ウィークエンド・カフェ・デ・サイエンス (WEcafe)

国立科学博物館認定サイエンスコミュニケータ×武田計測先端知財団によるサイエンスカフェWEcafe公式ブログ

WEcafe vol.61 「細胞(のモデル)つくっちゃいました」6/4(日)開催!

2017年05月07日 | WEcafeイベント

今回のWEcafeのテーマは「細胞の不思議」。

 

私たちの体は、細胞が分裂を繰り返すことで

成長しています。

この“細胞分裂”、中学校の理科でも習う現象ですが、

なぜ細胞が分裂できるのか、詳しいことは

よくわかっていないそうなんです!

 

今回のゲストの宮﨑牧人さんは、細胞分裂をはじめとした

細胞の不思議を、物理学で解き明かしている研究者。

なんと、細胞を観察するのではなく、人工的に細胞をつくって、

分裂を再現しようとしているんだそう!?

 

身近だけど、わかっていないことがいっぱいな細胞の中の世界を、

一緒にのぞいてみませんか?

 

WEcafe vol.61 「細胞(のモデル)つくっちゃいました」

【日時】 2017年6月4日(日)18:00-19:30 (17:30開場)

【ゲスト】 細胞の物理を調べる研究者 宮﨑 牧人 さん(早稲田大学理工学術院)

趣味: 一人旅、水彩画、キャンプ

【ファシリテータ】 国立科学博物館認定サイエンスコミュニケータ 宮崎 寧子(WEcafe事務局)

趣味: 音楽、生き物観察

【会場】 cafe&bar さんさき坂(東京・谷中)

 ■アクセス: 東京メトロ千代田線「千駄木駅」から徒歩 5分

 ■地図: http://tabelog.com/tokyo/A1311/A131104/13109126/dtlmap/

【対象】 学生・社会人

【参加費】 500円 + 別途ワンドリンク以上のオーダーをお願いいたします。

イベントに参加しながらお食事も召し上がれます。手作りケーキセットがお勧め!

【定員】 13名 (メールフォームによる事前申込制・先着順)

【申込方法】 下記の申込フォームからお申し込みください。

URL:https://ssl.form-mailer.jp/fms/777dfc8c509437

【主催】ウィークエンド・カフェ・デ・サイエンス(WEcafe)事務局、一般財団法人 武田計測先端知財団

【注意事項】

※事前申込者の方々におかれましても、当日の会場混雑状況によってはカウンター席から ご参加いただく場合がございます。皆さまのご理解・ご協力をお願いいたします。

※お申込み後、数時間経過しても、事務局からの返信が無い場合には、メールアドレスの記載間違いの可能性もあります。お手数ですが、メールアドレスをご確認のうえ、再度お申込ください。携帯電話のメールアドレスでお申込みの場合は、事務局からのご案内を受信できるようにドメイン指定受信を解除してください。(ドメイン: takeda-foundation.jp)

※当日は、研究・広報のために、写真や動画の撮影を行う場合があります。また、ICレコーダー等での録音・記録は主催者のみとさせていただきます。写真等に撮影されることについて差し障りのある方は、当日その旨を主催者へお申し出ください。

※本イベントの模様やアンケート結果は、WEcafe のウェブサイトや学術発表等で公表することがあります。本イベントで出されたコメントは、個人が特定されない形で公表される場合があることを予めご了承のうえ、お申込みください。参加者の皆さまにおかれましても、本イベントの内容や写真をご自身のブログや SNS 等へ掲載される場合には、発言内容など個人の特定につながらないようご配慮をお願いします。ご心配な点やご不明な点がございましたら、WEcafe 事務局(wecafe@takeda-foundation.jp @を小文字に変換してください。)へお問合せください。

※お送り下さいました個人情報は、本イベントおよび主催者からの今後のご案内にのみ 使用いたします。

コメント   トラックバック (2)
この記事をはてなブックマークに追加

WEcafe vol.60「市(いち)先生の油相談室」開催レポート

2017年05月01日 | WEcafe開催レポート

2017年4月29日(土)、東京・谷中のさんさき坂カフェで
トークイベントWEcafe vol.60 「市先生の油相談室」を開催しました。

\ 記念すべき60回目! /

 

この日のさんさき坂カフェでは、
谷中から島根県隠岐諸島海士町(あまちょう)へ移住した
南さんご夫妻によるイベント「海士町フェア」も実施中。

油のお話をしながら、海士町のお酒&お食事を楽しみました。

島根県隠岐諸島の日本酒。
よく冷えた隠岐誉純米吟醸が美味しかったです。

海士町の手作り漬物セット。

キンニャモ漬け(写真右下)、じんば漬け(写真左下)、高菜漬け(写真上)。

キンニャモは干し大根とスルメを醤油味で漬けたもので、
開演前からお酒がすすみます…。ポリポリ、ポリポリ…


今回のゲストは、脂質(油)と栄養の研究者 市 育代(いち・いくよ)さん

お茶の水女子大学で栄養学を教えながら、
「ミード酸」という脂質の代謝を研究されています。

参加者は13名でした。
いつものように、参加者のほとんどが20~30代。
男女比は半々といったところでしょうか。 

会社帰りにスーツ姿で立ち寄ってくださった方もいらっしゃいました。
ご参加ありがとうございます~。 

オリーブオイル、ごま油、魚の油、エゴマ油、アマニ油など
フロアの皆さんから続々と質問が…。
聞きたいこといっぱいありますよね。


参加者から質問が出ると、それに市さんが答える前に
他の参加者が「私は/俺はこう思う!」と気軽に割って入ってくださり(笑)
その和気あいあいとした感じが楽しかったです。

参加者の発言に爆笑する市さんとファシリテータ。

今回は多彩な脂質について、機能と根拠をまとめた一覧表をお配りました。

どの質問・意見についても一緒に考えてくださる、気さくな市さんが素敵…

いつも以上に居心地が良かったです。

さんさき坂カフェのオーナー孝子さんも、すっかり市さんファンになりました


やっぱり、健康のためには油を摂るバランスが大事なんですね~。

栄養バランスの大切さを把握するのと実行するのには大きなかい離があるのですが(汗)、
市さん自身もズボラな食生活になってしまうことがありますよと仰っていたので安心しました。

健康的な油といっても摂り過ぎるとカロリーオーバーになること、
トクホの油、ダイエットと油、健康に良いと言われる根拠について、、、

今後、健康によいと謳われる新しい油に遭遇したときの見極め方についても話し合いました。

だいぶ、油についてはツッコミの入れ方がわかってきた気がします。

日常生活に関わるトピックなので、自然と話が盛り上がりますね。

市先生の研究している「ミード酸」が印象に残ったと仰る参加者も多かったです。

実は、WEcafeスタッフの間では1年前から
市さんの油研究が気になっていました。

当時は面識が無かったので、市さんとお知り合いになるべく
WEcafeスタッフがお茶の水女子大学オープンキャンパスへ出かけて
市先生の研究室を訪問し、それが今回ご登壇頂くきっかけになりました。 

たくさんの女子高校生に混ざって市先生の研究室を訪問して良かったです。

「大学院受験希望の方ですか?」

「いえ、近所に住む者です。油について質問がありまして・・・」

オープンキャンパス突撃訪問が今回の楽しいカフェに繋がって良かったです~


会場のさんさき坂カフェには、最近、大きな黒板が設置されました。

5月28日に開催するフットサル大会のメンバーを募集しているそうなので、
ご興味ある方はさんさき坂カフェの店員さんへお声掛けください。

次回は6月4日(日)夜に、「細胞分裂」をテーマに開催します!

私たちの体でも常に細胞分裂を繰り返してるらしいのですが、

日常生活では話題にのぼらないトピックですね(笑)

ちょっと変わったお話が聴けそうで楽しみです。

(WEcafe事務局 蓑田裕美)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

WEcafe vol.60 「市(いち)先生の油相談室」 4/29(土)開催!

2017年04月05日 | WEcafeイベント

本日予定通りに開催します!

19時開催です!(4/29 9:00am)

会場のさんさき坂カフェでは、直前(本日12:00~18:00)まで島根県隠岐諸島海士町(あまちょう)の牡蠣イベントを行っています。島暮らしや島の食事が気になる方はお早目の来店がお勧め☆

こんにちは、WEcafeスタッフ蓑田(みのだ)です。

4月29日(土)開催のトークイベントWEcafeの

テーマは「油(あぶら)」です!
 
家電屋さんに行くと、「余分な油を落とすオーブン」や
「油を使わず調理できるフライヤー」を見かけますよね。

油で太るのを気にする方、オイルカットを意識している方もいらっしゃるのでは?

スーパーマーケットで見かける「油」も、最近なんだか種類が増えた気がします。

サラダ油やごま油だけでなく、オリーブオイル、ココナッツオイル、
エゴマ油、アマニ油、食べるラー油など、様々な油がずらり。

風味の良さだけでなく、「トクホ」と書かれた油も発見!

