休。

休止中。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

復活するのは俺じゃない。

2010-03-18 19:56:30 | Weblog
【祝】パワー・オブ・ドリームズ再結成!!!【祝】

いやーめでたい。偶然知りました。こんな嬉しい事は近年なかったです。
新作はまだだけど、本国では再結成ツアーも無事済ませたようだし、めでたくてめでたくて。
というわけで昔何度も貼ったかもだけど、久々に動画いっちょ置いていきますね。

さ、これで日本にも来てくれるといいなあ。今度こそは売れますように></

俺ですか?
俺は10月から3月まで大阪府内の職業訓練校に通っていました。
てか明日卒業です。
ブログの復活は・・・正直わかりまへん(’’;
でも、続けないなら続けないで、近日中にキッチリけじめつけようと思います。
ではではまたーノシ
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

俺と閣下の。

2009-05-27 01:58:12 | Weblog
当時、初めてのオンラインゲームでわけもわからず、何となくソロで遊んでいた忍者にも飽きて、ただネットで仕入れた知識だけで作ってみた、当時としては珍しい軍楽侍で日々尾張のネズミや蛇を(相変わらずソロで)狩る毎日を過ごしておりました。昔々、何となくタダでもらってタダで始めた『信長の野望online βテスト』でのお話でございます。

知人は一人もおらず、というかキーボードすら持っていなくて、徒党どころかユーザー同士の取引すらまともにしたことのない俺は、そのときさすがに飽きが来ていました。リアルの生活でもそうだけど、単に一人でゲームやってるのと、たくさん人がいるオンラインゲームの中で孤独、というのはわけが違いますからね。

ある日俺があいも変わらず作業のように一人で城周りの小動物を虐げていたとき、あるイケメンの神主さんから対話をいただきました。

「一緒に狩りしませんか?」
当時、リアルではともかくネットでは失語症のような状態になっていた俺は、コントローラーでのそのそと、
「はい、いいですよ」
くらいのかなり無愛想な返事を返すのが精一杯でした。
そんな不気味なハゲ侍(は製品版で僧になったけど)の返事を受けて

『やった♪』

と明るく返事をしてくれた彼は、当時二十代くらいの男の子ならほとんどが知っているくらい著名な、某アニメに登場する架空の独裁者の名前を冠しておりました。
俺と閣下(という渾名だったのです)は、ダラダラ小盗人(蛇よりちょっと強い)なんかを倒すだけの狩り仲間でしたが、何だかすごく波長が合いました。俺はもうやめようと思った信onに、閣下と遊ぶためだけにログインするようになっていました。閣下は面倒見がよくて、俺以外にもたくさん知り合いがいました。俺は本来、『友達の友達』という間柄がすごく苦手なのですが、閣下の友達とは、慣れないコントローラ入力で少しでも会話を繋ごうと努力しました。この時くらいに、こちらのブログでもお馴染みの祐様にお会いしたんでしたよね。その縁が今こんな形でも繋がっているのだから、人の出会いというのは、ほんと、わかんないもんです。

閣下は、俺の戦い方を好きだと言ってくれました。習得徒党(懐)に戦い方もないだろ、と思うんだけど、でも当時の俺は、確かに製品版よりも頭を使って遊んでたような記憶はあります。特に侍は工夫次第で結構いろいろな立ち回りが出来ますからね。

あ、今何となく思ったけど、ものすごい強敵だと職業の役割がガチガチに決められてて、案外個性って出辛いのかもですね、俺はそんな凄い敵とはほとんどやったことないけど(’’

βテストの最終日、俺は閣下を探しました。というか、知人覧の名前をチェックしてただけだったんだけど。閣下は来ませんでした。サーバが強制終了する瞬間まで待ったのですけど、来なかった。

製品版で祐様にお会いした時に聞きました。最終日の少し前の日、閣下は祐様に、
「ちょっと不快な思いをした、製品版を買うかどうかはわからない」
と言い残してログアウトなさったそうです。

原因は、閣下本人は語っていないと聞きました。
何があったかはわからないけど、俺が原因かもしれない、とは思いました。

考えられる原因1.
当時の俺は、会話でも普通の会話と徒党会話、直接対話などといった、せりふの色の区別すらついていない、いわば「内緒話の出来ない男」であり、非常な危険人物である。

