横浜・港南台で学習や発達に心配がある子どもを支援する塾 びすぽうく

”教室の”困った”を”わかった!”へ。子ども・保護者・学校の先生、みんなが元気になれるために。経験をもとにしたつぶやき

「記憶」って「生理的な」ものなのでしょうか?

2018-02-10 18:47:48 | 発達が心配
今日は、なんだか暖かい・・・・

これから「雨」が降るのでしょうか。

先日、NHKで「人体」という番組を見ました。

塾の先生をしている以上、

または、個人としても(笑)

「どうしたら、記憶を増進させられるか」

とっても興味があります!


脳が「デフォルト・モードネットワーク」

(ぼおっとしている状態)のとき、

「記憶の断片をつなぎ合わせている」のだそうで、

このときに「ひらめき」がうまれるのだとか。

・・・だったら、「私なんか、ぴかぴかになるはず」

脳の「海馬(かいば)」の中に「歯状回(しじょうかい)」という

歯のような形をした部分があり、

新しい神経細胞が生まれ続けているのだそうです。

新しいことを覚えると、その細胞に電気信号の「ルート」が

できるそうです。

一つの「記憶」に一つの「ルート」ができるとのこと。

子どもや、知識欲の高い人は、たった今も

「ここ」がどんどん増えて

いっているんですね。

(もしかして、私が授業している瞬間にも

うんうん・・・・「分かった」と子どもが

笑顔になるその瞬間の、「その子の脳の中の動き」を

想像してみると・・・・・。

すごいことです。

海馬から大脳皮質にこの記憶されたものが送られると、

生涯忘れない、記憶になるそうです。

         


そういえば、ふだんすっかり忘れているような

受験のとき覚えた「英単語」が、ゲームなどのとき

ふっと「思い出せる」ときがあります。

「忘れてしまった」のではなく、「奥の奥の奥に」

「大切にしまわれて」いただけだったんですね!

(う~ん、さっと「取り出せる」ともっとよいのですが・・・)


いわゆる学校の「学習」で言えば、まず

「記憶の回路」(神経細胞の伝達ルート)をつくり、

それを忘れないうちに「リハーサル」し、

だんだん大脳皮質に送って「ためて」いけば、

いうことなし!!!

(まあ、理屈はそうでもなかなか大変ですが・・・)

脳に新しい細胞をつくるためには、

「インスリン」の働きが大事で、

その「インスリン」をうまく働かせるには、

正しい食事と体を動かすこと

大切だそうです。

つくえにかじりついていてばかりでは、

「学習」が進まないのですね。

もちろん、メンタルな面も大切なようです。

(ストレスはよくないようです)


           


・・・ここまでテレビをみながらメモしていたのですが、

またこのブログを書くことで私の「記憶」がつくられたかな・・・

だといいです。


個別学習塾びすぽうくのホームページへ(色のついているところをクリックしてください)




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

パソコンで日記を書く

2018-02-03 09:29:12 | 発達が心配
雨ですね・・・・

朝方雪に変わるらしいです。

今回はあまり積もらないようです。

今日から2月。

学校はあと1か月とちょっと。

教員をしていたときは、

今が「修羅場」だったのを思い出します。

年度末は仕事がbig waveのように

次から次へと押し寄せてくるのです・・・


        

「まくら」が長くなってしまいました。

今日は、「パソコン日記」の話。

筆記具(✎など)で字を書くことに苦手感があったり、

作文と言うとからだが緊張してしまったり・・・

でも、パソコンならなんとかいけるのでは。

と、始めたのが、まず、

「ローマ字入力のキーボード練習」。

1回に50音の1段ずつ練習します。

「ん」まできたら、今度は日記。

大変かと思ったら、子どもたち「機器」には強く、

(覚えていない子は)ローマ字表をみつつ

(覚えている子は)1字1字思い出しながら

「日記」を打っています!

例え最初は1行でも、覚えたローマ字入力が

できることが「かっこよく」

そして、漢字が苦手でも、パソコンが「変換」して

くれちゃうことが「うれしく」

2回目も嫌がらずに取り組んでいます。

この日記、書いてみると

今日は何日だっけ?「ついたちです」

     ついたちって、1日のことか・・・・

     (日づけの読み方を覚える)しめしめ・・・

今日、何があったかなあ。

     あ、そういえば~したんだった。

     (学校の様子がわかっちゃう)

「それで、どうおもったの?」
     
     今日、おかわりができてすごくラッキーだった!

     (だんだん気持ちを表現することばを

      増やしていきましょう。影の声・・・)

「あ、今日「た」って見ないで打てた!」

     (ローマ字も覚えてきた!)

ちょっと前に書いたのも見て見よう。

     あ、そうだった、そうだった・・・。

    (自分の振り返りもできちゃうね)


・・・・といいこといっぱい。

   間違って打ってしまったところも、訂正しやすいことや、

   ✎だと漢字にできないことがパソコンで

   できてしまうこともうれしいようです。



   富士山。見ていると気持ちが晴れ晴れします。

  もちろん、「作文力」をつけるには、

  文法的なことも必要です。それは、それで

  別の「紙教材」を使うとして、パソコン日記は

  「続けていけるんだな~」というのが実感です。


  見ている方もあまり「形式にこだわらず」

  少し「ゆる~く構えて」いると子どもたちが

  どんどん進んで分からないことは訊いてくるし、

  書こうとするように思います。

  (そこに小さい「つ」入れようね。なんて

  紙だとってなってしまう子も

  なぜかパソコンだと、「うん。」)
  
  文字を大きくできたり、辞書機能がついているのも

  「負担」を軽減できるようです。



              

  明日の朝は道路、どうなっているのでしょうか。

  子どもたちは、楽しみにしているらしいです。

  「日記」に書くのかな?

  
   個別学習塾びすぽうくのホームページへ(色のついているところをクリックしてください)


 


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ライフスキルの大切さ

2018-01-22 17:35:50 | 発達が心配
横浜に大雪!(と言っても5cmぐらいの積雪ですが)

塾の前の道でバイクが立ち往生していました。

どうかご無事で・・・・。

今日は「開店休業」です・・・・。



今日は「ライフスキル」のお話。

「ソーシャル・スキル」のトレーニングの前にまず、

「ライフスキルのトレーニング」を。

・・・先日参加した講演会でこんなお話を伺いました。

きけば、きくほど、納得!

学力や知的な状況に対して「ライフスキル」が

落ちてしまっている子どもがけっこういる

とのこと。

自分の荷物を親にもってしまっている・・・

服たたみができない

トイレで自分のおしりがふけない

荷物の整頓ができない

お金の使い方がわからない

時間の使い方がうまくいっていない

天候に合った服装をする

ぞうきんをしぼれない


う~ん。何歳であっても結構「耳の痛い」ところですね。


小学校に勤めていたとき、トイレに前で

待っていると、かなりの子(男女とも)が

「手を洗わずに」出てきていました。

「手を洗った?」ときくと、「あっ」と

言って戻って手をあらっていました。

給食の白衣も、「空中たたみ」ができず、

床(!)でたたんだり、まったくたたまずに

袋につっこんだり・・・・。

4歳ぐらいの小さいときから始めるとよいそう

です。

つい、「手を貸して」しまいたくなりますよね。

誰かを待たせてしまうのも気になるし、

子どもが手間取って見ている方がいらいらしてしまう

でも、「入学前」って「入学後」よりよほど時間が

あるのです。

親が「手」をださずに「見守る」

もちろん、やり方を教えたり、

一緒にやったり、途中まで親がして

続きを子どもがしたりする、ということから始まると

思います。

「人間関係」「ソーシャルスキル」は、

どうにかうまくいって教室で「つつがなく過ごしてほしい」という

願いのもとに始めることが多いと思います。

でも、その「土台」になるのは、

「生活で使う技」

塾では入学前に生活の「技」をすこうし「伝授」します。

さらに、少し意識して(何歳であろうと)その年齢の子どもが

できてほしい「ライフスキル」を支援に入れていこうと思いました。


皆さま、安全に気を付けてお帰りください。


個別学習塾びすぽうくのホームページへ(色のついているところをクリックしてください)



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

話し合いの時間

2018-01-15 20:22:26 | 発達が心配
小学校では、「学級会」だけでなく、

小グループでの話し合いがどの教科にも

あります。

そんなとき、

「自分ごと」として思えず、ぼおっとしていたり、

手遊びをしてしまったりする子どもが

見受けられます。

特に、「身近」でない話題のときなど。

すごく「身近」でも、よほど話が具体的

なおかつ「経験」から想像できるもの

ならば、ともかく、「想像もつかない」ものだと、

なおさらかもしれません。

そもそも話し合いには、

いろんな「スキル」が必要です。

投げかけられた「話題」について

    自分の意見をもつ

だれがなんと発言したか記憶する

友だちの発言に対して自分の意見をもつ

       (「反対です」ではなく、「優しい返し方をする」)

まとめるために「同調する力」が必要

    (自分の言ったのとは違うけれど、それもいいね!)