先日は、友達から「美容のためにはココナッツオイル♪」と言われ、
同僚からは「エゴマ油が体にいいみたい」と勧められました。

私は美容健康効果よりも「胃がもたれない油」が知りたいところ
 

体にいい油もあるらしいけど、、、
やっぱり摂り過ぎは太るのかしら?


食べた油はどこへ行く?

太ったのは油のせい? 

健康に良い油って?

色んな油があってよく分からないし、
どんな油をどれだけ摂ればいいのー?

 
今回のゲストはお茶の水女子大学で
油と栄養を研究する市 育代(いち いくよ)さん。


「市(いち)先生の油相談室」と題して、油のあれこれを聞いちゃいます!

食に興味のある方も、特に気にしていなかった方も、

市さんと一緒に油の世界をのぞいてみましょ

         

WEcafe vol.60 「市(いち)先生の油相談室」

【日時】 2017年4月29日(土)19:00-20:30 (18:45開場)

※いつもと開催時間が異なるのでご注意ください

【ゲスト】

油と栄養の研究者 市 育代 さん(お茶の水女子大学 食物栄養学科)

マイブーム: 映画(アクション&コメディが特に好きです!

【ファシリテータ】

国立科学博物館認定サイエンスコミュニケータ 蓑田裕美(WEcafe事務局)

マイブーム: 料理(初心者なので油選びまでは気が回りません

【会場】 cafe&bar さんさき坂(東京・谷中)

 ■アクセス: 東京メトロ千代田線「千駄木駅」から徒歩 5分

 ■地図: http://tabelog.com/tokyo/A1311/A131104/13109126/dtlmap/

【対象】 学生・社会人

【参加費】 500円 + 別途ワンドリンク以上のオーダーをお願いいたします。

【定員】 20名 (メールフォームによる事前申込制・先着順)

【申込方法】 下記の申込フォームからお申し込みください。

https://ssl.form-mailer.jp/fms/5e4781a1503958

【主催】 ウィークエンド・カフェ・デ・サイエンス(WEcafe)事務局、一般財団法人 武田計測先端知財団


【注意事項】

※事前申込者の方々におかれましても、当日の会場混雑状況によってはカウンター席から ご参加いただく場合がございます。皆さまのご理解・ご協力をお願いいたします。

※お申込み後、数時間経過しても、事務局からの返信が無い場合には、メールアドレスの記載間違いの可能性もあります。お手数ですが、メールアドレスをご確認のうえ、再度お申込ください。携帯電話のメールアドレスでお申込みの場合は、事務局からのご案内を受信できるようにドメイン指定受信を解除してください。(ドメイン: takeda-foundation.jp)

※当日は、研究・広報のために、写真や動画の撮影を行う場合があります。また、ICレコーダー等での録音・記録は主催者のみとさせていただきます。写真等に撮影されることについて差し障りのある方は、当日その旨を主催者へお申し出ください。

※本イベントの模様やアンケート結果は、WEcafe のウェブサイトや学術発表等で公表することがあります。本イベントで出されたコメントは、個人が特定されない形で公表される場合があることを予めご了承のうえ、お申込みください。参加者の皆さまにおかれましても、本イベントの内容や写真をご自身のブログや SNS 等へ掲載される場合には、発言内容など個人の特定につながらないようご配慮をお願いします。ご心配な点やご不明な点がございましたら、WEcafe 事務局(wecafe@takeda-foundation.jp @を小文字に変換してください。)へお問合せください。

※お送り下さいました個人情報は、本イベントおよび主催者からの今後のご案内にのみ 使用いたします。

コメント   トラックバック (2)
この記事をはてなブックマークに追加

WEcafe vol.59「人が交流するカフェ、しないカフェ」開催レポート

2017年03月28日 | WEcafe開催レポート

2017年3月25日(土)夜、
東京の下町にある「さんさき坂カフェ」でトークイベント
WEcafe(ウィーカフェ)vol.59を開催しました。

「人が交流するカフェ、しないカフェ
~シミュレーションで探る豊かな地域へのヒント~」
と題して、
人のつながり研究者・山田広明さんをゲストにお招きしました。



参加者15名、ゲストの山田さん、WEcafeスタッフの蓑田&中山、
さんさき坂カフェオーナーの孝子さん&義高さん親子の計20名で
ワイワイ盛り上がってます


■サードプレイス(第三の場所)

ゲストの山田さんは、家庭や職場以外でくつろげる
第三の場所「サードプレイス」に注目しています。

サードプレイスといっても
一人でゆっくりできる居心地良い図書館・本屋さんもあれば、
地元の方同士で交流が生まれる喫茶店・居酒屋など、
人によって色々ありそうですよね。
 


