2016 東京8X10組合連合会写真展

2016 東京8X10組合連合会写真展は

9月6日火曜日午後3時から11日日曜午後2時半まで

目黒区民ミュージアムにて開催します。

写真展参加者を今月25日まで募集します。

既に8X10での写真を撮られている方でメンバーに

面識のある方が対象となります。

ご希望される方は連絡をお願いします。

諸々のお話は申し込まれてからお知らせします。

 

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

My CAMERA

今使っている一番新しいフィールドタイプの8X10カメラ。

現行の長岡さんのモデルとは少し違いバックスイングが付いていない。

バックスイングはほとんど使わないので今回は付けなかった。

その分部品も少なくなり軽くなる。

ボードはジナーとリンホフが両方使えるタイプ。

塗装も木地が見える方が好きなので色指定で行った。

 

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

さようなら「松山ビル」


詳細


昭和4年(1929年)築、松山ビル。
 国道14号拡幅事業により、87年の生涯を閉じる事となった…

2011年〜2016年、たった5年と言う僅かな時間であったが、三好心写真事務所は
松山ビルの最期を見届け、共に別れを告げる。

ありがとう松山ビル
 さよなら三好心写真事務所


 会期
3月12日(土)〜21日(月祝) 13時〜19時

場所
 東京都墨田区緑1-16-4松山ビル三好心写真事務所

 三好さんスケジュール

本日最終日は21日(月)在廊

 特記事項
 会期中、三好心は松山ビルの記録撮影、作品撮影を行っております。

 来場頂きましたお客様の商業撮影、作品制作目的での撮影は基本禁止とさせて頂きます。
(展示作品の撮影、記念撮影はご自由にどうぞ!)

※禁酒中の為、パーティは行いません。


 松山ビルに感謝を込めて…

2016年3月6日 三好心写真事務所 代表 三好心

 

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

CRP JAPAN TOKYO Ukima My Wife 2011-2015

8X10仲間の本田光さんがアマゾンから電子写真集を出しました。

 

内容紹介

「うきま」

東京の北の端、荒川と新河岸川に挟まれた街、浮間。

老朽化が進み、一部で立て替えも始まっている団地の一角に、
ここが良いねと住むことを決めたのは、取り残されたような古さが、
僕ら二人にぴったりな気がしたからでした。

僕らが結婚したのは四十歳をすぎてからでした。
僕は初めて、彼女は二度目。
それまで長く独りで生きて来た僕にはあらゆることが新鮮で、
でも懐かしくて、暮らしとはこういうものかと実感する日々です。

晴れた日には二人で、カメラだけ持って、うきまを歩きます。
団地のまわりには住人たちが思い思いに植えた花々があり、
花の名前を彼女が教えてくれます。

そんな団地も建て替えが進んで、風景は少しずつ変化していき、
ふたりが好きだった手作りのパン屋さんも店を閉めました。

あるとき喧嘩をして、仲直りをしたあと彼女が僕に言いました
「あなたはまだ、本当に大事なものを失ったことがないのよ」

窓の外には川を渡る、貨物船のエンジンの音が聞こえていました。

うきまの暮らしにぴったりの古い写真機で
僕が大事にしているものをひとつひとつ拾い集めてみようと思ったのです。

“UKIMA”

In the North end of Tokyo, there is a town called Ukima
that is sandwiched between the Arakawa River and the
Shingashi River.

My wife and I happily decided to live in one of
the apartment complexes that were very old
and begun to be rebuilt. We found that its old-fashioned
perfectly suited us.

We were both over forty years old when we got married.
This is my first marriage and the second time for her.

Everything in my marriage life is fresh for me because
I had been living by myself for a long time. But I also felt
it is nostalgic.
I don’t know why. I am so happy every day any way.
I feel this is my life.

On sunny days, we take a walk in Ukima, only carrying my old camera.
There are a variety of flowers around the apartment complexes.
They were planted by the residents with consideration.
My wife tells me what sort of flowers they are.

The apartment complexes have been rebuilt and the scenery
around there has been slowly changing.
Sadly, our favorite bakery shop selling home made breads
has been also closed.

On one occasion, we had a terrible argument about a little thing.
After figuring out the conflict, she said to me,
“You have never lost a really important thing for you.”

We were watching a cargo ship going across the river from
the window as listening to its engine noise.

This is how I have made up my mind to collect a bit of
pieces of something important for me by using my old
and nostalgic camera that I believe that suits my Ukima life.

http://www.amazon.co.jp/JAPAN-TOKYO-Ukima-Wife-2011-2015-ebook/dp/B01CA4W3HQ/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1456707289&sr=8-1&keywords=%E6%9C%AC%E7%94%B0%E5%85%89

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

那須川 富美男写真展「働いて働いて・・・今」

写真仲間の那須川さんの個展のお知らせです。

FUJIFILM SQUARE 富士フイルムフォトサロン

【1月22日(金)〜2月4日(木)】

ミニギャラリー
 那須川 富美男写真展「働いて働いて・・・今」

2015(平成27)年3月で愛すべき同級生全員がめでたく還暦を迎えました。
 働いて働いて、60歳になってもまだ楽は出来ない。それでも逞しく
真面目に生き続ける。
プロ写真家のプリント製作を生業としている作者が、小学校・中学校・
高校・大学と机を並べた、同級生を訪ね歩き撮影した「現在のポートレート」です。
それぞれの顔に刻まれた60年の歴史をご覧下さい。
 併せまして、FUJIFILMのネガカラーフィルムから表現した、
作者渾身の美しいプリントもご堪能下さい。

那須川さんの仕事場
フォトグラファーズラボラトリー
http://www.photographers-lab.com/

 

東京ミッドタウンへのアクセス方法をご案内しております。
 住所: 〒107-0052 東京都港区赤坂9-7-1

公共交通機関からのアクセス Access from the train station

 

地下鉄をご利用の場合

以下の最寄り駅より、東京ミッドタウンへお越しください。
都営大江戸線「六本木駅」8番出口より直結
東京メトロ日比谷線「六本木駅」より地下通路にて直結
※ 日比谷線「六本木駅」より車椅子にてお越しの場合、
4a出口より地上からお越しください。
東京メトロ千代田線「乃木坂駅」3番出口より徒歩約3分
東京メトロ南北線「六本木一丁目駅」1番出口より徒歩約10分

バスをご利用の場合

以下の最寄りバス停より、東京ミッドタウンへお越しください。
都01・渋88・反96「六本木駅前」下車徒歩約2分
ちぃばす「六本木七丁目」、「檜町公園」下車徒歩約1分

 

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