社会科学上の不満

政治・経済上の不満のハケ口(左翼出入り禁止)
外交と防衛、歴史と現状についての不満のハケ口。(観念論の方は出入り禁止)

中国での日本人拘束多数、なぜか報道しないマスゴミ

2017-07-09 00:00:01 | マスコミ批判
中国では一昨年からこれまで「スパイ容疑」や「国家安全危害罪」などで計12人もの日本人が拘束されている。

これは世界各国の中でも最多だ。実は2012年の習近平政権発足後、中国の中央軍事委員会は「スパイ防止・反特務情報連絡員」制度を創設し、日本人を狙い撃ちにして、軍事機密漏えい防止の「人民戦争」を展開していることが明らかになった。


以下略、全文はソースへ
https://www.news-postseven.com/archives/20170707_573758.html?PAGE=1#container


マスゴミは報じているのか?「報道しない自由」の行使中か?日中記者交換協定のせいか?親中派が会社を乗っ取っているのか?
そういう国だってわかってて行くんだから仕方がないねとの書き込みに座布団1枚。
日本の野党マスコミ人権団体弁護士はだんまり。との書き込みに座布団3枚。下らない事で騒ぐのに、日本国民が「拉致」されたのになぜか静かなマスゴミ。
拘束されている人の名前も職業も出ないしそもそもあまり報道もしない
以前にISに拘束された人らとはまったく違う報道だから
との書き込みが秀逸。
そもそも、中国等に行く事事態覚悟して行かれているのであろう。
しかしマスゴミが日本国民の安全より特亜三国の意向を大切にしている事が証明された出来事である。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 朝日新聞災害時のツイートの... | トップ | ケニアで落ちた中国の橋 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

マスコミ批判」カテゴリの最新記事