かぜのかおり

心に想うこと

記念

2016-11-07 10:30:47 | Weblog

フルートアンサンブルIZU15周年記念演奏会

 

無事終了しました

前の日からの練習を含めずーーっと立っていたので今日はいろいろ筋肉痛

ゲネプロから緊張がありながら気持ちはハイな状態が

第1部ではアルトフルートで1曲

ノーマルフルートで4重奏曲ポーボンの「アニューシカ」を演奏した

この曲はずいぶん昔しさいたまで演奏したことがあったのだが

楽譜を追うことだけで精一杯のころだった

同じ曲でも皆の音が聞けるようになり曲想やリズムの変化など理解ができるようになってきた

4人で曲を仕上げていく練習も楽しかった

だからと言って本番ではいい演奏はやはり難しい

今ひとつだったが大きな失敗がなくほっとして舞台袖に下がる

袖にいらした先生方が拍手で迎えて下ってとてもとてもうれしかった

第2部はアンサンブルジュニアのOBと講師に先生方の美しいく華やかな演奏を聴く

第3部は特殊管コントラバス・Fバス・バス・アルトの応援が加わり

伊東市では多分初めて目にする耳にする方もいらしたと思うフルートオーケストラの演奏だ

シベリュウス「アンダンテ・フェスティーボ」

バッハ「フーガの技法」

マルカーニ「カバレリア・ルスティカーナ」

365日の紙飛行機

アンコールにアンダーソン「シンコぺーテッド・クロク」

アルトフルートは肩が凝って偏頭痛が起こることを心配していたが

多少の筋肉痛で収まっている

フルートだけの長い演奏会だったのでお客さんの方が飽きてしまわなかったかとちょっと心配していたが

今朝演奏会に皆さんを誘って下さったマンションの方が「楽しかった」と連絡をくださった

打ち上げは500円の会費でお茶とお菓子

子供たちはみんな仲が良くて一塊になってすごく楽しそう

先生の話は半分ぐらいは聴いているのかな

記念のクリアーファイル

初舞台の小学生

花束をいただいてうれしそうに胸に抱えて帰る姿がとてもかわいい

いい思い出になると思う

練習時間が取れないかったり準備がバタバタしたりと問題は一杯かもしれないが

仲間を増やせるようできることをコツコツ続けていこうと

気持ちが前向きになったように思う

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 緊張 | トップ | ぐずぐず »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
お疲れさまでした (齋藤さんだぞw)
2016-11-08 10:51:03
4人の団員でやりくりするのはたいへんですね。お察しいたします。
私は沼津で乗っかっているだけで偶に意見を言うくらいなので・・・
これからも協力は惜しまないので頑張ってください!
Reお疲れさまでした (齋藤さんだぞw) (すみれ)
2016-11-11 09:26:22
ありがとうございます
これからも頼りにいたします!!

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL