Situation Normal

忘れないように……

3D映画はどの上映方式で観るべきか

2010-01-26 12:59:50 | 映画 - その他
※注意:導入館などの情報は、2010年1月時点のものです。(当ブログ2011年12月1日の記事「映画館の3D上映方式いろいろ」も参照してください)

デジタル上映による3D映画が近年増えてます。日本でも『カールじいさんの空飛ぶ家』や『アバター』といった3D作品が、週末興行成績で1位になりました(2D版と合わせての興行収入にてですが)。

これらの3D上映には、現在三つの方式が採用されています。RealD(リアルD)、Dolby 3D(ドルビー3D)、XpanD(「イスクパンD」と読む?)です。他にIMAX(アイマックス)での上映もある映画では、IMAX 3DやIMAXデジタル3Dで上映されています。

どの方式がいいのかと、ネットで調べる方も多いと思います。しかし、はっきり言うと、どれでもいいのです。どの方式も一長一短ありますし。また、メガネの形が顔に合う合わないなど、人による好みの違いや、同じ方式でも劇場によって、画面の明るさや見やすさなど違いもありますので。

3D上映の映画館が、自宅から行きやすい範囲内に幾つもある、そういう人のほうが少数だと思います。最初は、方式にこだわらず、行きやすい映画館、普段行く映画館で3D上映を楽しみましょう。

再び3D上映に行く機会があれば、他の映画館を試してみてはどうでしょうか。そうして、色々な方式を体験したり、同じ方式でも違う映画館で鑑賞したりして、自分好みの3D上映館を探していってください。



ちなみに、私はメガネ常用者なので、普段のメガネの上に3Dメガネを掛けます。三方式の感想は、XpanDがよくて、RealDとDolby 3Dは掛けづらいのですが、他のメガネ常用者の方にはRealDを勧める人もいます。普段掛けてるメガネの形などにもよるので、やはり各自で試さないと、自分に合う方式は分からないということでしょうか。

また、XpanDの3Dメガネが重いという指摘もあります。たしかに他の方式に比べて重いですが、私は全く気にならないです。前よりの席で、やや見上げる姿勢だからでしょうか。


最後に注意点として、3Dメガネのレンズ面は絶対に触らないこと、そしてメガネ拭き以外の物でレンズを拭かないこと



1. RealD(リアルD)
[RealD] ロゴ画像 [RealD] 3Dメガネ画像
  • 導入館:
    シネマイクスピアリ(舞浜)、
    ワーナー・マイカル・シネマズ(全国)、
    ユナイテッドシネマ豊洲 ほか

  • 3Dメガネ:新品を渡される。持ち帰れる。重量は20グラム。

  • ユナイテッドシネマ豊洲は、3Dメガネを持参すると100円割引。

  • ワーナー・マイカル・シネマズ(全国)は、こども用あり! 眼鏡をかけてる人用のクリップ・オン・タイプあり!
    [RealD] 子供用3Dメガネ画像 [RealD] クリップ・オン・タイプの3Dメガネ画像

  • 劇場側は導入に際し、スクリーンを特殊なシルバースクリーンに貼り替える必要がある。このため、3D上映館が固定され、いつも同じ館で見れる。公開から時間が経ったからと小さい館に移ることがない。ただし、大小2スクリーンで導入してるシネコンもあるので注意。

  • 日米ともに、2005年12月の『チキン・リトル』から導入。

  • ディズニーは、ディズニー3Dと呼んでいる。

  • メガネのコストは、一つ50セント(50円程度)。
cf.
RealD - 公式サイト(英語)
RealD - Theatre Search - 導入館一覧(少し古い)



2. Dolby 3D(ドルビー3D)
[Dolby 3D] ロゴ画像 [Dolby 3D] 3Dメガネ画像
  • 導入館:
    T・ジョイ大泉(練馬区) ほか

  • 3Dメガネ:観賞後に回収される(眼鏡拭き要持参)

  • 日本では、2007年12月の『ベオウルフ』で導入。

  • Dolby 3Dを導入したが、XpanDに乗り換えた映画館もある(ドルビーのサイトには導入館として載ったままなので注意)。

  • メガネのコストは、一つ50ドル(5000円)ほど。
cf.
Dolby - ドルビー3D - 公式サイト(導入館一覧は少し古い)
Dolby - 国内初、ドルビー3Dデジタルシネマシステムを全国8ヶ所の劇場に設置



3. XpanD
[XpanD] ロゴ画像 [XpanD] 3Dメガネ画像 [XpanD] 3Dメガネ画像 裏側
  • 導入館:
    TOHOシネマズ(全国)、
    MOVIX(全国)、
    109シネマズ(全国)、
    シネプレックス(全国) ほか多数(計170館以上)

  • 3Dメガネ:観賞後に回収される(眼鏡拭き要持参)。重量は59.5グラム。

  • 日本では、2008年10月の『センター・オブ・ジ・アース』から導入か?

  • メガネのコストは、一つ9000円らしい。Amazon.comでは769ドル(7万円)で売られている。
cf.
XpanD - 公式サイト(英語)
XpanD - XpanD World Map - 導入館一覧


参照:
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『オーシャンズ』字幕版は…… | トップ | これから公開される3D映画 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。