元カニ族の徒然の記  facciamo una passeggiata!

日々、興味のひかれるままに、めりはりをつけつつ日常に思うことをひとりごつ

大収穫

2017-06-09 21:57:41 | 日記
初めて100個を超えた。
今年の杏の取れ高だ。一昨年の30個が最高だったので大収穫だ。
早速、種ぬきし、コンポート用とシロップ用に加工した。シロップ用は後日、ジャムにする。
あとは、梅だ。さすがに老木の梅は昨年並みの実の付き方で少なそう。
金柑も今年は良く取れた。
3度目の収穫をしたが、金柑ジャムは前回までで充分なので、今回は甘露煮にした。
残りは、小袋に分けて、「ご自由にお持ちください」と書いて門に下げておいたら2つなくなっていた。
恒例になってきたトマトとキュウリの成長もまずまず。花も多くついていて小さな実もちらほらついている。
ただ、トマトのうち4本の成長がおかしい。上に伸びていかないのに花をつけてしまった。原因はわからない。
水は十分だし、養分も昨年とおなじようにやっているのだが。
今年初めてシシトーも種を蒔いて成長はしているのだが、虫に大半が食われてしまっている。
どんな虫が食べるのかわからないので対処のしようがない。実がなるまでもたないかも。
梅雨に入ってしまったが、もう少ししたら梅とりだ。
庭の木々の剪定や芝刈もほぼ終わったが、松だけ残っている。
ぼさぼさの松を見るたび、気になるのだが、松に登る気力がないまま6月になってしまった。
体力も気力も緑の力に負けている。

目も耳も弱った母は手づかみで盗み食いする晩のおかずを
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

CMパワー

2017-05-07 14:08:48 | 日記


突然の水漏れ発覚。
隣家に伸びた椿を剪定しようと家の裏側へまわって、脚立に上り木を眺めていたら、
大昔のリフォームで付けた2階の給湯器から家に引き込まれるパイプの角から水漏れが。
 あわてて元栓を閉め、水道工事屋さんを探す。
今はGW中で、知り合いの工事店にはつながらず。
どうしようか思案していると昔のTVCFで見たクラシアンという名が浮かんだ。
今もあるのか検索したら「24時間、365日無休」とあるので早速電話。
オペレーターさんから、近くの工事担当からいつ頃行けるか電話させますというので待つ。
 先月、2階の換気扇が壊れた時には、電話は2日で来たものの、工事完了まで3週間も
かかったので多少の不便は仕方がないかと心の準備をしておく。
約30分後、工事担当から電話あり。本日は混んでいて、3時間から4時間後になるかもとのこと。
イライラしてもしかたがないので庭木の剪定に集中していたら、また電話が来て、30分後に来るという。
結局、最初の電話から2時間で来てくれた。
ただ、水漏れ個所を見て、これはおおごとかも、という。壊れた個所だけでなく家の中の配管自体の
老朽のせいらしい。家の内外から点検できるところを探したが、我が家の特殊な構造のため、内側からの
工事は、今回は無理と判断。
壊れた個所だけの応急処置と思ってくださいとのこと。
ガス湯沸かし器本体も先日のガス会社の点検で、もうそろそろ取り換え時期です、といわれていて
大がかりな工事も、この1,2年のうちにやることになるだろう。
緊急工事として費用は想定以上にかかったが約2時間で完了。
祝日中のドタバタの中、対応してくれて助かった。
 それにしても最近のCFは記憶に残っていないのに、あの社名を思いついたことに驚く。
それだけ、CFに強い刷り込みの力があったということだ。

突然の水漏れ発覚大慌てトラブルに生きたCFの力




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

巡る

2017-04-26 23:59:09 | 日記
             
四月になるのを待って種を蒔いた。
今年は、トマト、キュウリにシシトウの3種にした。
翌朝、水を撒こうとしたら、蒔いた夜のうちに猫に掘り返されてしまっていた。
散らされた土をポッドにもどしたが芽が出るか心配していたが
最近、芽が吹いて第一段階はほっとした。
何回目の種まきになるのだろうか。記憶もおぼつかなくなってきたが、季節はきちんと
巡ってくれる。変わり映えのしない毎日を繰り返しているうちに。
花類の少ない我が家の庭のどの木も、気づけば一斉に芽吹いている。
日に日に色を変え伸びている。
老木のどこに力を秘めているのか。剪定以外には手入れや肥料もしていないのにたいしたものだ。
そういえば、現役時代はGWに集中して剪定していたっけ。
近々に、伸びすぎないように剪定しなくちゃ。少し億劫だけど。

いつの間に季節は巡る我が庭にも変わり映えない日々に紛れて
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

LP

2017-03-17 09:23:14 | 日記
最初にソニー・クラークのクールストラッティンに針を落とす。
バップ・ピアノの名手の名盤だ。2枚目はM・デイヴィスのカインドオブブルー。
久しぶりの音がしみ込んでくる。
修理に出していたDP-80が2か月ぶりに戻ってきた。内臓トランジスタが全て劣化。
全部を取り換えて調整してくれた、との事。修理期間1か月の約束が伸び伸びになっていた。
それなりに費用も掛かったがいい音には換えられない。
せっかく修理したんだから、コレクションを聞きなおそうと思う。
昔ほど細かい音質やノイズ、ひずみは気にしない。それを期待できないサンスイのアンプ、JBLの
スピーカーの劣化、傷みのせいもあるが。こっちも本当なら、修理に出したいところなんだけどな。
ただ、LPを聞こうと思えるのは気持ちと体力に余裕のある時だけだ。気忙しい時や
あれこれ悩ましい時には聞く気にもなれない。
400枚程度のコレクションを聞きなおすためにも一日一日、ゆとりが持てるように過ごさなければと思う。

針落とし音に洗わる夜更け過ぎリズムが刺さる空っぽの頭に
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

息抜

2017-03-11 23:01:32 | 日記
久しぶりに電車に乗った。ティチアーノ展を見るために。
このところ雑用が重なったり、本を意識して読んだりで出かけなかったので。
本といえば、大山淳子さんの新刊「原ノ内菊子の憂鬱なインタビュー」は面白かった。
一気読み間違いない。お薦めの一冊。
ティチアーノ展のほうは期待はずれ。ティチアーノの作品は5点もなく、他のヴェネチア派
の作品も好きな作家の作品はなく知らない作家ばかり。ヴィヴァリーニ一族やベッリーニ一族
のものさえなくメッシーナ、ジョルジョーネ、マンテーニャ、ヴェネローゼ、ティントレットなど盛期ヴェネチア派もない。ティチアーノは多作でしかも優れた作品がたくさんあるのに、
ウフィッツィのフローラだけのティチアーノ展とは残念だった。
がっかりして、上野散策もせずとんぼ返りして昼前には家に戻った。
早く帰ったので、庭の手入れ手順を考えるため庭にでた。クリスマスローズとすみれ
は咲いているものの金柑の黄色だけが目立つ枯葉色のさみしい状態。
もう少し暖かくなったら、トマトとキュウリの種をまこう。

期待して出かけた上野肩すかしとんぼ返りで昼飯作る

コメント
この記事をはてなブックマークに追加