スタッフ日記

トムスクラフトのスタッフが、いろんな事を書いていきます。

お知らせ(5/10更新)

2017-12-31 | その他
トムスクラフトフェイスブック

6月19日(日) 6月ビギナーズMTBツーリング(A)
          15時頃から営業
6月26日(日) 2016金沢医王の里雨の日が似合うエンデューロ
          通常営業
7月10日(日) 35th TIOGA CARNIVAL in KUTSUKI STAGE
          通常営業
7月23日(土)-24日(日) 2016野沢温泉スキー場MTBエンデューロ
          臨時休業
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

6月25日(土)より、サマーセール開催します!!

2016-06-24 | イベント
ジメっとした梅雨を吹き飛ばす、トムスクラフト夏のセール、開催します。



期間  6月25日(土)~7月10日(日)

① 店内パーツ、用品、ウエア類全品表示価格より10%OFF!!(現金特価)※車体、ホイール、取り寄せ商品は除く
② 2015年モデル在庫車体、最終処分セール!!!!(現金特価)
③ 2016年モデル在庫車体、早くもセールです!!(詳しくはブログ後半で)
④ MAVIC、ボントレガー在庫ホイール大特価!!20%~50%OFF!!(詳しくは店頭にてご確認ください!)


入荷したての新商品や、チューブやパッド、チェーンなどの消耗品のまとめ買い、普段なかなか安くならないシマノパーツまで、全品セールの今がチャンスです!
既に特価になっている商品も、表示価格から更に10%OFFです。


2015年モデル

・COMMENCAL UPTOWN AL Origin MD ブラック Sサイズ ¥79,800⇒¥64,800
・TREK MARLIN7 ブラック/ブルー/ホワイト 13.5インチ ¥67,593⇒¥49,800
・CENTURION (26") BACKFIRE COMP 40 ブラック/レッド 46cm ¥54,000⇒¥39,800
・CENTURION (26") BACKFIRE comp 30 ブラック/イエロー 41cm ¥49,000-⇒¥36,800-
・CANNONDALE TRAIL 4 グリーン XSサイズ ¥92,500⇒¥69,800




2016年モデル


・COMMENCAL EL CAMINO MD ブラック Sサイズ  ¥89,800-(税別)⇒¥69,800-(税別)


・GIANT ATX27.5 1 ホワイト Sサイズ  ¥58,000-(税別)⇒¥49,800-(税別)


・KONA BLAST オレンジ Sサイズ  ¥115,000-(税別)⇒¥99,800-(税別)


・GT AVALANCHE SPORTS イエロー Mサイズ  ¥71,800-(税別)⇒¥59,800-(税別)


・CANNONDALE BAD BOY 4 マットブラック Sサイズ、Mサイズ  ¥83,000-(税別)⇒¥69,800-(税別)


・CANNONDALE QUICK WOMAN'S 4 グロスブラック/シルバー Sサイズ  ¥79,000-(税別)⇒¥64,800-(税別)


・CANNONDALE QUICK 5 マットブラック/グリーン Lサイズ  ¥69,000-(税別)⇒¥59,800-(税別)


・CANNONDALE QUICK 5 グロスブラック/グレー/レッド Mサイズ  ¥69,000-(税別)⇒¥59,800-(税別)


・CANNONDALE CAAD 8 マットブラック 48cm  ¥125,000-(税別)⇒¥99,800-(税別)


・FOLK GAMBLER バーガンディ  ¥87,000-(税別)⇒¥64,800-(税別)


・FOLK LUXE オリーブ  ¥73,000-(税別)⇒¥54,800-(税別)

※車体のセール価格は全て現金特価となります。

早くも赤字覚悟の大特価!!サイズが合えばお買い得!!
ぜひ一度ご来店ください!!


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

6月ビギナーズMTBツーリング

2016-06-19 | ツーリング
本日のビギナーズMTBツーリングは、悪天候のため中止します。

残念ですが、ツーリング中はずっと雨予報です。
来月は、7月31日に開催予定ですので、よろしくお願いします。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

6月14日(火)~6月16日(木)臨時休業のお知らせ。

2016-06-13 | その他
いつもトムスクラフトをご愛顧いただきありがとうございます。

誠に勝手ながら、出産立ち合いのため、6月14日(火)~6月16日(木)まで、臨時休業いたします。

日帰り可能な距離ならしっかり営業したいところなのですが、遠方のため、飛行機に乗って、ビューンと行ってまいります。


突然のお知らせで、ご利用の皆様には大変ご迷惑をお掛けいたしますが、何卒ご理解頂きますようお願い申し上げます。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

