなお店です

この日は、
モグラ博士・川田伸一郎さん(国立科学博物館)と
サイエンスライター渡辺政隆さん
トークイベント「自然史博物館の魅力」に参加しました。



ダーウィン生誕を祝う『DARWIN DAY 2017』のイベントです


渡辺さんのダーウィン翻訳本や、川田さんのモグラ本が並んでいます

話題は、
自然史博物館に収蔵された標本の学術活用や、
今年3月18日から上野の国立科学博物館で
始まる大英自然史博物館展について

久しぶりに自然史系イベントに参加してリフレッシュしました

 

WEcafeメンバーは、これまでイベントで
川田さんと3回ご一緒させて頂きました。

川田さんは、2009年3月に国立科学博物館での
トークイベント「モグラの穴からこんにちは」にご登壇くださり、
それがWEcafeの設立に繋がりました。

私たちWEcafeのコミュニケーション活動の
方向性を見出してくださった方です。

渡辺さんには国立科学博物館のサイエンスコミュニケータ
養成実践講座
でビシバシと指導して頂きました。 

久しぶりに恩人のお二人とお目にかかれて良かったです。
今後もまた、WEcafeで面白いイベントを企画してまいります!

記事執筆:WEcafe事務局 蓑田裕美

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【書評】『理系のための就活ガイド―業界研究・エントリーシート・面接対策』

2017年01月07日 | 書評

2017年 今年もWEcafeをどうぞよろしくお願いいたします。

 

今年初の投稿は、本のご紹介。

理系の大学生・大学院生におすすめの一冊、

『理系のための就活ガイド』についてです!


大学院生をしている私の周りでは、
理系で就職するには、大学院の修士課程までは行っておくべき・・・という話をよく聞きます。

でも、実際のところはどうなのでしょう?
そして、理系での就職には、どういう職種があるのでしょう?

そういった全体像の把握から、本書は始まります。
 

  


著者は、理系出身で、
日刊工業新聞社で長年 記者をされていた、山本佳世子さん

本の中では、山本さんご自身の体験エピソードに加えて、
複数の大学・企業の関係者の声も紹介されているので、
色々な視点から 理系の就活について見ることができます。


就活のノウハウにとどまらず、幅広い情報が盛り込まれているので、

進学か就職かを迷っている人や、就活はまだ先という人にも参考になる部分が多い

と感じました。

 

特に印象にのこったのは、

理系の研究を進めるためのスキルが、(理系の職に限らず)就職後にも活かされる

という点です。

研究では、課題を見つけて、仮説をたて、実験や理論をもちいて検証していきます。
ここでの論理性や課題を発見し解決する力は、
社会人の能力としても重要とのことでした。

 


大学院進学か就職か、という 多くの人のお悩みポイントでは、

自分が目指す業界や職種では、学生のどういう力が重視されるのか

をふまえて考えてみるのもひとつ。
仕事によって、理系の専門性が大事なこともあれば、
理系の力だけでなく 企画力など他の力も必要とされることも…。

 

そういった企業側の視点や、社会の動向を知るのに役立ちそうなのが、
第3章で紹介されている新聞の活用術 
そして後半の第4章から第6章では、ES作成や面接での注意点まで、
実際の就活で役立つ、具体的な情報がたくさん載っています

 
たとえば、履歴書に研究紹介を書く場合

理系学生にとって、研究の概要やそのおもしろさについて
うまく文章で伝えるのはなかなか難しいときも...
そこで山本さんが提案しているのは、
図表と数字をちょっと工夫して取り入れる こと。
理系の弱みを、強みでカバーしてしまう というわけです

 

その他、学会主催の合同説明会や、大学院生が参加するインターンシップなど、
広がりつつある新しい取り組みについての情報も知ることができました。


   


全体は大きく6章に分けられていて、
さらに小タイトルごとに短くまとめられているので、
気になるポイントだけ読むのにも向いています。

 

理系の就活について覗いてみたいと思ったら、
一度手に取ってみてはいかがでしょうか。

 


