横浜・港南台で学習や発達に心配がある子どもを支援する塾 びすぽうく

”教室の”困った”を”わかった!”へ。子ども・保護者・学校の先生、みんなが元気になれるために。経験をもとにしたつぶやき

読解力と「忖度」

2017-06-23 17:32:38 | 発達が心配
忖度(そんたく)

・・・何かと世間を騒がせていることばですね。

今日は、「読解力」「忖度」について

「忖度」の意味は、「他人の気持ちを推し量ること」

「支援」の必要な子どもには、苦手感が強いことかも

しれませんね・・・。

「場」の空気を読む

「相手」の気持ちを推し量る・・・

このごろの国語のテスト(長文読解)などで

最後の問題に

「この文章を読んで思ったことを書きましょう」

「~についてあなたの考えを書きましょう」

10点配点!

のような問いがついていることがあります。

「えー読み取りじゃないの?」

・・・もちろん。国語的には、本当に文章を「理解」できたか

測るよい問題です。

そもそも(これも今話題のことば?)

文章の要旨を理解していなければいけないし、

さらに、「自分」はどう読み進めたか、「積極的」な学習が

必要です。

「的外れ」な回答にならないためには、

「たぶん、こんな答えが要求されているのでは」という

「忖度」が必要ですね。(笑)

文章理解が苦手な子どもの中には、

そもそも、「空間が少なく、文字がこんでいて

注視が難しい」場合や、

それが原因で今まで「読書」に意欲がわかなかったために

「文字を読む」経験が少ない場合もあると感じます。

そんな子どものためにデイジー教科書

よいですが、すべての家庭や学校でipadが使えるとは限らなりません。


そこで、こんなふうに「青のフリクション」でルビふりを

してみました。


本当は、自分で書くのが一番です。

(大人がゆっくりと子どものペースに合わせて

読み上げるとよいです)




自分で「ルビ」をふっているうちに何度も同じ漢字が

でてきます。

これは、光村の5年生の教科書ですが、

「釘」「古代」などが同じページに繰り返し出てきます。

また、同じ漢字でも「読み替え」がある場合があります。

何度も書いているうちに、「もう、次はいいかな。」と

思える・・・つまり、「覚えた!」

ということ。

中には、前後の関係から「たぶん、こう読むのかな」と

考える子どももいます。

初めは、「当たったり」「外れたり」。

でも、ルビふりを繰り返していくうちにだんだん「当たり」が

多くなる。

「読める」ようになると、初めて「中身」の意味を

考えられるようになる。

(ルビふりのテストも学校でとれるところもあるようです。)

ただ、この「ルビふり」。

子どもにとってけっこう「疲れる」作業。

1回にたくさんすると「もう、いい。」になって

しまいます。毎回少しずつがいいです。

そして、「フリクション」
を使う理由は、「消せること」。

「聞いた」ことばを「ひらがな」に直すときに


「誤った」表記になることがあります。

また、覚えたら、「消す」というのも

よいと思います。

消せることは、大事なことです。

そして、「その子に合った見やすい色」があるので、

「青」に限らず、いろいろ試してみるとよいと思います。

この「作業」を始めてテストの点が上がった子どもも

いました。

「前もって」ルビふりすることは、私は「ずるい」こと

だとは思いません。

中学や高校の英語の時間、「予習」で単語の意味を

教科書に書き込んでいくのと同じと考えます。

「読めて」「内容が理解できて」はじめて、

「自分の考え」をもてる。

そのためには、「準備」があるとよりとりかかりやすいと

考えています。


・・・少し「忖度」から離れてしまったかな・・・?

お後のしたくがよろしいようで(笑)


個別学習塾びすぽうくのホームページへ(色のついている部分をクリックしてください)



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

先生どうしの「引き継ぎ」

2017-06-13 16:38:13 | 発達が心配
新しい学年になり、3か月目。

そろそろ「地」がでてくるころでしょうか

学習面で「分からない」ことがでてきたり、

友だちどうしでうまくいかないことがでてきたり・・・。

もちろん、逆に「うまく自分が出せて」楽になる子どもも

いると思います。

       

「毎年」「同じ時期に」「うまくいかなくなる」子の中には、

「天候」も影響していることもあるかもしれませんんが、

「先生どうしの引継ぎ」がうまくいっていないケースも

あるように思います。

保護者の了解のもと、

「個別の教育支援計画」や「個別の指導計画」が作成され、

具体的に

「こうするとうまくいく」

「子どもや保護者はこう願っている」

子どもとつながっている機関はどこで、

どんな支援を受けているのか

その子の得意な学習方法や、関心のあるものは

なにか

子どもの状態は、今に至るまでどんな経過を

たどっているのか

などが書かれていると、「支援の能率」が上がるのでは

ないかと思います。

全く「何もない」中では、支援者も

「トライ アンド エラー」(ときどき成功!)