原因2.
単純に俺が暴言を吐いた。

全くその頃の記憶はないんだけど、考えられるとしたらその辺ですか。もちろん、ほかの第三者と何かあった、という可能性も十分にあるのですけど。

閣下がいなかったら、俺は信onの製品版は(わざわざキーボードを買って)プレイしていなかったと思います。俺にオンラインゲームの面白さを教えてくれた、いわば恩人であり、敵発見マクロから徒党でのマナーまで色々と教えてくれた師匠でもあり、ゲーム中での、俺の一番の親友でした。

俺が製品版を引退するまで、とうとう閣下にお会いすることはありませんでした。
もちろん俺も、βで知り合ったお友達の方々や、新しく製品版で出来た仲間のみんなと、たくさん迷惑をかけながらも愉しい時間を過ごす事が出来たのですけど、それでも閣下のことを思い出しては、何と言うか、良い具合に美化された記憶が眩しくて眼を細めてしまう、といったこともあります。元気で、他のゲームでも(あるいは他のサーバでも)仲間たちと愉しくやっていてくれるなら、それでいいかな、とも思うのですが、今、俺自身がもう引退した身でありながら、出来たらもう一度会って、何があったのか聞いてみたい気がします。そしてもし俺が原因だったとしたら、しっかり謝って、さっさと許してもらおうと思います。

人の度量に甘えるのは苦手な俺なのですけど、そこは、俺と閣下の仲ですから。


PS.というわけで、今回の更新を以って、当ブログ『たべにのいたずら書き』は更新を終了いたします。皆様(と言う程の人数じゃないけど、でも俺にしたらすごい大人数!)こんな拙いブログを、温かく見守ってやって下さって本当にありがとうございました。そしてそして、最初は何と毎日更新!していたこのブログが、最後の方では大失速してしまい、全くお恥ずかしい話でございます。

ブログを辞める理由は、
①転職転職で人生が嫌になって東尋坊に向かうからとか、
②将来のネオニート目指してシンガポールに移住するからとか、
③ブログ内で偉そうに講釈垂れてたくせに、何となく受けてみたIQテストの結果が米国前大統領並の90代前半だった事にショックを受けたからとか、
④某宗教がらみの政治団体(新しい方)にはまって布教・・・もとい、宣伝活動に忙しいからとか、

そんな理由では一切なく!(①~④の中に事実が一つだけあります、どれでしょう。正解の商品は無しです)

単純にやる気と時間が減ったから、です。
言い訳のしようもない。申し訳ないことです。

でもまあ、ブログをやる事自体については良い思い出のほうがずっと多かったので、また機会と時間があればどっか別でやろうかなー、とは思っています。

ではでは皆様、随分と長い間お世話になってしまいました。皆様が書き込んでくださったコメント、すごく嬉しかったです。ちゃんと読んでくれて、反応してくれてほんとにありがとう!そして最後の最後に散々待たせた挙句、超個人的なお話でごめんなさい!ではでは、またお会いする日があればその時はよろしくです、ほな。

この記事をはてなブックマークに追加

お金か、愛か。

2009-04-06 00:16:30 | Weblog
久方ぶりの更新にもかかわらず、またもうちょっとでブログ自体が終わるにもかかわらず、好き勝手ブチキレ調(なおかつ『許せない話』のパクリに近いかもしれない)で行きますよ。



「お金と愛、どっちが大事?」

みたいな質問って、たまーに受けませんか?まあ他愛の無い雑談の中で聞かれるので、俺も結構気軽に答えますよ、お金って。ええ、愛って答える事はまずないですけど。

すると、こっちがそんな軽いノリで答えたにもかかわらず、半分くらい本気のテンションで

「夢が無い」だの「意地汚い奴」はたまた「汚れた大人」なんて言われたりする・・・こともある。

こっちもいちいち日常で波風立てたくない大人ですから
「ああ、そうかもしんないねえ、あはは」
なんて適当に流しますけどね。

逆に「愛が大事」って答える方もやっぱり

「夢見過ぎ」「幼い」なんて心無い批判を、軽い冗談のような口調で受けてるんでしょうか。心中お察し申し上げます。

でも俺、実は長年この質問には強い疑問と憤りを感じているのです。
大体、質問が『愛かお金か』のどちらかだから、俺も設問の範囲内で答えてはいるのですけど、

そもそもね、俺の中で金と愛って五位争いくらいなんですよ。

それをね、こんな二つから一つ選んだところで、まるで俺と言う人間丸ごとわかりましたみたいなツラしやがって得々と批評しくさる、その薄笑いを浮かべた相手がすんごい腹立つわけです(大体そんな話振ってきたの、お前だろ)

