「主婦っとサーベイ」美味しいものと美味しいものが並んでいるお店

スーパーマーケットの評価サイトを作っている私達です。
ブログでは”美味しいもの”の紹介をして行きます!

・弘前スーパーマーケット編

2017年03月21日 | スーパーマーケット

2017年3月17日~19日 弘前へ。
【着地型観光とインバウンドに取り組む旅行会社。 津軽の魅力をガイド目線で満喫する】
たびすけ西谷雷佐さんのイベントに参加のため。


その前に、初めての弘前なので
いつものようにスーパーマーケット巡りをした。
弘前市内循環100円バスは、商業施設や文化センター
ホテルなど施設名の停留所があり、乗り継ぎもスムーズ。
本数も多く、気軽に乗り降りできた。
地元の方達だけでなく観光客にも使いやすく助かりました。



~買い物に行ったスーパーマーケット ~
入り口すぐに大型のPOPがド~ンと迎えてくれるスーパー
通路広くすっきりした感じのスーパー
地元の食材が沢山並ぶ年季が入ったスーパー
などなど個性的。共通しているのは

●エンドに1800mlのペットボトルしょうゆがずらーと並ぶ。
原材料は、アミノ酸液、食塩、脱脂加工大豆、小麦、
砂糖、カラメル色素、酸味料、調味料(アミノ酸等)、
保存料(安息香酸Na)。
このボトルだけで、甘辛い煮物が作れると想像できる。
鮮魚売り場にはこのお醤油で煮付けるからこそ
美味しいのだろうな、と思われる
「もうかさ(サメ)」「かすべ」の切り身。

●塩干物の棚には塩辛の種類が豊富。
筋子も産地、味付、容量の違いで豊富にならぶ。
私達には味の想像が出来ない発酵系の和え物も。

●精肉売り場には牛肉が少ない。
豚肉、鶏肉のアイテムが豊富。

●水煮野菜が多い。

●もやしは長もやし、そばもやしなど種類も多く
1㎏95円の大容量の品も。1年を通して管理された
部屋で育てられるもやしはビタミンも豊富で
雪深い土地では大切な野菜だったんだろうな。

 

●カブセンター弘前店

●ユニバース城東店
 

● 佐藤長城東店


●ルミエールヒロロ店 

 ~買い物に行った百貨店~
食品売り場もお客様まばら。それでも全国の逸品イベント開催中。
洋服売り場は大阪のデパートでも馴染みのブランドが入って
頑張って百貨店の役割を果たしている。


●中三 弘前店

 ●さくら野弘前店 

 ~買い物に行った市場~
スーパーなら値引きシールを貼り出す16時過ぎ。
店内の台所で煮炊きする濃厚な甘辛い匂いが溢れる。
炒める野菜を勢いよくカットしている様子が
通路と売り場の境界線なく展開されているシズル感。
本気の買い物のお客様で活気がある。
お客の年齢層も幅広い。
食品衛生の観点からは、首を傾げる場面も多く
私達は買う事をためらってしまったけれど・・・。


●弘前食料品市場 虹のマート


●弘前中央食品市場


私達が全国のスーパーマーケットを巡り始めて
もう、15年以上になる。この15年間の
サービス、インフラ、モノの変化は
目まぐるしいものがある。
冷蔵、冷凍の流通の技術も改善され
日本全国ほぼ同様に食品を届ける事が可能になっている。
保存の利便性から広まった塩蔵物豊富な
食生活も理屈としては変化できるはず。
しかし「食」とはなんと頑固なもの!
青森県は「だし活!健活!減塩推進事業」を掲げている。
お昼はカフェでノートパソコンを開いて
ストローでプラペチーノを飲んでいた
人が、夜はあのお醤油で煮たカスベを食べ
白い御飯に珍味系の発酵食品を載せて食べているのか!?
「ソウルフードは毎日じゃなくてなつかしくなってから食べるもの」
ぐらいにすると、減塩もできるかなぁ?

  弘前 たびすけ西谷雷佐氏セミナー編

弘前 オステリアエノテカ ダ・サスィーノ編

『青森県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ・47都道府県の一番搾り 飲... | トップ | ・弘前 たびすけ西谷雷佐氏... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。