の繰り返し。

なぜ自分のことばが子どもに届かないのか

なぜ子どもは課題に取り組もうとしないのか

何回直しても同じ誤りをくりかえすのはなぜか

(私もいっぱい、いっぱい悩みました!

今でもそうですが・・・・)

その子への対応で「うまくいったとき」をより

具体的に書かれたものが残っていて、

ときどき「見返す」ことができる。

・・・「口頭」の引継ぎでは、なかなかメモが

追いつかなかったり、ぬけてしまったり・・・

「支援がうまくいったときに」すぐ書かれたものだと

「本当に役に立つ」「ツール」になる

はずです。

「支援計画」は小学校だと担任が書くことが多いです。

一緒に過ごす時間が長いだけに、いろいろな角度から

子どもをみている担任です。

自分自身を振り返ると、

「支援計画」や「指導計画」を書きながら、再度、

客観的に自分の支援方法を振り返ることもできました。

書くことは、時間も手間もかかりますが、

それ以上に効果があると思います。

子どもも一貫した指導・支援を受けられます。

「落ち着いて」「しっかり」「ちゃんと」というような曖昧な

ことばではなく、

「~なとき~なふうに~を使って」のようなことばで

書かれていると、次の担任・担当の先生の役に立ちます。

子ども・保護者・支援者みんなが笑顔になれるために

強い味方になるような「計画」「記録」ができますように

と願っています。


個別学習塾びすぽうくのホームページへ(色のついているところをクリックしてください)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「苦手」なもので体が「動く」・・・

2017-06-09 10:56:17 | 発達が心配
梅雨入りしましたね

5月の末から暑かったり、少し涼しかったり。

また、新しい環境で「疲れ」が出てきて

「小休止」している子どもや大人も

いるかもしれないですね。

「低気圧」と一緒に少し気持ちが

なってしまう人も。
          


教室で授業したり、後ろで見ていたりすると

すごく気になるのは、

「体が動いている子」。

「もじもじ」だけでなく、

よくものを床に落とす子。

ひっきりなしに声を出している子。

・・・たぶん、その子にとってそれは、

苦手な時間

なんとか、「苦手に向かう緊張感」から逃れようと

体を動かすことで、無意識に「緊張を和らげて」いるのだと

感じます。

大人では、「びんぼうゆすり」や「ペン回し」

「髪の毛に触る」・・・などかしら。

「落ち着きがない」と言われてしまいますね。


2年生の子が「1000ぐらいあるもの、数えたい。」と言ったので、「つまようじ数え」をしてみました。
10ずつの束をつくり、それをまた10くくって、100の束に。
「約850本」・・・結果は、「837本」でも、急いだので、10ずつが確かでなかったかも。でも、実際に
「大きな数」を体験、するって大切なことですね。「紙」の上だけではわからないです。


これで137個です。(おはじき)



なんとか、「許される形」に変えて、

緊張が和らぐといいですね。

授業中、「いらいら」が出た、と自覚できたときに、

大きな消しゴムをぎゅっと握ってごらん、


と提案してみました。

音が出ない、友達に影響がでない

そんなものがいいですね。

ちなみに、「いらいら」がでやすい子でも、

「大好きな学習」では、

静かに取り組んでいます。

1日中「いらいら」しているわけでは

ないのですね。

また、教室が静かで、掲示物が少ないなど、

「環境」によっていらいらが「軽減」することも

今まで経験しました。

「いらいら」ははじめに書いたように

「天候」や「体調」も大いに影響します。

「なんかいつもと違って集中力がないな」

と思うと発熱する前兆だったりします。

「いらいら」は、また周りの人に

「移って」しまうこともあります。

・・・そんなときは、思い切って

「気分転換」を図るのもよいかもしれませんね。


・・・・あ、もちろん私もそうします。



個別学習塾びすぽうくのホームページ
(色のついているところをクリックしてください)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「個別支援学級」の子どもの居場所って・・・Eテレ「いるんだよって伝えたい」

2017-05-31 11:40:10 | 発達が心配
もうすぐ5月も終わり・・・今日は気温も高いです。

「夏バージョン」に少しずつ慣れなくては


先週もまた、NHKの番組をみました。

少し遅い時間だったのと、Eテレだったので、

どのぐらいの方がご覧になっていたかは、わかりませんが、

「いるんだよって伝えたい」


横浜の「個別支援学級」の話でした。

NHK,このところ「発達障害」をテーマに

番組づくりに力を入れています。

授業参観に行ってもなかなか

「個別支援学級」を覗いてみることは

ないのでしょうか。

私はかつて一般級と支援学級の担任をしていました。

番組で一人ひとりの「ブース」が

あり、また「交流級に行く時間割り掲示」があるのを見て

「なつかし」かったです。

今、「個別支援学級」は人気で在籍が30名近い(または超える)

ところもあります。

番組では「支援級の子はトイレが長い」と言われた

ことで、「心がもやもやした」支援級在籍の子のことも

とりあげていました。

私だったら、どう対処しようか・・・。

自分のこととして真剣に考えました。



「個別支援学級」とはそもそもどんなところか

1日の中で数時間(またはほとんど)交流級ですごす支援学級在籍の友達が

隣にすわっていたとしても、よく知らない子どもが多いと思います。

「支援学級」と「交流級」の2つの時間割があり、

その時間どちらでどのように学習するかを決めること

また、「支援学級」と「交流級」の2つのクラス内ルールを

覚えること


コンスタントに毎時間、「交流級」にいないため、

その学習の前後の流れやクラスの雰囲気が「つかみにくいこと」

「交流」に行く直前にそのクラスでどんなことが起こって

いたのか、ぱっと入ってはわかりません。

「分かろう」としても、周りの子もその子に説明しにくい状況も

あります。不安に思うことも多々あると思います。

そんな中で個別支援学級在籍の子どもたちは、

学習や生活で交流級になじもうと、

・・・本当にがんばっているんです!!



そして、ひとくくりに「個別支援学級の子は」とできない

一人ひとり違った「状態」があります。

でも、それは、一般級の子どもたちもおんなじなんです。

「トイレが長い」・・・と言ってしまった子どもは、

どんな気持ちでこのことばを発したのか。

もしかしたら、「個別支援学級」のことをよく知らなかったためかも

しれません。トイレでなかなか自分の順番が来なくて困った経験が

あったのかもしれません。

でもそれは、「個別支援学級」の子に限ったことではないし、

全員がそうだともいえないのです。

番組では、全クラスで先生たちがこのための「授業」を行ったと

伝えていました。

・・・教室を「仲間としての自分の居場所にしたい」という願いを

自分からうまく伝えられないこともある子どももいます。

それも、個別支援学級に限らず、一般学級の中にだって

あるのでは、と番組を見ながら思っていました。

「個別支援学級」のことを伝えていくことは、

もしかしたら、学年当初の今の時期に「仲間づくり」

という意味で必要なことかもしれません。

「2つの場所」で「2つのやり方」を努力して学んでいる

友だちがいることを知ることで「一歩近づく」ことに

なるのでは、と思っています。


個別学習塾びすぽうくのホームページへ(色のついているところをクリックしてください)





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

NHK「発達障害特集」をみました。

2017-05-25 12:17:52 | 発達が心配
NHK発達障害特集

ご覧になった方も多いのではないでしょうか?

一見、背景真っ白で、ちょっと光が強かったかな・・・

でも当事者の気持ちや、感覚を

「再現」したり、語ってもらうことで

自分自身もまたたくさん考えました・・・

今だにその「考え」がまとまっていませんが。

自分が他の人と「違う」ことに気づいたとき、

周りの人に伝えることがこわい、という意見に対して

出演者の方は、「人に伝える以外、楽になる方法がなかった」と

話していました。

そして、「何が困っているのかをできるだけ具体的に伝える」

(例えば、ここは音が大きいのでつらい、のように)

ということ。

もちろん、小さいうちは、「何に自分が困っていて」

どうしたら楽になるのか」が分からない場合もあるのかと

思います。

周りの大人(ときには、すごい同級生!)が

どんなときに困っているか気づき

「~したらいいんじゃない」と考え

試してみて、うまくいけば

それからは、「わたしのトリセツ」に取り入れられますね。

あとは、

映像をみるとき、「音声と字幕」が同時だと「役に立つ」が、

「音声と字幕」に「時差」があると、同時に2つのことをする

エネルギーがいるということ。

なるほど、と思いました。

単純に「刺激」を減らす、のではなく、

その人に「どう受容されているか」を

モニタリングしなくては、ということ。

そして、「発達障害」の人は・・・とか

「アスペルガー」の人は・・・・とか

ひとくくりにはできないということ


これは教室で授業をしていたときも、

塾で子どもたちと接している現在も強く感じます。

本を読んだ知識で「~の子どもは~だから」と

いう話をするのではなく、

「~さんは、今こういう状態だから」

考える。

私自身もこの番組を見て、たくさんの内容を

「知覚」し、まだ整理ができていない状況です。

続編ができそうなので、とっても期待しています。

「どうしたらよいか」前に進む手立てがみつかる

「アイテム」になりますように。


個別学習塾びすぽうくのホームページへ(色のついているところをクリックしてください)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加