多分こういう人って結構多いんじゃないかな、と思うんです。
今没頭してる趣味が一番って人もいれば、一人でひたすらダラダラしてる自由な時間だけは、どんな高給や可愛い彼女にも犯して欲しくない、いやいや学生時代に培った友情が何よりも大事だ(書いてて恥ずかしい)って人も、絶対たくさんいるはずなんです(家族とかみたいに、お金と愛の両方が不可欠なものもあるでしょう)
そして金と愛、当然、単品で見るとやっぱり貴重なもんです。
どちらかが一位の人も、もちろんかなりいらっしゃると思います。

でもこの二つが自分の中でワン・ツー・フィニッシュって、そんな奴、実はそうそうおらんで。

まるで昔良く聞かれた『馬場と猪木、どっちが強いか』論争に見られたような、
「この結論が出たらプロレス丸ごとわかります」と言わんばかりの、浅いくせに傲慢な匂い、それをプンプン感じます。気分悪い。

・・・けど、以上のことを踏まえて、いざお酒の席なんかでまたおんなじ質問されて、さあ待ってましたとばかりに、

「いや、僕はどちらでもないです」

なんて答えようもんなら、

「じゃあ何が一番大事なのさ!でもそれってお金(あるいは愛)がないと出来ないんじゃないの?ねえ、ねえ!?」

なんて食ってかかられたり、

「こんな席でまた小理屈こねだしたよ、空気読めない奴」

なんて感じで苦笑の静かな波に飲み込まれたりするんでしょうね(今日の記事は十分小理屈ですが)あーしんどい。

万が一、
「あ、俺この質問良くする」
なんて身に覚えのある方、

お前ら他人に対してこんな質問二度とするな!とはあえて言いません。
でも、貴方の愚問に対して
「ハイ、お金っす!」
なんて(まるで俺のように)満面の笑みで答えた人をどうか、どうか安易に軽蔑なさるのはやめてあげてください。本来軽くあしらわれるべきは・・・もう書かなくてもいいですね。

ちなみに俺の中で一番大事なものは・・・健康かな(爺)
うん、元気があればテポドン落ちても大丈夫。



PS.最近、パワー・オブ・ドリームズの曲が次々見つかってホクホクです。
俺の一番好きな"HAPPY GAME"もありました。

いやー懐かしい、このマ○ンガーZの機械獣みたいなアルバムジャケットも大好きだったなあ。クレイグの透明なのに篭った声も、もうたまらんです。
およそ十年ぶりくらいに聴いて、何となく小声でぼそぼそと歌ってみたら当時のように歌詞丸々覚えてましたよ。何というか、昔は真面目に音楽聴いてたような気がする、変な言い方だけど。

この記事をはてなブックマークに追加

私的革命放尿犯。

2009-03-13 22:20:57 | Weblog
いきなりですが皆様、『いきつけのお店』というのはありますか?食べ物屋でも服屋でも何でも良いんですけど。
俺の場合は食べ物屋が多いです。それも安いとこばっかり。貧乏ですからね。でも大阪だと安くてもそこそこ旨い店って結構あるんですよ。で、自然とそういう店に通う回数が増える。
ところがそれが落とし穴で、たまーに調子に乗って友達なんかに
「俺、良い店知ってるよ、飯食いに行こうよ」
なんて言ってしまうと、結構痛い目に遭う。
これはもう、そういう星の下に生まれたとしか言いようがないのだけど、たまたま他人を連れて行って、勝手にホスト気分になってるときに限って、ついさっきまでまるで自分がオーナーであるかのように誇らしげに薦めてた店が、

もう十年に一回クラスの大失敗をしでかしやがるんです。それもかなりの頻度で。

カツカレーのカツが、カレーと同じノリで油ん中で一晩寝かせたのかってくらい真っ黒焦げだったり、ラーメンのチャーシューが普段の半分くらいの大きさだったり・・・。

ものっすごい申し訳ない気持ちになります。俺、なーんにも悪くないんですけどね。
で、店を出た後必ず
「あれー、こんなはずじゃないねんけどなぁ」
なんて言い訳すると、俺の友達はみな大人ですから、いやあ、旨かったよ、店の雰囲気は良いよね、また今度連れてってよ、なんて慰めてくれる。ほんとに哀しい。

