LIFE WITH BIKE 風・楽・旅・楽

妻やライダー仲間とのバイク旅が大好きで、ツーリングレポやお気に入りのお店紹介、日頃の出来事など綴ります

梅雨の合間のまったりソロツー

2016-06-18 | 日記

今日は朝から快晴だし特に用もないので、久しぶりに昼間(先週は近くへ夜景撮影)のソロツーを楽しんできましたよ

今の時期、田植えが終わって山の緑と田んぼの緑と、山の中を走ると超目に優しい

これは、千ケ峰の方へ向かう途中ですが、たくさんの緑でしょ

暫く奥へ進むと、千ケ峰の水汲み場へ

中ではお金を入れて たっくさんのボトルに水を入れておられました

凄すぎますよね このボトルの数

一体何時間汲めば終わるのでしょうね

この汲み場の外には無料で汲める所があります

水を汲んでいる奥様(地元の方)の話では、少々ピロリ菌がどうのこうのと言われてましたが、まあ気にしないってことでした。

ここから更に奥へ進み、生野へ向かうことにしました。

道中は、普通自動車は走れないほどの狭い道ですが

杉木立の中、脇には小さな小川が流れていて、エンジンを止めるとせせらぎの音と鳥のさえずりと

他に車は走ってこないので、暫く自然のリラクゼーションを楽しんでから出発

狭路の峠から先の下り坂では、およそ2kmほどエンジンを切って自転車状態で走らせると

これが、実に風が心地よく、脇のせせらぎも鳥のさえずりもしっかりと聴きながら下りましたよ。

下り切った所が、生野銀山として三菱マテリアルで昔栄えた所です

当時の写真がデカデカと建物の壁に貼ってあったもの

まだマテリアルは稼働してます

町の通りを静かに流して行くと、こんな感じ

これは旧社宅跡だそうです

内側は

寺町の通りへ入ると

他にもたくさんの宗派のお寺さんがたくさんあります

少し小腹が空いてきたので、地元のふれあい喫茶へ

オムピラフ(スープ付きで450円)を食べながら一時間ほどゆっくりさせてもらいました。

この喫茶店は地元のボランティアで成り立っているそうです

隣は

奥銀谷幼稚園だそうですが、大きな幼稚園ですねえ(たぶん 小学校もですよね)

生野の町は、東京へ行った娘婿のお父様が、以前2年ほど住まれて仕事をされていた地と先週に伺ったばかりなので、今までの生野とは違った思いでゆっくりゆっくりと流して来ましたよ

さて、小腹も満たされたので、山の奥へ進むと

大きな銀山湖の周囲のクネクネ道を走ることになるのですが、最初はおとなしく走っていても直ぐに血が騒ぎだし、自然にアクセル開度が開いていましたね

湖から奥へ青垣方面へ下って行く道も狭路で脇には小さな小川(透明度抜群)がありますが、暑くなった時期の山の中はとても気持ちがいいもんですね

半日130kmほどのまったりソロツーでした

(明日から暫くまた梅雨空  次はいつ走れるのかな)

 

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

工場夜景 with my Bike

2016-06-03 | 日記

今週月曜の昼間に、自宅より40分ほど西の姫路市広畑網干地区へ、バイクを入れた工場夜景のポイントを探しに出かけた。

網干なぎさ公園は有名なポイントだが、バイクを入れての撮影には少々難ありとみて、東側へぶらぶらとして見つけたポイントがこれ

どこかの化学工場の設備をバックに撮れそうな雰囲気

この写真は、以前私のFB友達の映像クリエーターさん(と言っていいのかな)のFBで拝見したポイントに、偶然出くわした場所です。

昼間場所を見つけられてので、夜景を楽しみにして帰宅

さて、今週は日本全国乾燥した空気が北から下りてきたとかで、疑似冬のような良い気象条件かと思い、昨晩仕事から帰宅し、22時半頃からせっせと写真撮影をしてきました。

WBオートで絞り優先でISO感度をいろいろ変えながらRAWで撮影したもの

これを色温度を変えて青っぽく

右のガードレールに反射した前照灯の光をカットするために画像をトリミング

何枚か撮影した後場所を変えて

昼間は

昨晩

色温度と少し画像を明るくして

夜中近く誰もいないところで、化学工場の排煙に臭いに閉口しながら、何とか撮影してきましたよ。

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

工場夜景に初挑戦

2016-05-29 | 日記

昨晩勤め先から帰宅し、簡単な夜食を済ませて自宅から30分ほどの海岸の工場群へ、工場夜景に初挑戦してきました。

本当は、バイクを入れた工場夜景を撮影したいのですが、まずはバイクも一緒に写せるのかも分からなかったので、今回は工場だけの撮影です。

撮影場所は加古川市の別府川河口の海洋文化センターにて

東の多木化学

西の関西熱学工業側を向いて

マニュアルで何枚か撮影して深夜前に帰宅しましたが、結構難しいなあ

この河口では、何かが釣れるのだろう、結構な釣り人さんもいたので、この場所でバイクと一緒にはどうも場所的にも無理がありそうでした。

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

ちょっと真庭方面へツーリング(おまけ付き)

2016-05-21 | 日記

週末は快晴の予報にて、今日は家内を久しぶりにタンデムツー

行先は、家内がピザを食べたいとの願望にて一昨日からネット検索し、自宅から150kmほど離れてはいるのですが真庭市内の「イル・ターボロ」さんとしました。

出発の準備をしていると、孫娘から「ジイジ 一緒に行きた~い」と言われて「ハイの いいよ」の一つ返事

かわいいもんねえ

と言うわけで

バイクには家内とタンデム 車には娘と孫たちで まったりまったりツーリング+ドライブ

孫に撮ってもらいました

じゃーん HUB倶楽部のロンTに上に半袖Tの二枚重ね着をジャケットの下に

ここから暫く走り高速で急いで11時に到着

イル・ターボロさんです

今日は A B C のみっつのランチをいただきましたよ

サラダのレタスを おかわり♬

このピザがとても美味で、この子はたくさん食べましたよ

サラダ&ドリンク付きで1050円 コスパばっちりでした

さて、お腹いっぱいになった後は

時々前を通り過ぎては気になっていた史跡

旧遷喬尋常小学校です

明治40年開校で、今までほとんど手を加えられていない貴重な学校で、なんと今年で109年らしい。

映画 「ALWAYS 三丁目の夕日」のロケや ホタルの墓のモデル校にもなったそう

平成二年に入って新校舎が建築され生徒はそちらへ移ったそうですが 中へ入ってみましょう

廊下も昔のままだそうです 

螺旋階段の踏板は 松の木一枚板だそう 凄いねえ 109年目ですよ

教室の机 

昭和育ちの私には まあ懐かしいです

窓ガラスのガラス板もひずんでいて、古い時代に作られたまんまです

初めて教室なるものへ入った孫たちは大はしゃぎ

先生になったつもりらしいですよ ^^

まあま お兄ちゃんの真似をして

そして二階の大きく見事な講堂でも

走り回ったり、寝転んでみたり

この小学校内では、当時の学校給食も予約でいただけるそうで、教室内では

参加した皆さん 一斉に いただきま~す

保存が大変なのでしょうけど、一見の価値ありですよ 

小一時間 大はしゃぎした後のコースで選んだ次の目的地は、岡山県から鳥取県へ少し入った智頭町の 

タルマーリーさんへhttp://talmary.com/wp/

以前は勝山市内で店舗を構えていたのだそうですが、ここ智頭町のなぎ駅ちかくのなぎ幼稚園跡に越して来られたようです

まったりくつろいいでますね

イートインカフェは、子供連れの部屋と大人用だけの部屋と分かれていたのも良かったです

自然放牧の牛から搾乳された牛乳

これが とても美味しかった

次、また同じ店をコースに入れたタンデムだけのツーリングで また訪れてみたいお店二つでした

今日の走行は 340kmでした

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

快晴の西舞鶴とんかつツーリング

2016-05-18 | 日記

先日 日曜日

リヤタイヤの摩耗限界が近づいて来ていたので、最後に使い切ろうと日本海方面へのツーリングを企て、いつものお仲間さんに声を掛け、急な誘いにも拘らず一緒に遊んでくれました。

他にもお声を掛けてみたのですが、如何せん私は天気予報の確立が上がったことを確認してのお誘いなので、急になることが多いんだよねえ

行先はと・・・数年前に西舞鶴のとんかつ屋さん「橋政」に行ったことを思い出し、距離的にも良い感じなのでとんかつと温泉を組み合わせたツーリングです

 

店の前には3台ほどの車の駐車スペースしかなく、裏手のアパートの前に停めさせてもらいました

ここのお店は11時半開店ですが、私たちが到着したのは20分前

既に数人のお客様が待ってられましたよ

この方々もお客様なのですが、何をしてるのかと言いますと

商店街を横切る あまりキレイとは言えない小さな川に大きな大きな鯉がたくさん泳いでいました。

その鯉達に餌 と言ってもパン切れのようでしたが、ぱらぱらと

そりゃあ 太ってしまいますよね

開店と同時に私たちは店内へ入り、待っていたお客さまも入ると、12席しかないカウンターは直ぐに満席に

注文を始めている時も、店内の待ち席が埋まってしまいましたよ

今回注文していただいたにがコレ

ミックス定食なるもの

豚フィレ エビ たまねぎ のカツのミックスなんですね

これに、トン汁とご飯が付いて1050円なので、ボリューム満点の割りに安いです

お味は・・・ふーむ 私的には可もなく非もなくと言ったところでしょうか

席待ちのお客さまを思って、早々に食べて出ました。

この後は、県道45 国道178 県道53 となるべく国道を走らずに裏手の県道を選んで網野方面へ走りましたが、これが超気持ちよかったです

こんな時に、ツーリングマップルの記載情報は助かりますね

温泉は、久美浜の湯元館・・・滝があるとのことでしたが、上から垂らしているだけで滝とは言えなかったなあ

温泉も源泉掛け流しと期待してはいたのですが、なんだかなあてな感じでした

外気温30℃近くと暑くて、それに温泉で温まってしまったので近くの道の駅で

美味しかったですなあ(札幌の友人の言葉では ベロウマって言いますね)

この後も、裏の県道ばかり選んでスパっと南下して無事終了

いやあ 320km 気持ち良かったねえ で終わりました

リヤタイヤも使い切りました

コメント
この記事をはてなブックマークに追加