くゅらりへ

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

映像化されていない機体が初参戦! 『機動

2015-11-05 22:06:32 | 日記
もうすぐ周防正行監督の『それでもボクはやってない』が公開されるということで、同じく日本の現行法律に関する映画ということで『39刑法第三十九条』を今日の肴にしたいと思います. この映画は2001年の大阪教育大学附属池田小学校児童殺傷事件でも一部マスコミで取り上げられた社会派ミステリー作品です. 物語はとある殺人容疑で逮捕された柴田という男には事件当時の記憶がなく、裁判が始まると弁護側は精神鑑定を依頼、やがて彼は多重人格と認定されます. しかし鑑定を行った教授の助手を務める香深は被告人の精神障害は演技であると直感で疑い、独自の調査で被告人柴田の内面に迫っていくというものです. そもそも刑法第三十九条とは心神喪失者や心神耗弱者に対してその罪を問わなかったり減刑したりするというもの. 拡大解釈すれば病気なら何してもいいとも言える恐ろしい条文です. 『デスノート前編』でも月が拾ったデスノートで一番始めに殺した人物もそういう法律の抜け穴を使っていましたよね. また『真実の行方』でもエドワード・ノートン演じる彼もまた同じようなトリックを使った人物でしたね. いかにも加害者よりなこの法律に対して皆さんはどう思いますか? というタッチで作られていることもあって映画としてはすごく考えさせられる作品です. だいたい病気であろうとなかろうと犯した罪は消えませんよね. 被害者側からすれば加害者が心神喪失だとかそんなこと関係ないですし、本来弱者を守るはずの法律がその役目を果たさないばかりに物的補償のみならず心的補償も受けれない人が増えるというのはおかしいです. 法律は社会の基本ルールのはず. それが犯罪を助長するようなものになるなんて、とても悲しいことです. もし私がこの柴田という男の立場ならば同じことをしていたかも知れませんね. それくらいこの法律には大いなる疑問を感じます. そしてこの刑法第三十九条の拡大解釈はある意味少年法にも共通するところがあると思うのですよ. 少年法は未成年なら基本的に何しても法的に責任を負わないでいいわけですよね. 最近は犯行内容により刑事処分相当などと言われていますが、19歳と20歳で同じ罪を犯して裁かれる法律が違うというのはおかしくないですか. 飲酒・喫煙・選挙権以外で19歳と20歳で何が違うのか、明確な基準などないのに・・・. いったいこの国の法律は誰を守るためにあるのか? 法律が本来の役目を果たすものにならない限り、こういった映画がこれからも作られていくのでしょうね. 深夜らじお@の映画館 は刑法第三十九条と少年法があまり好きではありません.

バンダイナムコゲームスは、今秋稼働予定の業務用ソフト『機動戦士ガンダム EXTREME VS.(エクストリームバーサス)』の新情報を公開した. 本作は、人気のアクションゲーム『機動戦士ガンダム VS.』シリーズの最新作. これまでに登場していない機体が参戦する他、新たなシステムが加わっている. また、SYSTEM357基板を採用することで、大幅にグラフィックが向上しているのも特徴だ. 2月に行われた 発表会以後 、音沙汰がなかったが、ついに新情報が明らかになったので掲載する. アシックス 安全靴 今回公開されたのは、新規参戦作品のモビルスーツ(MS)3機. 加えて、ICカードを使った機能や新システムの情報をお届けする. ●新たに参戦する3機体とは!? 『機動戦士ガンダム VS.』シリーズとして、最多のガンダム作品が参戦する本作. 今回新たに、『機動戦士クロスボーン・ガンダム』、『機動戦士ガンダムSEED ASTRAY』、『機動戦士ガンダム MS IGLOO』の3作品が登場することが発表されたので、ゲーム画像とあわせて掲載する. クロスボーン ガンダムX1改 クロスボーン ガンダムX1改が、『機動戦士クロスボーン・ガンダム』より参戦. 大型の可動式のスラスターが機動力を高め、戦場を駆けめぐる. 原作中では、多彩な武器で接近戦を制したこの機体だが、はたしてどんな動きを見せるのだろうか? 海賊を連想させるデザインが特徴的な、クロスボーン ガンダムX1改. アンチビームコーティングマントを羽織っている画像と、羽織っていない画像があるが、戦闘中に消滅するのだろうか? 射撃武器としても近接武器としても使えるザンバスターを装備している. 名前に"改"と入っていることから、スクリュー・ウィップも使えそうだが!? ガンダムアストレイ レッドフレーム ガンダムアストレイ レッドフレームは、『機動戦士ガンダムSEED ASTRAY』に登場する機体. オーブ連合首長国の試作型モビルスーツで、崩壊したヘリオポリスで極秘に開発されていたASTRAYシリーズの一機だ. メインの武器は、MSサイズの日本刀"ガーベラ・ストレート". この武器で対峙するモビルスーツを切り裂く! ビームコーティングが施されたシールドを左手に持ち、フィールドを駆けるガンダムアストレイ レッドフレーム. 右手に持つライフルで、相手のスキを狙い撃てるか? ヅダ ジオン公国軍がツィマッド社に依頼して、宇宙空間での機動性と推力を重視して設計・開発した軌道兵器・ヅダ. 『機動戦士ガンダム MS IGLOO』に登場した機体で、最大推力ではRX-78ガンダムをも凌駕(りょうが)するほど. ザクマシンガンやヒートホークに加え、対艦ライフルを装備しているヅダ. その機動力で、敵を遠方から狙撃することになるのだろうか. 宇宙空間の機動性を考慮し、圧倒的な加速度を誇る本機体. 画像には、宇宙を舞台にしたステージが映し出されているが、地上での出番はあるのか? 次のページで、新システムについて紹介.
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 消費者物価5年ぶりプラス 13年、... | トップ | 電撃乙女部 年末企画】乙女部員... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。