satoboの写真日記

言いたい放題の酔っぱらい日記

今日までの出来事

2017年06月17日 | Weblog
仕事先の敷地に遊びに来ていたにゃんこが横断歩道で車にひかれて死んだ。
白地に茶色の丸々と太ったオスだった。
歩いていると時々ひょんなところで出くわすので、行動範囲は広かったようだ。
会うたびに声をかけるのだが、反応はしないで近づくと逃げる。
それでもにゃんこに出会えるのは嬉しいので、毎回挨拶をする”仲”だった。
それがどうやら道路で死んでいると聞いて、そのまま放置されているのは不憫だと時間を見つけて見に行った。
しかし幸いなことに、飼い主が回収したのか姿は見えず、横断歩道の白線に赤い血糊だけが残っていた。
猫を轢くようなようなボンクラドライバーは死ねと念じる。

念じるといえば、最近理不尽な場面に出くわすと、だいたいが対オトコなんだけど、チンコが取れてしまえと念じることにしている。
いつか念が通じて、或る日突然そのオトコのチンコがポロリと取れるはずである。
理不尽なことをしでかした罰である。

記憶力がなくなってしまった。
先日新宿の紀伊國屋書店に行って本を買ったのだが、なんの本を買ったのかが思い出せず、買ったその本も見当たらない。
何日も悶々としてやっと買った本が何かを探り出し、その本も見つけた。
ひょっとして本など買っていなかったのかと一時は思いもしたが、我が記憶に間違いはなかったのだ!!

我が家のにゃんこはパパリンが大好きなので、パパリンの持ち物に触れていたくて、放置してある鞄とかシャツとかを敷物がわりにして寝ている。
おかげで、いざ使おうと思ったら抜け毛だらけで困る。
毛を梳いてあげようと抜け毛ブラシを探すが、どこに置いたものやら見つからない。

来月から隔週二日制の休日を取ることに。
そして出かけることに。
撮影することに。
読書することに。

毎月買っているオール讀物だが、読む時間がなくてどんどん積ん読に。
現在まだ1月号を読んでいるが、買わないとなくなってしまうので、毎月買っているのだが、はたして今月は買ったかどうかがハッキリしない。
しかしまもなく新号が出るので早く買わないと。
そして買った後にひょんなところから同じものが出てきて失敗したことに気づく。



柴又親商会 2
東京都葛飾区柴又4丁目
撮影 2017年6月12日 月曜日 12時50分
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

停滞中

2017年06月09日 | Weblog
動画の更新もなく、日記も書かずにいたけれど、何もしていないわけではない。
でも、さすがにこの働き方では、少しお金が入ってきても肉体的にも精神的にもマズイので、来月から変更することに。
また、引き出しをゴソゴソしては、「あっ、こんなものが」と新たな”生活改善”に取り組んではいる。
結果が出るのは(出れば)しばし先だが、何もしないわけにはいかない。
もう少しの我慢。

他人の活発な行ないを横目で見つつ草葉の陰で生きていく。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

CR-Zのこと

2017年06月03日 | Weblog
ホンダにCR-Zというクルマがある(あった)。
個人的印象ではCR-Xの後継車なのだが、時代に合わなかったのか売れ行きは良くなかったようだ。
先代と比べてファットな印象があり、先代までの軽快な「FFライトウェイトスポーツ」というものから「小粒なマッチョ」に変身し、いわゆるデートカーから走り屋さん御用達スタイルになった。
時代の流れとして安全性が重視されるようなり、車体も華奢なものから骨太なものに変わらざるを得なかったわけだが、その結果軽快さは失われてしまった。
初代のCR-Xが登場したときに、こんなカッコイイクルマがと驚き、多くの人がときめいた。
性能的には、スポーツカーというよりスポーティカーであって、だから逆に気楽なデートカーという位置をゲットしたわけだが、二代目はさらに洗練され、そのデザインは海外でも評価されたようだ。
今から見るとピラーも細く、安全性は低かったのだろうが。
クルマというのは、単に性能だけのものではなく、スタイルも大切なのである。
しかし時代は変わり、安全性も考慮しすれば骨格もガッシリし、それなりにゴツくなるのもやむ得ないのだろう。
それよりもデートカーというカテゴリーがこの世から消えてしまったことの方が大きい。
若者はクルマでデートすることもなくなり、移動のためのハコと化してしまったのが現在のクルマである。
そういう時代になって、あらためてCR-Zってカッコイイなぁと思うのは、最近近場の駐車場にCR-Zが頻繁に留まっているからである。



