横浜・港南台で学習や発達に心配がある子どもを支援する塾 びすぽうく

”教室の”困った”を”わかった!”へ。子ども・保護者・学校の先生、みんなが元気になれる塾。経験をもとにした塾長のつぶやき

折り畳み傘を「たたむ」

2016-06-20 13:31:24 | 発達が心配なお子さんのための塾
湿度は高いですが、今のところ雨も降らず・・・

学校によってはそろそろ水泳が始まります。

梅雨、と言えば雨。

雨といえば、「かさ」。

なんだか連想ゲームのようです・・ふふっ。

今日の出だしは「おりたたみがさ」。



小さいころ、これをたたむのが「めんどくさい」と

思った人はかなりいると思います。

でも、たためないと「折り畳み傘」にはならないですよね~。

高校生でもたたみ方が分からず、先生が教えたとか。

自分で「足のつめ」が切れない小学生。

(水泳が始まる前に手足のつめは

切っておいてくださいね)

切符を買った経験がない中学生。

服をたためない・一人でコートが脱げない

ジャンパーの「チャック」が閉めれない・・・・。

くつを脱いだままにする。




エプロンのひもを「後ろで結べない」

(まあ、ひもが長ければ前に回しますが・・・)



ひもむすび練習器? 左右色分けして太いひもにしてあります。

生活の中で「自立」してやっていかなければ

いけないことがたくさんあります。

いつも「先生、やって」では、自分で

できない大人になってしまいます。

はじめは、上手でないのは、当然。

でも「やらない」ままでは絶対にうまく

なりません。

「保育園」では、けっこう小さいうちから

「身じまい」「片づけ」を教えてくれます。

そして、小学校の個別支援級でも。

「生活」「自立」の時間(この「生活」は

1・2年生の「生活科」とは違うものです)

その子どもの実態に合わせて「一人でできること」を

増やしていきます。

段階表などをつくって、「ここまでできたね」と

達成感がもてるようにします。

・・・でもお迎えにきた保護者がつい、コートを

着せかけてくださったりするのですが・・・。

もう一月で夏休みですが、毎日家にいるからこそ、

この「生活スキル」高めていきたいですね。

全部は無理でもいくつか「合格」がでるように。



個別学習塾びすぽうくのホームページへ(色のついているところをクリックしてください)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

”ありのままで~”ではなく少し準備運動しましょう!「予習」はいいです💛

2016-06-17 21:48:02 | 発達が心配なお子さんのための塾
朝から洗濯物が安心して干せる、って幸せです。

日光を浴びると元気が出る私です。

教員をしていたとき、生徒が

「これ、塾で習ったからもう知ってる!」と言うと

すごく”かちん”ときていました。


でも、初めてで「真っ白」な状態で聞いている子どもも

いるのです。

今日は「予習」の話。

国語の「説明文」などは学年が上がると

難しいことばがでてきます。

例えば、5年生だと

「事実」「報告」「「取材」「構成」「説得力」

「候補」「納得」「評価」・・・

一行にいくつも「よみ」でさえ、難しい単語がでてくる。

しかも、その意味が前後からも「類推」しにくい。

もう、「音読」の宿題も嫌になってしまうことも。

そこで、「辞書を引いたら」と言うと、もっと「めんどくさい」

になってしまいます。

そこで、私が難しい単語の下に意味を書いて

例文をつけ、ブランクにその単語を書いて

もらうようにしました。




ついつい買ってしまった、くまモンのスリッパ。


はじめのうちは、あてずっぽうにブランクに言葉を

入れていても、単元の数をこなすとともに

「的中率」が上がってくる・・・。

本文を読む前に単語の「よみ」「いみ」を

学んでいると、「音読」もスムーズになります。

何を言いたい文章かもだんだんにみえてくる。

説明文の「予習」はこれ!

辞書を見るのが苦手な子どもは、

「電子辞書」もおすすめ。

子ども用も市販されています。

辞書が苦手な子どもは、「小さい活字」も

見えにくいことがあります。

それに子どもはなぜか、ゲーム機器には強い!

