SHIDAH’S WEBSITE

人間とは、人生とは・・・・・。摩訶不思議な人生を共にエンジョイしましょう。
(世界一周の旅他)

ロンドンで「シャーロック・ホームズ」の館に行く。

2017-03-23 13:54:50 | Weblog
ロンドンの旅は、ツアーコースを一通り行ったが、ビートルズで有名になった「リージェントパーク」の前の
ホテルや、「ハイドパーク」、クリスマスの頃の百貨店「ハロッズ」、「大英博物館」、中華料理の飲茶の「
チンチャンクー」や衛兵の「閲兵式」、「時計台」、さらにホテルの朝食に出た「ミルクティー」の味、「
フイシュアンドチップス」など意外な一面も見ることができた。さらに「玩具博物館」や「シャーロックホー
ムズ」で有名になった「ホームズの館」の中に入り、実存した「ホームズ」を小説の世界を「現実の世界」と
して想像することができ、楽しいものであった。二階立てバスに乗りロンドン市内を見て回ったのも、思い出の
一つとして残っている。NY,パリとはまた違った旅になったのは間違いない。英語もロンドンのほうが、わかり
安いなというのも以外なことであった。そのイギリスが「EU」離脱という道を選んだのも、歴史の一つとして
記憶に残る話ではある。

この記事をはてなブックマークに追加

「世界一周の旅」は「JALアトランタ線就航記念」の旅であった。

2017-03-17 13:18:44 | Weblog
1980年、バブルは1989年であるから、其の10年前のことである。「JAlアトランタ線就航記念世界一周の旅」
であった。何故そのような企画がなされたかというと、1890年当時は、日米貿易摩擦特に自動車の摩擦が広がり
日本の自動車メーカーはアメリカに工場を作るという解決策に出ていた時である。何故「アトランタ」なのかというと
「アトランタ」に日本の自動車メーカーが工場進出していたからである。今はわからないが、当時「アトランタ空港」
は世界一の広さを誇る大飛行場であった。滑走路が何本もあり、広いなという記憶が残っている。広大な「イミグレ」
であったが、その広い「イミグレ」全体に、「ようこそアトランタへ」という日本語の垂れ幕が垂れ下がっていたのを
覚えている。その位、日本の自動車メーカーの「アトランタ」へ自動車工場進出は画期的な出来事だったのである。
そのアトランタへの「JALアトランタ線就航記念世界一周の旅」だったのである。NY,パリ、ロンドンと2週間余りで
巡る旅であったが、費用は割安な旅になっていた。このような努力をしてきた日本の自動車メーカーであるが、時代
が進み、また違った形で問題提起がされているようである。世界経済の変化もあるが、やはり経済は生き物であるような
気がする。その時代、時代で新たに問題提起がされてくる。そういう中で舵取りをうまく進めていかなければならない
のである。「知識」より「知恵」という世界なのかもしれない。

この記事をはてなブックマークに追加

「アメリカの美術教育」と日本との違い。

2017-03-01 14:36:47 | Weblog
NYの近代美術館に行った時、目にしたことであるが、一枚の絵の前に子供たちが床に
座り込んで、教師の説明を聞いていることであった。日本では美術館を訪れると、一列に
並んで、時間待ちをしながら有名な絵の前を素通りしていくのである。この光景を目にして
感じることは、やはり日本の教育には「ゆとり」がないなという感じである。「ゆとり」
教育の弊害が言われ、また「ゆとりのない教育」に戻ったようであるが、やはり教育は
「長期的視点」から見ていくべきでないかと思うが、如何であろうか?「旅行・観光」
も同じような視点から見ていくことも大事な役割のひとつではなかろうか。世代・年代で
その目的が違うことも当然のことである。

この記事をはてなブックマークに追加

「銃社会」アメリカ

2017-02-27 05:35:50 | Weblog
銃社会アメリカについては、色々言われているし、過去にも日本人の子供の犠牲者が
出たり様々な社会問題を提起している。我々日本人がアメリカを訪れて驚く光景に
ホームセンターの一角で、モデルガンの展示のように「銃やライフル」がさりげなく
売られていることである。前オバマ大統領も銃規制に力を入れてきたが、中々その
効果は現れなかった。年間に何万人かが銃の犠牲になっているという事実があるが、
ホームセンターでモデルガンの如く銃が売られているという現実がある。アメリカ
という国の成り立ちから、そのような環境になってしまったと言われているが、モラルの
問題であるから、文化の問題であると言ってしまえば、それまでのことであるが、
故にグローバル化のもとにその流れが、世界の価値になって行くようなことがあっては
ならないと思うが、如何であろうか?

