質直庵風信

しちぢきあんふうしん
〔浅き夢見し日々を詠はん 友部丹人〕 

雲巌寺

2009年11月30日 22時30分00秒 | 
山門ゆもみぢを見つむをのこ連れし小犬可愛や吾を見つめをり 丹人

さんもんゆ もみぢをみつむ をのこつれし こいぬかわいや あをみつめをり






十一月も押し詰まるに
紅葉もすでにしまひの時期かとおもへど
二年ぶりに雲巌寺をたづねたり

一昨年十一月十八日の雲巌寺はまさに紅葉の見頃なりき

今年十一月二十九日の昼過ぎの雲巌寺は
予想に違はず紅葉はしまひの時期となりてをれり

参詣の人も十人ほどにて
はらはらと散るもみぢの音もさびしく響く伽藍なりき

山内を巡りての帰途
山門をくぐらふとすれば
子犬連れしをのこの
陽を浴びて輝くもみぢ葉に見とれてをれり

四角なる山門の通路より見へしもみぢの色の
いとうつくしくあれば
携帯カメラに収めんとするに
子犬の振り向きて吾に正対するも
いと可愛くて
おもはず
パチリと一枚撮影したれり






*画像: 2009.11.29 13:10 雲巌寺(下野国黒羽)にて



しちぢきしょぼう出版案内


乞一打!日本武露愚村書の辻へ 乞一打!人気武露愚蘭金虞へ 乞一打!日記武露愚蘭金虞へ



 乞一覧!「友部丹人の世界」へ 乞一覧!随想「丹声文語」へ 質直看脚下庵主
ジャンル:
ウェブログ
コメント (5)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 高砂百合 | トップ | 初氷 »
最近の画像もっと見る

5 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (まー君)
2009-12-01 22:19:09
いよいよ師走となりました。北東北は次第に色が少なくなってきました。詩的感性があれば、その思いを綴ることができるのに、まったくありませんので、「いと悲し」。
山門の向こうには冬が待っているのでしょうか。
「フォト575」 (山桜)
2009-12-11 13:53:28
殿、長のご無沙汰で失礼致しまして申し訳ありません。

近頃世の中でも、
俳句の話題が色々と盛り上がって来ておりますが、
殿はNHK-BSの「フォト575」をご存知でしょうか?
 
正に殿が続けていらっしゃるこの「旅日記」と
同じ世界…
振り向いたワンコ、笑っていませんでした^^

拙ブログでその番組と共にこちらのブログの紹介もさせて
戴きましたので、宜しくお願い致します♪
お世話になりました。 (雪だるま)
2009-12-11 20:42:10
先日、我が子はあなた様を、「元気をくれる人」と表現いたしました。不安だらけの子育てですが、心が軽くなりました。
イランカラプテ(こんにちは、はじめまして) (美幌白雲)
2009-12-12 12:30:55

江戸山桜姫のフォト575から寄り道・道草しました。これからも愉しみです、どうぞよろしく! こちらは、イランカラプテ川柳です。
かへし (あかひと)
2009-12-20 08:32:53
まー君どの

言葉なくも写真がすべて語りたればまー君写真=(イコール)詩なり 丹人

自然を見つむまー君の感性に
脱帽のあかひとなり

PCデスクトップ画像は
いつも
まー君画像なるあかひなり

頓首


山桜姫

世間知らぬ吾にありぬれば桜子の案内ありてフォト575 丹人

姫の記事にて御紹介をいただくは
無上の幸ひなり
ここに深甚なる感謝の意を
表する次第に御座候

頓首


雪だるま殿

やや疲れ心乾ける冬の日に汝がコメントに元気いただく 丹人

われもまた不安だらけの人生ぞともに足取りかろくワンツー 丹人

うれしき御言葉に
感謝感謝の
あかひとなり

頓首


美幌白雲殿

やふこそのおひでなりけり美幌なる空に向かひてイランカラプテ! 丹人

ふと笑みのこぼるる吾なり響きよき言葉なりけりイランカラプテ 丹人

頓首

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
現代発句合「フォト575」 (天地(あめつち)に遊ぶ)
「婆の背に 負われた孫は 十一人」 なべちゃんさん (島根県) 「フォト575」11/30放送 *携帯フォト 江戸時代の「発句合(ほっくあわせ)」の選者として小林一茶の名が彫られた版木がみつかったり、スペシャルドラマ「坂の...