BRM604塩尻600

2016-06-12 | ブルベ
 こんにちは 菅生です。

 6月4日は、『BRM604塩尻600』に参加してきました。


 今回は、宿を取って前泊にしましたが、やはり駅前のホテルは高いので、昨年と同じ旅館に。昨年は23時頃に到着して、無理言ってお風呂に入れたもらったりと迷惑かけましたが、今年は食事済まして20時に入ることができました。

 スタート・ゴール地点は、『すんぷ夢広場』までは、15分なので、4時半に起きて朝食食べて着替えて出発。終わったら即お風呂というのは、嬉しいですね。

 受付して、ブリーフィング。6時に順次スタート。

 本日のコースは、静岡市-山中湖-本栖湖-諏訪湖-塩尻市-飯田市-天竜峡-新野峠-新城市-静岡市 の600km。

 獲得標高は7000m越えです。

 最初は街中を走りますが、信号のタイミングが悪くペースも上がらずのんびりと進みます。

PC1 48.1km 8:04到着
 今回、GPSのログが途中で終了してたので、曖昧に進めます。

 さあ、ここから上ります。

 毎度、この時期のブルべは熱中症にやられます。これまでの経験で、走り始めて5~6時間をやり過ごせば大丈夫な感じなので、午前中はペースを抑えて走るということで、IWSさんについて上ります。


 まずは、南からの富士山



 自衛隊の演習場の中を走っているようです。

 富士サファリパークの峠を越え、御殿場市へ下ります。

PC2 83.4km 10:11到着
 ここから籠坂峠を越えて山中湖へペースを抑えて進みます。


 昨年は、逆向きに走り、多くの自転車が上って来てましたが、適度な勾配ですから納得ですね。


 山中湖畔を走ってると前から装甲車が多数やって来ます。さすが富士です。


 ここから本栖湖まで割とフラット区間を走るのですが、晴れてた天気も曇りになり標高も1000m付近ということで気温が低いようで体が冷えてペースが上がりません。脚が冷えるのでレッグウォーマー装着してペースアップ。


 最後は、気持ちの良い下りを気持ち良く走ってると300mほど行き過ぎてミスコース。

PC3 162.3km 14:04到着
 これまでの補給は、停止時間短めでしたが、ここでガッツリ補給して、次の富士見峠の上りに備えます。


 いろんな角度から富士山を見ることができます。


 これも棚田ですね。

 諏訪湖畔に入って、IWSさんと喋りながら走ってると、後ろに5人ほどが着きました。

 私たちは、晩御飯をどうするか?コンビニは胃がもたれる。私は辛いもん食べると大汗出る。なんて喋ってても、一向に先頭は私たちなんで塩尻峠の上りでペース上げてみると、しまったことにスイッチ入ってしまい、ピークまでガンガン漕いで、下りもガンガン踏んだらスッカリお腹が空いてしまい、無性にお店に入りたくなり『得得』で親子丼とうどんを食べました。


PC4 270.1km 20:03到着
 スタッフさんがいたので喋ったり、得得でちょっと食べ過ぎたので、コーヒー飲んだり。
 スタッフさんもここまで移動するのに3時間程掛かったそうですが大変です。

 補給も十分で快走していましたが、遂に雨が降り出しました。天気予報を信用して走り続けましたが強くなる一方なので、310km付近のコンビニでカッパを来ました。

 しかし遅かったのか体温が下がったようで無性に眠くなり日が変わらないうちに地下横断通路で雨をしのいで1時間仮眠。

 道端ののぼり旗が人に見えたりとちょっとヤバい状態があったりにもしましたが、走りのペースは悪くなく天竜峡に到着しました。

 ここでやっとコンビニ補給できます。60km程無かったのでやっと到着って感じ。

 この後のアップダウンの繰り返しに辟易しながら進むも、下り区間で雨が強くなり前輪からの水しぶきに嫌気がさしてバス停でまたまた仮眠30分。

 700m程上る新野峠への上り差し掛かる頃には明るくなりだしました。山の上には道路の照明が・・・あそこまで上るのね。

 雨で体温低下と補給がうまくできていないからか、パワー出ません。

 バス停で気分転換に休憩したんですが、雨雲を見ようとスマホ触るもうまくできずボーッとしてると寝てしまいそうになることを何度か繰り返しながらやっと確認。相変わらず雨のようです。

