世界の詩最新事情

毎月1回原則として第3土曜日に世界の最新の詩を紹介いたします。アジア、ラテンアメリカ、中国語圏、欧米の4つに分け紹介。

第1回 マイ・ヴァン・ファン―ベトナム― 森井 香衣

2017-04-15 01:17:14 | 日記
世界の詩最新事情 [ベトナム]

マイ・ヴァン・ファン(1955年生まれ)

 ベトナムの国際詩祭は、ベトナムのお正月、テトの後、首都ハノイで、「詩の日」に開催されるアジア及び世界でもかなり大きな詩祭り。二年前、私が参加したときも、アジア諸国、スーダン、オマール、トルキスタン…世界各国の詩人、作家、翻訳者が招待され、貴重な機会を得た。ベトナムの美なかのエレガントな香り、伝統的仏教文化が温存されている寺院での朗読、大統領府での懇談会…ベトナム戦争の悲しみを乗り越え、独自の文化を開花させているベトナムは、エネルギッシュに今日を躍進している。




春が来る色々な兆し
重たげな雲、桃の花が咲き、腐った流木、
滑りやすい路…
僕はこれらのことを子どもに伝える

僕の子どもは指を組み 長い口笛を吹く
僕の胸を走る列車に呼びかけて
僕の頭は吠える
僕の足はガタガタ震えている
苦しみのなかで黒い貨車が一輌一輌連なっている。

さらば、冬よ!
さらぱ、冬よ!
僕の子どもたちは時代について話し合う!
 明るく赤い花が気づかずに水面に散っていく瞬間なのか
 それとも浄化された魂が昇華する時なのか
 白い雲がいつ温かい手の上へ不意に留まるのか
 それともそれぞれの若鳥たちの声にいつ温もりが聞こえるのか



人になる夢を紡いで眠る蜘蛛
月明かり木影仏像に頭下げ
昨日見惚みとれた雲いずこへと今日の雨   
猫と犬それぞれ人に愛されど孤独

(翻訳 Kae Morii)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
   | トップ | 第2回 メンド・オーヨー (Go... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。