せっとんの下道温泉めぐり

一般道をとことこ、ひたすら温泉をめざします

新穂高温泉 民宿たきざわ

2017年09月12日 | 旅(岐阜県)

2017年9月9日(土)奥穂高温泉郷 新穂高温泉に一泊。「民宿たきざわ」は中尾地区にある古民家を和風モダンに改装した宿です。全8室の小さな宿で、素朴な味わいがあり大変静かでした。中尾地区には小さな宿やペンションがいくつかあり、焼岳や錫杖岳、笠岳など雄大な自然の眺めを楽しめます。奥飛騨温泉郷に泊まるならオススメの場所です。

 

もちろん宿から、錫杖岳と焼岳が望めます。通された部屋からも焼岳がきれいに見えました。到着時にお布団はひかれていました。

 

内湯2ヶ所、露天風呂2ヶ所を貸し切りで利用。中尾の湯は透明で、ほのかに硫黄の香りがあります。少し熱めの源泉が24時間、掛け流しされています。

 

 

露天風呂は屋外の湯舎にあります。緑の木々に囲まれてゆっくりと貸し切りで入れます。

 

夕食、朝食は食事処で。評判に違わず民宿とは思えないもてなし料理でした。運ばれてきたイワナが突然はねて、mari(せっとん奥さん)も飛び上がる。まさか活け造りで出されるとは。

<新穂高温泉 民宿たきざわ>

岐阜県高山市奥飛騨温泉郷中尾261
TEL 0578-89-2705
2017.9.9 1泊 14.040円

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

野沢温泉 桐屋旅館

2017年08月30日 | 旅 (長野県)

2017年8月26日(土)信州野沢温泉の桐屋旅館で一泊。野沢の外湯を楽しみました。桐屋旅館は野沢温泉では老舗の一つです。そばには麻釜源泉、隣には日帰り入浴施設「ふるさとの湯」があります。

 

宿泊客へは「ふるさとの湯」の無料の入浴券とペットボトルの水がサービスされます。外湯めぐり用のタオルも沢山用意されていました。写真のお風呂は女湯です。男湯はこれよりひと回り大きい。自家源泉の透明なサラサラした感じのお湯が掛け流しに。夜の温泉街も情緒があります。当夜は横落地区の不動明王のお祭りが開かれていました。そこで演じられた「猿田彦舞」が中々ユニークで面白かった。

 

食事は食事処でゆっくり頂けました。品数も豊富でした。ご飯はショウガご飯。

<野沢温泉 桐屋旅館>

長野県下高井郡野沢温泉村豊郷8714-2
TEL 0269-85-2020
2017.8.26 1泊 13.500円 

今回入った外湯は、緑色の「熊の手洗い湯」、白濁湯の「真湯」、透明な「麻釜の湯」です。野沢温泉の魅力はなんと言っても、色々な源泉を楽しめる外湯めぐりです。最後の写真は「ふるさとの湯」(有料500円)

  

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

平湯温泉 穂高荘倶楽部

2017年08月07日 | 旅(岐阜県)

2017年7月29日(土)平湯温泉の日帰り入浴施設「穂高荘倶楽部」の特別仮眠室を予約。上高地でのハイキングが目的でしたが当日のお天気が悪く上高地に上がるのは諦め温泉でゆっくりして、翌日は高山の街並みを散歩してかえりました。

 

穂高荘倶楽部は「穂高荘山がの湯」東館にある日帰り入浴施設です。入浴料プラス深夜料金でリクライニングチェアや畳の仮眠室で宿泊できます(予約不要) 私達は更に500円払って特別仮眠室を利用(予約要)しましたが、正直言って特別仮眠室は狭くて隣のブースはうるさくて寝心地は今いちでした。客室での素泊まりのプランもあり当日は中国からの団体客が泊まっていました。

 

  

夕食は併設の食事処「いなかや」で取りました。郷土料理の「けいちゃん」650円と飛騨牛の鉄板焼き2600円を注文。

 

 

<穂高荘倶楽部>

岐阜県高山市奥飛騨温泉郷平湯138
TEL 0578-89-2306
2017.7.29 日帰り入浴(特別仮眠室)1900円

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

乗鞍高原温泉 アルプホルン

2017年07月07日 | 旅 (長野県)

 

2017年7月1日(土)あいにくの雨模様の中、乗鞍高原にでかけました。宿泊したペンション「アルプホルン」も梅雨時は予約が少ないと見えて私達夫婦一組だけでした。そのためか、洋室もありますが、一番広い和室にとおされました。ちなみに布団は自分でひきます。

 

露天風呂2つ、露天つき内湯2つ。合わせて4つのお風呂に、それぞれ貸切の札を下げて入ります。・・・が、なんと、当日は内湯が配管の故障で利用できませんでした。噓だろうと思いながら、仕方がないので2ヶ所の露天を交互にはいりました。それでも広々とした緑に囲まれた庭を眺めて入る露天は気持ちが良かった。まあ、許すことにします。

  

露天風呂にもそれぞれ、小さな洗い場が付いています。最後の浴室の写真は入れなかった内湯の一つ。

 

食事は開放感のある食堂で。ちょっとしたお洒落なレストランか高原のカフェのよう。若いオーナーが作る洋食と、お母さんの和食の小鉢がでました。長野ブランド牛のステーキは柔らかくて美味しかった。食後の珈琲とハーブティーはセルフで。

<ペンション アルプホルン>

長野県松本市安曇4030-3
TEL 0263-93-2666
2017.7.1 1泊 11.500円

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

箱根温泉 強羅静雲荘

2017年06月28日 | 旅 (神奈川県)

2017年6月24日(土)箱根の強羅温泉で一泊。今回は二度目の宿泊です。紫陽花電車のシーズンでどこも人でいっぱいでしたが、今年は残念ながら少し紫陽花の開花が遅かったようです。大涌谷は上がる車が列をなしていたので諦めました。宿泊した「静雲荘」は文科省共済組合の宿泊所ですが、一般の人も泊まることができます。値段も安く穴場です。

 

男女別の内湯と露天、それに家族風呂も一つあります。強羅温泉のきめ細かな白濁湯が掛け流されています。森のみどりに囲まれたウッドデッキの露天風呂は最高です。

 

食事は食堂でとります。予約の時、三種類のメニューから選べます。普通のボリュームのものを頼みました。量も質も宿泊費からすると、まあまあ妥当でした。ご飯やお茶はセルフです。朝食のアジの干物は脂がのって美味しかった。コーヒーもセルフサービスで飲めます。

<強羅静雲荘>

神奈川県足柄下郡箱根町強羅1320
TEL 0460-82-3591
2017.6.24 1泊 11.704円

 

翌日は元箱根の成川美術館によりました。展望室からの芦ノ湖の眺めは素晴らしかった。晴れていたら目の前に富士山が見えます。平山郁夫や堀文子など、有名な日本画家の作品を数多く収蔵します。5つの展示室でゆったりと名画を観賞できます。年4回、展示の入替があるので再訪したいと思います。入館料は大人1300円ですが、100円引きの優待券が観光センターなどにあります。私達はJAFの200円割引を使いました。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加