音楽漁り日記

海外のマイナーなバンドを漁って悦に入る日々

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

待ちきれなくて自分で作っちゃったやつ

2016-07-02 00:34:18 | レビュー?

ブログを書く頻度が目に見えて下がってます。
訳詞も全然手をつけてません。
今は自分の活動が優先になってます。どうも、自称アーティストです。
しかしどうにも書かないと気がすまないやつに巡り会いまして。

Psychonautic Sun: One Look at the Sun EP

もろTOOLやん。
これまでもTOOLのフォロワーバンドと言われるものはいくつか聴いてきたけど
影響を受けたというよりも「TOOLになろうとしてる」というほうがしっくりくる。
かつてLast.fmで「TOOLに似たバンド」の筆頭にあがってた
あのRISHLOOでさえ、ここまでTOOLじゃなかったもんね。
バンドのfacebookを見たところ、活動開始は昨年。
拠点がアリゾナ、フェニックスとか、あぁ・・もうTOOLへの憧れしか見えない。
「おすすめアーティスト」「影響を受けたもの」の筆頭にTOOL。
うん、知ってる。って初めて聴いたバンドに何の迷いもなく頷いたよ。
なんかね、本家があまりにも新譜出さないもんで待ちきれなくて

「俺たちの考えたTOOLの新譜」

を自分たちで作っちゃった感じすらある。
ここまでくるともう涙ぐましい。
しかし演奏技術はかなりいい線いってると思うので
ここからこのバンドだけの音に成長していったらいいなと。
温かい目で見ていこうと思うのですよ。
がんばれよー若者ー

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

トラッドが強いお国柄で

2016-05-04 00:43:37 | レビュー?

忘れた頃にこっそり更新、おひさしぶりです。
ブログ更新は滞っておりますが私はすこぶる元気です。
作業用BGMとして音楽漁りもしっかり続けております。

ところで、
以前「ブルガリアはトラッドが強すぎてロックが育たないんじゃないか」
みたいな記事を書きましたが

大変な誤解でした。

 Smallman - Evolution (HD)


Smallman、
ファーストアルバムが2006年にリリースされているので新人ではありません。
ただただ見つけられなかったというやつで。(--;)
通算3枚のアルバムがリリースされています。
上で紹介したのは2014年「Envision」から。
バグパイプほか民族楽器も要所要所に使われていてトラッド風味も漂わせながら
それでも曲調はヨーロッパよりもむしろアメリカのヘヴィロックの影響を感じます。

しかしそんな中にもちゃんと民謡チックな曲もあったりして俺得。
smallman - Vazpelo e Pile / Възпело е Пиле (Official Audio)


いやぁ、ひさびさに良い物件を見つけましたな我ながら。(・∀・)
(って、たまたまフォローしてたヨーロッパのフェスのバンド紹介で知ったんですがね)
とりあえずダウンロードでアルバム買って聴きまくってます。
あとね、こうしていいバンドを見つけると、その横の動画も期待できるじゃないですか。
また楽しみが増えましたよこれはw

 

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

お久しぶりです。

2016-03-11 00:18:40 | レビュー?

お久しぶりです。
前の投稿が2015年11月、あらやだ年越してるわ。
ここのブログの存在すら忘れられそうですよ。
さぼってたのは別に病気してたとか大変な事情とかじゃなく
自分の活動のほうがいい感じに忙しくてですね。(^^;)ゞ

ここ数ヶ月、チュニジアのMYRATHというバンドがお気に入りでして。
ちょいちょいチェックしてたのですが、先日新譜「Legacy 」を発表しましたよ。

MYRATH "BELIEVER" Official Music Video
 

この暑苦しさたまらんです!最高です!
最高すぎて変な声やら変な汁やら出ます。

MYRATH "Nobody's Lives" (Official Lyric Video)


シンフォニック好きで民族色強いの好きでメタル好きでetc...
この好きなテイストを全部盛りしたような、なんという俺得。
このノリ、私自身の制作テンションに非常にマッチするのですよ。
ほんと、気持ちいい。



え・・と、なかなか更新できてませんが
ツイッターのほうでは「今こんなの聴いてるぜノッてるぜ!(家事が)」
みたいなつぶやきは煩いくらいやってます。
こちらもチェックしてもらえたら嬉しいかなと。
ただし虫画像苦手な方にはおすすめできません。たまに食ったりしますし。
https://twitter.com/Thida_Laxmi


 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

鼻血事案 (11/14追記)

2015-11-13 03:14:34 | 音雑記

1st「Forty Six Minutes,Twelve Seconds of Music」で
アルバム一枚まるごと、自分を捨てた父Jamesへの恨み節を歌い上げ
2nd,3rd「The Audio Guide to Happiness」part1,part2では
自分の誕生からこれまでの人生を俯瞰目線で振り返りながら
徐々に父の所業や自身の想いを客観的に受け止め消化し
「これからも今までと変わらず生きていく」 と自分の気持ちに折り合いをつけ
アルバムのラストを締めくくった2年前。

もしや、これで歌いたいことを出し切ったんじゃないか・・・

と 、この先Anadaleの表現欲が続くのかという心配もありましたが

 New JOLLY Music for FREE right now!


