STOP!辺野古新基地建設!大阪アクション

沖縄辺野古の新基地建設を止めるための、大阪からのアクションを呼びかけています!よろしくお願いします!

22日の同時アクションが、琉球新報に掲載されました

2016-12-23 16:01:19 | 日記
22日の同時アクションが、琉球新報に掲載されました。


この記事をはてなブックマークに追加

12/22 沖縄県民大会 同時アクション 大阪アメリカ領事館前へ集まって!!

2016-12-20 08:23:03 | 日記


チラシ(PDF)はこちら

22日18時00分より、名護市21世紀の森にて「オスプレイ墜落に抗議する緊急県民大会が開催されます!
政府が計画する米軍北部訓練の部分返還の記念式典の日に合わせて開催し、記念式典への抗議の意も示す格好です。



STOP!辺野古新基地建設!大阪アクションは同時アクションとして,アメリカ領事館前の行動に取組みます!
みなさま、ぜひ集まってください。



この記事をはてなブックマークに追加

緊急のよびかけ!最高裁 辺野古不当判決を許さない!12/20大阪駅前緊急行動

2016-12-17 14:49:18 | 日記
★ 緊急のよびかけ ✩

最高裁決定弾劾!の緊急行動を12月20日(火)午後6時より、JR大阪駅前でおこないます。



政府は12月22日(木)に北部演習場一部返還の式典を、沖縄県の翁長知事欠席のまま強行しようとしています。
そして、オスプレイ墜落事故にもかかわらず、最高裁は弁論を開かないまま、翁長知事の「埋め立て承認取り消し」を違法とした福岡高裁(那覇支部)判決を踏襲し、12月20日(火)に県敗訴の決定を下そうとしています。



司法が行政権力に追従して久しいですが、今や判決日すら、安倍政権が指示しているとしか思えない事態です。
ここまで、日本は来てしまいました。

 「『沖縄は植民地。そう見ると本土との関係が分かる。』と沖縄問題を考えるシンポジウムで、ニューヨーク・タイムズの元東京支局長が言及した。沖縄取材が豊富なだけに言葉の重みがあった。」
と、『沖縄タイムス』(12月16日付)は報じています。
知らぬはヤマトゥの国民だけだ、とも言っています。
 沖縄は米軍にとっては未だに「犠牲の上に勝ち取った占領地」で、日本政府がそれを積極的に推進し、司法がこれを擁護するという構造です。これを変えることが出来るのは、私たち市民の行動しかありません。

-------------------------------
 埋め立て承認取り消しは正当だ!最高裁の不当判決を許さない!
 安倍政権は北部演習場一部返還式典を中止しろ!

 12/20大阪駅前緊急行動

 日時:12月20日(火)18:00~19:00
 場所:大阪駅南口駅前ひろば

 思い思いのプラカードやメッセージ、キャンドルなどをもって
 参加してください。
-------------------------------

この記事をはてなブックマークに追加

緊急集会!12月15日、18時 アメリカ領事館前!あつまれ!!

2016-12-14 21:21:48 | 日記
緊急集会!12月15日、18時 アメリカ領事館前!あつまれ!!



 これが「不時着」か? PHOTO 琉球新報12/14


沖縄でオスプレイが、墜落大破に続いて胴体着陸事故を起こしました。オスプレイは
以前から欠陥機とも言われています。また4年前に沖縄に配備されて以来、すさまじ
い爆音をまきちらしながら、民家の上を飛び続けてきました。

今回の事故は起こるべくして起こったものであり、これ以上の飛行は断じて許すこと
はできません。

また、「リスクをともなうには仕方ない」とか「民家の上に墜ちなかったことを感謝
しろ」という米軍高官の発言も許すわけにはいきません。緊急なので、抗議の集会を
する要件を整えることはできませんが、明日12月15日、18時頃から三々五々集
まって意思を示しましょう!

灯り(電飾)やプラカードを持って、大阪アメリカ領事館前で、道行く人にアピールし
たいと思います。

沖縄へのオスプレイ配備をいますぐ止めさせ、全国自衛隊への配備を中止させるため
に、声を広げましょう!

(呼びかけ)
STOP!辺野古新基地建設反対!大阪アクション


オスプレイ、「不時着」 写真特集(時事通信)

名護市長「不時着は事故を矮小化」 政府の対応を批判

これが不時着? 機体真っ二つ 沖縄名護東沿岸のオスプレイ事故


この記事をはてなブックマークに追加

12月2日 住民監査請求を提出しました。

2016-12-03 09:20:16 | 日記


米軍北部訓練場の工事建設に伴い、沖縄県公安委員会は大阪府警察本部機動隊員を警察法60条の規定による警察職員の援助要求を行い派遣された。米軍の基地建設を進めるために県民の意思を無視し工事を進めるためだけに、大阪府民の公金を支出した機動隊の派遣は決して許されない。監査請求を呼びかけ市民ら425名の請求人目録及び代理人(16人印なし)を12月2日、公金の支出を明確にし派遣の中止を求める住民監査請求書を大阪府監査委員に提出しました。

この記事をはてなブックマークに追加