先日も「小集団グループ」で話し合いをしました。

予め、話題(みんなで集まったときにするゲームは何がよいか)

をふっておいたのですが、

イメージをもてていた子どもとそうでない子どもが

いました。

最初は、自分の考えを発表して・・・

絞り込むための条件を提示して・・・

「う~~ん」・・・・・・

少しして、「これ、大人数になったときに

時間間に合うのかな」

「大勢でやって楽しいのかな」

・・・と思考が進んできました。

「じゃあ、やってみる?時間も計って。」

そこから実際に案に出たものをやってみると

たちまち、どうしたらよいか、みなで

共通理解ができました。


ここからが、「本当」の話し合いです。

1つの案にまとまりました。では、実際にどうしたら、

うまくまわっていくか・・・


この場にいない人に説明する係がいるかも

準備や片づけもてきぱきやらないと

はじめの案だといつもと同じだから少し

アレンジしよう・・・

ここにくると、意見を言わない子どもは

いなくなりました。

               

・・・意見がでないなあ、というときは、

全員が「共通のイメージがもてていないとき」

そして、

「安心して自分をだせる場、と感じていないとき」

だと思います。

話し合い、大勢では難しくでも

家族や兄弟姉妹、ごく親しい友達どうしで

いつも分かっている人が「決めて」いくのではなく、

一人ひとりが意見をもてる状況をつくっていって

「理由を考えて発言する」

「相手を否定しない言い方にする」

など練習できるといいな~~~と思います。



子どもたちの話し合いで決まったことを

実行する「当日」は、きっと話し合った子たちが

てきぱきと動いてくれると信じています。

「主体的に動く」ってこんなことから

はじまるのでは。


個別学習塾びすぽうくのホームページへ(色のついているところをクリックしてください)



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

上手に「応援団」をつくりましょう!

2018-01-06 18:09:22 | 発達が心配
あけましておめでとうございます。

今年はどんな一年になるのかしら。



新年の横浜ランドマークタワーです。

快晴!一年間、こんな感じで回っていくといいな~。

新年に思うこと

新年とは言っても、学校にとっては、

後期の「締め」

来年度に向けての準備も始まります。

昨年を振り返ってみると、

担任の先生と意見が合わないことがあったり

学校の方針にうなずけなかったり

家庭の中で意見が分かれたり

・・・・といろいろあった方もあると

思います。

本当にがんばっている保護者のみなさん

保護者だけでがんばるには、

限界があると思います。

そして、学校の先生や支援者にとっても

一人でがんばるのには限界があると思います。

でも、実際いろいろ考えてみると

子どもの支援の「要」はやはり、

保護者だと思います。

今、上手にいろいろな「場所」「機関」「人」を

利用して、子どもの育つ環境づくりをされて

いる方でも、初めからうまくいっていたわけでは

ないと思います。

最初は少しずつ、「つながり」を

つくりつつ

「~先生には、こんなところをお願いして」

「習い事では、~をお願いして」

「兄弟姉妹には、~」

「自分は~」

とある程度「分野」を割り振りしてそれを

まとめていく「応援団長」が保護者なのかな、

と思います。

それが、ちょっと「重い」と感じるときは、

信頼できる人に「割り振り」をお願いする・・・。

うまくいかないときに責め合ってばかりでは

もっと子どもが困ってしまいますよね。

塾に通われている保護者の方で、これがとっても上手な方が

たくさんいらっしゃいます。

子どもがどんどん「元気」になっていくのを

感じます。

「一人で抱え込まず、

でも、まとめ役になる」

    

なかなか難しさもありますが、

一人(1か所)1ポイントなら、

なんとかなるかも、ですね!

きっといろんな「手」が子どもを支えてくれることと

信じています。


個別学習塾びすぽうくのホームページへ(色のついているところをクリックしてください)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加