元カニ族の徒然の記  facciamo una passeggiata!

日々、興味のひかれるままに、めりはりをつけつつ日常に思うことをひとりごつ

LP

2017-03-17 09:23:14 | 日記
最初にソニー・クラークのクールストラッティンに針を落とす。
バップ・ピアノの名手の名盤だ。2枚目はM・デイヴィスのカインドオブブルー。
久しぶりの音がしみ込んでくる。
修理に出していたDP-80が2か月ぶりに戻ってきた。内臓トランジスタが全て劣化。
全部を取り換えて調整してくれた、との事。修理期間1か月の約束が伸び伸びになっていた。
それなりに費用も掛かったがいい音には換えられない。
せっかく修理したんだから、コレクションを聞きなおそうと思う。
昔ほど細かい音質やノイズ、ひずみは気にしない。それを期待できないサンスイのアンプ、JBLの
スピーカーの劣化、傷みのせいもあるが。こっちも本当なら、修理に出したいところなんだけどな。
ただ、LPを聞こうと思えるのは気持ちと体力に余裕のある時だけだ。気忙しい時や
あれこれ悩ましい時には聞く気にもなれない。
400枚程度のコレクションを聞きなおすためにも一日一日、ゆとりが持てるように過ごさなければと思う。

針落とし音に洗わる夜更け過ぎリズムが刺さる空っぽの頭に
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

息抜

2017-03-11 23:01:32 | 日記
久しぶりに電車に乗った。ティチアーノ展を見るために。
このところ雑用が重なったり、本を意識して読んだりで出かけなかったので。
本といえば、大山淳子さんの新刊「原ノ内菊子の憂鬱なインタビュー」は面白かった。
一気読み間違いない。お薦めの一冊。
ティチアーノ展のほうは期待はずれ。ティチアーノの作品は5点もなく、他のヴェネチア派
の作品も好きな作家の作品はなく知らない作家ばかり。ヴィヴァリーニ一族やベッリーニ一族
のものさえなくメッシーナ、ジョルジョーネ、マンテーニャ、ヴェネローゼ、ティントレットなど盛期ヴェネチア派もない。ティチアーノは多作でしかも優れた作品がたくさんあるのに、
ウフィッツィのフローラだけのティチアーノ展とは残念だった。
がっかりして、上野散策もせずとんぼ返りして昼前には家に戻った。
早く帰ったので、庭の手入れ手順を考えるため庭にでた。クリスマスローズとすみれ
は咲いているものの金柑の黄色だけが目立つ枯葉色のさみしい状態。
もう少し暖かくなったら、トマトとキュウリの種をまこう。

期待して出かけた上野肩すかしとんぼ返りで昼飯作る

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

信用

2017-02-17 12:22:10 | 日記
いやに日がたつのが速い。
目先のことをかたづけるだけで一日が終わる。
これではいかんと年初に思い立ったのに、もう2月も半ばを過ぎてしまった。
それでも、家の中を少しでも身軽にするために処分方法をネットで探しはじめてはいる。
貴金属やブランドバックが中心の買い取り屋さんが多いのに驚く。
それだけでなく、食器、着物、切手、茶道具、カメラなど買い取りやリサイクル、中古屋など
高価買取をうたい文句にしている店の多いこと、多いこと。
ネットならではだろうが、店の所在地が一見ではわからないところが多い。
出張買い取りというものもあるが、品物と口座番号を送って、見積もりの連絡を待ち、金額に
納得すれば、口座に振り込む、というところもある。
これって信用していいのだろうか。
店や会社は多くあるが、信用していいのか、どこがいいのか、全くわからない。
信用度ランキングなどというサイトもあるが、結局、掲載企業が作っているようで、
これも信用できない。
古本はさらに、店を選ぶのが難しそうだ。
本を捨てられないタイプなので、たまる一方。仕事を辞めた時、ビジネス書やマーケティング
関連の雑誌、資料をゴミとしてなくなく処分したことはあるが。
最近の古本屋さんは新刊や書き込みがなく、本の内容でなく、きれいなものなら買い取りする。
そうなると、家の本はさらに扱ってくれなさそうだ。
去年、中野のまんだらけで古いコミックを依頼しようとしたら、宅急便代のほうがかなり高くなるので
あきらめたことがあった。
今やゴミの処分さえ有料の時代。本もそうなる運命なのだろうか。なんとか引き取り手を
見つけたいものだ。オークションという手もあるらしいが、面倒そうだし。