記事執筆 : 江崎 和音 (えざき かずね)

---------------------------------------------

今回ご紹介した本は・・・

『理系のための就活ガイド―業界研究・エントリーシート・面接対策』

著者:山本佳世子(日刊工業新聞社 論説委員兼編集局科学技術部編集委員)

出版社:丸善出版

発行:2014年11月

https://www.amazon.co.jp/dp/4621088580


---------------------------------------------

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【ご紹介】12/17 トークイベントわちゃっと「結局なんなの?”オートファジー”」

2016年12月13日 | ご紹介

WEcafeが協力しているトークイベント「わちゃっと」のご紹介です。

今回は新横浜のカフェでの開催。

トピックは今年のノーベル賞の話題です!

お近くの方、ノーベル賞が気になってる方、どなたでもお気軽にどうぞ~♪

 

トークイベント わちゃっとVol.6

「結局なんなの?”オートファジー”」 

【日時】2016年1217日 (土) 17:00~18:30 (16:45開場)

【ゲスト】持田 啓佑 さん

■所属|東京工業大学大学院 中戸川研究室 博士課程

【ファシリテータ】明石雅子、藤原亮太 (国立科学博物館認定サイエンスコミュニケータ)

【会場】ポティエコーヒー 新横浜店  (神奈川県・新横浜)

■アクセス|「新横浜駅」から徒歩5分 

■地図|https://tabelog.com/kanagawa/A1401/A140206/14052387/dtlmap/

【主催】わちゃっと(国立科学博物館サイエンスコミュニケータ・アソシエーション (科博SCA) サイエンスカフェ分科会)

【協力】ウィークエンド・カフェ・デ・サイエンス (WEcafe) 事務局

【対象】学生・社会人

【参加費】500円 + 別途ワンドリンク以上のオーダーをお願い致します。

【定員】15名 (メールフォームによる事前申込制)

【詳細・お申し込み】 わちゃっとブログにてお申し込みください

http://blog.goo.ne.jp/wa-chat/e/2a0f68b185b79efe867c85a7741a8ae7



 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【ご紹介】12/26 相模原・矢部のトークイベントAZAbridge(あざぶりっじ)「伝える仕事:科学コミュニケーター」

2016年12月08日 | ご紹介

 WEcafeの古垣内(ふるがいち)が運営する

相模原でのトークイベント「AZAbridge(あざぶりっじ)」をご紹介します

12月26日(月)の開催です

ゲストは科学コミュニケーターの西岡真由美さん!

博物館・科学館で働きたい!
動物のコト、環境のコト、色々な人に知ってほしい!

話題提供者は、麻布大学出身で
科学コミュニケーターの西岡真由美さん

動物のことを伝えるお仕事にも、
実は、人間社会・環境・地球への理解が欠かせないそう


西岡さんのお話を聴きながら、
将来やってみたいことを形にするためのヒントを探そう


<詳細>
第5回AZAbridge麻布大学キャリアカフェ
「伝える仕事:科学コミュニケータ―」

【日時】2016年1226日(月) 13時~14時30分(12:45受付開始)

【話題提供者】西岡真由美さん(科学館勤務、麻布大学獣医学科卒)
 ◆趣味 ものづくり 武蔵野散策

【ファシリテータ】古垣内彩(国立科学博物館認定サイエンスコミュニケータ、麻布大学動物応用科学科卒)
 ◆趣味 レゴ集め 模様替え

【会場】ドッグカフェ「Wind Chimes」(麻布大学獣医学部棟横)
 ◆アクセス:JR横浜線 「矢部駅」から徒歩5分
※麻布大学へのアクセスはコチラ

【対象】麻布大学在校生・付属高校生徒 (他校の学生・生徒さん、保護者の方もご参加いただけます。)

【参加費】無料

【定員】20名程度(先着・事前申込制)

【詳細・申込み方法】ブログ「あざぶりっじ」からお申込みください。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加