日本に『民主主義』を起業する

日本や世界における『民主主義』の起業、政策インフラやシンクタンクの構築等についての動きを伝えます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

書籍『一新力』

2006-03-05 19:41:40 | 百家争鳴
 主体的市民の育成をめざす政策学校「一新塾」は昨年で設立十年を迎えました。その塾のこれまでを総括した書籍『一新力』(文屋刊)が出版されました。その本を読んで、一新塾に塾生になるもよし、そこから自分で主体的市民になる糸口を探すもよし。これまでの一新塾に参加されたあるいは関わられた方々の思いと、エナジー、そしてパッションを感じてみてください。私の小文も掲載されています。その小文の原文は、本ブログで一新塾と松下政経塾を対比して書いた小文です。因みに、論座の最新号(4月号)は、「松下政経塾の全貌」という特集をやっています。その二つを是非読み比べてみてください。
『本』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 一新塾政策提言中間発表会 | トップ | セッション「政党シンクタン... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL