要領の悪い女子のブログ 

早く赤ちゃんが欲しいんだけど、なかなかできないので妊活を始めた体験ブログ

2017年の十大赤ちゃんが欲しい関連ニュース

2017-05-20 14:00:16 | 日記
日本の食事を摂っていれば、葉酸不足にはなかなかならないという事が言われますが、急に変わる食生活、あるいは生鮮野菜の栄養不足で、葉酸が不足するリスクは否定できません。
体内の女性ホルモンが異常を来たすことが原因で、体温調整が難しくなり、それにより血行不良となって冷えにつながり、最後には、四六時中冷えている冷え症と呼ばれる状態へと発展していくという事です。
不妊治療を受ける選択以外にも、違う選択をすることもできるのです。なので、当人だけじゃなく家族など周りの人も、正確な不妊の情報を得るという事がほんとうに重要になるのです。
冷え性が理由で、血流が滑らかではない状態であると、ホルモンがちゃんと効果を発揮する場所に行き渡らず、役立たない事につながります。ついには、不妊になるのです。
不妊症という病気は、まだまだ不明な要素がたくさんあるのが現状です。すなわち、原因追及はせず有り得る問題を一つ一つ消し去っていくのが、病院が実施する一般的な不妊治療のやり方なのです。
周囲の環境変化などによって起きる過度のストレス、ほかにも短期で極端なダイエットで体重を落としたという場合も、月経不順を起こし、不妊症となるのです。
ちゃんと受精と着床、出産ができる卵子を排卵するとしたら、母数を増やす事が必要で、普通卵細胞が多いと妊娠は成立しやすくなり、数が減少するとなると、妊娠が困難になります。
大事な事は、「子供を授かった時にしっかり葉酸が足りている」事だと言われています。ですので、「妊娠したい時期の1ヶ月前から葉酸の摂取をスタートする」という考えが最適なのです。
フレッシュフルーツや野菜には抗酸化作用があります。これは卵子の老化が進行するのを抑制してくれます。細胞の酸化が進行することは卵子の老化に直結するので、抗酸化力にすぐれた食事を摂ることを日課にしてくださいね。
高山地方のメジャーなお土産として「さるぼぼ」は有名です。ご利益があると評判のオレンジのさるぼぼは、子宝をもたらす子宝関係のグッズであることで有名です。
女性ホルモンをしっかり働かせるのであれば、精神的な負荷を減らし、栄養のある食事やしっかりと睡眠をとること、更にはエクササイズの習慣を心がけて暮らすというのも大切な部分だと言えるのです。
何といっても肥満の人は、妊娠に於いての危険は高まるのです。妊活をスタートされるという方は、手始めに食事の量を落として、標準体重に戻すところからやってください。
7年間もの間不妊治療に通っていた私の友達が、身体の冷えが治ったら子宝に恵まれることになったということを耳にして、「冷えと不妊には、やはり深い関係があるのだ!」と確信しました。
冷え性になってしまうと、血の巡りが滞ってしまいます。だから、赤ちゃんを妊娠する場面で必要な卵巣とか子宮によい血液を届けられず、必要な栄養や酵素が足りなくなってしまうのです。
原因不明不妊という状態は、不妊症全体の約3分の1と指摘されているのですが、現実に原因が特定できないという事ではなく、病院の検査では発見することができない原因が必ず隠れているという事です。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 不妊治療なら比較的小さな病... | トップ | タイミング療法を極めるため... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む