 最後は気分転換の押しも入りながら峠越えで下るとPC到着。

PC5 427.6km 7時3分到着
 やっと参加者に会いました。他の人たちはどのあたりを走ってるんでしょうか。

 冷えるので暖かい物食べて、カイロを買って太ももと腹と腰に貼って出発です。

PC6 473.4km 9時33分到着

 確かここで二人に出会い、いろいろと話していたと思います。

 雨も上がり、眠気も無くなりまともに走れます。


 浜名湖と思って写真を撮ったんですが、猪鼻湖のようでした。

PC7 559.8km 14時48分到着
 一緒になった人の話では、この後は、定番コースだそうです。が、私には良く分かりません。


 街中を東へ走り、この間の400kmで走った細く暗いトンネル(昼間の方が怖いワ!)を抜け、海岸線へ出れば、あと少しでゴール。

 最後は、すんぷ夢広場への上り坂を上ってやっとゴールです。


 時間は35時間16分。以外にも6番手と早い着でした。

 ちょっと話をしてお風呂で仮眠して戻ってくるとM&Mコンビもゴール。寝ないで走ってたようです。IWSさんは私より2時間ほど前にゴール。PC4まではほぼ一緒だったので、後半のペースが落ちないんでしょうね。

 しばらくスタッフの方と雑談して、食事して、新東名のSAで朝まで熟睡。

 京都へは夕方の仕事に間に合うように帰ってきました。

 たぶん今年最後のブルべですが、3回しか走っていないのでちょっと物足りない感じです。10月の24耐前にもう1回走るか現在思案中。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

SCHWALBE ニュータイヤ入荷しました!!

2016-06-07 | 完成車、フレーム
関西地方も梅雨入りし、雨続きの日々ですね。
雨の日は読書にはまっている店長です。

今日の一冊は塩野七生著 「レパントの海戦」
オスマントルコとの攻防を描いた歴史三部作の完結編です。
舞台は1500年代中盤の地中海。ガレー船が活躍した最後の大海戦、レパントの海戦と、そこへ至るまでの人々の苦悩。
海の男たちの人生にしびれながら、ぼちぼち仕事をしております。


さて本題です。
レースで、トレイルで、非常に人気の高いシュワルベ、待望のニューモデルや欠品していたモデルが入荷してきました!



まずは新入荷のコチラ

SCHWALBE FAT ALBERT FRONT& REAR 27.5×2.35 各9800円(税別)


シュワルベの名作タイヤが27.5インチになり、リニューアルして帰ってきました。

フロント、リアと別設計になっており、フロントはグリップ力の高い「トレイルスターコンパウンド」を採用し、下りでの安心感タップリです。
リアは漕ぎの軽い「ペーススターコンパウンド」を採用、軽さがありながらも2.35インチ幅というエアボリュームの高さを生かしたライディングが可能です。

トレイルライドでは新たなスタンダードになりそうな予感です。

続きましてはコチラ

SCHWALBE HANS DAMPF 27.5×2.35 9800円(税別)


ハイグリップ、耐パンク性の高い下り系トレイルタイヤです。
重量は先ほどの FAT ALBERTと比べると重くなりますが、走行時の安心感は抜群です。
漕ぎの重さが気になる方は、フロントだけに使用するのがオススメです。
リアにはNOBBY NIC 27.5×2.25あたりが良さそうですね。

他のタイヤも色々在庫していますので、クロスカントリーからダウンヒルまで、一度のぞきに来てください。
セール品も有ります。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2016年5月ビギナーズMTBツーリング

2016-06-03 | ビギナーズMTBツーリング
梅雨入り前の5月29日、ビギナーズMTBツーリングを開催しました。
今回も13名のお客様にご参加いただきました。




ルート説明後は安全のため2班に分かれ、山の入り口までサクサクッと進んでいきます。


トレイルに入り、まずは登り。
当日は午後より雨予報のため、休憩も短めで担いでいきます。思わずギブアップしたくなるようなしんどい登りでした。



ようやく登り切って、楽しいお昼ご飯。巨大アリと格闘しながらも美味しくいただきました。
この頃になると太陽もすっかり隠れ、低気圧を肌で感じます。



ご飯の後は下っていきます。
ここのトレイルは道幅が狭いため、ハンドルの広いバイクの方は苦戦していたようです。

3人がクリアできた下り動画



トラブルなく下り、走行終了は午後1時半。普段ならもう一山!というところですが、
いよいよ雲行きも怪しくなってきたため、オプション無しで本日のツーリング終了となりました。