し、新譜!!!(*´ii`) ・∴'.

「新曲1曲 できたよ」みたいな小出しもなく、いきなりのアルバムか!
やりおるわ、サプライズを意識した彼ららしい発表の仕方。
しかも3rdで父への思いに決着をつけたAnadaleが次に持ってきたタイトルが

FAMILY

て!タイトルだけで泣ける!死ねるわ!・゜・(つД`)・゜・

動画内に新曲1曲無料ダウンロードのお知らせがあります。
ついでに新譜完成のための寄付を募るお知らせもあります。
無料が1曲なのに対し、寄付すると4曲もらえます。
パトロンパッケージという響きが心地よいですわ。(*´ii`*)
1曲無料の「Ava」だけ聴くと今までと違うゲーム音楽のような出だし。
ちょっとハワード・ジョーンズを髣髴とさせる仕上がりです。
が、4曲まとめて聴くと、どれも全く毛色の違う曲で
ここでもJOLLYの音楽性の幅広さを見せつけてくれます。
これは完成が楽しみです。........(*´ii`*)ボトボト


【追記 11/14】
「Ava」のMVがオフィシャルでアップされたので載せますね!

JOLLY - Ava (Official Music Video)

 
あっ、あっ、Anadaleセクシーぃ、食べたい(*´Д`)ハァハァ


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

辺境を掘る(ブルガリア編)

2015-10-29 02:08:16 | 音雑記

ブルガリア民謡が好きです。
女性コーラスでおなじみのポリフォニーも勿論好きですが
フォークダンス用の演奏曲がスゴイんですわコレが。
とにかく変拍子がエグいです。
 で、トラッドでこれほどまでにエグい変拍子を操るブルガリア、
ここ出身のプログレバンドのブッ飛び っぷりを大いに期待して
「ブルガリアプログレ」で真っ先に名前が挙がるバンドを聴いてみた。

・・・・・
うん・・・普通のキーボードプログレだ。
いや、悪くはないんですよ!良いんですよ!
ただ私の期待と違っていただけで。 
ジェネシス時々大野雄二みたいな感じですね。

ブルガリアのロック事情ってどんなだろうと思って
横のサムネからロックやってそうな気配のする動画を漁ってみた。

大変kick assでした。

О Азисе, огъзи се! - Епизод


・・・・・気を取り直して
youtubeで「bulgarian music」検索すると
クラブミュージックが挙がってきます。
やっぱり踊れる音楽が好きなんでしょうかね、この国の人たちは。
「pop folk」なんていうジャンルもあるようで
自国のトラッドを取り入れてるというのが良いですね。
で、中でもこの人が別格ですね、私の中では。

[BBC] Eurovision 2013 (Semi Final 2): Bulgaria: Elitsa Todorova & Stoyan Yankulov - "Samo shampioni"


Elitsa Todorova姐さんかっこよすぎか!
クラブミュージックという、プログレから一番遠そうなジャンルが
ロックよりバキバキにプログレッシヴという
これがブルガリアントラッドの底力なのでしょうか。
おいロック勢がんばれよ!

さらにfolk jazzなんてのが出てきて、
これがなかなかいい感じで聴いてたら次に自動再生で流れてきたこれ

Isihia - Aramii


キタ━(゜∀゜)━!

キタキタキタキタ━━━(゜∀゜≡(゜∀゜≡(゜∀゜≡(゜∀゜)≡゜∀゜)≡゜∀゜)≡゜∀゜)━━━━!!!!!!!!

ツボなやつキタ━━━━━y=-(゜∀゜)・∵.━━━━━ン!!!!

Isihia、なんと読むのか分かりませんが
とにかく来ました!待ってたやつ!
ブルガリアントラッドをベースにしたアンビエント、これはたまらん!
ただ残念ながら変拍子は無くなってます。
土着がアレだと拍のそろった楽曲がクールなのかもしれません。
でも信じていたよブルガリア!ロック漁ってくじけそうになったけど
お前ができる子なのは分かっていたよブルガリア!
私はうれしいよ!


しかし・・・あれですね・・・

ロック勢、がんばれよ。

いや、私の探し方が悪いだけだと信じたい。
引き続き、ゆるゆると漁ってみますよ。
 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加