晴れた日は庭仕事!

目指せペレニアル&ローズガーデン!
なみちゃんの庭造り

おじいちゃんの17回忌

2017年03月25日 | その他

16年前
娘の出産予定日を数日後に控え、
祖父が95歳の生涯を
閉じました
身重な私に母も叔父も
葬儀出席はいいよって
言ってくれたけど
最後の挨拶ができなかったのは
ずっと気掛かりでした


母の実家の菩提寺は
通称「赤門」
横浜に古くからあるお寺さん
東福寺です。
今でこそ綺麗に塗り替えられた
シンボルの赤門。
子どもの頃はもっと古めかしくて
ちょっと怖かった。
くぐる時はドキドキしたっけ


門をくぐって正面の閻魔堂
横浜の繁華街、伊勢佐木町から
歩いて15分くらいだけど
境内はとても静か
建物は変わったけど
後ろの山は昔のまんま


閻魔堂をぐるっと回ると
こんもり大きく育った
グレヴィリア
お寺さんとオージーの
組合せってなんだか斬新!
たぶん…
そう思ったのは私だけ
みんななんの植物だかわかって
ないから
気にもとめてないし…
オージーは地味だから
しょうがないけどね


おばさま方には
人気だった木瓜
和の風情と可愛い花
わかりやすいって大事だな


咲いたら見事でしょうね〜
ってみんなが言う
モッコウバラ
ぴっちりと誘引されて
はみ出す枝は1本とてなく
びっしり花が付いて
スクリーンのみたいに
なるんだろうな〜


法事が来週だったら
満開の桜の下を通って
お墓まいりになってたかも
桜の向こう、山の中の急斜面を
登ってお墓に向かいます


精進落としの会食は
みなとみらいのフレンチレストラン
ランドマークを見上げる位置では
桜より一足早くモクレンが満開。

とにかく親族が多くて
17回忌というのに集まったのは50人
そのうち孫が12人、ひ孫15人
103歳で亡くなったおばあちゃんの
口癖は親族仲良く。
だから叔父叔母、姪甥、兄弟従兄弟
みんな仲良くて法事は
いつもすごい賑やか
普段は寡黙なおじいちゃんは
戦争の話になると止まらなくて
子どもの頃はそれが嫌だったけど
もっと聞いておけばよかったな


家に帰ったら
チューリップシルベストリスが
咲いていた。
動物にしか興味がなかった私が
こんな花狂いになるなんて
おじいちゃん思わなかっただろうな〜

子どもの頃、海だった場所に
ビルが立ち並び、
知らない街ができてることも
赤門がもう怖くないのも
時間は流れは感慨深い。
でも、久しぶりに会った
従兄弟同士語れることや
互いの子どもが大きくなったと
喜びあえるのは
祖父母がいた事の何よりの証。
かつて当たり前だった存在は
時が流れても面影だけは
あちらこちらに…
おじいちゃんに最後のお別れ
してなかったけど
自分の中、子や孫や故人を知る人の中で
生きてるなら、さよならの必要はないかと
しみじみしちゃった
今日の法事でした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

春 見つけた〜

2017年03月24日 | 植物

お彼岸も過ぎたし
東京の桜の開花宣言も
あったわりには、
うららかな陽気というには
寒いような…


ヤマボウシの下のクリローは
今年もすごい花付きでした。
株を疲れさせたくないから
花切りの目安は4月の1週目。
早く咲き始めた今年は
ゆっくり楽しめました。


シェードガーデンでいち早く
咲き出すのはバイモユリと
このシラーシビリカ
そういえば
今日はいっぱい咲いてたのに
バイモユリの写真撮り忘れた〜


先日の雨のあと
黄花カタクリも突然
姿を現しました。
花が咲くまで
あとちょっと


どんなスキマでも
逞しく育つタチツボスミレ
通路のコンクリートの際でも
健気に咲いてました


どこから来たのか
気付いたらいた
濃い紫のスミレ
かつて、絨毯みたいに
一面に咲いてた
ピンクのスミレは
いつの間にか消えちゃったな〜


昨年の長雨で親株は
消えてしまったけど
こぼれ種に花をつけた
プルモナリア


ヒメリュウキンカも
消えちゃったかなと思っても
春になるとある日突然
咲いているのを見つける花。

草が生い茂るまでの
浅い春を一瞬彩る花たち
まだまだも眺めていたい。
眩しい季節は待ち遠しいけど
やっぱり春はゆっくり
やってくるのがいいな
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今月〆の作業

2017年03月22日 | 庭の風景

たっぷり雨が降ったおかげで
いろんな植物の芽がニョキニョキ


3月の締めの作業は
雑草防止のマルチング。
今回は藁、剪定枝、ココチップの
ミックスで…
と、いうと聞こえはいいけど
余った資材を適当に撒いてるだけ
これで完全に雑草を
シャットアウトなんてムリだけど
マルチング終わると
なんかすごく作業が進んだ気分。
って、これからする場所のほうが
多いけど…


今日は、ハクモクレンが満開に!
桜の蕾も膨らんできたし
来週はもう4月
早くも1年が1/4おわってしまう
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

一面のフキ

2017年03月18日 | 庭の風景

井戸小屋の周りのフキノトウ
次々出てきて
初物だからね〜なんて
もったいつけて食べたのが
ウソみたい


とう立ちし、花も咲ききって
地面がみえないくらい
フキのグランドカバー状態


駐車場のフェンス際から
井戸小屋まで
いったいどんだけ生えてんだ〜
けど、アカシアも見頃で
これなかなかいい風景じゃない?


アカシア大好き
黄色い花は元気がでるね


アカシアの後ろは斜面で
竹やぶが広がっているけど
その向こう、まだ枯れ木状態は
イチョウの木


そのイチョウの向こうに
ベンチ付きパーゴラが
できました。


イチョウや八重桜、コブシ、紅葉に
囲まれた
夏は特等席になりそうところ
今まではとてもじゃないけど
入っていけない場所でした。
ここからは井戸小屋ほうも
見えるけど


シェードガーデンや


テラスも見下ろせる

これからは上から見える
風景も考えて植栽しなくちゃね


ベンチに座ると
かすかにいい香り
アーマンディアップルブロッサムの蕾が
ひらけかけてました
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

実生のバラ

2017年03月16日 | 庭の風景

山というか、土手というか
すっかり雑木が生い茂ってしまった
東側の木を切ったのをきっかけに


なかなか手入れの難しい
斜面を一部整地し
庭を見下ろせる場所に
ベンチ付きのパーゴラを
立ててもらいました。
でも、今日はその話じゃなくて


主役はこっち
整地した際に、東側の斜面に
生えていた小さなバラ
この青みがかった葉色は何?
と気になって掘り起こして
ポットあげ
まだ小さいからなんとも
言えないけど
青みの強い9枚葉に
ツルッとした棘のない枝
縁がギザギザで赤いのは
育つとどうなるんだろう?


比較するために撮った
トゲなしノイバラ
所謂、ロサ ムルティフローラの葉
比べると実生の子は
やっぱりずいぶん青い
それにノイバラは
7枚葉だったような気が…


これも比較用
シルバーっぽい葉が素敵な
ロサ グラウカとランブラーの
交配種で
サーエドリックモリス
こっちのほうがちょっと
似てる?

実生のバラは
鳥の落し物であるのは
間違いないけど
思いがけない交配で
変わった花が咲いたらいいな
ちょびっとだけ夢と希望とロマンを
託して、育ててみます


そして、今日の庭は

いつの間にか
ウグイスカグラや


プリムラ・ブルガリスが咲いて


黄色い一重のモッコウバラには
あずき粒くらいの蕾


先週から今週にかけて
息子と娘の卒業式も相次ぎ
謝恩会の準備に奔走する日々
だったけど
ビタミンカラーのスイセンや
もりもりしてきた
一年草に元気をもらって
なんとか山を越えました


クリローは
タネを付けてるものもでてきて
そろそろ次の季節に
バトンタッチかな〜

私も卒業式という山を越え
次の山は
娘との連弾のみの予定が
成り行きで、ソロまで
弾くことになってしまった
ピアノの発表会
本番まであと2週間
連弾、まだ娘とも合わないし
暗譜もできてないっていうか
むしろ譜読み段階?
ソロは昼の庭作業で
手が疲れて指が回らない
ここからは年甲斐もなく
追い込み練習だわ
今度の山は高くて険しい…
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加