ご参加いただいた皆さま、ありがとうございました。
なかなかスッキリと晴れてくれないビギナーズMTBツーリングですが、来月は梅雨ど真ん中、6月19日(日)レベルAで開催予定です。
参加ご希望の皆さま、晴れるように、てるてる坊主でお祈りしてください。よろしくお願い致します。



2016年5月ビギナーズMTBツーリング
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

珍しく朝練

2016-06-02 | トレーニング
 こんにちは 菅生です。

 今日は、当店サポートライダーの井須さんと練習に行って来ました。

 今回のお題は、3~4時間ほど走ってみましょう。エリートのレースは1時間半ほどですが、スピードトレーニングとは別に、フィジカルトレーニングも重要だろうということで、今回のメニューです。

 コースは

 上賀茂神社近くから-高雄-笠トンネル-弓槻トンネル-周山-大布施-花背峠-静原
 の舗装路71km。

 7時からスタートして、淡々と走りますが最初の峠(御経峠)で心拍数が190を越えました。久々の190越えでなんだか嬉しいですが、この先走れるのか?


 最初は、先頭を交代したりしてましたが、圧倒的に井須さんの方が速いので私は後ろ固定。でも上りになると離れてしまいます。

 周山で補給休憩をお願いして、補給と休憩。

 この後も、向かい風をものともせず井須さんは進みます。横風にあおられて真後ろから外れると一気に離されてしまいます。心拍数はずっと170~180。ボトルに手を伸ばす暇もありません。
 トンネルで風が無くなったと思ったらスピードアップ。井須さん、スピードメーター無いので負荷を基準のペダリングなので仕方ありません。逆に素晴らしい練習です。

 大布施からは、上りがきつくなるので井須さんには先に行ってもらいましたが、これまで頑張りすぎた私は、出がらし状態で何とか花背峠ピークに到着。


 5分程待たしてしまったようです。

 花背峠はダーっと下って静原のローソンで終了。


 約70kmを3時間ちょっとで走り切りましたが、私には辛すぎました。
 最高心拍数は193。平均は160でした。練習つけたるつもりがつけられましたが、久しぶりなこの疲労感は気持ち良かったです。

 お付き合いいただいた井須さん。ありがとうございました。

 明後日の600kmブルべの大丈夫か?
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

5月ビギナーズMTBツーリング

2016-05-28 | ツーリング
開催します。
夕方より天候悪化の可能性がありますので、早めに終了する場合があります。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2016.5月 王滝100km走ってきました。

2016-05-25 | 王滝
5月21,22日の2日間は、店舗の営業をお休みし、日本最大級のMTBレース、「セルフディスカバリーアドベンチャー イン 王滝」に参加してきました。

約2年ぶりの参加でしたが、京都に住みだしてからは初の王滝ということで、今回は「京都MTB朝ライド」の皆さまと一緒に行動させていただきました。

前回出場時のタイムが6時間9分。今回の目標は、ズバリ、6時間切りです。
今回は最近購入したニューバイク(29インチ)での参加です。今までは26インチMTBで参加していましたが、ジープロードが延々と続く王滝は、転がり性、グリップ感の良い29インチが有利なため、バイク性能に期待です。
肝心の身体の方はというと、トレイルライドは頻繁に行っているものの、自分を追い込むようなトレーニングは、本番1週間前に1度したのみ。体力的な不安はありましたが、そこは自転車屋さん。機材の力を信じることにしました。



使用バイクは、CANNONDALE F-Si CARBON TEAM
メインコンポは、SRAM XX1 チェーンリング32T
タイヤは、SCHWALBE RACING RALPH 29x2.1 空気圧1.9BAR チューブレス仕様
グリップは長距離の定番、ERGON GS1
サドルはお気に入りの、SELLE ITALIA SLR


そしてサイクルコンピュータが苦手なワタシは、やはりコレ、ADEPT Arclock オシャレな時計です。




まずは大会前日の21日、現地に向かう途中でお昼ご飯。
過去の自分に勝つ!というありがちな理由でカツカレー。


会場に到着すると、すでに大勢の参加者が出展ブースを見学していました。
MTBマラソン系競技で活躍する、TOPEAK ERGONの池田選手も、出展ブースにいらっしゃいました。

受付を済ませると、きっちりと自転車の最終点検。レース中のトラブル、防げるものは防ぎたいですからね。
100kmの長丁場のため、特にチェーンオイルは、チェーンの1コマずつ丁寧にさしていきます。

夕方にレースの説明会兼パーティがあり、アルコールも出てくるのですが、翌朝からレース、、、。
悩んで悩んで、、、飲みました。やっぱりビールです。シアワセです。
早朝3時起床予定のため、9時には就寝。気持ちよく眠れました。


