大阪で坊主をしています。

大阪で坊主をしています。です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

故人を想い葬り去るステージが死者を隣にして醜い財産争いを繰り広げる場に変わり誰が一体故人を見送っているのだろうか…。

2017-03-07 17:30:01 | 日記

以前から近しい人で強行することがポピュラーだった普通だった遺品整理ですが、てんやわんやだったり、遺品整理する場所が遠距離だったり、近親者ではできないのが問題です。
小さくひっそりとした葬式を考えていたのにも関わらず高価で派手な演出や祭壇を提示された場合、生野区 葬儀社 ファミリーホール絆の方向性が、あいません。
同居の父がいつしか一人でふらっと散歩に出ていき毎回葬儀やお墓などのパンフレットを貰って帰宅し談笑していました。
空海の教えを通して常日頃の出来事を捌いたり、幸せを願望する、あるいは、お釈迦様を通して祖先のお勤めをするのが仏壇の価値だと思います。
葬儀と告別式とは本来別のもので仏教のお葬式ならば最初に坊主による読経などをされ、そのうちに告別式、主にご家族ご親族が亡くなった人をお見送りする会が、実行されます。

今までは墓というと哀れな面影があったが、近頃は公園墓園などといった陽気な墓地が多数派です。
故人を想い葬り去るステージが死者を隣にして醜い財産争いを繰り広げる場に変わり誰が一体故人を見送っているのだろうか、という事を強く感じた記憶がある。
まだまだ若いころに母上様を亡失したので仏事は世間知らずなので、逆に話を聞く親族もいないので、十七回忌といってもどうしたらいいのか分かっていないのです。
時宗ではどこの仏様を本尊としてもまるごとお釈迦様に通ずるとした教えですが、故人の家で葬式をする場合は、ご本尊という形で軸が使われています。
妻や家族への望みを送り出す手紙として、そして本人のための考え片付けノートとして、年代に縛られずのんきに文筆することが出来る、生きる中でも効果的な帳面です。

率直な規定がない『生野区 葬儀社 ファミリーホール絆の家族葬』という共通語ですが、もっぱら喪家や親族を核とした少人数での葬儀の俗称として利用されています。
四十九日法要は法要会場の準備や位牌の手筈など事前準備をするのが多く、(いつまでに何をやるのか)着実に会得しておく必要が大切です。
遺族の希望を映し出してくれるという意味では別の言い方をすればご家族本位である生野区 葬儀社 ファミリーホール絆だと言えるでしょうしこういった業者さんは、ほとんどの場合、異なる部分も。申し分ないと感じます。
加えてお墓のスタイルも今では色々と存在し一昔前までは形もほとんど同じでしたがここ数年で洋風化された、お墓が増えているようですし、縛られない形にする家族も、多数おられます。
徹底して列席者を数名くらい声をかけてどんだけのクラスの葬儀式を執り行うことをチョイスしたり、故人の思いなどを考慮して、どんな感じの葬儀にするかを発注します。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 大阪 生野で|親族代表者は... | トップ | 大阪 生野で|肉親に資力が... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL