蘊蓄cafe
−日々発見、身の回りの話題 【うんちくカフェ】−
 



試してガッテンでやっていた「マイかす床」を作ってみた。
市販の酒粕100gに対し、焼酎を50ml加え、電子レンジで40秒加熱(または40〜50度に加熱)してかき混ぜ、数日放置してなじませる。
マシュマロとかチーズ、乾物をつけるのがおいしいという。水分が出るような野菜はそのままつけることはできない。
冷蔵庫ではなくて、常温で置いておくのがポイント。焼酎を入れてあるのでいたまないという



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




お地蔵さん。高さ2.8〜4.2cm。

地蔵(じぞう)とは、古代インドのクシティ・ガルバの意味を日本の漢字で表したものという。
地(ち)の蔵(くら)とは、うまくあてたものだと。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




羽田空港の手荷物検査で「傘のそばに、金属の塊のようなものがあるのですけれど・・・」 (^^;

それは、小銭入れなんだな。(^^)
かなり枚数があったので、10円玉、100円玉、50円玉、5円玉を綺麗に並べて円筒形のような塊になっていた訳。

 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


発掘  


飲んでなくなったと思っていたコアップガラナを発見。得した気分。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




美瑛のアンテナショップにて。

小判もち(これは、かぼちゃ味)ぴろーん。(^^)


アスパラが半分入っている野菜ジュースは・・・これは売れないだろうと(^^;

「美瑛の黒豆」は炒ってあるのでこのままでも、米に混ぜてご飯を炊いてもOK。


北海道ポッピーコーンチョコ」は、味はいいものの高すぎ。箱は、とうもろこし1本入るだけの大きさで、1本の写真も描かれている。ところが中身はというと、大きな袋に少々のコーンが入っているものが4袋入っているだけ。これが何と810円!暴利だろう。200円でも高いくらい。札幌グランドホテルの名前で売られている。いなかのホテルがそんなに価値があるのかな。世間知らずの田舎者が企画したとしか思えない(因みに、私自身、道産子である)。道産子としてこのような詐欺まがいのモノを見ると恥ずかしくなる。

「丘のくら かりんとう」は、黒糖味と蜂蜜味がある。旭川で美瑛の小麦で作られている。蜂蜜味は味が大人しくモノたりない。美瑛の小麦を宣伝したいのか、美瑛のお菓子、美瑛の街を宣伝したいのか・・・どこにでもある かりんとうを美瑛の小麦で作りましたといってもだめだろう。所詮どこにでもあるかりんとうにしか過ぎない。「美瑛でなければ、美瑛だから」というモノを作らないとだめだろう。

全体的にコンセプトが残念。素人だけで企画・開発してもだめだろう(コンサルが入って、のモノだったら無能なコンサルだ)。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


霧花  


霧花」=「きばな」と読む。
旭川第七師団に配属され、歌人でもあった齋藤 瀏氏が旭川のダイヤモンドダストを「霧花」と詠んだという。

旭川のお菓子やさん壺屋がつくっている「き花」の名前はこれからとられた。
ダイヤモンドダストをオメージしたお菓子だな。納得。
「き花」は札幌のお菓子の「白い恋人」より美味しい。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




今日の朝、道を横断しようと飛び出した途端、車の陰、左からボックスカー!さしていた傘骨にコンコンと当たりながら鼻先を猛スピートで走り去っていった。

間一髪、右足で踏み止まったからよかったものの、はねられるところだった。

もっとも信号は赤。
右から車が来ていたが、左手前すぐを車がのろのろと走っていたので、右の車は近くで止まるだろうと。
左からの車は10m先でつっかえているようなので、左からも来ないだろうと。
で、いつもの3mほどの道を渡ってしまおうと駆け出した途端、止まっていた左手前の車の陰から、車。

さしていた傘の半径は55cmで(ここらをメジャーで測ったりするのはいかにも理系っぽい)急ぐ歩幅と同じだ。ただ、この時は駆け出していた。
たった一歩の差。はねられてもおかしくない状況だった。

あっ!と気がついた途端に、危ないと思う間もなく車が走り去る。事故が起きるのはこんな感じでだろうと思った(あっ!と思った途端に意識がないとか・・・)。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




『子曰、知之者不如好之者、好之者不如楽之者』
(子曰く、これを知る者はこれを好む者に如かず。これを好む者はこれを楽しむ者に如かず)。 (^^)



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




六花亭のお菓子で「焙煎したコーヒー豆をチョコレートで包みました。ホロ苦く、カリッとした歯ごたえです。」というコーヒービーンズ



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




久しぶりにダルカレー(豆カレー)を作りたくなって、ぐつぐつ。
豆は、ひよこ豆と緑豆の混合で、緑豆は溶け、ひよこ豆の形が残る。
なかなかいい感じ! 塩が切れていたのに気がついて、明日、塩で味付けして夕食にしようと。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




最近、テレビで良く見かけるトランプ氏。

トランプというと「ババ抜き」をするカードを思い浮かべてしまう。綴も同じ「TRUMP」だ。名前が遊び道具のトランプでは何か変?

ただ、トランプと呼ぶのは日本だけで、主な外国では「playing cards」と呼ぶ。そして「trump」とは、「トランプの中の切り札、奥の手、頼りになる人・立派な人」の意味という。

なるほどと。

 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




道産子には懐かしいカツゲン。未だに売られている。

もともとは、「昭和初期に帝国陸軍が雪印メグミルクの前身の団体に開発を依頼し、昭和13年から上海で製造開始されたもの」という。
漢字で書くと「活源(かつげん)」。今は北海道限定で販売されている。

昭和54年「ソフトカツゲン」として、味をソフトにしたものが発売されたとのことで、子供の頃飲んだのは濃い時代のものだったはず。首が細いガラス瓶詰めだった。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




コンピュータ囲碁ソフトの新バージョンの案内が来た。
7段とか・・・



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


  


「ユキ」は、大気中の水蒸気が凍ってできた氷の結晶だけれど、
こうして見る雪は、「ゆき」であって「ユキ」ではないんだな。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




温泉で・・・河童(かっぱ)の正体は、禿げたおじいちゃんだと思ふ。現にお湯に浸かっているかっぱを見た。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« 前ページ