サードプレイスの中でも、
地元に愛着がわくような町づくり・コミュニティづくりには、
地元の人と人との「交流」が生まれる場づくりが大事なようです。

WEcafe参加者の中にも、
「山梨で自治体が運営するコミュニティカフェに行ったことがあります」
「公園で来園者同士の交流が生まれるようなイベント企画に携わっています」
という方がいらっしゃいました。

■コミュニティカフェ作りのジレンマ

コミュニティカフェを運営する自治体としては、
単身世帯の高齢者に外へ出てきてもらうきっかけにしたい、
旧来からの住民と新興住宅地の住民との交流を促したい、
といった目的がありそうです。

コミュニティカフェに参加してほしいターゲット層が
高齢単身世帯の男性ということもよくあるようで、
その中には一人で静かに過ごしたい
個人志向タイプの方も多々いらっしゃるはず。

ですが、コミュニティカフェを作ると
交流やおしゃべりの好きな社会志向タイプの方々に
占有されてしまって
肝心なターゲット層が集まらない…なんてことも。

個人志向タイプと社会志向タイプの両者が
居心地良く集える場をつくるには、どうしたらいいの?

両者のコミュニケーションを程よく促進する
仕掛けやアイデアを話し合いました。



■コミュニケーション促進/抑制

カフェのスタッフや居酒屋のマスターが
カウンター席に座ったお客さんたちに声を掛けて
会話を促す様子は、さんさき坂カフェ等でもよく見かけます!

逆に、コーヒーチェーン店で個人志向タイプの居心地良さを
追究する場合には、カウンター席とテーブル席を物理的に離すなど
座席レイアウトでコミュニケーションを抑制できるのだそう。

コミュニケーションの促進・抑制をどのくらいの頻度で仕掛ければ
個人志向タイプと社会志向タイプがうまく共存できるのだろう?
そんな素朴な疑問を発端にして山田さんがはじめた、
シミュレーションによる基礎研究を紹介頂きました。
 


■サードプレイス × シミュレーション

山田さんがカフェづくりのシュミレーションをするとき、
「社会志向(交流したい人)」「個人志向(交流したくない人)」という
大きく2つの資質に分けています。

シミュレーションしてみると、
初めは双方が等しい割合でコミュニティカフェを訪れていたのが
特段の工夫をしなければ、しばらく経つと
いつの間にか社会志向の方ばかりが来店する結果に。

コミュニティカフェの利用者が社会志向タイプで埋め尽くされる前に
あえて居心地の悪さを作り出し、利用者の流動性を高めることで、
個人志向タイプの方々を再び呼び込める、という
シミュレーション結果が出ました。

「シュミレーションって、どこまで数値を設定できるの?」
「シュミレーション結果を実際に活かすには?」
「地域コミュニティをシミュレーションする意味って何なの?」

山田さんによると、シミュレーションと並行して
現場を確かめていく検証作業も重要とのこと。

自治体がコミュニティカフェを開催する際に、
様々なコミュニケーション促進の施策や頻度を
全て試せるわけではないので、
(たしかに社会実験するにしても限度がありますよね
こうしたシミュレーションによる結果を
施策立案の指針にできたら、という願いがあるそうです。
 


ちなみに、意外とシャイな山田さんは、
カフェで見知らぬ方と交流しない派(笑) 

だからこそ(憧れからか?)、
交流・地域コミュニティ・町づくりに
繋がるシミュレーション研究に取り組んできたんですって

今回は、会場のご近所にお住まいの参加者もいらっしゃれば、
横浜や新潟など遠方からの参加者もチラホラ。
日本各地への転勤経験から各地の交流しやすさの度合いを
教えてくださった方もいらっしゃいました。
ありがとうございます!
 
◆当日のTwitterつぶやき まとめ
 
◆予告
次回のWEcafe vol.60は4月29日(日)19:00開演予定。
「油(あぶら)」をテーマに開催します。
ゲストは油と栄養の研究者 市 育代(いち いくよ)さん。
4月上旬から参加者募集します。お楽しみに♪

(WEcafe事務局 蓑田裕美)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

WEcafe vol.59「人が交流するカフェ、しないカフェ ~シミュレーションで探る豊かな地域へのヒント~」 3/25(土)開催!

2017年03月19日 | WEcafeイベント

本日予定通り開催します!(3/25 11:30追記)
カウンター席も空いておりますので飛び込み参加歓迎です

こんにちは WEcafe事務局の蓑田裕美です。

突然ですが・・・

地元のカフェでお茶するとき、あなたは 一人でのんびり過ごしたい派ですか?
それとも、カウンター席に座って、カフェのマスターや見知らぬお客さんとお話したい派ですか?

今回のゲストは、カフェで生まれる人と人とのつながりや町づくりを研究する山田広明さんです


地元に愛着がわくような町づくりには、
誰もが気軽に集える、家庭や職場以外の「第三の場所」が大事なのだそう。

たしかに、活気のある町って、

居心地の良い地元のカフェや居酒屋で偶然の出会いがあったり、

そこから知り合いが広がったりして、声を掛けられる機会が多いような気がします…!

わたしたちWEcafe事務局スタッフが長年お世話になっている
東京・谷中のさんさき坂カフェも、
オーナーさんが気さくで色んな方に声をかけていらっしゃるので、
来店するたびに新しい人と知り合えて楽しいです   

ときには、このカフェに来店したお客さん同士が新しく繋がって、
音楽会や読書会などが催されることも

山田さんいわく、
「一人で過ごしたい方も、誰かと話したい方も
両方が集えるカフェを作り出す秘策がある」とのこと。

それって一体どんなカフェ…??
WEcafeスタッフとしても気になるテーマです!

人のつながりや町づくりを研究している山田さん。

ちょっと変わった研究者を囲んで、
シミュレーションで探る豊かな地域へのヒントに切り込みます!
山田さんと一緒にカフェ談義で盛り上がりましょ♪

WEcafe vol.59

「人が交流するカフェ、しないカフェ

~シミュレーションで探る豊かな地域へのヒント~」

【日時】 2017年3月25日(土)18:30-20:00 (18:15開場)

【ゲスト】 人のつながり研究者 山田広明さん

ひとこと: 1年前に石川県から神奈川県へ引っ越してきました。町めぐりの行動範囲が広がるように、自転車が欲しい今日この頃です!

【ファシリテータ】 国立科学博物館認定サイエンスコミュニケータ 蓑田裕美(WEcafe事務局)
ひとこと: WEcafeの会場としてお世話になっている「さんさき坂カフェ」も多様な方々と交流できる面白いカフェなので、ぜひ山田さんに分析してほしいです!

【会場】 cafe&bar さんさき坂(東京・谷中)
 ■アクセス: 東京メトロ千代田線「千駄木駅」から徒歩 5分
 ■地図: http://tabelog.com/tokyo/A1311/A131104/13109126/dtlmap/

【対象】 学生・社会人

【参加費】 500円 + 別途ワンドリンク以上のオーダーをお願いいたします。
イベントに参加しながらお食事も召し上がれます。カレー炒飯、パスタ、おでん等がお勧め!

【定員】 20名 (メールフォームによる事前申込制・先着順)

【申込方法】 下記の申込フォームからお申し込みください。

https://ssl.form-mailer.jp/fms/1c416738498432

【主催】ウィークエンド・カフェ・デ・サイエンス(WEcafe)事務局、一般財団法人 武田計測先端知財団

【注意事項】
※事前申込者の方々におかれましても、当日の会場混雑状況によってはカウンター席から ご参加いただく場合がございます。皆さまのご理解・ご協力をお願いいたします。
※お申込み後、数時間経過しても、事務局からの返信が無い場合には、メールアドレスの記載間違いの可能性もあります。お手数ですが、メールアドレスをご確認のうえ、再度お申込ください。携帯電話のメールアドレスでお申込みの場合は、事務局からのご案内を受信できるようにドメイン指定受信を解除してください。(ドメイン: takeda-foundation.jp)
※当日は、研究・広報のために、写真や動画の撮影を行う場合があります。また、ICレコーダー等での録音・記録は主催者のみとさせていただきます。写真等に撮影されることについて差し障りのある方は、当日その旨を主催者へお申し出ください。
※本イベントの模様やアンケート結果は、WEcafe のウェブサイトや学術発表等で公表することがあります。本イベントで出されたコメントは、個人が特定されない形で公表される場合があることを予めご了承のうえ、お申込みください。参加者の皆さまにおかれましても、本イベントの内容や写真をご自身のブログや SNS 等へ掲載される場合には、発言内容など個人の特定につながらないようご配慮をお願いします。ご心配な点やご不明な点がございましたら、WEcafe 事務局(wecafe@takeda-foundation.jp @を小文字に変換してください。)へお問合せください。
※お送り下さいました個人情報は、本イベントおよび主催者からの今後のご案内にのみ 使用いたします。

コメント   トラックバック (2)
この記事をはてなブックマークに追加