日々遊遊!!

散歩道や日々の出来事を・・・

ヒガンバナの葉は花を見ることがありません。

2017年03月13日 | 散歩(花)

ヒガンバナはお彼岸のころ、突然茎が出てきて花が咲きます。しばらくすると茎が枯れ、葉が出てきます。春を過ぎると葉も枯れ始め、綺麗に咲いた株が跡形もなくなります。
花は葉を見ず、葉は花を見ず、韓国では「花は葉を思い、葉は花を思う」という意味から「サンチョ(相思華)」と呼ぶことがあるそうです。
他にはモクレンの花芽を食べるヒヨドリとトウダイグサです。
今日は曇りです。

ヒガンバナの葉

ヒヨドリ

トウダイグサ

 

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ホオジロ、カシラダカ、区別... | トップ | 昼間からコウモリがひらひら... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む