Three Views Of A Secret

せんちょうのブログです

懐や 美味しいですよ〜‼️

2017年06月24日 15時25分51秒 | オススメ(リコメン)


先日、同僚からオススメされていたラーメン屋さんに行って来ましたよ〜(^ν^)

お店の名前は、懐やです(^ν^)

凄い人気があるらしく、開店が11時30分で、スープがなくなり次第閉店になります。
閉店の目安は15時くらいです(^ν^)

早速、行ってみると平日なのに数人が並んでいます。
ご近所の迷惑にならないように、お店の裏手というか側面の細い隙間に並びます^^;

店内に入ると、店内の中でも並びます^^;
しかし店内は、小さいながらも清潔感があって、雰囲気もイイです(^ν^)

スタッフはご夫婦だと思われるお二人だけです(^ν^)
しかも人柄が柔和で、安心できます(^ν^)

メニューは醤油と塩、麺は平打ち麺と細麺が選べます(^ν^)
私はチャーシューやメンマなどのトッピングがのった、特製醤油の細麺の大盛りを注文しました(^ν^)

注文した直後、ご飯ものが終了しました^^;
ご飯ものは、チャーシューとたまごの2種類があります(^ν^)
どうやら、みなさん注文しているらしいです。
次回は私も注文してみよう‼️(^ν^)

そして、出て来たラーメンを🍜食べましたよ(^ν^)

味に対してのボキャブラリーがないので、ズバリ‼️
美味し‼️‼️‼️(^ν^)

これは人気があるわけだ‼️(^ν^)

オススメしますよ〜(^ν^)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

本社ヶ丸から三ツ峠山へ 熊には遭遇しませんよ〜

2017年06月19日 06時38分58秒 | 登山・トレッキング
今回は1人で、またまた笹子駅に行ってきましたよ〜^^;

前回、前々回と熊に遭遇して、満足なルートを歩くことができなかったので、今回は熊鈴を2個重ねて装備しましたよ〜(^ν^)
iPhoneで音楽を鳴らして、ストックもクロスさせながら打ち付けて音を出して、さらに声も出して万全の熊対策を施して山行に臨みました^^;

さらに今回は、初めて土曜日に山に行くことにしました(^ν^)
いつもは、土日が休みの時は、息子たちと過ごすのですが、今回だけは登山客が沢山いれば、熊も現れないだろうと思い、実験的な考えで行くことにしました(^ν^)
やはり狙い通りで、中央本線に乗り込むと、車内は登山客で超満員ですよ〜(^ν^)
これならば、山行中も沢山の登山客に守られて安全ですね〜(^ν^)

しかし…、笹子駅で降りたのは、数人でした^^;
みんな何処の山に行くの〜⁉️^^;
さらに下車した乗客で、本社ヶ丸を目指すのは、私1人でした〜‼️^^;
土曜日をチョイスした意味がないっス‼️^^;

今回チョイスしたルートは…

笹子駅 ササゴエキ
船橋沢 フナバシサワ
宝越え タカラゴエ
角研山 ツノトギヤマ(1377m)
本社ヶ丸 ホンジャガマル(1630m)
清八山 セイハチヤマ(1593m)
大幡八丁峠 オオハタハッチョウトウゲ(1481m)
大幡山 オオハタヤマ(1531m)
御巣鷹山 オスタカヤマ(1775m)
三ツ峠山[開運山] カイウンザン(1785m)
木無山 キナシヤマ(1732m)
屏風岩 ビョウブイワ
達磨石 ダルマイシ
三ツ峠駅 ミツトウゲエキ

…という感じです(^ν^)
御巣鷹山、開運山、木無山の3つを総称して、三ツ峠山と呼ぶらしいですよ〜^^;
でも開運山の山頂標識はしっかり三ツ峠山になっていましたよ^^;

ということで、仕方なく1人で出発ですよ〜^^;
しかし、やはりトラウマでしょうか?
山に入ると怖くて仕方ありません^^;

とにかく熊鈴をじゃんじゃら鳴らして、音楽も鳴らして、ストックも鳴らして、大声で「急登キツイ〜‼️」と連呼していたら、本当にはちゃめちゃに疲れました^^;
本社ヶ丸に着いた時は、精魂尽き果てていましたよ^^;

