日々の記憶
建築家 筒井紀博のブログ
KIHAKU's blog



実施設計が急ピッチで進められている「Cover with Earth」。
新築の美容室のプロジェクトです。

カバーウィズアースのホームページはこちら。

現在はテナントビルの1室で営業されており、そちらの店舗も当事務所で設計させていただきました。
たまたま近くで土地が出たことをきっかけに進められているプロジェクトです。

オーナーのカーツさんは大の家具好き。
どれくらいこだわりが強いかというと、、、カーツさんのブログを是非ご覧になってみてください。

デザインパパカーツさんのブログ

実はカーツさんの自邸(akari庵)も当事務所で設計いたしました。
お付き合いも実に10年近く・・・その間、なんだかんだとお会いして、デザイン談義を繰り広げてきた仲だけに、多くを語らずともわかりあえる部分が多く、打ち合わせもスムーズです。

お互いを認め、尊重し合いつつ、共に練り上げてゆく空間。
クライアントと建築家の関係性としては理想ですね。

来年の竣工を目指し、引き続きクライアントと協力し、楽しみながら進めていきたいと思います。
また随時こちらのブログでも報告しますので、お楽しみに。

建築家のブログランキングへ



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




現在発売中のEDGE8月号(リクルート)に当事務所で設計監理しました「LAVA」が紹介されております。
(P.44~47)
クライアントは私と同じアルフィスタ。(アルファオメオ乗り)
ただ、取材の時はレストア中だったので、広報車のマセラティ・グラントゥーリズモを借りての取材でした。

「LAVA」は1Fにガレージと寝室など。
2Fはリビングと水回り。

木造二階建てでありながら、5層の床レベルを持つスキップフロアの空間構成です。
この層のズレによって、2Fのリビングからも愛車が眺められる設計。
さらにはクルマ仲間が集いやすい間取りなど、さまざまな仕掛けがあり、それらを細かく紹介していただきました。

書店でお見かけの際は是非手にとってご覧いただけると幸いです。

建築家のブログランキングへ

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




愛車とともに過ごし、10,000冊の本に囲まれ、好きな映画や音楽を楽しむ・・・
そんな趣味性の高い空間を実現させようと始まった本庄Mプロジェクト。

男の(女性も)ロマンあふれる空間のご提案です。

好きなモノたちに囲まれた生活のみならず、同じ趣味を持つ人たちも思わず集いたくなるような、みんなが楽しめる空間です。

とても方向性が明確な空間なだけに、拘りの部分と必要最低限で構わない部分の差別化も明確。

個性あふれる空間となりそうです。

今後は拘りの部分を中心に少しずつブログでもご紹介していきたいと思います。
お楽しみに。


建築家のブログランキングへ

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




現在、実施設計がはじまったばかりの戸塚Tハウス。
若いご夫婦の住宅で、ピアニストのための音楽室がある住まいです。

音楽室といっても、そのあり方は様々。
とくに個人のための音楽室となると、一般的な教科書にあるものだけを検討するのではなく、好みの音質を考えながら作り込んでいくことができますね。

また、木造住宅で防音性能を維持するのも一工夫必要です。
しかもただ防音するだけではなく、音響も考慮しながら進めていかなければなりません。

しかし音って言葉にするのが難しいなぁと常々思います。
音そのものは物理的な話なんでしょうけど、音楽となると表現が難しいですよね。

引き続き施主とともに試行錯誤しながら、ご満足いただける音楽室のある住まいとなるよう進めていきたいと思います。

建築家のブログランキングへ

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




すっかりブログをご無沙汰してしまいました。
ついつい日常の業務に忙殺され、忘れがちですが、週に一度を目標にこれからもブログを更新していきたいと思いますので、よろしくお願いいたします。

さて、少し前になりますが、上荻Yハウスの地鎮祭が執り行われました。
上荻Yハウスはシンプルライフを送られているクライアントのお住まいです。
雑多なものは一切排除し、厳選されたモノと人が主役となる空間です。

そのためには空間も極力シンプルに・・・あまり主張せず、そこで起こる様々な事象が象徴的に現れるような空間としております。

竣工まで半年ほどありますので、少しずつブログでもご紹介しますのでお楽しみに。

建築家のブログランキングへ

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« 前ページ