そういう店にはもう二度と行きません。八つ当たりですけどね。俺に恥かかせやがってぇ、などと暗い部屋の片隅で涙目で呟くのです。

話は変わって、俺が短大生の頃。

俺が通っていたキャンパス(厳密には違うんだけど、書くと長くなるので省略)へ駅から歩いて通う道の途中に、どーにも気になる店があった。その名も、

『ビートルズ喫茶・○○』(○○にはメンバーの名が入るのだ)

気にならないわけがない。ビートルズ喫茶である。今こそそうでもないが、当時洋楽一直線だった俺である。当然、その看板を見つけたその日のうちに店の前までは行ってみた(入るのはちょっとだけ怖かったので)

それは一見山小屋風、七十年代とかにあった(らしい)狭い階段を降りた地下一階とかにあったような小汚いロック喫茶の類とは違うようで、まあド田舎にはこれくらいの方が合っているのかな、と言う程度。少なくとも看板ほどには浮いてない印象だった。でまあ、通学するたびに気になっていたのだけど、ある日ついに意を決して入ってみた。

店内には木製のテーブルと椅子が二、三セット。カウンターの奥に洋酒のビンが一杯並べてあったので、夜はバーに変身するのかもしれない。ずんぐりむっくり、という表現がぴったりな店主、そしてBGMは当然と言うかビートルズ。

出来る限り平静を装って奥のテーブルに座り、メニューをゆっくり手に取る。
当然と言うか、大した料理は無い。コーラと、昼飯代わりのトーストを注文する。
三分ほどして注文の品が出てくる。当たり前のコーラとトースト。いや違う、氷とレモンだけが入ったグラスに、自販機で買える缶コーラが丸々一本出てきて、正直ちょっとだけ面食らった。
でもね、考えたらこれ、お得なんだよね。普通喫茶店で出てくるコーラって缶一本分にも満たない量で、しかもあんなもん店のさじ加減でどれだけ薄めてあるのかわかったもんじゃない。ある意味潔い態度と言えなくも無い。まあ、いざ目の前にコーラの缶置かれて三百円とか取られると、脳内でリアルな計算なんかしちゃって哀しくなるけど、それは俺の貧乏性が悪いって事で。

結構粘ったんじゃないかなあ。何だかんだで三十分くらい、一人でビートルズ聴きながらぼーっとしてたと思う。ビートルズに決して詳しいわけじゃないんだけど、知らない曲でも全然苦にならず、愉しい時間を過ごした。

で、それから少し経って友達(そいつは普段別のキャンパスに通っているのだ)と二人で同じ道を歩いていたとき、当然、件の『ビートルズ喫茶○○』の前を通った。教えたがりの俺は、当然、この店面白いよ、って言ってやろうとした。

その時、最初に書いた過去の嫌な経験が頭をよぎらなかったわけじゃないけど、でもね、

こういう店って、食い物の味を云々するところでもないじゃないですか。
料理は俺も知っての通り、大したもんじゃない。あのコーラの出し方からして、そっちはもうは開き直ってる風ですらある。ここはあくまで雰囲気を、ビートルズを愉しむ店なのだ。

だから俺は友達に
「食いもんは知れてるよ。それは期待しないでね」
と告げて、店に向かった。友達は俺よりロックに詳しく、当然ビートルズも大好き。二人で大好物のビートルズを思う存分愉しもうじゃない。密かにワクワクして店のドアを開けた。




『わかりはじめたまーいれぼりゅーしょーん・・・』




渡辺美里だ。
ビートルズ喫茶に渡辺美里が流れてる。なんでだ。

店主、ドアの音に気付いて、カウンターの椅子から慌てて奥に駆け込み、それからものの十秒ほどで『抱きしめたい』が流れ出した。

それから、俺とそいつはテーブルについて、よっぽど慌てたのだろう、微妙に呼吸が荒くなってる店主にコーラを頼み、缶コーラを飲み干して十分ほどで店を出た。その十分間、俺の脳内にはビートルズではなく、 

「恥かかせやがって、恥かかせやがって・・・」

この言葉がエンドレスで流れていた。店を出た後、友達が、
「良い雰囲気の店やったな、また来ような」
と優しく言ってくれた。そのすぐ後、
「・・・ちょーっと、びっくりしたけどな」
そう言って、耐え切れなくなって大爆笑しやがった。