この記事をはてなブックマークに追加

NY「メーシーズ百貨店」の売却。

2017-02-14 15:22:11 | Weblog
先日ニュースでNYのメーシーズ百貨店が100店舗をカナダの企業に売却すると報道していた。
NYに行った時に目にする一つに「メーシーズ百貨店」がある。当時の日本人の目からすると、さすが
アメリカの百貨店だと思わされるのが、その壁面に「ワールドナンバーワンズストアズ」と書かれている
のである。あの「メーシーズ百貨店」がカナダの企業に100店舗売却するということを報道でしり、
何でだろうという思いがある。ロックフェラーセンター売却時に「メーシーズ百貨店」に行ったが
確かに、商品も変わり映えせずこれがあのメーシーズかと思った次第である。あのメーシーズ百貨店
が、今更ながらにカナダの企業に100店舗売却するという報道には驚きを隠せない。新大統領の下
様々な動きがあるが、アメリカファーストを唱ってきたが、個別ビジネスネスでは、ビジネスファースト
がアメリカという国では貫かれているなと思う次第である。これはかってNYの女性のエコノミストに
ヨーロッパのEUの前のECについて質問したところ、ECは政治の話で、ビジネスでは強い企業が勝つと
明快に答えていた。アメリカでは政治と個別企業のビジネスとは関係ないという考えが徹底して入る様である。

この記事をはてなブックマークに追加

新大統領の思い?

2017-01-26 09:48:37 | Weblog
1989年に日本はバブルに湧き、私もそのおかげでNY、シカゴ視察を行うことができた。
そのときのアメリカ、NYは日本のバブルと反対の局面にあったと思う。NYのトランプタワー
もそのとき訪れたものである。もう日本人は忘れてしまったかもしれないが、当時日本の
バブルの象徴的出来事がNYで起きていた。私自身も内心驚いたことであるが、日本の某大手
不動産会社が、NYのロックフェラーセンターを買収したことである。ロックフェラーセンター
は冬にスケートをを滑るNY子の姿が有名であるが、実際に行ってみると、ロックフェラー
センターとはあのビルだけでなく、周りの街全体がロックフェラーセンターであったのである。
日本で言えば、大手町全体がロックフェラーセンターであると想像すればよいのである。
そのような時にトランプ大統領がNYで不動産業を行っていたはずであるから、そのときの
トランプ大統領の気持ちを推し量ることができる。今、ロックフェラーセンターがどうなって
いるかはしらないが、この時のトランプ大統領の気持ち、アメリカ人の気持ちを推し量ることが
今の日本人に必要なことではなかろうか。1989年から数年後日本は失われた20年と言われる
時代に入って行くことになったのである。

この記事をはてなブックマークに追加

「クイーンズイングリッシュ」と「アメリカンイングリッシュ」

2017-01-21 15:27:27 | Weblog
中学、高校、大学と英語の勉強をしたが、海外でその英語を使うことになるが、
どうも我々の世代は、中学時代に「クイーンズイングリッシュ」を学んだようで、
実際に海外に出てみて、アメリカンイングリッシュは、慣れるまで結構大変で、
これが英語かと思ったこともあったが、ロンドンに行った時に、ああこれが、
我々が学んだ英語だと思ったものである。慣れるまで大変なアメリカンイング
リッシュと、ロンドンの英語は学校で学んだ英語で、良く理解することができた。
今や、グローバル化した時代の英語は、アメリカンイングリッシュと色々な局面で
知らされている。

この記事をはてなブックマークに追加

大英博物館の「マグナカルタ」に感動する!!

