しいやみつのりの吞んべえ日記

今宵も一人晩酌のおっちゃんのつぶやき・・・なのだ。

もーれつ日記『その54』ぶらり道の駅、たくみの里!」

2017-06-14 08:34:48 | 日記

皆さんは群馬県の道の駅「たくみの里」ご存知ですか?

「たくみの里」の道の駅の近くに、宿場通りがある。

 

この約500メートルたらずの宿場通りの何と綺麗な事か。

 

僕の行った日は天気も良く、晴れ渡っていた。

 

春の花々が道なりに咲いていた。

かなりきれいに手入れしてあり、町を愛する人々の気持ちが観光客にもズズンと伝わって来る。

まるで天国にいる様な錯覚を覚えるのだ。

とは言え天国なんてよく知らんけどね。

 

たくみの里を下って行くと湯宿温泉があり、歌人の若山牧水が泊った旅館がある。

 

 

今日は、そこに宿泊するのだが、なんと僕が一泊お世話になる旅館の近くに

当時マイナー雑誌の「ガロ」の漫画家、つげ義春の漫画の舞台になつた温泉があるのだ。

漫画のタイトルは「ゲンセンカン主人」。この作品は映画にもなった事がある。

つげは当時の湯宿温泉の事を、まるで死んだような静かな温泉街である、と言っている。

楽しみだ。

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« もーれつ日記『その53』ぶら... | トップ | もーれつ日記『その55』ぶら... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。