つらつら日暮らし

仏教、禅宗を学ぶ曹洞宗の禅僧によるつらつらなる日暮らし。時事ネタ、野球ネタもあります。

首相の靖国参拝「違憲」 大阪高裁判決 宗教的活動に当たる

2005-09-30 21:58:01 | 仏教・宗教・カルト・霊感商法関連ニュース
首相の靖国参拝「違憲」 大阪高裁判決 宗教的活動に当たる (産経新聞) - goo ニュース ちょうど、記事のタイトル「首相の靖国参拝」だからダメなんですよね。ここがもし「小泉純一郎氏」であれば何の問題の無かったわけです。その意味では公-私の判断が付いていなかったという大阪高裁の判断は、最近の小泉総理の発言はともかくそれまでの経緯からすると(さらにそれを強調したのであれば)公式ととられかねない= . . . 本文を読む
コメント (2)   トラックバック (2)

「キリストの再臨」自称、学校テロ遺族を惑わす

2005-09-30 08:16:05 | 仏教・宗教・カルト・霊感商法関連ニュース
「キリストの再臨」自称、学校テロ遺族を惑わす ロシア (朝日新聞) - goo ニュース 文明国ってこういうのが無いと思っている皆さん決してそんなことはありませんよ。我が日本でも、アメリカでも、イギリスでも、フランスでも、どこでもこういった事態は起こりえます。結局現実に解決できない問題をどのように解決するかという方法の1つだからです。 今回は、ロシアの北オセチア共和国で発生した学校占拠事件で、 . . . 本文を読む
コメント (2)

無住道曉『沙石集』の紹介(7c)

2005-09-30 06:53:37 | 仏教・禅宗・曹洞宗
【前回の(7b)】に引き続いて、無住道曉の手になる『沙石集』の紹介をしていきます。 さて、『沙石集』は全10巻ですが、第6巻は内容は説教についての説話です。前回はこの第6巻から、余り学の無かった僧が、「卒塔婆」についてトンチンカンな説明を行ったことを紹介しましたが、今回は引き続いて同じ第6巻から「四,長説法の事」を紹介してみましょう。  常陸国(現在の茨城県)に、観地房の阿闍黎という、密教の祈 . . . 本文を読む
コメント

燃料高騰、稲作農家が悲鳴 かさむ、もみ乾燥代

2005-09-29 06:48:14 | 時事ネタ・雑学・トリビア
Yahoo!ニュース - 河北新報 - 燃料高騰、稲作農家が悲鳴 かさむ、もみ乾燥代 東北 ちょうど、宮城県の『河北新報』の記事だったので拙ブログでも紹介。 原油価格高騰の影響が拙僧の寺の檀家さんにまで ちょうど、拙僧の寺がある宮城県栗原市の某地域でも収穫作業が始まりました。お盆明けは天候にも恵まれ、最終的には豊作だったそうです。 ただ、その収穫作業、そして乾燥作業にそれぞれ軽油・石油が必 . . . 本文を読む
コメント (2)

本日は両祖忌

2005-09-29 06:02:26 | 仏教・禅宗・曹洞宗
本日9月29日は曹洞宗の高祖永平道元禅師、太祖瑩山紹瑾禅師の両祖さまの忌日でございます。 本来、道元禅師が亡くなったのは1253年の8月28日で、瑩山禅師は1325年8月15日に亡くなったのですが、これらは旧暦(太陰暦)でしたので、明治時代に入ってから新暦(太陽暦)に変更された際、それぞれこの亡くなられた日を換算して改めて忌日が定められました。明治10年のことです。 そこで、換算したら偶然に両 . . . 本文を読む
コメント (3)

サイバーエージェント、「アメーバブログ」開設者数が50万を突破

2005-09-28 07:32:55 | メタブログ
Yahoo!ニュース - japan.internet.com - サイバーエージェント、「アメーバブログ」開設者数が50万を突破 多分、どこかのblogでは各社のblog開設数の比較してくれるでしょうから、拙僧はgooとだけ。gooが昨日の段階で338047だそうです。しかし、拙僧も【連絡所】を開設しているアメブロでは500897だそうですので、ちょっとだけ50万を超えたようです。 しかし . . . 本文を読む
コメント (2)   トラックバック (3)

新宿西口、地下広場の募金はダメ 通行の妨げ理由だが不信感も

2005-09-28 06:35:13 | 時事ネタ・雑学・トリビア
新宿西口、地下広場の募金はダメ 通行の妨げ理由 (朝日新聞) - goo ニュース 「あしなが育英会」や「赤い羽根募金」などの、比較的伝統がある募金団体であっても、通行の妨げなどを理由に公道上や駅前・駅ナカなどでの募金活動が認められない傾向が強くなってきたと言うことであります。 ちょうどいま、かの「ホワイトバンド」が本当にまともな貧困救済になっているのか?ということに疑義が呈されているようであ . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (1)

第3回勉強会無事終了

2005-09-28 01:00:06 | 『正法眼蔵』勉強会について
既に告知しておりました、第3回勉強会は無事終了いたしました 主催者の方のご紹介や、拙ログで度々コメントを頂戴するusagiさんのご紹介で新しく4名の方が来られました。ありがとうございます 今回から『正法眼蔵』を読んでいこうということになっておりましたので、「全機」巻を取り上げたのですが、説明に説明を重ねることになり、かなり大苦戦ちゃんと伝わったのでしょうか いや、伝わらないのならば全て拙僧が . . . 本文を読む
コメント (2)

スタバのDISCOVERIES飲みました!付記:後日談

2005-09-28 00:40:25 | 時事ネタ・雑学・トリビア
なんか、今日出勤する途中のコンビニにスタバのDISCOVERIESが売っていたので早速GETこれは以前本ログでも【コチラ】で取り上げていた、コンビニ版スタバでございます。 見た目はこんな感じ で、味ですがアメリカのコンビニとか、駅なども瓶入りで売っていたりするんですが、それとは全然違います。あんまり甘くはないです。ですが、濃い味ですし、コンビニで買うコーヒーだとすればかなり美味しい方に入る . . . 本文を読む
コメント (13)   トラックバック (21)

叉手について

2005-09-27 12:58:50 | 宗教Q&A
曹洞宗及び臨済宗などの禅宗諸派では僧堂及び諸堂にて歩いたり、侍立しているときには、ただ手をダランと垂れたりするのは、衣の袖も汚れ、非常に不格好でありますので用いません。そこで、両手を組んで袖を水平にするための方法が採られます。これを「叉手(しゃしゅ)」と言います。 ところが、臨済宗と曹洞宗では現在その方法が全く異なっております。同じ叉手なのになんだって変わってしまったのでしょう???ということで . . . 本文を読む
コメント (7)

西教寺真盛上人について(私的往生極楽記2)

2005-09-27 10:39:21 | 仏教・禅宗・曹洞宗
本ログは、8月29日にアップしたものですが、他の記事が出来てきたため、「私的往生極楽記」という題名で新連載の端緒にしたいと思います。拾遺ということですね(「拾遺1」は【恵心僧都源信と死の結社】にしました)は。この「往生極楽記」という題名ですが、慶滋保胤(よししげのやすたね、933?~1002)が著した『日本往生極楽記』から採りました。これは平安時代中期に成立した文献(986年初稿、後補訂)で、往生 . . . 本文を読む
コメント (18)

寺院建築についての記録(フロイス日記5)

2005-09-27 07:13:36 | 宗教
以前、東北大学工学部建築学科に横山秀哉先生という方がおられまして、寺院建築についての論文を多く書かれました(主著は『禅の建築』彰国社・昭和42年など)。拙僧、『永平広録』にて道元禅師が上堂される様子などを拝見しながら、当時の永平寺はどのような構造になっていたかを考えておりました。僧堂の近くがどのようになっていたかは『弁道法』などに詳細な記述がありますのでハッキリしてきたのですが、その他の場所は、ど . . . 本文を読む
コメント

現代の華岡清州?!

2005-09-27 07:01:11 | 時事ネタ・雑学・トリビア
Yahoo!ニュース - 読売新聞 - 慶大医学部・大学院生ら、大麻所持で逮捕 一瞬、自分の身体を使って全身麻酔の実験かと思いましたが、全然違うじゃないですかダメですねぇどうにも志が低いっていうか、畢竟医者になる権利なんぞ無いと思いますな。先日、覚醒剤やってた元国会議員も捕まりましたが、こういった公的な職業に就く場合には、特に薬物依存はダメでございます。 しかし、華岡清州と言えば、自分の妻を . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (2)

実業者的宗教者 蓮如上人(9)

2005-09-26 06:48:06 | 仏教・禅宗・曹洞宗
【畿内に還ってきた蓮如上人】 【前回(8)】の続きです。 蓮如上人(以下、尊称略記)は、吉崎での布教に或る程度成功しましたが、結果として吉崎御坊及び北陸の門徒衆は、戦国時代に向かって歩みを進める時代にあって、必然的とも言える変化をしました。つまり、自ら刀や槍を持ち武装集団となって地元の守護・地頭に対して公然と反抗を開始したのです。 蓮如はそういった状況にあって、吉崎が失火で全焼したこともあっ . . . 本文を読む
コメント (2)

検閲・逮捕をどう逃れるか=ブロガー向けハンドブック

2005-09-26 06:39:36 | メタブログ
検閲・逮捕をどう逃れるか=ブロガー向けハンドブック (時事通信) - goo ニュース オイラはブロガー♪ ヤクザなブロガー♪ オイラがアップすりゃ~嵐を呼ぶぜ まだ、日本ではそれほど検閲等も顕著ではありませんが、それこそイラン・中国・ネパールなどでは、情報の検閲があるらしいですね。以前、【kameno先生のブログ】にリンクを張りましたが、今回も張っておきます。 しかしまぁ、政府もまともな国 . . . 本文を読む
コメント (2)