2017-01-02 15:08:44 | Weblog
「世界一周の旅」のロンドンで行った、大英博物館の入り口すぐに、マグナカルタ〈大憲章)
の実物が展示されていた。これが「マグナカルタ」の実物かと、世界史で学んだことを、
思い出し感動したものである。確か1315年のはずであるから、今から702年前の、
マグナカルタ(大憲章)の実物である。マグナカルタは確か憲法のようなものの初めての
ものであるから、日本と比べると、イギリスの立憲主義の歴史にその価値を感ずる。
議会制民主主義の始まりであるから、価値のあるものである。そのイギリスが、EU離脱を
国民投票で決めたのであるから、今や、世界の政治経済はある意味で、激動の時代に入った
のは間違いのないことであろう。さらに、一月の「アメリカ大統領」の就任で、激動の世界経済の
時代に入ったのは間違いことであろう。世界史を振り返っても、例のない時代に入ったもの
と思われる。激動の21世紀の始まりである。「平和の意味」が問われる時代に入ったものと
思われる。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

パンダのサーカス!!

2016-12-26 14:18:58 | Weblog
上海から桂林、広州、香港の旅の時のことである。
上海雑技団(サーカス)に行った時のことです。
何と驚くなかれ、パンダが確か10何頭で、色々
芸をして見せてくれるのです。パンダだけです。
記憶違いではないかと、ネットで見てみましたが、
パンダの芸はありませんでした。もう30年も前の
話ですが、当時は中国ではパンダもそのような、扱い
を受けていたのでしょう。当時の様子を撮影していれば
貴重な映像になっただろうなと残念な話です。そのような
ことが結構あるかもしれないなと、改めて思う次第です。
コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加

欧米の百貨店は今が最盛期である。

2016-12-20 16:39:51 | Weblog
NYの「メーシーズ(閉店しているかも?)」やロンドンの「ハロッズ」やパリの「プランタン」など
欧米の百貨店は今のクリスマスシーズンが、一年で一番賑やかになっている。
この時期に欧米への旅は、寒いシーズンであるが、費用も割安で行くことができる時である。
クリスマスの飾りつけは10月頃から始まり、今がピークになっている。
日本でも、様々な飾り付けなど欧米のようになってきているが、規模などでは及ばない。
欧米には正月がない分、クリスマスは特に商戦では一番盛り上がっている時である。
この時期に欧米に旅する人は、「旅行通」である。
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

まさかの?「トランプ大統領」

2016-12-18 09:45:41 | Weblog
過去のブログの記事に書いたものです。
バブルの頃の話になるが、今やアメリカ大統領共和党候補になったトランプ氏は当時
不動産王として、本まで出していた。その後、音沙汰もなく、気にも留めていなかっ
たが、突然の如く共和党の大統領候補として登場してきたので、トランプ氏が出てき
た時、どこかで聞いたことのある名前だなと思ったぐらいである。ああ、あの不動産
王といわれた「トランプ氏」ではないかと。そういえば、当時NYに行った時、トラン
プタワーに行ったことを思い出した。レストランで食事をし、牛ヒレカツを食べたこと
まで思い出した。あまり美味しくないなと・・・・・。学生時代に学食で、100円牛
ヒレカツ定食の方が美味しかったなという事まで思い出してしまった。余り、トランプ
氏のことは、バブルの頃の「不動産王トランプ氏」しか知らないが、破綻したというこ
とも聞いたことがあったような気がする。再チャレンジできる社会と、日本の現総理が
良く言っていたのは覚えているが、最近は余り、聞いたことがないような気がする。
あのトランプ氏の再チャレンジだとしたら、「アメリカンドリーム」の再現化?と思う次
第である。同様にあれが、あのフイリピンのマルコス大統領がNYに保有しているビルだ
ということまで思い出してしまった。政治の世界に興味はないが、権力闘争とはそんな
ものなんだろうなと何となく思う次第である。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

欧米の「チップ」社会

2016-12-13 14:48:57 | Weblog
余り日本では報道されることもないことに、欧米の「チップ」なる制度がある。
初めて海外に行くとまず最初にこのことに気づくだろう。
普通、清算金額の10パーセントから20パーセントを「チップ」として清算時に
支払う。これは欧米の海外旅行に出て初めて出会うことで、普通「ガイド」から
飲食等の清算時に説明されることが多い思う。この「欧米」のチップなる制度?
は、普通サービス業に携わる方達の収入が「チップ」で成り立っていることを
理解するとその仕組みの日本社会との違いがわかることになる。パリにある海鮮
レストラン「ガルニエ」に行った時、冬の寒い日だったので、先ずコートを預かる
クロークにチップ、席に案内する人にチップ、席に着きオーダーをとりに来る人に
チップ、席の担当の係員にチップ、席で清算するときにまたチップと・・・・・。
このような感じでチップを弾むと、最高のサービスが受けらられるという仕組みに
なっているのである。「チップ」で生活をする社会があるということも、欧米社会
の仕組みを知る上で、海外旅行は「見聞録」になるのである。この仕組みが、良いか
悪いかは判断のつかないことではある。アジアの国々では経験したことはないが・・。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

