サンダー杉山blog

まあいろいろと。音楽主体かな。あと本とかアニメとか。

PMX-003 ジ・オ

2016-07-24 21:46:24 | ガンプラ
Zガンダムのラスボス、ジ・オ。

5月くらいに小林誠デザインのMSを作りたいとツイーとしたところ、ご本人がRTしてくれたりした。

Zガンダムは、デザイナーが複数参加していたため、それぞれ個性がでている。
じつは小林氏が「S.F.3.Dオリジナル」に参加していたのを最近まで知らなかった。
そう考えると、バウンドドッグとナッツロッカーが似てるのが理解できる。

意外と顔が小さい……。

マラサイもガザも独特だったりする。

あとは意外なZZガンダムを作れば、小林デザインのHGUCはコンプリート。

次回の猛毒のライブ

日 時 : 2016年8月7日(日)
時 間 : 13:00開場/14:00開演(21:30終演予定)
会 場 : 恵比寿LIQUID ROOM(リキッドルーム)

出 演 :
・HATAKE BAND(シャ乱Qはたけ率いる)
・READY TO KISS
・B'ず軍団(B'z稲葉浩志のものまね集団)
・D-stage(100kgのショーガールチーム)
・キノコホテル
・電撃ネットワーク
・X-HIROSHIMA(日本一のXコピーバンド)
・猛毒
・サイバーニュウニュウ
・RHEDORIC
・Young Kz(ヤンケージー) with:CPE水着オールスターズ
・コロガキ ほか全20アーティスト出演予定(随時発表)

オープニングアクト : DxD

M C :
・川上奈々美(恵比寿★マスカッツ)
・石川典行
・坂上お忍び(坂上忍公認ものまね芸人)
・ふりかけ係 しゃけ君
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

太宰治「人間失格」を読んで

2016-06-27 23:48:19 | Weblog
最近、割と本は読んでいるのだけれど、ほとんど平台に並んでいるベストセラーばかり読むようにしていた。
ビジネス系の自己啓発みたいな本とか、小説でも「羊と鋼の森」みたいなものを選んでいた。

そんな流れで、又吉直樹のエッセイ「夜を乗り越える」を読んだのだが、その影響で太宰治の「人間失格」を無性に読みたくなってしまった。実は若いころはそれ程、太宰に傾倒しなかった。「パンドラの匣」と「新ハムレット」は割と好きだったが、著者の主流な感じの作品ではないような気がしている。

若いころは、どちらかというと「ライ麦畑で捕まえて」に影響を受けていたのだが、「人間失格」を読んで、実はすごく似てるのではないかと思った。

どちらも割と豊かな家庭で優秀な兄がいたりする。

ホールデンも葉蔵も何かに期待しては裏切られる。異なるのはその反応だ。

他者に対して攻撃的になるか、とことん自虐的になるか。

しかし、両者とも最後は精神病院みたいなところへ入れられてしまう。

熱狂的な読者が多い本について、一般論みたいなことを書く気もないので、個人的な感想を書くが、
これは読者が人間性を回復するための物語だ。とことん落ちていく話なのだが、なぜか明日からも頑張ろうという気にさせてくれる。

これは若者だけの物語ではない……。

次回の猛毒ライブ

四谷OUTBREAK! 自家発電 vol.07
2016年7月2日(土)
open15:30 / start16:00予定
RG階段(非常階段×レイザーラモンRG)
非常階段
猛毒
RANKIN TAXI
絶叫する60度 with 6% is mine
はやのみこみ(風呂敷漫談)
ジュジュ(フサオマキザル・女の子 4才)

[ DJ ]
オッチー

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

MSM-04Gジュアッグ

2016-06-26 17:00:15 | ガンプラ
約一ヵ月半ぶりにガンプラを作った。


これはガンダムU.C仕様のHGUCなんだけど、もともとは初代ガンダム放送時に採用されなかったデザインからきている。


ガンプラブームでMSVでモデル化はされていたのがようやくガンダムU.Cで陽の目を見たわけである。



ほとんど動く砲台ですな……。


しかし、暑いせいか水陸両用MS(ゴッグ、アッガイ)あたりを作りたくなってます…

次回の猛毒ライブ

四谷OUTBREAK! 自家発電 vol.07
2016年7月2日(土)
open15:30 / start16:00予定
RG階段(非常階段×レイザーラモンRG)
非常階段
猛毒
RANKIN TAXI
絶叫する60度 with 6% is mine
はやのみこみ(風呂敷漫談)
ジュジュ(フサオマキザル・女の子 4才)

[ DJ ]
オッチー
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

MS-06R (黒い三連星仕様)

2016-05-01 18:22:25 | ガンプラ
去年の9月以来、久しぶりにガンプラを作った。

黒い三連星仕様の高機動型ザクである。


ガンプラがブームとなったのは、テレビで放送終了後だったので、
商品を増やそうにも増やせない状況があった。しかしそこはいろいろあって、ガンダム記録全集に収録された監督のメモ書きや、「宇宙翔ける戦士達 GUNDAM CENTURY」というムック本からバリエーションがモデル化されるようになった。


