横浜・港南台で学習や発達に心配がある子どもを支援する塾 びすぽうく

”教室の”困った”を”わかった!”へ。子ども・保護者・学校の先生、みんなが元気になれる塾。経験をもとにした塾長のつぶやき

「書く困難さ」を体験する

2017-01-16 18:15:12 | 発達が心配なお子さんのための塾
日本中冷蔵庫に入ったような寒さ・・・

横浜は雪はありませんが、

朝夕はぴりっと身が引き締まるような寒さです・・・

先日参加した講習会で、「LDの疑似体験」をしました。

「書く困難さ」体験では、

利き手と逆の手で、鉛筆のてっぺんをもち、

小さなマスに黒板の文字を写す

(制限時間あり)

しかも、先生から、絶えず、「速く」とか

「周りはもう終わっていますよ」などの

プレッシャーをかけられる・・・

字は曲がるし、思うように書けないし、

書いてもほめられないし・・・という経験でした

・・・ちょっとオーバーにしろ、毎日、毎時間が

こんな感じに過ぎていくのなら、本当に「学習意欲」が

下がってしまうんだろうな、と感じます。

「書けた・書けない」、という「結果」もですが、

「できたら、こうやるといいよ」とか「がんばってるね」

「ここがうまく書けたね」のような声かけもあると

「頑張る気持ち」がわいてくるのでは。

「こうやるといいよ」の例として

まず、筆記具



以前ご紹介した、くぼみのあるえんぴつ


えんぴつにつけるすべりどめ

そして、フリクション(消せるボールペン)

または、少し芯の太いシャープペンシル(一見鉛筆のような)

なども、書きやすさに結びつく道具です。

また、ノートとしては、

大きめのます。

手本の位置は、

黒板より手元。(何度も目の往復があり、

記憶に苦手さのある子にとってはつらい)

よく「ひらがなで書いてもいいよ」という指示を

考えてしまいますが、これは、「漢字が読める」という前提に

立っています。漢字がはっきりと見えなかったり、

覚えていなければ、結局「よくわからない記号のようなもの」を

ひっしにノートに写している感じなのかも・・・。

また「制限時間」については、

あまり短くても、はんぱに終わってしまうのですが、

「長い時間の注視」はとても、疲れるので、

「ここぞ」のところだけ書けるように「ここがポイント」のマークなどが

あるとよいのかな、と思います。(〇〇さんだけ、ということが

目立たないように指示される、または、人それぞれ違う、という風土が

教室にあるといいですね)

また、これは、私の反省点ですが、

書いている途中の「先生の声」は、

集中が途切れますね・・・。

静かだといいです・・・。

講習会では、「子どもの目線に立ってみる」ということが

強調されていました。

本当にそうです!

こういう体験をしてみることは、「専門書」を読むより

ぐっと心にしみます。



文の並べかえを作ってみました。ばらばらに切ってから並べ替えます。
これは8分割ですが、お子さんによって4分割や6分割にしてもよいです。
 

個別学習塾びすぽうくのホームページへ(色のついているところをクリックしてください)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

生き方の「呼吸法」?この世界の片隅で・・・みたいな

2017-01-13 11:30:40 | 発達が心配なお子さんのための塾
横浜では、昨日から学校が始まりました。


空気が乾燥していますね。

インフルエンザなども流行っているようです。

今日は、いいお天気だったので、

飛行機雲もくっきり!



子どもにいろいろアドバイスしても

なんだか聞いているようないないような

そして

行動に移せていない・・・・

親や指導者としてはこんなとき「がっかり」ですね

説明の仕方がよくなかったのではないか

子どもは「やりたく」なかったのではないか

・・・といろいろ考えてしまいます。

でも、もしかしたら、

子ども自身なにかを「抱えていて」ぱんぱん状態だったのかも。

水泳を習っていたとき、うまく「息づき」ができなくて

困っていたら、コーチが

「吐くことだけ考えれば、自然に息が入ってきます」と

教えてくれました。

子どもが聞いていないふうなときに、

「今思っていること・気になっていることを出して(言って)もらう」と

そのあと、こちらのことばがすうーっと入っていくことが

ありました。

「入るすきま」を作らないと

新しいことが「入っていかない」。

泳ぐときの「息つぎ」と同じです!

