多発性&粘膜下子宮筋腫 手術体験記

年女の2010年。子宮筋腫をついに退治した子宮全摘手術!同じ症状で悩まれている方へ少しでも参考になれば思ってます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

手術前日

2010年10月11日 13時28分05秒 | 日記
手術前検査が全て終わっているので、入院してもやることないかな~

なんて思ってましたが、病棟のオリエンテーションや手術室担当の看護師さんや麻酔科の先生の説明

など、入れ替わりベットに訪れ少し緊張気味!

でも最後に病棟担当の産婦人科チームの先生と西井先生が、和ませに来て下さり

どの先生も看護師さんも優しく、安心して手術の日を迎えられると感じました。

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

帝京大学溝の口病院

2010年10月10日 18時02分36秒 | 日記
1週間後、子宮全摘手術という選択wo結果を決め

西葛西の加藤先生のもとへ・・・

絶対的信頼を持った加藤先生が執刀してくれると思っていたのですが

今は手術はしてないとのこと。

ということで、加藤先生推薦の帝京大学溝の口病院の西井先生を

紹介して頂き、1週間後に紹介状を持って帝京大学に診察に行きました。

そこから先は、1回目の診察時にとりあえず手術日を決め

2回目ではいろんな検査結果から、やはり手術をしたほうがベストと決定。

但し、開腹になるか腹腔鏡になるかが微妙だったのですが

今頃、リュープリンの影響で子宮が小さくなってきてギリギリ腹腔鏡でいける事が

わかり、かなり安堵しました。


3回目には、手術内容の説明と手術前検査をし、早い対応に

以前行っていた某大学病院とは、えらい違い・・・

先生ももちろん看護師さんも大変丁寧で、加藤先生同様この先生方にもう

任せようと、やっとこの私の悩みを解決してくれる先生に会えたと

涙が出るくらい本当に嬉しかったです。

そして、リュープリンの副作用はまだまだ続いていますが、出血がやっと収まり

気持ちがだいぶん落ち着いてきた2010年・夏になり、休養中の仕事もいろんな

方に協力をして頂き、あとは手術を迎えるだけになりました。


※西井修先生ですが、腹腔鏡手術の名医でTV出演や他のメディアにも出ていることを
 あとで知りました。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

サードオピニオン~フォーオピニオン

2010年10月10日 16時18分34秒 | 日記
仕事関係の知人から「自分の父親の友人が婦人科の名医」ということを聞き

ネットで調べるてみると素晴らしい経歴で、いろんな症例を知っているような気が

勝手にして、即MRIを持って診察に行って来ました。

その先生は、週に1回非常勤で江戸川区・西葛西にある個人産婦人科で診察をしており

私の悩みをとても共感してくれ、また一つ一つ丁寧に診断そして説明して下さり

この先生なら、なんとかしてくれると神様に会ったような心境でした。

1番の問題だった多量出血。

でも、貧血にならない。

だから、経過観察になる。

という部分も、造血作用が強い人は貧血にならない場合もあり

私の場合はそれに値するだろうとの事。

筋腫も多量出血が起きる「粘膜下筋腫」と「多発性筋腫」といってかなりの数の

筋腫があり、それは今は心配ないがゆくゆくはどうなるかが心配と言われました。

診断結果は二つ!!

粘膜下筋腫のみ摘出。

但し、他の筋腫がまた悪くなった場合再度摘出する手術をする可能性あり。

もう一つは、子宮全摘をする。

そうすれば、手術が1回ですむ

ということでした。



いくら、もう子供は授からなくてもいいと思っていても

即決出来ず。

家族と相談してくるようにと、最初の診察が終了し自宅へ戻りました。

といっても、私の気持ちはほぼ決まってましたが・・・


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

3回目のリュープリン~決断

2010年10月10日 16時04分39秒 | 日記
仕事で汗を大量にかき、副作用でも汗をかき、くたくたになって

寝ても、また汗で起こされ、おまけに毎日シャワーばかりで疲れもなかなか取れず

ついに、帯状疱疹にもかかりそんな中3回目の診察&リュープリン・・・

血液検査の結果は、また貧血の値には程遠く

先生に訴えても「もうちょっと頑張りましょう」だけ!!!(正直、患者の気持ちなんてわかってもらえないと感じました)

以前にも書きましたが、このリュープリンは連続6回しか打てず

私の場合は、根本治療ではないので

このころには、この病院(先生かも知れませんが)にかかっても

私が望んでいるような生活は無理と、判断しました。

でも、この決断が非常にいい選択になるとは・・・




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

リュープリン

2010年10月05日 14時15分50秒 | 日記
このリュープリン注射を打てば、出血が収まると思ってた私は2回目間近

になっても止まらず、おまけに例の副作用が出てきてますます最悪の

状態になり、激落ち込み

30分起きに来る「のぼせ」。

頭痛・吐き気・節々の痛み・不眠症・むくみ・温度調節が出来ないなど、あらゆる副作用がのしかかって

来ました。

1番ひどかったのは「のぼせ」で、いきなり身体がかーって熱くなり、全身汗だく!

顔も、腕も、足もあらゆる毛穴から汗が吹き出し、Tシャツもあっという間に色が

かわり、もう街を歩けないくらい恥ずかしい。

そしてその15分後くらいには、一気に汗が引き、体温が下がり寒くなる始末。

これが寝ている時もおきるので、2時間起きに目が覚め、旦那様もうちわであおいでくれた

りと、万年睡眠不足。

もちろん、これがレッスン中もおきるので、スタジオ内の温度状態も自分の感覚とお客様の

感覚にズレがるので、よくお客様に「今、暑いですか~?」なんてよく聞いてました(笑)

今、思えば洋服で体温調節するためいつも長袖をきたり脱いだり、知らない方には「熱でも

あるんですか?」なんてよく聞かれました。



まあ、そんなかんだで2回目の注射の日!

担当医に、出血は止まらず副作用はひどいと訴えてみましたが「人によっては1回では

止まらない場合があるのでガンバって下さい」と・・・

そして、また月日だけが経って副作用は悪化!!!

もう、耐えられないと決断の時です




コメント
この記事をはてなブックマークに追加