世界の詩最新事情

毎月1回原則として第3土曜日に世界の最新の詩を紹介いたします。アジア、ラテンアメリカ、中国語圏、欧米の4つに分け紹介。

第2回 メンド・オーヨー (Gonbojav Mend-Ooyo)―モンゴル― 森井 香衣

2017-05-11 02:27:22 | 日記
世界の詩最新事情 モンゴル

メンド・オーヨー (Gonbojav Mend-Ooyo)

 詩人、作家(小説、童話、書家)。モンゴルを代表する詩人であり、遊牧民の文化と宇宙を謳う。国内外で尊敬され、数々受賞。現代モンゴルを牽引し、文化長官も務めた。2006年チンギスハン800周年、世界詩人大会を開催。今年、8月モンゴル大会開催される。日本でも「地球の詩祭」で、また、氏の書画展が開催されるなど広く知られている。
       

無限の耀き

わたしは歓びたい
夜明けに おしゃべりな白いラクダの子が大声で鳴くとき
わたしは閃きたい
雲のなかから 束の間 輝く月が出たとき
わたしは燃え上がりたい
晩秋の赤みがかった風が吹くころ 子ヤギが生れたとき
わたしは震えたい
巨匠ヤグークラムによる調和のとれた韻律を聴くとき
わたしは輝きたい
二胡と馬頭琴の美しい旋律の調べを聴くとき
わたしは
アネモネの青い大草原の彼方から太陽とともに起き上がりたい
わたしは
はためく旗のようにコトネアスターの鞭で馬を全速力で走らせたい
わたしは
野生のヤギが飛び跳ねる雪に覆われた山の頂きに登りたい
わたしは
美しい調べを創るために クロウメモドキと白檀を使いたい
わたしは
錦織と更紗を見分けるためにじっくり鑑賞したい
わたしは
少しずつ上っていく自分の頂きで炎を燃やしたい
わたしは
聖なるヤジングルハムの二胡の弦の音色に合わせて歌いたい
わたしは
詩の水晶の聖堂で無限に耀きたい


訳森井香衣 Kae Morii

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 第1回 マイ・ヴァン・ファ... | トップ | 第3回 カルメン・ボウリョサ... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。