四季を詩織る

雲と風と花を追いかけて

誘われすくむ

2016-10-13 12:12:01 | 日記

もみじ谷ひかりと風が彩れば誘われすくむ装う木々に



踏み出す一歩が吸い込まれそう・・・



擡げる頭が落ちていきそうな・・・



恐怖の谷の紅葉を観たくて・・・



恐る恐るカメラを差し出す手先から



カメラが落っこちそう・・・



絶対見逃したくない紅葉の谷・・・


全国の人・・・人が


アングルを探して駆け巡る。


その隙間を縫って差し伸べる手先が震える・・・


見逃さない・・・


絶対撮影したい気持ちが逸る。


淡い装いが手先を急かす。






ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 言の瀬にごる | トップ | 視線の翼 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL