山ばか夫婦の山歩

高所恐怖症の爺さんと方向音痴の婆さんが・・・
馬鹿馬鹿しい山のエピソードです。

笹尾根(奥多摩)の峠歩き「中央区の森」-終

2016-06-07 14:14:07 | 山行の旅

南方に開け権現山が見渡せます。ここでランチ・・・

上平峠から大羽根山経由で浅間尾根登山口へ・・・
ここからは「中央区の森」という里山再生地区に入っていきます。
この辺は大きな白樺が目立ちます。


大羽根山への道標が初めて現れ未踏の道に入りました。

ここから「中央区の森」が始まり木々の名前などのプレートが付けられています。

足元にクシヒゲベニボタルが綺麗な羽を震わせたながら、
今、飛びたとうとしてました。


少し登り返したところが大羽根山山頂992mですが、三角点はありません。
ただ、ここまで2・3人の人しか会いませんでしたので、この山頂には大勢の
人々で賑わっていましたのが、意外でした。


山頂から北側が開け御前山の円錐形の綺麗な姿が見えました。

付近に説明書きがあり、ここがぬた場であることが解ります。
鹿・狸・猪・熊の足跡が付けられているそうです。


地味な花ですがコアジサイも多くあると見栄えします。

可憐なササバギンランが足元に咲いてました。

疑似体験用の炭焼き小屋。

中央区の森の標柱のある浅間尾根登山口に降りました。

これから梅雨の晴れ間ジメジメした毎日があるのか、無いのか、解りませんが
久々のハイクでストレスも解消出来ました!ではまた・・・・終


にほんブログ村← 登山に興味のある方はココをクリツクして下さい。コメントは右下をクリックして下さい
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

笹尾根(奥多摩)の峠歩き-2

2016-06-05 11:08:46 | 山行の旅

気持ちのいい広葉樹林をのぼり切ると・・・

温泉施設の説明書がありました。

西原峠(槇寄山)に着きました。右に1・2分で槇寄山山頂1188mですが今回は
パスしました。


ここから笹尾根歩きの始まりです。

アップダウンの無い尾根はトレイランの方にはもってこいのコースです。

所々にこうした明るい場所が現れますが、今回は涼しさを求めての山歩きなので
日陰が嬉しいです。


多くはありませんが時々ヤマツツジが楽しませてくれていました。

田和峠に到着です。

南側が開けています。

次の峠、今回の目的地、上平峠です。この先が笛吹峠(うずしき)です。
いつ来ても風情のある峠です。


権現山の稜線が眩しいくらい輝いています。
爺さん、暫く「思い」に耽っています。つづく・・・・


にほんブログ村← 登山に興味のある方はココをクリツクして下さい。コメントは右下をクリックして下さい
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

笹尾根(奥多摩)の峠歩き-1

2016-06-02 21:07:41 | 山行の旅
体のあちこちも痛いし、この年になっても「野暮用もあり、ストレスも抱え込み、
解消は山しか無い」そんなわけで入梅前の奥多摩の笹尾根を歩いてきました。
山らしい山はなく峠から峠へ西原峠(槇寄山)~笹ヶタワ峰~上平峠~
大羽根山・・・相棒は三角点が無いのでパス。一人旅・・・


武蔵五日市駅からバスで1時間10分、数馬バス停で下車。

九頭龍神社を過ぎ左の九頭竜橋のたもとの道標から入山します。

始めから新緑の森の急登を登ります。

葉が茂り解りにくい踏み跡が続きます・・・

一旦、枝尾根に取り付きました。

辺り一面ヤマフジの花ビラが落ちていました。

だんだん道も明瞭になりますが・・・

茂った葉が邪魔な道が続きます。

所々フタリシズカが顔を出してました。

歩きやすい本線に合流し、ホッとします。

良く踏まれた道が続き・・・

浅間尾根の向こうに大岳山が望めます。つづく・・・

にほんブログ村← 登山に興味のある方はココをクリツクして下さい。コメントは右下をクリックして下さい
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

バスターミナル

2016-05-02 17:26:47 | 山行の旅

バスタ新宿はここにあります。新宿南口の上4階です。

連休はどこもいっぱいだし、まぁ地元近くの日本最大とやらのバスタ新宿へ下見に
出かけてきました。案内所は混雑してましたが、12ヶ所のバス停は
整備されていました。


にほんブログ村← 登山に興味のある方はココをクリツクして下さい。コメントは右下をクリックして下さい   
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

