明るいときに見えないものが暗闇では見える。

映画を消費モノにさせないための咀嚼用ブログ。自己満足風。
それと苦手な文章の練習用。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

【ガタカ (1997)】 弱者

2010年09月16日 | 映画



■ 『ガタカ』予告編 (Youtube)


【ネタバレあり】


ガタカとは物語に登場し宇宙開発事業を行っているガタカ航空宇宙局のこと。同時にそのスペルである「GATTACA」はDNAの基本塩基であるGuanine(グアニン)、Adenine(アデニン)、Thymine(チミン)、Cytosine(シトシン)の頭文字の組み合わせでできている。この G/A/T/C の文字は映画のオープニングクレジットなどでも強調され、この作品の主題である「遺伝子」を連想させる。

出産前の遺伝子選別により優れた知力体力外見を持って生まれる「適正者」と、自然出産による「不適正者」に社会差別のある未来。出自を偽りながら宇宙飛行士を目指す主人公の姿から「人生は生まれ持った資質よりもその意志により道が開かれる」というある意味「努力根性モノ」的な感動作と言いたいところだが、本作はもっと深く淀んだ人の内面を映しだす。ハッピーエンドに見えながらもボクには単純にそのようには見えず、幸せとは何かということを強く考えさせられた。



にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
↑よろしければこのへんでポチ押しのご協力いただければ大変ウレシク m(_ _)m




宇宙船に乗り込む感動的なラストに切ないほど涙が流れる。しかし結局彼はこの社会構造を"精神的に"受け入れて生きている以上、今後も社会的劣等感からは逃れられない。また出自を隠して生き続けることも変わらないのだろう。残念ながらこの勝利と達成は一時的なものでしかないかもしれない。



社会に対する被害者意識を持つことは、自身を「弱者であること」に居座らせることにほかならない。彼の狂おしいほどの努力は積み重ねれば積み重ねるほど自らがまさにその弱者であることをより浮かび上がらせる。そして本来純真であったはずの宇宙飛行士への想いは、反社会への復讐心や自身のその弱者への執着に変わっていく。しかしそうするしかボクには出来ないのだと焼却炉の中で体の毛を剃り続けるさまに、ああその方法では幸せにはなれないのだよ、と見ていて何度も身悶えてしまう。イーサン・ホークの病的なまでの熱演がいとおしい。


宇宙へ飛び立った時の複雑な表情からは単純な達成感や開放感よりも違ったものが見え隠れする。それは自らの闘いから足を洗うことができるという安堵か、目標を達成しても報われない思いへの気づきだろうか。それでもこの作品が単純に美しいと感じることができるのは彼の狂おしい程に一途な思いとそれを支える友情や愛情が作品全体から感じられたからだろう。


彼の行く末はどうなったのだろう。宇宙で死んじゃうのかな?清掃業者に戻って微笑むワンカットが最後にあると個人的には救われる。


非常にクールなSFでレトロな感じが雰囲気良し。サスペンスタッチなところも作品によく合っていると思う。ユマ・サーマンはあまり好みじゃないのだけど本作へのキャスティングは絶品。このあとイーサン・ホークと結婚したんだっけか?にしてもイーサン・ホークはいいなぁ、スゴくいい。あらためてアレコレ未見の作品をアサッてみよう。


噂に違わぬ傑作でした。


ところで最も驚いたのはアーネスト・ボーグナインの出演。おぃおぃこの映画そんな古かったっけと思ったのだけど本作出演時で80才、今年で御年93才とのこと。そして未だ現役でご活躍だそうです。ボクの体の一部は『ワイルドパンチ』や『ポセイドン・アドベンチャー』そして『エアウルフ』で出来ています。m(_ _)m オセワニナリマシタ。



評価:★★★★★



にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ ←この記事が面白かったらポチ押ししてやってください m(_ _)m
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【東のエデン 劇場版 I・II ... | トップ | 【マイマイ新子と千年の魔法 ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

関連するみんなの記事

2 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ガタカ (Yuhiの読書日記+α)
以前から気になっていたこの映画、やっと見ることができました{/star/} イーサン・ホークが主演だということは知っていたけど、他のキャストも、ジュード・ロウ、ユア・サーマン、アラン・アーキンなど豪華です{/hearts_red/} <あらすじ> 受精卵の内に劣性遺伝子を排除...
ガタカ (食はすべての源なり。)
ガタカ ★★★★★(★満点!) 1番好きな映画(これまたイーサン・ホーク主演)「ガタカ」が、NASAが選んだ“現実的な”SF映画の1位に選ばれました!! すばらしいし、嬉しいです ガタカは分類はSFだけど、人間ドラマあり、舞台の近未来がかなり現実味を帯びて...