怒り、ひとつ  (★さらに5時間後に追記)

2008年04月05日 | Weblog



▼みなさんのコメントを読んで、先ほど(4月5日土曜夜10時過ぎ)、関係者2人に、電話しました。

 その電話を、フェアにそのまま記します。
 関係者2人は、いずれも留守電になっていたので、ぼくがその留守電に残した内容です。

「今日の放送、ほんとうに、おつかれさん。みんなの努力があって、あの生放送ができました。ぼくのところへも、圓教寺にもたくさん反響が来ているけど、局にも来ていると思います」

「しかし一方で、その番組内容の動画がインターネットにアップされているのを、視聴者やネット閲覧者の解釈ではテレビ局(あるいは著作権者の権利を代行する者)がどんどん削除していて、みんなが見るのに苦労しているという。
 もちろん、著作権法は大切にしなければならない。ぼくも、物書きの端くれだから、著作権法に違反する行為によって被害を受ける立場だ。
 それでも、なにがなんでも削除するだけが能じゃないだろうっ。
 今日ぐらいはせめて、時間を置いてから削除するぐらいのことができないのか。ネットで動画がアップされ、多くのひとがみることが、番組の広報のためにも極めて有効なことぐらい、分かるじゃないか。
 生放送で、再放送もない番組については、もう放送された分をしばらくアップされたままにしておくことに、どんな実際の害があるんだ。どっかの小役人みたいに、なにがなんでも削除するだけでいいのか」

「そもそも、無料のアップが困るなら、100円とか50円とかの有償で配信すべきじゃないか。その努力をしないで、何を削除、削除って、官僚的にやってるんだ。
 ぼくはずっと、関係幹部に、これを申し入れてきた。それなのに何も変わらない。誰が変えないのか、どんな検討がなされているのか、何も分からないままだ。
 削除しているのが、番組のスタッフじゃないことは明白だ。局の担当のひとか、あるいは著作権者の権利を代行する者がやっているんだろうから、その人たちをぼくに会わせなさい。
 直接、話すから。
 とりあえず、今日の放送のアップを、機械的に削除することを、今すぐやめなさい。きみたちでできないなら、もう一度言う、担当者が直接、ぼくに連絡してきてください! フェアに議論しようじゃないか」


▼この国の、悪しき意味の小役人は、役所にいるだけじゃない。
 仕事社会の隅々に、どんな民間にもいること、それがわたしたちの問題なのだ。

 なんのために仕事をするのか。
 志のためか。
 ひとのためか。
 みんなのためか。

 それとも、中国や旧ソ連の独裁官僚のように、ただおのれの保身のためにだけなのか。





★すこし怒りを静めての、追記 (4月6日・日曜未明3時すぎ)


 誰がどのように、あるいは誰が責任を持って、ネット上の動画を削除しているのか、いまだに判然としません。
 ただ、少なからぬテレビ局が、「安価な有料で動画を配信する」という努力もしないまま、とにかくネット上の動画が、その元ビデオがTV番組であれば無差別にただただ、削除され続けていることだけは、はっきりしています。

 TV番組のネット・アップが困るなら、あるいは、著作権法がきちんと守られる社会にしたいなら、まず、上記の「安価な有償配信」を始めるべきだし、『再放送の可能性のない生放送であれば、ネット上の動画も少なくとも一定期間はむしろ積極的な広報戦略として、削除しないでおく』…ということを検討すべきです。

 また、その削除は、誰がどんな責任を持って、誰を実行行為者として行っているのか、あるいはテレビ局としては何も手を下していないのか、下しているのか、すべてのテレビ局はいまや、ディスクロージャー(情報公開)をせねばならないと考えます。

 これは、番組参加者(出演者)のひとりとして、番組のうち、自分の発言した部分に明確な責任を持つ者としての考えです。

 そうした情報公開がないままでは、仮に、外国の工作員や、それに類する者が、彼らにとって気に入らない不都合な内容の番組について、ネット上の動画を勝手に削除するケースがどれだけあるのか分からないし、そうした不当な行為と、著作権法に基づく削除行為との区別も付きません。

 ネット時代になってすでに久しく、動画サイトが社会に広まってからも久しく、この問題へのテレビ局の取り組みが遅れていることは、マスメディアの責任を果たしていないと言わねばなりません。


                              青山繁晴 拝




ジャンル:
ウェブログ
Comments (123)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ことしの桜花はいつもより長... | TOP | 真実 »
最近の画像もっと見る

