C型肝炎治療終了五年後に直腸癌

ペグインターフェロン&レベトールの治療が終わり経過観察中です

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

定期的な検査

2012-11-02 15:01:12 | Weblog
C型肝炎は治療後7年近く経ちました
検査結果は陰性を維持しています

直腸癌は手術して2年が経過しました
三ヶ月に一度の検査は無事に通過できています

まだ排便障害は残っていますが
だいぶと楽になりました

C型肝炎とのお付き合いが長かったため肝臓にばかり気を
とられていたように思います

まさか直腸癌になるなんて思いもしなくて腸の検査も
受けたことはなくて油断大敵とはこの事だと思いました

今月下旬に精密検査が控えています
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

直腸癌と診断されて

2011-01-13 15:12:15 | Weblog
昨年10月末、便に大量の血液が混ざり痔専門病院へ行きました

診察結果は内診だけでわかった直腸癌でした
次の日に内視鏡検査を受けるとやはり直腸がん
この病院では手術出来ないので希望の病院があれば紹介状書きますと言われ
大慌てでした
でももしかしてと思い調べておいた病院名を言ました
C型肝炎を治していただいた病院でもあり安心感がありました

早速紹介状を持参してO医療センターへ
診察医はタンタンと検査の予約を次々と入れて下さり
11月26日入院が出来ました

12月30日手術でした
手術前日は恐怖を感じる説明の数々で頭の中が真っ白になり
身震いしました

起こる確率はわずかでも全部説明しなくてはならないらしく
怖い思いしました

でも駄目かも知れないと思いつつも腹空鏡手術を希望しました
私は過去にお腹の手術を経験しており癒着があれば無理みたいでした
それに肛門から8センチと言う位置に癌があり不可能と思いました
ストーマのお話も出て気が遠く感じました

とりあえず悪いものを取ってしまわないとと考え最悪な事は考えないで
おこうと言い聞かせていました

手術は朝一番にしていただけ手術室まで歩いて行きました
中は明るくて想像したイメージはくずれ安心感がわきました

手術が終わって気が付くともう16時過ぎでした
一番に聞かされた事は腹空鏡手術が出来た事でした

12月7日そろそろ退院しても良いですよと主治医に言われ
退院しました

退院して一カ月が経ちました
診察があり手術で取った細胞検査結果が出ていました
癌は腸壁を突き破っていました
ステージⅡでしたがⅢに近いと言われました
幸いなことにリンパの転移はなかった事でした

三年以内の転移確率は残されています
以後三か月に一度の検査があるようです

退院後の困った後遺症は便との戦いです
何度も通うトイレにお出かけもままならず辛い日々です


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

治療終了後4年4カ月が経ちました

2010-08-11 14:37:21 | Weblog
久しぶりにブログの更新です

4月23日に採血とエコー後の結果、診察がありました
ウイルスは現れる事なく順調に陰性をキープしています
何より嬉しいです

後5年何事もなく過ぎてほしいと願っています

今日はテレビの芸能ニュースで五代なつ子さんがC型肝炎治療中と報じられていました
子供の頃の予防接種が原因か?と

昨年の8月から治療開始されていたみたいで一年が経とうとしているのだな・・・と
副作用で吸入器が手放せないみたいで私の治療時と照らし合わせて考えてしまいました

あの副作用は今も辛かったとしみじみ感じています

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

治療終了して3年10カ月が経ちました

2009-11-12 15:42:12 | Weblog
半年に一度の採決とエコー検査を10月20日に終えて

今日は半年ぶりの診察でした

血液検査結果はウイルスは排除出来たまま維持出来ていました
一安心しました

先生に治療終了後の定期検査はいつまでするのかお聞きしました

今までは5年で良かったようですがこれからは10年間定期検査しますと
言われていました

後6年もあり気長にお付き合いしようと思います

最近は筋トレ中心のフィットネス倶楽部に通い始めています
筋肉をもう少し増やして体力維持に努めたいです
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

治療終了後3年5か月が経ちました

2009-05-25 09:46:31 | Weblog
4月28日採血&エコー検査でした。

5月22日診察日で結果を聞きに行きました

主治医のK先生は和歌山に転勤になりましたが週に一度大阪で見て下さる事になり
私の希望を聞いて下さり感謝でした

診察結果はウイルスもマイナスで維持できていました

でも少々の異常が・・・・・

総コレステロール231  中性脂肪161  動脈硬化指数4.50
今まで正常値だった数値が上がり出し注意が必要になりました

運動不足なんでしょうね

今回も半年ぶりの検査が無事に通過できてほっとしました
コメント (5)   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

治療終了後2年10ヵ月が経ちました

2008-11-13 14:57:54 | Weblog
10月28日は前回から半年ぶりのエコー検査&診察でした

血液検査は異常なしと言ってもらえてほっとしました
でもエコー結果は先生の迷う影像があり様子みましょうと
言われ少し心配になりましたが気にしないでおこうと思います

次の診察は来年の4月になりました

まだまだ油断したらあかんのですね

治療後三年経ちかけているので診察は一年後になると期待していたのに半年後でがっかりです

一か月ぐらい前に友達からの情報で主治医のK先生が転勤されると耳にしました
先生に診ていただけるのも今回が最後と覚悟していました

先生「一月から転勤しますがどこか診ていただける病院ありますか?」ときかれ

私「地元で探さないとだめですね」

今まで安心してK先生に任せていたから急に不安が駆け巡りました

先生「大阪のN病院で週に一度診察します。よかったら来ますか?」と言って下さり
どんなにほっとしたことか知れません

次回から通いなれた病院とお別れなんだな・・・と思いつつ病院を後にしました
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

生命保険で複雑な心境

2008-09-04 14:30:10 | Weblog
治療が終わり三年近く経ちました
体が軽く動きC型肝炎は治ったと実感する今日この頃です

最近S生命保険会社の営業の人が来て
三年後に満期になる保険を切り替えしませんか?と言われ内容を聞いてみると
10年間据え置く保険で17万円の保証がつくと言うのです

低金利の今、少しは有利と思い契約しました

健康状態を申告する用紙にC型肝炎で三年前に入院して治療した事を
告知、現在は治っていると

その結果が今日来ました

拝啓 この度は 弊社にご契約をお申し込みいただきまして、誠にありがとうございます。
さて、今般お申し込みいただきましたご契約につきましては、お引け受けできないこととなりました

なんでや
寝てる子を起こされた感じで腹立たしく思いました

10年間で17万円の利息、その間死亡しても追加17万円の保障保険です

C型肝炎を死に物狂いで治したのにわずかの金額で差別を受けるとは
情けなくなりました

現実はまだまだこんなもんなんでしょうか





コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

併用療法が終わり2年4か月が経ちました

2008-04-25 10:39:08 | Weblog
2006年12月にペグインターフェロン&レベトール治療を終了して
2年4ヶ月が経ちました


前回から半年振りに前もっての採血、エコー検査と診察があり
久しぶりにK先生のえべっさん顔を拝見してほっとしました


今回のエコー検査はいつもより時間がかかり癌が見つかったのか?と
思われる先生のご様子に心臓が高鳴っていました

後で思えばそれだけ丁寧に検査していただけていると言う事なのに
相変わらず恐怖心だけは一人前です

診察まで待つこと2時間
その間に考えた事は悲しい連想ばかり

それだけにK先生の言葉が待ち遠しく
先生の第一声は「エコー検査はどないでしたか?何か変化ありましたか?」

えぇ・・・やっぱり癌ができたん???

私「エコー検査先生の態度が緊迫してきていきなり恐怖を感じました」
「どないでしたか?」と急いで聞きました

K先生はじっくり検査票を見てくださり「大丈夫ですよ」の言葉が
どれだけ嬉しかったか知れません

治療が終わってから3年間は癌が出る場合があるとか
後、半年間の我慢です

採血の結果もやっと良い数字になり肩の荷が下りました

副作用に苦しめられる辛い治療でしたが
軽やかに動く体が手に入り体質も変わったようです

健康な肝臓を手に入れるとはこれなんだと思える日々です
コメント (9)
この記事をはてなブックマークに追加

治療が終わり1年10か月経ちました

2007-10-16 16:36:17 | Weblog
御無沙汰しています
半年振りの更新です

併用療法が終了して1年10か月の歳月が流れました

採血&エコー&診察が半年振りにありました

30年間体がだるかったのが嘘のようです
治った喜びは体が感じさせてくれていました

今でも居残り組みの副作用と感じられる手のこわばりはずっと続いています

でも体が軽く動くことが何よりの喜びです

採血結果は AST 37 ALT 40
少々高めでしたが心労が続いていた為かな?と思っています

先生はHCV-RNA(-)で肝臓がんも大丈夫との事でした
次回は半年後の来年の4月22日診察予定です

今回も無事に通過点を通る事が出来ました

コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

治療後一年四ヶ月経ちました

2007-04-18 10:02:53 | Weblog
C型肝炎のペグ&レベトール治療が終わり一年4ヶ月の歳月が流れました
昨日は4ヶ月ぶりの診察日でした

主治医はニコニコ顔で出迎えて下さり
最近の体調を聞いて下さいました

私「体が軽やかでスポーツジムで運動いっぱいしています」
先生「それは良かった、これから何でも出来ますよ」

こんな会話の後、血液検査結果を聞きました

今回は今まで不安定だったALTが21でやっと正常値になってくれました
異常値はコレステロール 242  血糖値 125 (食後あまり時間がたっていなくて採血しました)

治っている実感を強く感じました
長かった病歴に終止符です
嬉しくてやっと心の底からルンルン気分になれました

先生に何度も「感謝しています」と伝え共に喜んで下さいました

次の診察は半年後と言う事になりました

よっしゃ、スポーツジムに行く回数増やすぞ・・・(笑)
コメント (17)   トラックバック (2)
この記事をはてなブックマークに追加