当麻の街並み 3
神奈川県相模原市南区当麻
撮影 2017年5月8日 月曜日 16時15分
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

タブレット生活

2017年05月28日 | Weblog
スマホを電話には使わないけど、ネット端末としては使っている。
家には8インチのタブレットもあるのだけれど、これを外に持ち出すのには300gオーバーの重さが負担になる。
ソニーの電子書籍端末リーダーの調子が悪いので、電子書籍を読むためと、iPodの電池寿命がきて、ポッドキャスト(今はラジオクラウド)を聴くためにと、合わせもった機能が見込めるのではと5.5インチの安物スマホを購入し、格安SIMを契約して持ち運んでいる。
重さは200g程度で、年寄りにはギリギリ限界の重さではある。
で、少し使ってわかったことは、スマホは我慢できる限界の性能であるということだった。
ここでいう性能とは、家で使っているパソコンと比べてのものである。
5.5インチという”小ささ”で見る画面は、やはり多量の情報を”一覧”するには小さすぎる。
ソニーのリーダーは6インチだけど、縦横比もあるのだろうがずっと読みやすく、さすが読書専用端末だと思わせる。
ポッドキャストに関しては特に変わりはない。ただ、端末の性能なのか、音量を最大にしてもなんとか聴けるぐらいの大きさにしかならない。
そして地図閲覧ではやはり表示範囲が狭いなと感じる。
ネット接続では、細かな調べ物などしようとは思わない
というわけで、パソコンはおろかタブレットと比較しても、最低限度の使い勝手にしか思えない。
しかしこのサイズでしか移動には使えないのである。
また安物スマホであるので性能は求めていないのだが、やはり値段なりで、というより値段が高いのには理由があるという当たり前のことを再認識したのである。
スマホなどはパソコン同様に部品を組み合わせるだけのユニット製品なのだが、チューニングに関してはメーカーの実力が現れる。
同じOSを使っていても細かな部分で合理的にチューニングが施されているかで、使い勝手または総合的な性能に大きな違いが現れるのだなと少し使っただけでわかった。
アップルの製品に大きな不満が出ないというのも値段なりの品質を持っているからだろうと思う。
当然スマホを購入するときには、アップルのiPhoneもiPadも候補に挙げたのだが、そこまでお金を出せないと断念したのだから、値段なりの現在のスマホに納得はしているのだが、iPhoneがもう少し安ければ、iPadがもう少し軽ければと思わなくもない。

今日は一気に電子書籍サイトから無料コミックを大量にダウンロードしてスマホとタブレットに入れた。
タブレットで一見したところでは、なんとか見ることはできる大きさであった。
はたしてスマホでは?
それは今夜のお楽しみ。

久しぶりの日記もこんなことしか書く時間がない生活。
5月は後半半月で15勤務もする”忙しさ”。
貧乏ヒマなし。



当麻山 無量光寺 2
神奈川県相模原市南区当麻
撮影 2017年5月8日 月曜日 15時35分
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ノーカットジーンズ

2017年05月15日 | Weblog
ローカル線電車に乗り込んできたハタチ前後のジョシ。
身長は170を超えるか。
スリム体型で顔は可愛い。
窓に向かいこちらに背を向けてドア前に立つ。
大きな荷物を足元に置く。
おおおおお!
ピッチリサイズのジーンが素敵!
足が長くて裾をまったくカットしないではいている(多分)。
お尻も小さく、骨盤が横に張り出していないので余計に足が長く見える。
イケナイとは思いつつ、あまりの美形に凝視せざるを得ない。
できることなら足元にひざまずき「あなたのスタイルは完璧です!」と賛美の言葉をお贈りしたい。
そんなジョシもローカルな駅で下車。
一緒に降りてしまいたかったが、それをすると変態オヤジなので偏屈オヤジはガッカリしつつも窓から遠く空を眺める。








福生の街並み 2
東京都福生市福生
撮影 2017年4月14日 金曜日 16時15分
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加