まず、「出す」。そして、「入れる」。

大人も「余裕」があれば、また、そこに気づけば、

「かえって早道」かもしれません。

(なかなかいらいらしていると難しいですが)

        

全く話は変わりますが、

「この世界の片隅に」を観ました。

映画館を出るときはそれほどでもなかったのですが、

しばらく内容を考えているとなんだかじわーーーっと

感じるものがありました。

ものすごく大変な状況の中を「自然体」でふわっと

生きている主人公(のんさんの声がぴったり!)。

苦しい中にも「ちょっとした幸せ」を見つけたり、

ときには、胸の奥にしまっていた気持ちをわーっと

吐き出したり・・・・。

観たあと、自分が少し変わったような気がします。

「焦っても仕方ない」でも「なにかできる!」。

つまり「生き方の呼吸法」かな?

なんだかとっても深いものがある気がして、

もっと後から何回か「じわーーっと」効いてきそうです。(笑)


個別学習塾びすぽうくのホームページへ(色のついている部分をクリックしてください)


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

経験がないことを想像するのは、難しい・・・

2017-01-04 19:13:39 | 発達が心配なお子さんのための塾
あけましておめでとうございます。

今日から仕事始めです。



初笑いのためによせばいいのに「寄席」に行ってきました・・・(笑)

「落語」は、噺家の「話術」で聞かせる

最小限の道具でいろんなものを表現する

扇子が「手紙」になったり、そばになったり

刀になったり・・・

噺家さんの「表情」や声色の変化も楽しいですが、

やはり、「聞かせる」もの。

聞きながらいろんな「想像力」を働かせるもの。

・・・というところで「今日のお題」

子どもにとって「経験したことないもの」を想像するのって

難しいんだな、とつくづく思います。

物語を読んでいても、算数の応用問題を解いていても、

常にこの「想像する力」が働く必要があります。

例えば、

かごに入れたみかんの重さには、

「かご」と「みかん」両方の重さが入っています。

「みかん」を外しても「かご」の重さがあります。

実際、家で「はかり」を使ってものの重さをはかったことが

なかったり、軽くても「かご」に重さがあることを想像できなかったりすると

「図」があっても、「すっきりと」理解しにくい。

国語でも

「このときの太郎の気持ちは次のうち、

何番でしょう」という問いで、

そっくりの(または似た状況の)経験がほとんどない場合、

「想像することが」難しく、あてずっぽうで答えてしまう。

授業で取り組んだ問題は、友だちや先生の解説でなんとか

理解したとしても、「初めてみる文章」では、「状況」が

つかみにくい・・・。

どうしたら、これを超えていけるか・・・

自分の経験した中で「近いもの」を探す

大人の協力で「経験」を増やす

・・・というのも「手」ですが、

学校で教えていたときに

同じ「経験」をしても

「流して」しまう子と

「いったん奥にしまって後から使う子」と

「すぐに使おうとする子」

がいたことを思い出しました。

「流してしまう子」には、少し支援が必要なのかな・・・

(「解説」を加えるとか、情動に訴えるとか)

     

学習場面でもありますが、もっと「困る」のが、

生活の場面。

「失敗」から学べないこと。

「叱責」で終わってしまわず、

「次にどうするとよいのか」考えさせたり、教えたりが

必要になる。または、

そこで提案されたことを子ども自身が「試して」

よさを実感する

という「経験」

積み重ねていくこと。

単に「その場にいる」では「経験」にならないのでは、

と思うこのごろです。

あれ!今年もやっぱり「自分」に言い聞かせてるかな・・・。

お後がよろしいようで。


個別学習塾びすぽうくのホームページへ(色のついているところをクリックしてください)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「あなたの好きなところ」~今年のまとめ~

2016-12-28 22:53:31 | 発達が心配なお子さんのための塾
ある音楽番組を見ていたら、

西野カナさんの「あなたの好きなところ」という曲で

なんだかじーんとなってしまいました。

LOVE SONGなのですが、

その人の「存在」すべてを認めて、「好きだよ」と

言ってくれる人がいるなんて、なんてすてきなんでしょう!

