日々の記憶
建築家 筒井紀博のブログ
KIHAKU's blog



建築家のネットワーク「ARCHITECTS STUDIO JAPAN」の作品集「A-collection 023」に当事務所で設計監理しました「Devetashka」が紹介されました。

「Devetashka」は東京のまだ緑の多く残る武蔵野エリアに建てられた二世帯住宅です。
周辺は住宅が建ち並ぶため、プライバシー性を保つため、大きな壁で外界と遮断し、内包された屋外空間によって日常生活の中に自然の心地よさを取り込んでいます。
建築のコンセプトなど、詳細に紹介されております。

会員向けの作品集のため、一般の方にはご覧いただけないのが残念ですが、数ヶ月するとWEB上でも紹介されると思います。
また、会員登録も無料ですので、家づくりをご検討の方などは是非。
会員登録されれば、すぐにお手元に作品集が届くと思います。

入会申し込みのサイトはこちらです。

是非多くの方にご覧になっていただきたく思います。

建築家のブログランキングへ

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




江戸千家の家元宅にある茶室、「蓮華庵」。
ここでの茶事にお招きいただきました。



実は茶事に参加するのは初めての経験。
お茶を習っている友人などに聞くと、蓮華庵に入れるだけでもかなり貴重な体験とのこと。
当日は緊張と期待に胸を膨らませながら参加してまいりました。

蓮華庵は三畳道安囲いの茶室。
今回、参加したのは7名。
三畳に7人入ると狭苦しいのでは・・・と思うかもしれませんが、これがなんとも心地よい広さでして。
住宅などに見られる三畳の広さとは全く異なる広がりある空間でした。
設計の仕事に携わっていると、気になるのはパーソナルスペース。
通常の生活時におけるパーソナルスペースとしては不快になるくらいな距離感なのですが、茶事の席では心地よいのが不思議です。
空間での様々な要因・・・茶室そのものもさることながら、茶器の数々、そしてなによりも亭主の仕草が空間にゆとりをもたらしているようでした。



家元宅での茶事と言われると、とても堅苦しいものを想像していたのですが、さにあらず。
炉を囲み、談笑しながらのあっという間の4時間。
(初心者が数名いたので、気を使っていただいたのかと思われますが)

とても貴重な体験。
人の空間の広さ、心地よさを感じさせる要因についても新たな見解が見出せた気がします。



空間、そして時の流れに身を委ねること・・・
奥深さを感じながらも、心地よい空気感。
癖になりますね。

建築家のブログランキングへ

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




お正月休みの話になりますが、今年もスキーに行ってきました。
昨年、8年ぶりにスキー復活を果たしたのですが、購入したのはブーツのみ。
板はレンタルで、どうもカービングスキーなるものの感触が掴めず・・・
などという愚痴をクライアントにしたところ、割と新しめの中古の板を譲ってくださいました。
しかもしっかりとメンテナンスもしていただいた状態で。。。ほんと、ありがとうございます!

早速滑り出してみると、やはり安定感が違います。
少し急な斜面に入っても、きちんとエッジが立ち、思い通りの動きができますね。
いや、正確には体力、脚力の方が追いつかず、ズルズルと滑ってしまいましたが(笑)
板が良いと自分の体力の無さが如実に現れます。
その昔は、スラロームの大会などにも出場していたのですが、もうあれから20年以上経ってますから体型も違えば筋力も全然違いますよね。

ま、でもそんなズルズルスキーでも自然を満喫できる休日は楽しいものです。

少し体力つけてまた滑りに行きたいですね。

建築家のブログランキングへ

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




現在、実施設計が進められているむつMプロジェクト。
青森県むつ市で計画されている歯科医院併設住宅です。

敷地内にはクライアントの思い入れのある3本の実桜があり、この木々を活かしたプランとなっております。

待合室では様々な催しも予定されており、地域の方々にも喜んでいただけそうな企画。
緊張しがちな(笑)診察室に入ると、実桜が出迎えてくれ、緊張を和らげます。

年内には竣工の予定。

またこちらのブログで状況をご報告いたしますので、お楽しみに。

建築家のブログランキングへ

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




2月11日、建国記念日は愛犬タロの命日です。
今年は出張だったので、1日早く実家に花を手向けに行きました。

タロが他界してからもう16年。

小学校5年生の時に生後2ヶ月だったタロがやってきて、ともに過ごした17年間。
当時の柴犬としては長寿だったと思います。
タロは兄弟同然の存在で、彼が亡くなった後のポッカリと心に空いた空虚感は16年経った今でも埋められていないかもしれません。

日々、様々な記憶が失われる中で、タロのぬくもり、声、足音までもが、まだ鮮明に記憶に残っています。
不思議ですね。

会いたいなぁ。

建築家のブログランキングへ

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« 前ページ