その後、俺は『ビートルズ喫茶○○』には一度も行っていない。

PS.久々の更新です。愉しみにして下さった皆様(って自分で書くと照れるな・・・)大変お待たせいたしまして申し訳ありません。

申し訳ないついでに、本ブログ『たべにのいたずら書き』はあと二回の更新を持ちまして終了いたします。何で二回かって言うと、書きたい事が一応その程度はあるから、なんですけど。最後はご挨拶だけになっちゃうかもだから、実質後一回か。
何かこれ以上書くと今回で最後のお別れみたいな文章になっちゃうのでやめときます。というか、最近忙しくて、その後二回もいつになるかって感じなんですけど、どうか気長に待ってやって下さいませ。では。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

You、染まっちゃいなよ。

2009-02-05 18:23:39 | Weblog
日頃仲良くしてくださってるこちらのサイト様の影響であるのか、最近テレビでジャニーズ系の番組があると、雑にザッピングするでもなくぼへーっと眺めている俺が居るわけであります。普通にそこそこ面白いですしね。難しい事考えずに気軽に愉しむには丁度良い番組が多いです。もちろん上記サイト様イチオシの『某勝利六人組』さんの番組も、毎週心待ちにして予約で録画したり、までは行かないんですけど、まあまあ、たまたま見かけたらマンガ読むのを中断して見てる、って感じですわ。最近、残念ながらあんまり遭遇しないんですけどね。

最近だと深夜で『関ジ○ニ』さんとか『嵐』さんとか(うおっ、伏字にしようがねーんだぜ)結構見かけますねー。俺みたいなテキトーかつイイカゲンにテレビを見てる奴だと、ちゃんとご贔屓がある方より、かえって事務所の力の入れ方なんかを肌で感じる事が出来てるような気もするんですけど、どうでしょ、勘違いでしょうか?

まあ、あれです。SM○P以降と言うんですか、コンサートに男性のファンが駆けつける事も多くなってるみたいで(俺らが中学生の時なんかは考えられない事でしたけどね)景気の宜しい事ですなあ、と。いや、俺がハチマキ締めてペンライト持って日本中おっかけるぞー、ってわけじゃないですけどね、ハイ。

あ、『関ジ○ニ』と言えばこちらの横○君。
ttp://pics.livedoor.com/u/origina1smi1e/1314000
最初テレビで見てから、どっかで似た人見た事あるなー、ってずーっと頭の中にひっかかってて、ようやく思い出した。

マイク・エドワーズでした。

てか、ようやく気づいて改めて見比べたらそんなに似てない。どっちも色白で彫りの深いイケメンではあるけど。
でもマイクさんはいつ見てもすっごい性格悪そうだ(偏見)横○君はあんまりそんな匂いしない。良かった良かった(何がや)




今回、やたら伏字が多いなあ・・・何か知らんが、勝手に見えない敵に怯えてる感じがするわ、うん。

PS.『上記サイト様』の管理人様は、ジ○ニ系アーティストではなくて、あくまで『某勝利六人組』様のファン、だそうです。念のため。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

やな予感。

2009-01-31 21:26:13 | Weblog
単車にかけてる銀色のカバーが誰かに剥がされてました。
風でめくれたとかそんな次元じゃなくて、ぺろーんと。ミラーにやっと引っかかってるくらい豪快に。

誰か盗ったりいたずらしたりしようとしてるのかなあ、うーん。
とりあえずハンドルロックだけは絶対するようにしてるんだけど、U字ロックもちゃんとかけるようにしよっと。

この記事をはてなブックマークに追加

MLK.

2009-01-22 22:27:45 | Weblog
オバマ大統領誕生!

と無邪気に喜んでる風の俺は別に(米)民主党支持者でも小浜市民でもないわけですが。
まあ、史上初の黒人大統領って言われたら、そら当のアメリカにしたらオオゴトでしょうねえ。それにつられて日本がこうも騒ぐのはどうかと思いますけど。日本からしたら、共和党から民主党に政権が移った事のほうが重要な気がします。

そういえば、俺が十四歳の時にハマッてたのが当時名作『ヨシュア・トゥリー』で世界中を席巻していたU2でした。これでキング牧師の事とかも知ったんだよなあ。兄貴の家からCDとツアー映画のビデオコッソリ持ち帰って毎日みたいに観てたなあ。またこの映画の時期はボノの声もほんとに良く出てました。