「世界一周の旅」は、主に「美術館・博物館」巡りの旅でした。

2016-11-18 14:49:43 | Weblog
「世界一周の旅」の旅は、主に「美術館・博物館」巡りを目的にした旅でした。
NYでは、先ず、メトロポリタン美術館をスタートに近代美術館、ホイットニー美術館、グッゲンハイム美術館を
短い時間の中で、見て歩きました。当然、事前勉強はして主ななものを中心に見て歩きました。今は亡き「美術
評論家」高階先生の本で勉強して見て歩きました。パリでは、ルーブル美術館、ドラクロア美術館、バルザック
記念館を見て歩きました。ロンドンでは大英博物館、ナショナルギャラリーを中心に見て歩きました。
何処へ行っても、最低一週間は必要で、じっくり見るなら、一か月は必要だなと感じた次第です。
日本の美術館・博物館とは、その規模は桁外れで、欧米の芸術・美術の質の高さ、その量に圧倒されたものです。
それだけ、繁栄を謳歌した結果だなと思いました。日本も数の面では相当ありますが、それを一か所に集めた
規模は相当差があるなと思った次第です。
コメント (7)
この記事をはてなブックマークに追加

「世界一周の旅」NYで、ジャズ喫茶「ビレッジゲート」に行く。

2016-10-29 14:18:33 | Weblog
世界一周の旅のNYの夜、グリニッジビレッジにある、今は無きジャズ喫茶「ビレッジゲート」に行く。
店内は歴史がある、趣のある当時「ジャッズ喫茶」の生バンドの名門であった。誰が演奏していたかは
わからないが、多分当時の有名な「ジャズメン」が演奏していたと思われる。全員黒人であった。
当時、「ビレッジバンガード」も売れていたが、やはり「ビレッジゲート」がNO.1であった。その後
「ビレッジゲート」の閉店を知り、残念な気持ちで一杯である。「ビレッジバンガード」はその後、
青山に出てきたので、聞きに行ったが余り、NYや「ジャズの香」のしない、残念な印象であった。
「ビレッジゲート」の思い出の一つに、警官が犯罪者と思しき男を、壁に向かわせ銃を向け、「ホールド
アップ」をしている姿が印象てきであった。

この記事をはてなブックマークに追加

NY「ペンタホテル」が世界一周の旅のNYのホテルであった。

2016-10-09 15:46:35 | Weblog
世界一周の旅は、成田からシアトル経由アトランタへ。JALのアトランタ線就航記念世界一周の旅であった。
当時アトランタは日本の自動車メーカーが工場進出し、アトランタ空港の広いイミグレに、歓迎日本の垂れ幕が
出ていたほどである。アトランタ航空は当時は、世界で一番広い空港とのことであった。アトランタからNYを
目指すことになるが、当時のNY行きサウスウェスト航空機がフラップの故障ということで、飛行機のなかや、空港
で休憩を余儀なくされる。飛行機の中では、バナナとクッキイと飲み物が配られた。24時間営業のアメリカの航空
業界であるから、夜の十時ごろNYへ向け出発になる。眼下にワシントンの街を眺めながら、深夜にNYのラガーディア
空港に着くことになる。そして、真直ぐホテルへ向かう。宿泊ホテルは「NYペンタホテル」であった。今は、「NYペン
シルベニアホテル」に変わっているようである。「グレンミラー物語」で「グレンミラー楽団」が演奏していたホテル
である。当時JALのキャビンアテンダントの宿泊ホテルでもあったようだ。マンハッタンの街中で、裏にはエンパイアー
ステートビルがあったが、高すぎてタワーの上の方は、雲の中で下からは見えなかった。冬のNYであったので、「マリリン
モンロー」で有名になった、NYの地下から湯気が吹き出ていた。ホテルは歴史のある、古い昔のホテルであったが、暖房は
スチームであったり、バスルームも歴史を感ずる趣のあるホテルであった。NYの旅は後述することにする。

この記事をはてなブックマークに追加