人の話を聞いていない

子どもみたいにむじゃきに喜ぶ

人の心配をする

友だち思い

よく忘れ物をする

かさをなくす

いろんな欠点もよいところもひっくるめて好き・・・・

いいですね!

恋人どうしでなくても、友達でも親子でもそして、

先生と生徒でも

こんな関係が築いていけたら

ちょっと前置きが長くなりましたが、今日は、

「今年のまとめ」です!

ipadの力・・・漢字を覚えたり、作文の下書きに使ったり、

教科書の音声読み上げに使ったり・・・・大活躍!

「辞書」は子どもが嫌がると思ったら、使うことでよさを実感!

計算は、マスを大きくしたり、色わけしたりでやる気が

ノートは「空間」が大事。ドリルや教科書の問題も、空間を

あけて、写すと、できることも。

手先の練習は、楽しく繰り返すことで、伸びていく!

「心」が安定してくると、字が丁寧になる・言葉遣いが丁寧になる

自分のまちがいを隠さず、分からないことを素直に訊けるようになる

否定的なことばが減っていく

できない自分も「受け入れ」られる

「緊張」が高いときは、「笑わせる!」楽しいウォーミングアップを

してから学習をすると「苦手」に立ち向かえる ・・・などなど



今年も子どもたちからいっぱい「学ばせて」もらいました。

感謝です。


1年生の「日づけとよう日」・・・日にち・曜日の独特の読み方がけっこう難しいです。
カードにしてみました。ゲームで学習すると楽しいです。



        


今年もいろいろなことがありましたが、来年も、どうかよい1年になりますように。

皆さまのご健康をお祈りします。


個別学習塾びすぽうくのホームページへ色のついているところをクリックしてください)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

脳が「覚醒」していない?

2016-12-21 15:03:11 | 発達が心配なお子さんのための塾
横浜では、明日で今年の登校が終わり、

いよいよ「冬休み」!

カレンダーの関係で今年はちょっと「お得」。

今週来る子どもたちは、すごくみんな

「明るい」表情です。冬休み、きっと

楽しいことがいっぱいあるんですね

   

突然ですが、

「寝起き」のとき、つまずいたり、ちょっと

とっぴな行動をしたことがないですか?

だんだん「目覚めて」くると、自分でも

笑ってしまうような・・・・。

この状態、「脳が覚醒していない」のだと

思います。「目」があいていても、どこか、

コントロールのきかない状態・・・。

幼稚園や保育園で朝いきなり、お友達のからだに

「ごつん」とあたってしまう子がいました。

「元気いっぱい」に見えますが、「なんの理由もなく」

「ごつん」としてしまうのは、おそらく、「脳が覚醒していない」

状態。

鉛筆や消しゴムを授業中にしょっちゅう落としてしまう・・・

ぼおっと外を見つめている

そうじの時間、水が入ったバケツにつまづく・・・

朝からとってもハイテンション・・・

「叱責」される行動の中には、この「覚醒」に関するものが

けっこうあるのでは、と思います。

わざと「ふざけている」のではないのに、

自分で自分をコントロールできない・・・。

本人も実はとっても困っているのかもしれません。




「しろ」から始めて交互にイメージをつなげていくゲーム。語彙の学習にもなるし、
相手の意図をくみ取ってつないでいく、という練習にもなります。

1回にたくさん指示が出て、どこから取り組んでよいのか

わからなくなってしまって、行動がとまってしまうときも

もしかしたら、「覚醒」や、「刺激の処理」の問題が

あるのかもしれません。

外から見てわかりにくい、その子どもの困り感。

表情を見ると、無表情のときもあれば、

「にやにやして」いるように見えているときも。

「困ったこと」が続くときは、何か理由があるのでは、

前後に起きたことを記録していくと

なにか「手立て」が見つかるかもしれません。

「睡眠」の調整をして落ち着いた子どももいました。

何はともあれ、冬休み。

生活のリズムを整えながら、心は「ゆったり」できると

よいですね。


個別学習塾びすぽうくのホームページへ(色のついている部分をクリックしてください)

1月は入学準備によい時期です。ぜひご連絡くださいね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加