北海道の小さな町・黒松内から発信した田中式健康体操(T・K・T)終生二足歩行を求め 全国で実践指導中        

北海道・大阪・奈良の18市町村・60教室の活動風景や本部主催の田中式健康体操の活動・行事などを綴ります

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『T・K・T 2016年度スタート!』

2016年03月30日 | [ 指導者研修 ]


いよいよT・K・Tの2016年度の活動が
始まりました。

ここ黒松内町にて、
26日・27日の二日間をかけての研修会でした。
T・K・T考案者の田中弘二による
「T・K・Tと均整について」と題しての講義が
ありました。



約3時間の講義では、
「身体の健康とは、こころもからだも元気であること。
 そのためには、合理的にからだを動かすこと。
 合理的にからだを動かすには、体育解剖学と運動
 生理学を基礎とすること。」などが話されました。


つづいて実技が行われ、
「第5運動」を中心に理論と実践の大切さを学習しました。




特に第5運動は「腹式呼吸」が基本になっていること。
左右対象にからだをうごかすこと。
呼吸運動は呼吸筋を活発にさせることですが、
自律神経と深く関係していることばなど、
「運動と呼吸」とは密接な関係があることを知らされました。


「5年先を見据えて」の活動を考えようと、
朝9時から昼5時までの会議でした。




2020年の「T・K・T北海道の15周年記念会」の
実施も決定し、札幌・函館の地理的中心地として、
「登別開催」の案が出ました。


関西支部(大阪・奈良)からは、
「2020年 T・K・T関西8周年記念会」の開催の
提案もされました。




今回の研修では「スカイプ」を使って、
北海道と関西との合同会議が実現し、
充実した会話ができました。



いよいよのT・K・T 2016年度の活動のスタートです。
「新しい指導者候補がいます」と、
奈良指導者や北海道指導者からお話をいただきました。
うれしい話に後押しされて、
「5年先を見据えて」頑張りたいとおもいます。


5年先は、本部の私たちは70歳になっています。
T・K・Tの理論と実践を元気いっぱいのこころとからだで
全国普及に努めたいと思っています。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

『札幌 スマイル教室(男性教室)に行ってきました』

2016年02月21日 | [ 北海道・大阪・奈良60教室の風景 ]

《函館本線・熱郛駅(無人駅)》

まだ開設して数か月の教室です。
3名から始まった男性の教室と聞いて、
「必ず応援に行くからね」と、
札幌指導者に約束していました。
お一人は本州転勤でふたりになったそうです。


《熱心に自己のからだと向き合っていました》

実践者が住んでいるマンションの集会場が、
教室です。
会場に着くと、男性が三人と女性がふたり。


お一人は指導者のご主人。
二組はご夫婦で、その一人のご主人が見学に
来られていました。
また男性が三人になりそうです。


指導者含め実践者の奥さん連中が「夫のために」と、
T・K・Tの実践を勧めたようです。

《なかなか動かないからだを十分に認識した様子でした》


三人の男性の年齢は50歳と少しでした。
どの方も現役でまだまだ仕事を続ける人たちです。
それも年齢的に職場では中心的な職務がある方たちでした。


《体操の理論的な話になると少し顔つきが変わりました》

よくぞ決心さされたとうれしく思いました。
からだの仕組みのことや体操の目的など話しながらの
二時間の指導でしたが熱心に聞いてくれました。



《羊蹄山(蝦夷富士)》

札幌まで汽車で片道約4時間のゆっくり旅でした。
「男性だけの教室」を開設した札幌指導者の頑張りに
対してと自分のからだのために始められた男性たちに
再び指導に出かけようと思いました。


今後の展開が楽しみです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

『T・K・T黒松内教室の生徒さん達の交流会』

2016年01月23日 | [素敵な出会い]

久しぶりの交流会でした。
十数人の集まりでしたが、
30人が集まっているような
元気いっぱいの交流会でした。



「アフターヌーン、T・K・T ティーパーティ」は、
2時間の予定を過ぎてもおしゃべりがつづきました。

最後に、
「病院にお世話にならないぐらの日本一の
元気な、健康な町にしましょう。」と、
世話人のKさんがしめくくりました。




黒松内町はこの4月から町立病院の運営・経営が
大きく変わります。
過疎の町にこそ医療は不可欠ですが、
特に北海道は広域でもあり、
ますます過疎の町が置き去りになっています。


今回の町立病院の運営に町民は大いに期待して
いると思います。
T・K・Tも何か協力できればと思っていますが。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

『蘭越「冬季女性交流会」に行ってきました』

2016年01月22日 | [ 講演・講習会のお知らせ ]
女性ばかりの60人ほどの集まりでした。
「蘭越商工会女性部」「JAようてい女性蘭越支部」
蘭越教育教育委員会などが後援。
主催は蘭越町女性連絡協議会でした。




会場に着くなり、
「田中さん〜」と声がかかりました。
10数年来仲良くさせていただいている農家さんです。
日本の第一産業は厳しい状況にあります。
日本の自給率は40%を切り、その対策が急がれる
のですが、政策が逆行しているように思います。



人間の健康にとって、「食」は一番大切な基本です。
この食を生産する産業を大切にし、
国が本気で応援しないと
未来が見えません。


私の周りに農業や漁業に携わる友人がたくさんいます。
朝早くから夜遅くまで、働き続けています。
ほんとうにからだを酷使する重労働の職業です。



そのような女性の集まりで
「からだを動かすことの大切さ」と
「からだに安全な食べ物を入れることの大切さ」を
伝えに行ってきました。



今回は夫婦での講演。
「詩吟」を吟じたり、
「社交ダンス」を披露したり、
「夫婦漫才」ありの1時間30分。



今回は6つのからだのお話でした。



「血液の流れを知り、動かすことの大切さを知ろう」
「脈拍数を調べ、体調を知ろう」
「腹式呼吸をやることで呼吸器を鍛えよう」
「嚥下体操で、誤嚥を防ごう」
「抗重力筋を鍛えて、よい姿勢を作ろう」
「失禁予防体操で悩みを減らそう」



はたして・・・、
「聞いてくださった皆さん!いかかがでしたか?」
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

≪北海道・蘭越町にて講演会≫

2016年01月21日 | [ 講演・講習会のお知らせ ]
明日は黒松内町隣町の「蘭越町」へ
講演会に行きます。





『2015年 第27回南後志ブロック高齢者交流会講演』


蘭越では初めての講演で、
『元気で生き抜くために』が演題です。


「蘭越町女性連絡協議会」からの依頼ですが、
女性だけの集まりなので少し講演のスタイルを変え、
臨む予定です。



『2015年 第16回勤医協・黒松内健康まつり』


蘭越町は農業が盛んで、お米農家さんも多く、
「蘭越米」北海道のみならず全国的に有名です。




『2015年 倶知安町 社会福祉協議会講演』


「ランコシ」はアイヌ語の「ランコ・ウシ」、
「桂の木の多いところ」から由来しているそうです。




今年初めての講演会、張り切っていってきます。


●場所 「蘭越町民センター・らぶちゃんホール」
●時間 「午前10時15分から」


コメント
この記事をはてなブックマークに追加