とか言ってたらモロにキング牧師と重ねた映像あるし@@;
うーんやっぱり声が若い。でも当時はCD音源を聴く前に(上に貼った)映画の方を先に観ちゃったから抵抗あったんだけど、今聴くと悪くない。うん、いいじゃまいかボノたん。
あれから二十年、俺もすっかり丸くなって色々と許せるようになって、今では見事なマルコムX派になりました(阿呆)

この記事をはてなブックマークに追加

おもんないやつ。

2009-01-18 22:01:28 | Weblog
この前、友達の家で相変わらずダラダラたむろってた時の話。

友人のTとかGあたりが急に
「久しぶりにカラオケとか行きたいな」
と言い出しました。まあ、この二人がカラオケに行きたいなんて言い出すこと自体が珍しいんですけど。

ところが俺、イマイチ気が乗りませんでして
「えー、めんどくせぇ」
「もう十年とか行ってないから、あと十年くらいは行かんで良いわぁ」

などとゴネて皆のテンションを大いに下げたのでした。
それはその場で気付いて謝りましたけどね(でもカラオケは行かなかった)

やばいなぁ。どこにもいるよな、こんな風に、みんなが盛り上がってるところに水ぶっかける奴。俺、危うくあんな連中と同類になるところでした。ヤバイやバイ。

てか、カラオケは照れくさいながらも嫌いじゃなかった記憶があるんだけどなあ、今でも鼻歌とか、誰も居ないところで小声で歌ったりとか・・・。

明るく生きよう、明るくね。こんな感じで。

この記事をはてなブックマークに追加

すかすかぎゅーぎゅー。

2009-01-10 19:21:02 | Weblog
ほい新年。

年末の特番なんですが、俺はあちこち浮気して散漫に各局見た挙句に、NHK教育の谷啓が古い町を探訪する番組をぼへーっと見ておりました。
今年は鯉について語ってたのかなあ。
昔の人は、錦鯉じゃなくて真っ黒な真鯉を観賞用に飼ってたそうですよ(俺って、テレビで仕入れた浅い知識をすぐに使いたがる人なのよ)

まあ、今年は正月も何も無く仕事だったんで、あまりゆっくり遊んだ話とかは無いんですけどね。ちょっと溜まってた本を読まないと、って頑張ってどうにか一冊読んだ程度。賀曽利隆(『かそり たかし』 さんです。 『かそ としたか』 さんじゃないよ)という旅人さんが、アフリカからアジアまで旅行しながら現地の人と同じものを食べる、ってな本だったんですけど。
あーもう、人様の旅行のお話読んで欲求不満を慰めてる場合じゃないよなあ。

今年の目標は『脱・オナニー』で。

そして最近、声優の市川治さんがお亡くなりになったというニュースが入りました。俺にとってはちょっと世代が上の方なんだけど、それでも声は知ってるもんなあ。美形悪役の走りみたいな方だそうで。また惜しい人を亡くしました・・・合唱。

そしてそして、ユニコーン復活というびっくりニュースも聞きました。
うーん、愉しみですけど、果たして今の小ぎたな・・・げふげふ、オジサンの民生さんにこんな若々しい曲が歌えるのか・・・ちょっと不安でもあるけど(’’;
あーでも、民生さんは、ユニコーンの1stあんま好きじゃないそうなので、ライブじゃやんないかもですね・・・(’’

うはっ、新年早々人様頼りのダメブログですが、今年も何卒よろしくお願い致しますです・・・><

PS.あ、ゲームも久々にちょっとやりました。
ずいぶん前にブログで紹介したこのゲーム。このオープニングデモムービーは、(特に昔の)KOEIにしてはずいぶんと格好良いと思うんですがどうでしょう?

ちなみにこちらはエンディング。・・・閲覧注意!と言いたい所だけど、ほぼオープニングの使いまわしだし、別に本筋のネタバレ等は一切入っていないのでご安心を。てか、よしいっちょこのゲームやるか、と思っても手に入るかどうか疑問です・・・。エンディングの方が、好漢の名前が書いてあって親切なのと、個人的には渾名の英訳がカッチョヨクてしびれます、ハイ。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

いきているんだよ。

2009-01-03 21:28:48 | Weblog
あけましておめでとうございます。
生きてます。一応元気です。
中身のある更新はまた今度ー、ちょっとバタバタしてるので・・・。
今年もよろしくお願いいたします、では。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加