大会前日、当日とも良く晴れていたため、朝方はかなり冷え込みました。
4時半からスタート地点にバイクを並べられるのですが、4時の時点で既にかなりの人数が待機しています。
何とかそこそこの位置を確保し、スタート前の準備を行います。



今回の補給食は、
ハイドレーションにメイタン電解質パウダーを水に溶かしたもの2リットル
ボトルにパワージェル5本を水で溶いたもの500ml
ジャージのポケットに、メイタンCC、メイタンCCCを計5本、スポーツようかん2本
バックパックにおにぎり、大福、メイタンCC3本
という装備でした。

レース前に、足攣り防止のためのサプリメント、メイタン2RUNと、乳酸をパワーに変えるという嬉しいサプリ、JUCOLA クエン酸パワーを飲みます。

さあ、いよいよスタートです。ここからは走っていて写真がありません。


林道に入るまでの最初の数キロは、先導車がつくパレード区間、集団走行になるため、落車などの無いように注意しながら走ります。
そして先導車がいなくなると、いよいよダートが始まります。

とりあえず集団がばらけるまでは、目標タイムが近い、mineさん、Mizoさんに離されないように必死で走ります。
最初はひたすら続く長い登り。10キロ地点を過ぎたあたりになると、身体も温まり、心拍も落ち着いてきます。

しかしやはり苦手な登り。目印にしていた朝ライドジャージも気づけば見えなくなり、早くも力の差を感じます。
登りで失ったタイムは、下りで取り返します。
下りが始まると、スピードが乗ります。29erのグリップ感と、レフティフォークの剛性感のおかげで、怖さはありません。
特に、レフティフォークは、レースが始まるまで正直、特別良い印象を持っていませんでしたが、下りでハイスピードになると、良さが実感できました。
剛性が高いため、フォークがぶれず、ライン取りが安定し、高負荷がかかった状態でもスムースにストロークしている感触が、今まで使用していたフォークとは別物でした。

下りで気持ちよく抜き、登りでまた抜かれるということを繰り返しているうちに、mineさん、Mizoさんに追いつき、しばらく一緒に走ります。

登りでは敵わないため、下りでできる限り引き離すように、平地区間も休まないように気合が入ります。
CP2が近づくころには、少し先行するようになりしばらく一人旅。
一人で登りは、本当に心が折れそうになります。もう二度と来たくないと思いながら何とか休まず走ります。
途中の下りでフロントタイヤから周期的にシュッ、シュッ、シュッと嫌な音が、、
やってしまったと思いながらも、新しく入れたSTAN'S NOTUBES、RACEシーラントの力を信じて走り続けると、エア漏れが止まりました。
心の中でガッツポーズをきめました。

CP2では水だけ頂き、念のためにタイヤの空気圧をチェックしてすぐに出発。滞在時間約30秒、つかの間の休憩でした。

その後も変わらず遅い登り。あまりの登れなさにいらいらしながらも、走っていくと、SHIVERさんの背中が、みえた。
決死のダウンヒルで追いかけようとしますが、頑張りすぎてオーバーラン。藪に突っ込みながらも何とか捕らえます。
ここからは抜きつ抜かれつ一緒に走ります。

そして最後の長い登り坂、ケイデンスを落とさないように、ペダリングを数えながら必死で登ります。
先行するSHIVERさんの背中が近づいたその時、SHIVERさんの心が折れた瞬間を目撃。
これがラストチャンスと思い、ペースを落とさず抜いていきます。

このあたりになると、42kmクラスの選手と合流するため、大半の選手が自転車を押しています。
頑張ってくださーい、と声をかけながら抜いていき、最後の下り坂へ突入。
最後にトラブルがあっても悔しいので、セーブしながら下っていきます。

無事、ゴール。
タイムは5時間39分、目標の6時間切りを達成しました。



ゴール地点で、マイブームのシクロワイヤード風写真を撮ってもらい、満足です。

走り終わるとすでに、次回に向けての課題について考えているから、王滝って、不思議なものです。
さっきまで、二度と来たくないと思っていたのに、不思議ですね。

今回は、機材の力もあり、目標達成できましたが、同じくらいのタイムの選手の中では、圧倒的に上りが遅いことがわかりました。
上を目指すには、日頃からのトレーニングは大切なものだということを改めて実感しました。




競い合える楽しさ、味わってしまうと病みつきですね。また出たいと思います。


京都MTB朝ライドの皆さま、ありがとうございました。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加