それがいわゆるMSV(モビルスーツバリエーション)と呼ばれるもので、この高機動型ザクももとは「宇宙翔ける戦士達 GUNDAM CENTURY」の設定からきている。

しかしながら、コミック~OVAに展開している「ガンダム THE ORIGIN」で、ガンダム本編の前夜がドラマ化され、この高機動型ザクも登場している。


ノーマルタイプMS-06Fと呼ばれるタイプと比べて推進力が強化されている。

ガンダムの本編では黒い三連星はMS-09ドムという重モビルスーツで登場する。


このプラモは実はずいぶん前に909st君が大阪ツアーのときに楽屋に差し入れ(?)てくれたのだけど、なかなか作るタイミングがなくて、ちょっと「ガンダム THE ORIGIN」の映像化に便乗して組み立ててみた……。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

αJUNO雑感

2016-05-01 00:30:30 | 機材
ひさびさにαjunoをもてあそんでいて、いろいろ調べてみたのだが、シンセはなかなかおもしろい。

JUNOシリーズはROLANDの中では比較的、安い価格帯のシリーズである。
1982年の「JUNO-6」に始まり「JUNO-60」ときて、1984年に今でも愛用者が多い「JUNO-106」となり、
1986年に「Alpha Juno-1」、「Alpha Juno-2」が出て、いったんシリーズが終わる。
(ちなみにROLANDの20世紀最後のアナログ・シンセはSuper JX JX-10でJUNOではない。)

そして、2000年代に入り「JUNO-D」で「JUNO」ブランドが復活して、いまでも現行のシリーズとなっている。
(80年代と00年代以降のものでは当然ながらまったく別物といえる。)

80年代に「JUNO-106」はそれ程、評価されたシンセではなかった。
発売される1年前に「YAMAHA DX-7」というデジタル・シンセサイザーが出ており、
(当時としては)昔っぽい音がする初心者用のシンセというイメージがあった。

90年代に入ってから海外のテクノ・クラブ系クリエーターの再評価によって、
いわゆるヴィンテージ・シンセの仲間入りをしたわけである。

その「JUNO-106」の後継機である「Alpha Juno」はシンセサイザー独特のツマミや
フェーダーを廃して、プリセット音色をボタン一つで呼び出せるようなミニマルな
デザインになった。

「Alpha Juno」はツマミやスライダーがないので、積極的な音づくりをすることにむかないため、ずっと、ヴィンテージの仲間入りができず、安価で取引されている。

しかし、最近は、フリーウェアでPCから音色のエディットができる。マニュアルを見比べても、JUNO-106とスペック的にはほとんど同じである。(当然音の印象は人によって違うと思うが…)表面にツマミやスライダーがない分、故障の原因も少ないという見方もできる。

「Alpha Juno」自体は、raveの代名詞的なHooverサウンドで有名だったりする。

とはいっても、海外のクリエーターは、ヴィンテージうんうんということより、手に入りやすい機材を使って、
オリジナルな使い方をしているような気がする…。

αjunoのDCOの構成について書こうと思っていたのだけど、JUNOシリーズの歴史みたいになってしまった……。

それでは良い連休を。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

alpha juno-2(Poor man's Juno 106)

2016-04-29 18:49:20 | 機材
プアマンズ JUNO 106ことalpha jumo-2を某オークションで落札した。

5年前に alpha juno-1を手放したのだが、その後ずっと後悔はしていた……。

このシンセはれっきとしたアナログ・シンセサイザーなのだが、のっぺらぼうなデザインなので、
あまりアナログ感がない。むかしはmacの「Alpha Juno Control」というフリーソフトでエディットしていたのだが、今回はwinの「CTRLR」というソフトを使ってエディットしてみることにした。


いまとなってみると、シンセっぽいツマミがないことで、逆に故障が少ない機種ということになっているようだ。
今後、BEHRINGER BCR2000でエディットなんかも挑戦してみたいが。


しかしながら、80年代半ばくらいまでの機材でなんか作りたい、という願望はずっとあったりする……。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

パスタ地獄変#9

2016-02-17 00:42:12 | 男の料理
 寒さもピークが過ぎ、すこしづつ季節が移り変わる時期になってきた。
 週末はやたら暖かかったが、週明けは小雪がちらついていたり、なにやら花粉が飛んできたり。

それはさておき、トマトソースを作るといろいろバリエーションが作れる。
「ソーセージときのこ」


 これで9品目。

 木田元著「ハイデガーの思想」を読了した。
 あとがきに、ハイデガーは西洋人のものの考え方見たいのを明らかにした、
というようなことが書いてあって、それはよくわかった気がする。








コメント
この記事をはてなブックマークに追加

パスタ地獄変#8

2016-02-16 00:14:50 | 男の料理
日ごろから、10種類くらいのパスタのレパートリーがあるなどと豪語していたのだが、
ネタが尽きてきたので新作にチャレンジしてみた……。