電子辞書ははじめてでも抵抗が少ないです。

さらにipadで「音声入力」して調べてしまう子も。



そうは言っても、はじめのうちは、大人が伴走する必要が

ありそうです。

ただ、だんだんに「手抜き」していってくださいね。💛

個別学習塾びすぽうくのホームページへ(色のついている部分をクリックしてください)


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

頭がすっきり~デジタル教科書~

2016-06-08 17:03:38 | 発達が心配なお子さんのための塾
梅雨に入ったところもあるようです。

今週は関東も曇り・・・・。

先週なんとなく頭が重いと思ったら・・・。

このところ、政界もいろいろな話題がありますが、

ひっそり(笑)と教育界も。

日経新聞にデジタル教科書のことがのっていました。

日経新聞デジタル教科書

・・・ここまでくると後は費用の問題?

デジタル教科書はすべての場合に使うのではなく、

「必要に応じて」がいいような気がしています。



百均のシールもこんなふうにすると、がんばった意欲付けに!

昔、一般のクラスの子どもを対象に

「取り出し」授業をしているとき、担当の先生から

「問題を読んであげるとすらすらできるのよね~」

聞いたことがあります。

そのときは、「自力で読むこと」だって「学力のうち」では

ないかとちらっと思ったこともありました。

でも、「認知的な理由で文字を読むことに困難さ」

をもつ子どもたちが、授業ではよい発言をするのに

「紙のテスト」になるとがっくり点数が落ちてしまうのを

見て、だんだんなるほど、と思えてきました。

そうかといっていつも「読み上げてくれる大人」がそばにいるわけでは

ないので、「自力」で「自分のペースで」「読み上げてくれる」

ものがあるのは、学習環境として必要なのでは。

・・・逆に「文字という視覚的なてがかり」で読み進めていきたい

子どももいるはず。

「端末」はネットにつなぐことと、端末自体のコストがかかること

で、そこにもクリアしなくてはいけないことがあります。

やはり「共用」でなく、「その子仕様で個別にもっている」方が

いちいち設定しなくていいでしょうね~。

国語に限らず、「社会」や「理科」の教科書にも

とりあえず「ルビ」を付けたり細かい文字を読むための

ルーペ
なども用意したりすることはすぐにできそうです。

(高学年の漢字はどこがくっついて、何本線があるか

など教科書の文字の大きさではわかりづらいことがあります)

シニア用の「しおりルーペ」

などを検索してみてください。いろいろあります!



そして、最近思うのは、小さいうちから(年長さんぐらい?)

文字を読むことに困難さをもっている子どもたちが

「学ぶことに」すでに困難さをもち始めているのでは、

と思うことです。

会話から語彙が入ってきたとしても

「読むこと」ことで入る語彙を

増やしていきにくい・・・。

「本を見ることが好きでない」子どもがいたら、

少し注意してその後をみていくことも必要かな、

と思っています。



個別学習塾びすぽうくのホームページへ(色のついている部分をクリックしてください)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

教科書もいろいろ(ユニバーサルデザイン)

2016-05-31 15:58:03 | 発達が心配なお子さんのための塾
今日は少し汗ばむくらいの過ごしやすい1日。

昨日はあいにくの雨でした・・・

久しぶりの月曜日の休業日だったので、

ふらふらと書店に入り、教科書のコーナー

に行ってみました。

横浜市の一般級はどの区も同じ教科書です。

私立は学校によっていろいろ。

すると、すごく薄い国語の教科書を発見。




三省堂の教科書です。店員さんにきくと、

厚い教科書と2冊セットで使うようになっているとのこと。

中を見ると、



これは、6年生の教科書なのに、いっぱい「ルビ」

ついています!