123 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
怒りを共有できて幸いです (Freewill)
2008-04-05 22:49:29
今日の放送、またまた感動しました。
「日本が立ち上がる」ぐらいに心に響きました。
ネットでの反響も凄いですね。青山さんファンとFreeTibetを叫ぶ人が融合したのを感じました。
同時に予想通りの動画削除とのいたちごっこ。
「小役人」というお言葉まったく同感です。
今日本人を一番醜くさせているものの象徴のような気がします。
保身・波風を立てない考え・態度。
戦争が終わって63年経って日本を駄目にした現況ってこれなのかな?ってひしひし感じます。
先日の栗林中将、水曜日の三宅課長、今日の大樹執事長たち、そして青山さん はこの対極にいるのを感じました。
次の世代にはこの気高い精神を伝えられたらと説に願いました。

志は何処へ? (杉崎和也)
2008-04-05 23:10:43
日本の「事なかれ主義」が悪い形で現れてしまいましたね。

杓子定規ではなく、志で動くような今日の大樹執事長達のような方がメディアで生きる人の中にはいないのでしょうか…

このままでは、この声が全国に届かなくなってしまいそうで怖いです
ありがとうございます (元関西人)
2008-04-05 23:24:17
 青山さん、お疲れ様です。
 わたしは、関東在住の関西人なので、本当はいけないことなのですが、動画サイトで玄承師のコメントを拝聴致しました。本当はいけないことなのですが(苦笑)。しかし、今回のコメントの重要さ、そして何よりも玄承師の勇気に最大限応えるには、役人的な処理の手法は、正反対の結果を生みかねないと危惧します。地位や名誉のためでなく、純粋な良心に基づいて立ち上がる決心をされた玄承師の志を、著作権というある意味人の欲のかたまりでできた法律に則って処理するのは、師の志を無にすることに他なりません。

 本来、玄承師の今回のご英断は、関西ローカルの枠で収まるようなスケールではないと思います。なら、関西テレビさんには、著作権なんてけちなことにとらわれず、青山さんのおっしゃるように、全国に広める気概を見せて頂きたいです。

 ともあれ、本当に価値ある情報を発信して頂き、ありがとうございます。私も、私のできる範囲の行動を始めたいと思います。

  
☆がっかりです。 (ぽんより)
2008-04-05 23:47:59
 関西TVも 酷い事するんですね。
こういう事象を知ると 情けなくなります。

 何の為に 大樹執事長さんが英断されたのか 解らなくなるじゃありませんか!!

 関西TVさん しっかりして下さい!!
青山さん、ありがとう!!! (日本人)
2008-04-05 23:50:29
人間の良心と尊厳がかかっているこのときに、
著作権なんて屁みたいなものですよ!
どしどし拡散すべしです!

・・なんて小さい声で呟いてます。
多くの人に真実が届きますように (べっちゃん)
2008-04-05 23:54:14
「青山さんの出演TVを動画で配信してほしい」という昨年来からの願いをこのような形で関西テレビの関係者に訴えて下さっていたことを知り、嬉しく思いました。
諦めずに訴え、勇気を出して行動することの大切さを教えていただいています。
ありがとうございます。
Unknown (憂う国民)
2008-04-06 00:04:02
今回の放送は動画サイトでチェックしました
著作権侵害を悪とするならば、今回は必要悪なのかもしれません
ただこれだけは分かって欲しい
今回の圓教寺のお坊さんの話に心を打たれました
動画を削除出来ても私の心は削除出来ませんよ
広めたい (ぼやきくっくり)
2008-04-06 00:10:23
他にも同様にUPされている方もおられるようですが、私のほうでも取り急ぎ大樹玄承 執事長の書簡全文をUPしております。
http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/log/eid467.html
もっともっと多くの方の目に触れますよう、ブログ運営者の皆さんにもご協力いただきたいです。
あと思うのは、どなたか英語、中国語に訳して配信してくださる方はいらっしゃらないでしょうか。
関テレは十分やってくれました (みき)
2008-04-06 00:17:26
青山さんの志からいうと、青山さんのお怒りはごもっともかと思いますが、生放送でこんなことができた。ということだけで関テレはすごいな。というのが率直な感想です。

ミクシーで見ていると関テレに感謝のメールを送っている人も多いようです。

関テレの削除攻撃に負けずに画像をアップしまくってくれる人もいるようですし、こっちはこっちで戦っている人もいるようですが。。

どちらにせよ気持ちは一つです。みんながんばろう!
青山さん頑張って!! (Rocket@FreeTibet)
2008-04-06 00:20:17
YOUTUBEで番組拝見致しました。
次回も期待しております!!