「卵とアスパラガス」はゆで卵のソースにちょっとコツがいる。

果たしてうまくできたかどうか。




ハイデガーによるニーチェの考察。

「力への意思」という概念によって「本質存在」をl
「等しきものの永劫回帰」という概念によって「事実存在」を表示しようとしていた。

 西洋人的な(一概に言ってよいかどうかはともかく)宗教的な思想からすれば、
まずはじめに「本質」があって、ついで「実存」がくると考える。神が人間を創造したとすれば、人間の実存に先立って、神の思考のうちに人間の本質が存在していたことになる。(参考文献 松浪信三郎 解説 実存主義)

 おそらく、卵が先か、鶏が先かというテーゼに結論は出ないのだろう…
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

パスタ地獄編#7

2016-02-14 23:17:16 | 男の料理
昨日、ナショナル麻布で黒オリーブとケッパーの瓶詰を買ってきた。


「黒オリーブとアンチョビ」のパスタを作った。



あいかわらず、「ハイデガーの思想」(木田元)を読んでいる。
「事実存在が本質存在に先立つ」ということがサルトルの「実存主義」の根本的なテーゼである。このテーゼがいかに「無神論的」であるかがようやく分かった……。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

パスタ地獄変#6

2016-02-14 01:09:36 | 男の料理
トマトソースをつくると色々バリエーションが作れる。
「いわしとトマトソース」を久しぶりに作ってみた。


2か月半ぶりに散髪に広尾へいったので、ついでにナショナル麻布も足をのばしてみた。
ここは色んな食材があるので楽しい……。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

パスタ地獄変#5

2016-02-13 00:53:36 | 男の料理
野菜と一緒にパスタをゆでる作り方をするものがけっこうある。

「ジャガイモとキャベツのアンチョビソース」


これはお腹がふくれるヘルシー・メニュー。


まだまだ続く……。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

パスタ地獄変#4

2016-02-11 00:53:41 | 男の料理
相変わらず、100均ショップやBOOK OFFの100円コーナーが大好きだったりする。

今回の「カルボナーラ」もすべての材料が100円ローソンで揃うので忙しい人の味方です。


今週ずっと、「ハイデガーの思想」木田元 岩波新書を読んでいるのだが、
かなり面白い。ハイデガーは学生の頃、一般教養の授業でさらっと習ったくらいだったのだけれど、歳をとったせいか、自分の中での印象が少し変わった気がする。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

パスタ地獄変#3

2016-02-10 00:43:07 | 男の料理
 家に帰る途中、スーパーマーケットによったら、かぼちゃが安く売ってたので、
今晩は「かぼちゃクリーム」をつくった。


かぼちゃは冬の贈り物……。


 ドストエフスキーやニーチェのように、悩んだり苦しんだり絶望したりしながら、人間の心理を透徹した文学作品や壮大な歴史の眺望を開く思想を得るということを想えば、自分が生きていく中でぶち当たる障壁などなんとかなると思える。

 とか何とかいいつつ、清原や芸人の彼女のニュースを観たりする。

 カッコつけてもしょうがないね……。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

パスタ地獄変#2

2016-02-09 01:03:31 | 男の料理
今晩もパスタ作った。
オイル・ベースの「たことパセリ」。



最近、作るようになって、週一回くらい食べてる。

今年といってももう2月だが、今年はブログをまめに更新したい……。

M☆N☆T presents 『カルト・フィーバー!スペシャル!!』 Planet K 17th Anniversary #3]

・2016年2月28日(日)
・吉祥寺 Planet K(http://inter-planets.net/)
・OPEN18:00 / START18:30
・前売2500円 / 当日3000円(+1D)

<出演>
● 猛毒
● ベッド・イン
● ド・ロドロシテル(掟ポルシェ)
● ザ・フレディーズ
● ぬ界村

猛毒のLINEスタンプも好評発売中です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

パスタマラソン#1

2016-02-07 22:56:12 | 男の料理
20年くらい前に買った、「イタリアンNo.1パスタブック」という本があって、
この本が自分にとってのパスタ作りのバイブルである。



いろいろ作ってはいるのだけれど、どれだけ作れるか試したくなった……。

今日はトマト・ソース・ベースの「ベーコンと玉ねぎ」のパスタを作ってみた。



休みだったので、シーザー・サラダとマカロニ・グラタンも作ってみた。



最近、カード・マジックを都内や大阪の行きつけのバー(!?)で披露しているというか、修行している。

あと、今月も猛毒のライブあります。

[M☆N☆T presents 『カルト・フィーバー!スペシャル!!』 Planet K 17th Anniversary #3]

・2016年2月28日(日)
・吉祥寺 Planet K(http://inter-planets.net/)
・OPEN18:00 / START18:30
・前売2500円 / 当日3000円(+1D)

<出演>
● 猛毒
● ベッド・イン
● ド・ロドロシテル(掟ポルシェ)
● ザ・フレディーズ
● ぬ界村

猛毒のLINEスタンプも好評発売中です。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加