さらに、行間が広く、「見やすい。」

教科書は、色や文字に配慮して、いろいろなニーズをもつ

子どもたちのために「ユニバーサルデザイン」を

採り入れつつあります。

三省堂は、フォントも工夫しているようです。

三省堂

社会の4年生~5・6年生の教科書になると、

1ページの中の資料が多く、色や形式がいろいろで

「情報量」の多さにびっくりしてしまう子どももいます。

テストもです。

「学習内容は分かって」いても、設題や解答欄の「場所」を

見落としてしまい、答えない問題がでてきたり

資料が多いために、「情報を整理すること」が

苦手だったりする困難さをもつこともあります。

そういえば、5年生の社会の時間では、

せまい机の上に「教科書」「資料集」「ノート」

「先生のプリント」

さらにときには「色鉛筆」・いつもの「筆箱」も

のっていて、先生の話に合わせて

「あっちの資料・こっちの資料」を見て

ノートも書いて・・・と大忙しだったことを

思い出しました。

それぞれが「広げられる」とかなりのスペースをとります。

さらに、重ねると下から別のものを出すときに

ページがずれたり、冊子を下に落としたり・・・。

「一つの資料から単一的に考えるのではなく、

複数の資料を使って関連性をとらえる」
ことは

どの教科でもとても大切なことです。

最近の入試や全国テストでもそんな問題が

どの教科にも見られます。

グラフの細かい目盛りがゆがんで見えたり、

漢字が1文字読めないために資料を読み取れなかったり

そんな「困難さ」が少しでも「楽」になるような

教科書やテストが増えてくるとよいなあ、と思います。

そんな中で見つけた素敵な教科書でした。





個別学習塾びすぽうくのホームページへ(色のついている部分をクリックしてください
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ちょっとしんどいときは、減らして・減らして・・・

2016-05-24 14:13:53 | 発達が心配なお子さんのための塾
5月もいつの間にか末に近づき・・・

新学期が始まってもうすぐ2か月なんですね~。

急に暑くなって、からだが追いつくのが大変!



とっても疲れたり、

やらなきゃいけないと分かっていても

動けなかったりするとき

「目の前」にあるものを

思い浮かべて

「優先順位をつける」

または、

思い切って
「減らす」

あれもできない・これもできない

あれもやらねば・これもやらねば

といっぱいい・いっぱいだと

「前」に進む元気も半減!

学校だと「宿題」というノルマがあります。

これは避けては通れないのですが・・・

本当に「しんどい」ときは、いくら叱られても

・・・・進まないですよね~。

全く手をつけないのもなんなので、

半分やってとりあえず、「提出」。

残りは「分割」にしていただくとか・・・。

「やらない」のではなく、「少しずつ取り組む」。

家では、明日の用意、服たたみ、習い事、

家の手伝い、もろもろあると思いますが

「これだけは」を残し、エネルギーの「充電」のために

思い切って(いっぺんに)やることを「減らす」。



くまモンの女の子バージョン?

・・・頭の片隅に「やらなくちゃいけないこと」が

必ず残っているので「ちょっとゆるめる」感じで。

まあ、これがずっと続くようであれば、

その子にとって「課題が大きすぎる・多すぎる」のかもしれません。



机やタンスの「引き出し」の中を減らしてみると

「いるもの」「いらないもの」がはっきりして

残ったものを「大事に」思える。

心の「ノルマ」も同じように減らしていけば、

きっと残ったものに気持ちを注げるはず。

たまった宿題をみるのはつらいことですが、

1ページ全部やらずに、今日は「半分」というだけで

取り組む「元気」がでてくるかもしれません。

例えば、ドリルだったら、1問だけ見えるようにして

残りを紙でかくしてしまうのもいいです。

毎日この紙をずらしていくといつの間にか

「終わった!」

また、お子さんによっては、「ページ~」というより

「~分(ふん)だけがんばろう」のように

制限時間(あまり「~時間」という

長い単位でなく)をかけた方が意欲がわくこともあります。

きっと大人もいっぱい・いっぱいのときは、

なにが減らせるか考えてみるのも「らく」になる手段かも。

あ、きっとコレ私が自分に言い聞かせてる!


個別学習塾びすぽうくのホームページへ(色のついているところをクリックしてください)



コメント
この記事をはてなブックマークに追加