家には、貴金属・宝石、ブランドものの時計やバッグはないが、不要といえば不要のものがあふれている。
どうしたものか。

木の陰の餌台にぎわう冬の朝ミカン啄む鵯撮らせよ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

とらたぬ

2017-01-22 22:30:14 | 日記
               
もう正月というには遅すぎる日にちになってしまったが年初めのUP。

暮れはいつものとおり、大掃除に賀状、おせちの仕込みで多忙のまま年越し。
今年も年末に娘夫婦が来てくれて、元旦は土手に上がって初日の出をみてから、顔合わせ。
早々に墓参りに行ったので、TVも見ず初詣にも行かず新年が始まった。

年末に故障したプレーヤー。苦労してキャビネットからターンテーブルをはずし、
ネットで探した修理屋さんに送ってある。約1か月はかかると連絡あり。治るなら問題
ないので正式に依頼した。プリメインアンプもチューナーも正常ではないのだが、とりあえず
このままにすることにした。この間いろいろ考えた。
忙しいことを言い訳に、何もせず日々が流れていくのはもったいない。
メリハリを付けて生活してみよう。
山行や旅に出たいがそうはいかないので、それ以外でやるべきことを考えた。

1.プレーヤーが直ったらコレクションのレコードを聴きなおす。
2.積んである未読本をためずに読む。
3.TVのイタリア語講座をキチンと予習復習する。
4.母がやっていた植木鉢の植え替え、株分けをする。
5.母のしまってある着るものを整理して普段着られるように出す。
6.庭の花しか撮らなくなったカメラ。ちゃんと写真を撮る。
7.ヒザ痛で中断しているジョギングができるよう、筋力トレーニングする。
8.たまり過ぎた本を整理して、半分以上を処分する。
9.しまいこんでいる多量の食器類を日常使いにしながら、不要な食器を整理する。
10.不用品を整理してリサイクルに出す。
11.賀状のやりとりだけになってしまった親戚や友人に連絡してみる。
12.ガラケーとスマフォの2本使いをスマフォに一本化する。

日頃気になっているができなかったことを思いつくままあげた。これを今年の課題にするか。
今までも結構忙しいのに、これらを日常にプラスして可能だろうか。
現役時代には複数の業務、プロジェクトをいかに並行して遂行するか、考えるのが普通だった。
1週間ごと、1か月ごと、まずはアクションプランから考えてみるか。
年末の決算時にどうなっているだろうか。

がらになく年初の目標たててみる三日坊主になりそうな予感 -->
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

師走

2016-12-29 22:50:45 | 日記
ハロウィンもクリスマスもないままにもう大晦日が近い。
手抜きながらの大掃除も最後の窓ふきをやっと一昨日終わらせ、昨日からお節づくりをしている。
明日いっぱいで、お節は準備できそうなメドが付いた。大晦日には、娘夫婦が来てくれるので、
その準備に一日を使うので。
お節はお手軽なクックパッドからの毎年同じメニューなのに、今年の出来はあまり良くない。
調味料の配合の計算ミスのせいだと思う。

この前、大掃除をしながら、たまには、LPでも聞こうとしたら、
プレーヤーもアンプもチューナーもスピーカーも調子が悪い。急遽、ほこりをかぶった
裏側を掃除し接続し直したら、音は出た。
ただ、肝心のプレーヤーは完全にアウト。ターンテーブルの回転がおかしくて、
針を落とせる状態ではない。がっくり。
30数年前に、大枚をはたいたDENONのDP80なので、年が明けたら修理してくれそうな
ところをさがしてみようと思う。直せたとしても結構な費用がかかりそうだが。

今年も、積んである未読の本の山も減らなかった。むしろ増えている。
今年読んだのは、
イタリア関連では、「ヴェネチア・ミステリーガイド」市口桂子、
「ヴェネチア・美の千年都市」宮下規久朗、
「イタリア中世の山岳都市」竹内裕二、
「ロマネスク美術革命」会沢百枝、の4冊。
小説、その他では、「希望荘」「ヨーレのクマー」宮部みゆき、
「おずかり屋さん・桐島君の青春」「牛姫の嫁入り」大山淳子さんの4冊に終わり、
SF関連では、「ゼンデキ」グレッグ・イーガン、
「楽園炎上」RCウィルソン、
「完璧な夏の日」ラヴィー・ティドハー、
「明日と明日」トマス・スウェターリッチ、
「モンド9」ダリオ・トナーニ、
「旋舞の千年都市」イアン・マクドナルド、の8冊まで。
11月から読み始めた、「深紅の碑文」上田早夕里、とコニー・ウィリスの「オール・クリア」は
年内では読み終わりそうもないな。この2冊は読み応えがある。

毎日何かに追われるように動いている。
来年はもう少し、何事にも時間の余裕をもちたいものである。

猛ける風に流されるごとひと日過ぐ月のあかりにイタリアを想う
コメント
この記事をはてなブックマークに追加