横浜・港南台で学習や発達に心配がある子どもを支援する塾 びすぽうく

”教室の”困った”を”わかった!”へ。子ども・保護者・学校の先生、みんなが元気になれる塾。経験をもとにした塾長のつぶやき

ちょっとしんどいときは、減らして・減らして・・・

2016-05-24 14:13:53 | 発達が心配なお子さんのための塾
5月もいつの間にか末に近づき・・・

新学期が始まってもうすぐ2か月なんですね〜。

急に暑くなって、からだが追いつくのが大変!



とっても疲れたり、

やらなきゃいけないと分かっていても

動けなかったりするとき

「目の前」にあるものを

思い浮かべて

「優先順位をつける」

または、

思い切って
「減らす」

あれもできない・これもできない

あれもやらねば・これもやらねば

といっぱいい・いっぱいだと

「前」に進む元気も半減!

学校だと「宿題」というノルマがあります。

これは避けては通れないのですが・・・

本当に「しんどい」ときは、いくら叱られても

・・・・進まないですよね〜。

全く手をつけないのもなんなので、

半分やってとりあえず、「提出」。

残りは「分割」にしていただくとか・・・。

「やらない」のではなく、「少しずつ取り組む」。

家では、明日の用意、服たたみ、習い事、

家の手伝い、もろもろあると思いますが

「これだけは」を残し、エネルギーの「充電」のために

思い切って(いっぺんに)やることを「減らす」。



くまモンの女の子バージョン?

・・・頭の片隅に「やらなくちゃいけないこと」が

必ず残っているので「ちょっとゆるめる」感じで。

まあ、これがずっと続くようであれば、

その子にとって「課題が大きすぎる・多すぎる」のかもしれません。



机やタンスの「引き出し」の中を減らしてみると

「いるもの」「いらないもの」がはっきりして

残ったものを「大事に」思える。

心の「ノルマ」も同じように減らしていけば、

きっと残ったものに気持ちを注げるはず。

たまった宿題をみるのはつらいことですが、

1ページ全部やらずに、今日は「半分」というだけで

取り組む「元気」がでてくるかもしれません。

例えば、ドリルだったら、1問だけ見えるようにして

残りを紙でかくしてしまうのもいいです。

毎日この紙をずらしていくといつの間にか

「終わった!」

また、お子さんによっては、「ページ〜」というより

「〜分(ふん)だけがんばろう」のように

制限時間(あまり「〜時間」という

長い単位でなく)をかけた方が意欲がわくこともあります。

きっと大人もいっぱい・いっぱいのときは、

なにが減らせるか考えてみるのも「らく」になる手段かも。

あ、きっとコレ私が自分に言い聞かせてる!


個別学習塾びすぽうくのホームページへ(色のついているところをクリックしてください)



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

遠足のスキル?

2016-05-16 14:52:56 | 発達が心配なお子さんのための塾
さわやかな5月。

5月、と言えば、「遠足」。

わくわくして前の晩眠れなかったりして・・・

・・・でもなかには、不安でいっぱいの子も(おうちの方も?)

並んで歩く

列からついついはみ出しちゃう子も

「みんなでいっしょに行動しましょう。」

蝶や虫が気になって追いかけてしまううち、

ぜんぜん違う方向に行ってしまったりして

「なかよくグループでお弁当を食べましょう。」

友達に合わせるのは疲れるので

一人で食べたいな〜

「みんなでごちそうさまをしましょう。」

大好きなデザートがまだ終わらないから

もうちょっと食べていたい

「お弁当の片づけをしましょう。」

あれ、どうやって包んであったっけ?



風でシートがあおられて何度やってもたためない

「そろそろ帰りますよ。」

なんか帽子をかぶってきた気がするんだけど、

なくなってる!

「2列で並んで歩きましょう。」

つかれっちゃったよ、おんぶ〜。

電車の中でつい、水筒のお茶を飲んでしまう。

     「電車の中では食べたり飲んだりはだめでしょ。」

なんでいけないの?のどからからだよ。



朝から帰りまで「集団」で行動するのは、かなり疲れます。

(先生方、本当にお疲れさまです!!)

「合わせる」ことにストレスを感じる・・・・

さらに、「たたんだり」「結んだり」「しまったり」する

「スキル」に苦手さがある場合、行動のテンポがおくれがちです。

「慣れない」場所に「不安」が大きな子どももいます。

(新鮮さはなくなりますが、前もって「下見」しておくのは

不安軽減に役立ちます)

「たたむ」「結ぶ」「しまう」は前もって「練習」しておいて

当日は多少うまくなくても「目をつぶって」。

また、いろいろ準備していても「突発的なこと」が

起きるのはよくあること。

例えば、おはし忘れとか・・・。

(教員のときは、わりばし3膳はもっていきました・・・

 水辺があるときは、ショートパンツも用意!)

そんなとき、「助けて」が出せるようにしておくのも

大切なことです。

保護者は、ここまでやったら、

「なんとかなるさ」と思って笑顔で

送り出してくださいね。



個別学習塾びすぽうくのホームページへ(色のついている部分をクリックしてください)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「どんな絶望にも光はある」・・・すごい!

2016-05-10 21:24:54 | 発達が心配なお子さんのための塾
昨晩、たまたまNHKを見ていたら、

「ザ・プロフェッショナル〜仕事の流儀〜」

自殺防止のために活動しているNPOの佐藤さん、

という方をとりあげていました。

静かな語り口の中に確固たる自信を感じる・・・。

ご自身が本当に数多の「修羅場」をくぐってきたからこそ

一言の重みの「風格」を感じました。

そこで冒頭の

「どんな絶望にも光はある」

私はまだまだそんな境地には達していませんが、

重みのあることばです。

番組では倒産寸前の方が、佐藤さんのかかわりで

前を向いて歩いていこう、というふうになるまでの

様子を放送していました。

はじめは、「寄り添う」ところから始まり、

問題点を明らかにし、

その人が本当はどんなことを望んでいるのか

そのためには何をしたらよいのか

また、どうやってそれを行うのか


回を重ねるごとにより具体的な方針が

立っていきます。

「ここからが本題です(だったかな・・・)」


この場面にきて、

そうだ!ここ!

と思わず、身を乗り出しました。


心を落ち着けたいときって、海の「波」の音を聞いたりするのもいいですね・・・。

何か大変なことがあったとき、人に相談すると、

「大変よね〜」で終わってしまったり、

絶対にできそうでないことをサジェスチョンされたり、

ということがあっても、

その人自身の力で(もしくは、少し力を借りて)

その人自身が望んでいる方向に進む「推進力」

もらえることって
そうそうありません。

こんな人のサポートをぜひ、受けたい!

・・・うまいなあ!と感心しきり。


私も多くの子どもや保護者・支援者とかかわりながら

経験を(さらに)積んで、佐藤さんのようになりたい、と

思った昨晩でした。




windows10にしてみました。
まだ勝手が分からない・・・ですが、きっといいことあるはず。

>個別学習塾びすぽうくのホームページへ(色のついているところをクリックしてください)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「教える側」の特性もある?ある・ある・・・

2016-05-02 14:58:14 | 発達が心配なお子さんのための塾
「なんで今日学校があるの・?」

と言った(思った)子どもは全国で何人いるかしら?

3日学校を休んで1日行って、また休み・・・。

今年のカレンダーの「都合」ですが、

なかなか「ゴールデン」にならないですね・・・。

ともあれ、学校から帰ったら、「3連休」です!

大人はかえって「疲れる」かもしれませんが・・・。



ipadを購入し、しばらくたつのですが、

ぜんぜん慣れません!

microsoftでいう”word”や”excel””power poit”

のようなソフト・・・いまいち「のれていません」

指ではじいたり、のばしたり・・・

回転は2本指で「ねじる」?

ところが、子どもは「初めて」でも

すいすい・・・・。

うらやましい限りです。

「感覚」で使うことのできるソフト。

パソコンは、ipadでなくても、操作の手順を

「口頭で ことばで」伝えていくことは、

結構大変です。

「メールを打つ」方法のマニュアルを初心者向けに

作ってみたら、実際に動かすときに1ステップぬけていることに

気づきました。

塾で子どもたちにパソコンを教えているときも、

「マニュアル」を作るのですが、子どもは結局

それを見ずに、私の「やり方」を横で見て覚えます。すごい!

算数の公式や漢字より早く、「ほぼ1回で」。



たぶん、私の思考回路は、右の「アナログ時計」で

子どもたちは、左のタイムタイマーのように

「図形」や「イメージ」のように覚えていくのかも

しれません。

スティーブ・ジョブズさんとビル・ゲイツさんの

脳みそ(なんて失礼かな〜)は、きっと少し

思考回路が違うんだろうな、と思います。

(お二人とも天才には間違いないでしょうが)


繰り下がり・繰り上がりのイメージを「体感も使って」つかむための道具を作ってみました!

私は(だけではないかな?)最初に身についた思考回路から

なかなかぬけないようです。

とりあえず、学校には「適応」していたと思うので

どちらかというと「継次処理的思考」が大部分を占めて

いると思います。

指導しているとわりと「同時処理的」な思考子どものが多いので

「担任の先生や指導者」が「継次処理優勢」の指導法(教科書は

こちらが多いような・・・)だとこちらのタイプの子どもは

なかなか「のみこみにくい」ことがあるかなあ、と思います。

私はちょっと意識してその子どもに「合わせ」ようとしています。

例えば漢字の「書き順」は大切なのですが、

書き順から覚えにくい子がいるのも確か。



もしかして、家庭で宿題をするときに「親子」で「認知の得意」が違う

ことがバトルの原因???

・・・ちょっと「深読み」し過ぎました・・・。


関係ありませんが、「笑点」の「歌丸師匠」の引退・・・残念です。

皆さま、連休中もたくさん笑顔ですごしてくださいね

個別学習塾びすぽうくのホームページへ(色のついているところをクリックしてください)







コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「数」の感覚を育てる

2016-04-26 19:53:04 | 発達が心配なお子さんのための塾
今週で4月も終わります。

あっという間の1か月だったのでは

ないでしょうか。

子どもも大人も環境の変化があった方が

多いのではなかったでしょうか。

とってもとっても疲れでいる方があるとしても、

あと少しで「連休」です!

そこまでの辛抱です。



今日は、「数感覚」のお話。

1kg=1000g

は、3年生の算数の内容です。

暗記してしまえば、そこですみますが、

あえて1円玉(1つぴったり1g)をたくさん用意し、

1000個をデジタルばかりにのせる授業をしたことが

あります。

4人グループで1000をを数えるとしても

「10個ずつの固まり」がなぜか、

「9個」や「11個」になり、なかなか1000個

数えられない・・・(100固まりを作る途中で

手でさわってしまい、崩れ落ちてしまうことも・・・)

集中が続かなかったり、正確に数えることが難しかったり、と

けっこう大変でした。

でも、ぴったり1000個数えて、1000gぴったりになったときの

感動!

みんな、ノートに1kg=1000gと喜々として

書きました。

1000個のものを実際に数える経験、もしかすると

「一生にそう何回もあるものではないのかも」

しれません。

だからこそ、とあえての「体験」でした。


いろいろな「かたち」で数を表したカードです。

小さいお子さんでも、1から100まで数えられることが

あります。

1〜10ぐらいまでは、「実際のもの」を数えて

「感覚的」に理解するのかもしれないし、また、

「単に順序」として「いち・に・さん・し〜」と

音とマッチングさせているのかもしれません。

「順序」としての数は、「十進法」の「きまり」が

分かれば、理解していきます。

ただ、「量」としての「数」は「手でさわったり」

「実物をみたり」することで「感覚として」身について

いくものなのかな、と思います。

「1万」がでてくる3年生あたりからは、実際に

「手にすることが難しくて」抽象的な「数」としての

感覚になっていくようにも思います。

でも、ときどき、「重さ」を秤で量ったり、

長い巻き尺で廊下や校庭の「長さ」を測ったり

することは「数を実感できる機会」として

大切なことだと思います。

野球やサッカーのスタジアムに何万人もの人が

座っている光景は圧倒されます。

教科書に「2万人」と書かれている人数を実際に

「目にして」やっと、「こんなに大勢なんだ」と

分かるのだと思います。

少し面倒でも低学年のうちにブロックなどで

数を「量」として感じたり、「水などの液体」を

ますで量ったりする経験を大切にできると

いいなあと思います。


「目で見て・もってみて」大小が比べられることも

生活に生きる「算数の力」になると思います。


個別学習塾びすぽうくのホームページへ(色のついている部分をクリックしてください)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加