カードキングダムブログ
全国チェーンのカードゲームショップ、カードキングダムです。
 




この業界の人間として、ひとりの遊戯王ファンとして見過ごせねぇ!半徹夜明けで眠いが、第1回目の上映から二回分、見てきたぜ!上映すぐなので、あまりネタばれしない範囲で、感想を書きます!

映画オフィシャルサイト→http://www.yugioh10th.com/

とにかく、最高の出来の映画だった!
作画レベルも全体的に高く、演出も気合が入りまくり。
特に最初の1分のコンテがすげぇ。ユベルと融合した十代は身体能力も上がっているようで、何というバトルアクションアニメ。(笑) 滅茶苦茶カッコいい。

特に、売りであった3D映像!これがかなりの大迫力!スターダスト・ドラゴンやサイバーエンドドラゴンが飛び出しまくり!

ついでに主人公たちの特徴的な髪形も飛び出しまくってて(笑)、3Dぱねぇってのは誰でも良く分かる。これで間違っても、

「後でDVDでみるからいいや」

とは言えない。いや、言わせねえ!というスタッフの意気込みはよくわかった。これはもう、素直に映画館で見ないと完璧に負け組だ。(映画館が遠い?!いや、無理してでもいくべきだ!)

で、内容。放映してすぐなので詳しく書けないが・・・

どの時代の遊戯王ファンも安心してくれ。

俺たちは、もう一度、彼らを大好きになれる。

各主人公に完璧に見せ場が回ってくるし、(ターン制のゲームだからその辺りは完璧だ!)、
十代、遊戯といった「過去のキャラクター」は、「物語を通して成長した後の姿」なので、頼もしさがハンパない。

特に十代!こいつ一人いるだけで、世界の運命が関わっていようが何だろうが、

「デュエルって楽しいぜ!」

という明るい空気が渦巻いてくれる。そこが燃える!

当然のようにネオスは過労死寸前(笑)だし、BGMはあのヒーローの曲で盛り上がる!見ていて純粋に、楽しい!

王様も、いるだけで安心感が違う。魔法カードを華麗に連続的に使いこなし、相変わらずの上から目線!

強大な敵に対しても、

「それはどうかな?」

と不敵に笑う。

更に上下関係が燃える。遊星は十代、遊戯をちゃんと先輩として「さん」付けで呼ぶし、王様は両方呼び捨て。
デュエリストのタテ社会はハンパない。

なのでデュエルの順番、役割分担も、そういった関係性を踏襲している。

先輩に敬意を払いつつ、若さゆえに真っ先に斬り込もうとする遊星。それをフォローしつつ遊戯につなぐ十代。そして全てを受けた王様は・・・さて、トドメは誰が、どう斬り込むのか?!それは映画館で確かめてほしい!

ちなみに、雑誌情報などでも、サイバーエンドやブルーアイズといった、歴代モンスターを使う事が明かされていた敵キャラクター、“パラドックス”だが、作品内で、

「私のデッキは、各時代の最強カードを集めた、別次元のデッキだ!」

と言っていた。

いや、各時代の最強カードでデッキを組んだら・・・

3×強欲な壺
3×天使の施し
3×サンダーボルト
2×ヤタガラス
3×死者蘇生
3×神の宣告
3×ハーピィの羽箒

etc.

・・・と、ならないだろうか?
うわっ!《天使の施し》超強ええ!《魔轟神獣ケルベラル》捨てたり・・・・いや、あれもこれも・・・!

■「僕達の世代には、遊戯王がある!」

以前、自分のラジオ番組などでも言ってたんだけど・・・

カードキングダムラジオ

http://hibiki-radio.jp/

この映画はガンダムでいう“逆襲のシャア”になってくれるんじゃないか?と期待している。

今は「永遠のもの」という安心感のあるガンダムだけど、以前は、「一時期絶大な支持を誇った名作アニメ」の一つにすぎなかった。

それが「ずっと続くもの」になった原因はいろいろあると思うけど、決定的なもののひとつに、映画“逆襲のシャア”があったと思う。

以前のガンダムを見ていた時、中学、高校生や大学生であった視聴者は、年齢の近いアムロやシャアに感情移入し、作品を楽しんでいた。

しかし、アニメキャラは歳を取らないが、実際の僕達は歳をとって成長していく。
20代後半になって「ナイーブな少年」であるアムロを見ても、「以前は自分もこうだった」と思いだす事は出来ても、感情移入する事は難しい。

だが、“逆シャア”になって、成長し、組織の中でも責任のある立場になったアムロヤシャアを見ることができた時、ファンはもう一度同じ目線で感情移入する事が出来たのだ。

これは、大きい。ただ弾に昔のキャラクターが出てくるアニメを見て、懐かしがるのとはワケが違う。
自分たちと同じように、キャラクター達も成長していることを確認して、自分達と共に歩んでいる作品、としてガンダムを愛する事が出来るようになったのだ。

今現在、10代の男子で、子供のころ、遊戯王のカードに触れた事の無かった者はいないだろう。(下手すりゃ日本だけの話ではない。なにしろアニメは、世界80カ国で放映されていたのだ!)

大人になって、「昔好きだったアニメ」をもう一度見る機会は結構ある。だが、

「大人になってからも楽しめる作品」

はあまりない。遊戯王は、数少ない、そうした名作だと思う。

僕達の世代にガンダムがあったように、今の人達には、

「俺達には、遊戯王がある!」

10年後にも言えるかどうかそれは、この映画の成否にかかっていると思う。

遊戯王世代のみんな!友達を誘ってみんなで見に行くべきだ!チャンスは1か月ぐらいしかないぞ!!


■カードキングダム遊戯王最強デッキトーナメントのデッキ辞典配布!

さて、話は変わって、ニコニコ動画やユーチューブで、ご好評頂いている動画シリーズ“カードキングダム遊戯王最強デッキトーナメント”ですが。

<!-- カードキングダム最強デッキトーナメントパート1 -->

<!-- ニコニコ版 -->

その参加デッキのうちいくつかを、デッキレシピと詳しい解説にまとめた「デッキ大辞典」として、カードキングダム各店で配布する事となりました!

★遊戯王最強デッキトーナメント特別企画
トーナメント参加デッキ大辞典・特別配布!

 
ニコニコ動画、ユーチューブ等で放映中の「カードキングダム遊戯王最強デッキトーナメント」に参加しているデッキの中から10数種類を、おなじみ、デッキ大辞典としてカードキングダム各店で配布決定!

カードキングダム各店で、遊戯王シングルカードを1000円以上お買い上げごとに1枚、ランダムにデッキ辞典が入ったパックをお渡しします。
 
デッキ辞典は全部で?種。(全部集められるかな?!)
レシピだけでなく、詳しい解説書にもなっています。
 
期間は2010年1月26日から、2010年2月末までを予定。
 
また、手に入れるためには、合言葉が必要!
 
シングルカードお買い上げの際に必ず「トーナメント参加デッキ辞典を」とお伝え下さい。
 
基本的にこれは、動画をご覧になった方へのサービス。なので、何も言わないと渡されないようになってますので、お忘れなく!



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« カードキング... 明日はブシロ... »