蘊蓄cafe
-日々発見、身の回りの話題 【うんちくカフェ】-
 



花畑にノームはつきもの。地の精。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




旭川市の東旭川の隣の桜岡にある上野ファーム。季節の草花が咲き乱れる。7~8月が一番いい季節か。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




丘を行く2人。ふと見上げると、目前にこの風景が! オオ!!
カメラを持っていないので、スマホを取り出す。
空を切るか、道を切るか、考える余裕もない。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


  


夏の空に刷毛で描いたような雲



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




選挙の前に行われる報道。○○候補が断トツトップ、△△候補が追いかけ、××候補は出遅れる・・・とか、そんな報道が投票率を下げているのでは? マスコミは、投票率がどうのこうのと報道するが、自身が大きな原因の一つになっている。そしてそれを知っていながら触れない。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




近所のスーパーのパン屋さんで、うなぎパンですと。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




今日のお昼、初めての中華料理屋さんで、スタミナつけ麺定食を頼んだところ、まず上が来て・・・つけ麺でなくてラーメンに、ご飯に、シュウマイ? ・・・と思ったところへ、下の麺が来て、ラーメンの替え玉??

で、ラーメンとおぼしきものを食べ始めると・・・麺がない・・って(^^; ラーメンどんぶりいっぱいの野菜に、麺をつけるヘルシー??なつけ麺だった。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 
 


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




近所のぬこは、レジ袋に食べ物が入っていることを知っている。レジ袋を見ると、じゃお部屋に行きましょうと、勝手にスタスタあるき出す。ブッチは、その前に遊んでほしいらしく、ごろっと転がって行くてを遮る。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




ホテルでの朝食の時、近くのテーブルのおじちゃんが「牛乳をとってこないと」と言っていた。
また、実家に帰ると、朝、パンを食べる時、母親は当然のごとく、冷蔵庫から牛乳を出してくる。

年配の人は、パン=牛乳なのだな。大昔は、オレンジジュースもコーヒー、紅茶もなかったからだろうな。でも、そういう決めつけというか、新しいことをやろうとしない(考えもしない)、ずっと同じことばかり・・・というのは好きでない。

職場でも、職場旅行など廃れた習慣もあるが、そんなことまだやるのかよ、ということを新人が習おうとしているのは、いささか滑稽ではある。
「昔のまま」は、何の思考も労力も必要ない。安易に踏襲するのではなくて、自分で考えて変えていく必要がある・・・変えていってほしいんだな。

 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




粕漬け、はんぺんを試してみよう。
ぐいぐい押して完全に沈める。

1日漬けて、軽く拭って、トースターで焦げ目を付ける。美味しいはず。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




土日の暑さへのささやかな対策(^^;



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


品川  


品川がこんな感じになっているなんて。
駅の近くは、幕張みたいな大きいつくり。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 囲碁ソフト天頂の囲碁6(ZEN)にしろ、iPhone の Seri にしろ、これまでの製品とはレベルが違う。改良されて良くなったというより、別の次元の製品になったという感じがする。

 これらには、いずれも「ディープラーニング」という手法が用いられている。昔、用語としてよく使われた「人工知能」に関する技術である。人工知能は、コンピュータ上に人間の知能を実現することを目標としている。

 スーパーコンピュータ京では、天気予報や地球環境のシミュレーションなどで、人間の能力をはるかに超えているし、普通のパソコンと同レベルの処理内容であっても既にかなり前から人間はかなわない。しかし、これには知能に関する技術ではなく、単に人間が考えた数式を早く演算する計算機である。だから、いくら速くなったとしても、人間を超えたと騒がれることもない。

 大昔、パソコンソフトでも「人工無脳くるみちゃん」という、半分ジョークもどきのソフトがあった。大昔の人工知能、エキスパートシステムは、これと同じで、if ~ then 構文を蓄積することで実現しようとしたが失敗した。全てを if ~ then で記述できる訳がないのだ。

 今の人工知能は、ハードウェア・ソフトウェアで、脳の構造・機能を実現しようとしている。ディープラーニングもその過渡期にある技術で、ニューラルネットワーク(脳機能に見られるいくつかの特性を計算機上のシミュレーションによって表現することを目指した数学モデル)を多層構造にした機械学習手法だ。
 この手法とビッグデータを組み合わせることで、自動学習させることができる。驚くべきことに「Googleが開発したグーグル・ブレインは、猫の概念を学習することに成功した」という。これは犬、これは猫と教えた訳ではない。それらをごちゃまぜにして読み込ませたら、猫について他のものと異なる概念が存在することを見つけたのだ。あとは、人間が一度だけ「それは猫と言うんだよ」と教えてやればいいことになる。

 まさに、ここが脅威に感じる人が多いところだ。
 人間が命じて、解決策を見つけさせたりするだけではない。究極の人工知能は、命じられなくても、自分で学習していく。自分自身のプログラムを自分で書き直して改良したりもするだろう。もはや人間には、人工知能が何をやっているのかリアルタイムで把握することは不可能になるだろう。
 研究開発は、人間ではなく、人工知能が行う。癌など多くの病気は撲滅されるだろうが、それを実現するのは人工知能だろう。

 そういった世界が、私が生きているうちに(^^;訪れると思っている。
 また、人間そのものが物理的な存在であり、いまの技術だけでは困難だが、究極的には、人工知能は、感情をもつ人間と同じ存在になるだろう。そして人間と同じように、悪いことを考える人工知能もでてくるだろうと。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




ぬこには暑い季節になるな。
ブッチがバタッと音をたてて目の前で横になった。(^^;



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« 前ページ