木瓜(ぼけ)の宮

梅でもなく桜でもない花が好き
なんとも云えない木瓜の色あい

No.2752 時の流れははやいのに

2017-04-25 15:57:38 | Weblog
 ほんのこの前までと騒いでいたのが
ハナミズキも終わり街路樹はつつじにかわっている。

朝起きがけ、ベランダ越しの楠木の未だ若々しい
生き生きして元気が出る 

 5時半に起き孫を  学校へ送りだせば
あわててする仕事はなく
気づけば9時過ぎていた。まだ9時って感じ 

 チャリで雑用を済ませ帰宅すれば
もうお昼時  ここからの時間の
つかい方?潰し方がまずい 
満腹状態で  気づけば後の祭り
繰り返しの毎日 分かっているけどやめられない 



ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« No.2751 まるでマネジャーに... | トップ | No.2753 いっきに暑くなった »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
時間が欲しい (素浪人)
2017-04-26 09:22:58
確かに、時の流れが速い。
毎日、やるべきことがあり、ゆっくりしたい時もある。
歳をとると、今まで15分もあれば十分だったことも30分かかる。
ところが流れる時間は相変わらず一定のスピード。
モタモタしていると、午前中には済ませておきたかったことも70%程度。
そのうち疲れて睡魔も襲ってくる。

今、何が欲しい?
時間が欲しい…。
こちらも都合よくなる (Suzy)
2017-04-26 13:34:18
それは老眼
キンキラキンに拭き掃除しなくても
我が目も老眼になり
気にならなくなる。

たまにメガネをかければ  あっ
汚れてるっと分かる位

一歩一歩日に日に老いが寄って来るのを実感
する。

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。