ヤマモミジ

2016-05-01 12:36:41 | 山行の旅

5年前に秋山二十六夜山から採取したヤマモミジが今年はダメかと思いましたが
何とか弱々しくではありますが、今年も芽吹いてくれました。
盆栽とは行きませんが・・・・・

年を取るにつれ人間も植物も老い、あちこちに支障が起きてきます。
山野草や雪割草の好きなブログ友の方が近頃、更新されていないのが、気がかりです。
「年は取りたくないなぁー」爺さんの独り言でした。


にほんブログ村← 登山に興味のある方はココをクリツクして下さい。コメントは右下をクリックして下さい
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

小松丘陵から城山湖の桜~草戸山ー終

2016-04-16 11:10:00 | 山行の旅

満々と水をたたえた城山湖。

本沢ダムの上を渡ります。かなり風が強いです。

湖畔に咲く桜も満開です。

もう1枚!!

城山湖を一周し、きつい名物・百階段を登ります。

草戸山山頂です。

草戸峠です。ここは一息つくには格好の場所です。

峠からの高尾山稜です。むこうはかなりの混雑ぶりが想像できます。

高尾山口駅を目指しアップダウンを繰り返しながら進みます。

鉄塔を過ぎ、気持ちの良い尾根道が続きます。

高尾山表参道に出ました。いつもですと空いている昼過ぎですが、今日は桜まつり
とのことで混んでいました。


高尾山口駅のテレビ放送された京王高尾山温泉で汗を流し帰路に着きました。
この日は土曜日で、どこでも桜祭りの最中で賑わっていました。
我々が歩いたコースは比較的空いていました。この時期にしては
静かな山歩が出来ました。終・・・


にほんブログ村← 登山に興味のある方はココをクリツクして下さい。コメントは右下をクリックして下さい
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

小松丘陵から城山湖の桜~草戸山ー2

2016-04-14 12:55:03 | 山行の旅

ヤマツツジが咲いてました。この辺りは枝道が多く、脇に入るとイノシシの罠
があるそうです。注意!!!


かながわの美林50選の穴川のヒノキ林です。一部ですが、
整備された桧が見られます。


評議原という紅葉で有名な場所です。今はヤマモミジの芽吹きで綺麗です。

評議原を過ぎると桜が満開です。時折強い風が花吹雪を奏でます。

ここでランチにします。先には駐車場があり、楽しそうな声が聞こえてきます。

この辺りから桜の木が目立ちます。金刀比羅宮下の桜並木です。

急な階段上からのショット・・・

山上に祭られた金刀比羅宮・・・この上が雄龍籠山です。

金刀比羅宮から。

八王子市街と芽吹きの山です。

青空とヤマザクラ・・・

城山湖の本沢ダムが目の前に広がります。つづく・・・

にほんブログ村← 興味のある方はココをクリックして下さい・コメントは右下をクリックして下さい  
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

小松丘陵から城山湖の桜~草戸山ー1

2016-04-12 10:02:50 | 山行の旅
最近、ハイカーも注目し始めた高尾山稜南東に位置する小松丘陵は
地元の里山的存在でしたが、まだ静かな山行ができます。
本沢梅園・桜・コスモス・紅葉と四季を通じて楽しめます。
昨夜8日の雨で桜も散り、まだ花見もしていない我々は、9日に去年、
歩いた道を(相棒は未踏)今年も歩いてみよう、とのことで花見に出かけました。


橋本駅からバスで城山総合事務所で下車、歩いて20分、かたくりの里へ・・・
(4月は直通バスが運行されています)


カタクリの里は去年、入園したので、パス・・・トイレだけを借りに・・・

数多い花が咲いているとのこと。遠くからでもハナモモの花は目立ちます。
かなりの人が入園しているとのこと、入口前の売店でヨモギ餅を試食。


小松丘陵への入口へ・・・

暖かな山道を・・緩やかにアップダウン。

芽吹きの春のなかを気持ちよく歩く。

登りも心地よい。汗ばむ陽気で日影も気持ちがいいです。

時々立ち止まりスミレの観察・・・

地形を利用した出城跡に祠がありました。

片倉城の出城だったことが記されています。

整備されている山道にトレイランの方が通り過ぎていきます。

??テンナンショウでしょうか?この手の種類は多すぎて、よく解りません。
珍しい種類にはかなり高価なものもあると聞いています。つづく・・・

にほんブログ村← 登山に興味のある方はココをクリツクして下さい。コメントは右下をクリックして下さい
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

咲きました。

2016-04-02 18:48:05 | 山行の旅

我が家のハナモモ(照手姫)の花が咲きました。
眼下には新宿都心ビル・都庁と・・・桜が8分咲きです。
芽生えの春です。

テレビでPRのエベレスト(神々の山嶺)を散歩がてらに見に行きました。
相変わらず「なぜ、山に登るのか?・危険を侵しても」この疑問が課題になります。
ドラマですから・・・山屋が見れば現実とはかけ離れたシーンが・・・
俳優、阿部 寛の「死に顔」が印象的でした。


にほんブログ村← 登山に興味のある方はココをクリツクして下さい。コメントは右下をクリックして下さい
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

都幾山(奥武蔵)を歩くー終

2016-03-26 10:43:55 | 山行の旅

長い木段を登り切ります。

冠岩・座禅岩があり、説明書きがありました。ピンときませんが、

まさに春本番の暖かい道を気持ちよく歩きます。

小川町・嵐山の町並が見えます。

植林帯の中を上り下りしながら進むと・・・

白いプラ板の小さな山名板に「都幾山463m」と記されていました。
三角点はありません。


緩やかに降っていきます。

突然、山中から慈光寺の観音堂の裏手に出ました。立派な欄間彫りのお堂でした。

天井に飾られた白馬は「左甚五郎作の夜荒らしの名馬」だそうです。

観音堂から下ってくると般若心経堂があった。

慈光寺を後に少し降りてくると、関東最古の鐘楼がありました。

途中、青石塔婆が立ち並ぶのを見ながら・・下って行きます。

慈光寺入口で小川行きのバス(9人乗り)に乗車しました。・・・終

花の時期には早過ぎましたが、それなりに楽しめました。
ミツバツツジは4月上旬・シャガの群生は5月中旬、この間にサクラも見られます。
ではまた・・・・ 


にほんブログ村← 興味のある方はココをクリックして下さい・コメントは右下をクリックして下さい
コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

都幾山(奥武蔵)を歩くー3

2016-03-23 12:00:57 | 山行の旅

丸太の上を慎重に進みます。結構揺れます。いつ折れるか解りません。

観音山山頂253mの狭い頂です。金刀比羅大神の碑が建ってました。

岩場の急坂を下って行きます。

暗い桧・杉の植林帯を登り返します。

どんぐり山からの稜線に出て西(左)へ進んで行きます。
右に石祠を見ると西側が開けてきます。


気持ちの良い明るい尾根にでました。

霊山院にでました。トイレを借り、一本たてます。ここの桜は見事だそうです。

ときがわトレッキング・コース(林道)へ進みます。
この辺の両脇にはシャガの群生があります。


正丸方面の山々が目に飛び込んできます。

越生方面の山稜も見えます。

トレッキングコース冠岩下休息所でランチにします。

冠岩・座禅岩への入り口は木段を登ります。つづく・・・・

にほんブログ村← 興味のある方はココをクリックして下さい・コメントは右下をクリックして下さい
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

都幾山(奥武蔵)を歩くー2

2016-03-21 11:43:31 | 山行の旅

まだ、蕾のミツバツツジを避けながら進みます。これが咲いたら岩とのバランスも
良く見事だろうと想像がつきます。


眼下に今登ってきた集落と、円錐形の山・新棚山が見えます。

ミツバツツジの蕾を見ながらジグザグに高度を稼ぎます。四国八十八の碑が立ち並ぶ
山腹の道はかなり狭く交差する時は注意が必要です。


札所間隔が数メートルの所もあります。汗ばむ陽気です。

足場もザレ場に変わってきました。「足元に注意」の立て札が目に付きます。
小さな木橋もかなり古いものです。


ミツバツツジも、もう4・5日でしょうか?咲きそうです。

下山路との分岐点です。山頂(観音山)もすぐ上です。
ここで四国札所四十四番を過ぎます。


振り返ると新棚山稜線が見渡せます。

手を使い岩場を登りきれば・・・・

ヒヨドシチョウが日向ぼっこをしてました。

相棒、岩上で一休み・・・・四国八十八か所をクリアーしたことになります。
巡礼者は、ここまでで下山するように、との札が掲げられていました。


細い山道を進みます。つづく・・・・

にほんブログ村← 興味のある方はココをクリックして下さい・コメントは右下をクリックして下さい 
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

マイナーな山・都幾山(奥武蔵)を歩くー1

2016-03-19 17:34:59 | 山行の旅
新ハイ4月号に「ミツバツツジ咲く都幾山」の記事が目に入りましたので、
「何!ツツジなんかあったか?」もうだいぶ前のことで記憶がありませんでした。
地図には、コースは1部分は載ってあり、あとは点線で記されていました。
しかし、まだミツバツツジには早い・・・新ハイのメンバーに話したところ、
「来月の例会の下見に行ってくれない」との依頼。てなわけで、花の無いこの時期
出かけてみました。


武蔵嵐山駅で下車します。「巡礼の道」と「ときがわトレッキング・コース」の
ポスターが目につきます。「ムラサキツツジ祭り」もあるそうです。
それから私の好きな「オオムラサキセンター」もあります。


29人乗りの村営バスに乗り込みます。せせらぎバスセンターで乗り換えるので
乗車する時に行き先を運転手に伝えます。調整料金にしてもらうために下車する時に
整理券に押印してもらいます。


せせらぎバスセンターで下車。

ハイエースのワゴン車9人乗りに乗り換えます。デマンドバス(要予約制)だそうです。

正方寺入口で下車します。

沢沿いの舗装路を緩やかに登っていきます。

道端にミツマタの花が咲いていました。ここは和紙の里、小川町にも近いです。

橋を渡り正方寺に入って行きます。

六地蔵に手を合わせ・・・

センダンバの菩提樹を見上げ・・・
ここから、四国八十八か所巡礼の道へ入っていきます。


キタキチョウが昼食中でした。

山腹に付けられた道は丸木で補助されていました。
かなり古いものもあるので、気が抜けません。つづく・・・・


にほんブログ村← 興味のある方はココをクリックして下さい・コメントは右下をクリックして下さい
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

北武蔵・横隈山「神山」-終

2016-03-16 17:35:39 | 山行の旅

山頂をあとに平沢峠まで戻り、いろは橋方面に降りていきます。

沢筋を通ると荒れ気味の道になりますが、道標はあります。

一部崩落や倒木のためコース変更の場所があります。こういったプレートを見逃さないでください

登山口には立派な標識やこのような札が掲げられています。こちらから入山すれば、
道標も設置されています。


車道に出て集落の中を下って行きます。

途中、農家の方が育てた福寿草が咲いていました。

こちらには自生した福寿草もありました。(色が違いますね)

いろは橋付近には何塚か解りませんが・・・・

いろは橋に着きましたが、時間があるので、先のだんご屋さんでだんごを買い
出牛平バス停まで歩き、皆野駅へ戻りました。


お花畑駅で乗り換え西武秩父で今話題?の秩父名物わらじカツ弁当を買い
家路に急ぎました。

天気も体調もイマイチでしたが、何とかストレスだけは軽減されました。
地味な山でしたが、どんな山でも「山は山」やっぱ山は良いわぁー 終わり


にほんブログ村← 登山に興味のある方はココをクリツクして下さい。コメントは右下をクリックして下さい 
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

北武蔵・横隈山「神山」-3

2016-03-14 17:55:28 | 山行の旅

横隈山西端に出ます。

ここには御嶽座王大権現と読み取れる石碑があります。
この山は別名「神山」と呼ばれているそうです。


ここからの展望は晴れていれば見事だそうです。赤城・榛名・浅間・谷川の山々が
望め、神流川の流れと鬼石の街並みも望めます。この日はあいにくの天気で残念でした。


尾根を右に取ると「御嶽大神国常立尊」と書かれた碑がありました。
まさしく、この山は神山であると物語っています。


平らな尾根を進むと・・・

横隈山山頂593.6mです。2等三角点がありました。

北側には鬼石・神泉の街並みが望めました。

今日はキノコ汁で粗食なランチです。

南側には手前に男岳・女岳、先に破風山でしょうか。

自然を切り開いたゴルフ場も見えましたが、我々にとっては山が痛々しい、
としか見えませんが。つづく・・・


にほんブログ村← 登山に興味のある方はココをクリツクして下さい。コメントは右下をクリックして下さい
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加