本社ヶ丸までには、何回も獣の臭いが漂っていたので、近くにはいたと思います^^;
とにかく三ツ峠山に着くまでは、油断出来ませんでした^^;
これでは、全く山行を楽しむことが出来ません‼️^^;

ちなみに、御巣鷹山の手前の急登‼️
あれはないっス^^;
はちゃめちゃに急登で、しかも岩だらけで危なかったですよ〜^^;

三ツ峠山に着いたら、今までの道程が嘘のような賑やかさで、初めて熊との遭遇からくる緊張感から解放されました(^ν^)

山頂には、ジュースやビールの自動販売機まであってビックリしました⁉️(^ν^)

その後は三ツ峠駅を目指して下山しました(^ν^)
途中でグリーンセンターという施設で、お風呂に入ってみようと思っていましたが、下山に時間を取られてしまい断念‼️^^;

三ツ峠駅からは、富士急行線でホリデー快速という列車に乗ることが出来て、快適に帰宅出来ました(^ν^)

それでは、写真と一緒にどうぞ〜(^ν^)

今回は、この道を笹子駅から初狩駅方面へ歩いて、丁度笹一酒造の真上の神社から林道に入って行きます。
ちなみに、この通りにも熊🐻出没の注意喚起の看板がありましたよ〜^^;
さらにここは土石流が発生する地域のようです^^;


林道に入りましたよ〜。
正直、この辺りから熊出没を警戒しています^^;
やはりトラウマかな?怖いっス^^;
林道沿いには、船橋沢があります。
沢の音に、私の存在が消されていきます^^;
船橋沢では、何回か渡渉しました(^ν^)
滝子山でナメ滝を見逃しましたが、似た様な滝がありました(^ν^)スケールが小さめですけど^^;


角研山 ツノトギヤマ 1377m です(^ν^)
ここまで写真が少ないのは、熊が怖すぎてノンストップで登ってきたからです^^;
正直、楽しくないです^^;


角研山から本社ヶ丸までも、バリバリ熊が現れそうでビビっていましたが、ここで鉄塔がある広場に出て、ホッと一息つけました(^ν^)
しかも初めての登山者と遭遇できて嬉しかったっス(^ν^)
角研山から本社ヶ丸まで、かなり獣臭が漂っていました^^;
しかも色々なウンチが、登山道に落ちていました^^;


正直、このあと清八山に着いても、そこから笹子駅に下るのは嫌です^^;
なるべく人が多い山に行きたいです^^;
そして、念願の本社ヶ丸 1631m に到着〜(^ν^)
大きな蜂🐝が沢山飛んでいて怖いっス^^;
山頂で新たな登山者の方に、出会えて嬉しいっス(^ν^)


本社ヶ丸山頂からの眺めです(^ν^)
本社ヶ丸山頂は、岩だらけですが、ここでお昼ご飯を食べましたよ(^ν^)
しかし蜂🐝が多くて落ち着かないよ〜^^;


山頂標識ですよ〜(^ν^)
左手は三ツ峠山、右手には富士山🗻です(^ν^)


三ツ峠です(^ν^)
富士山も雲がなければ、綺麗な形をしている裾野まで見ることが出来そうなのにね〜^^;


清八峠に向かう途中にあります(^ν^)
登山者の方が写真撮ってますね〜(^ν^)
しかし、ここを降りる岩場には、鎖もロープもありません^^;


こんな感じです^^;
なんとか降りましたよ〜^^;


三ツ峠ですよ〜(^ν^)
手前は御巣鷹山かな?


こちらも三ツ峠ですよ〜(^ν^)


清八峠に到着〜(^ν^)
山頂標識を撮るのを忘れていました^^;
清八峠では、沢山の登山客がいてホッコリできましたよ〜(^ν^)


雲がなければ最高の富士山🗻が撮れるのにね〜^^;



この後、大幡八丁峠 オオハタハッチョウトウゲ 1481mを経由して、大幡山 オオハタヤマ(1531m)を通ったら、山頂標識の下でご夫婦の方がお昼ご飯を食べていましたよ〜(^ν^)
ただし、山頂と言っても山の中なので、私は熊が怖くてとてもとてもあんな所で、ご飯は食べれません‼️^^;

ここから御巣鷹山まで急登が続きますよ〜^^;
しかもやはり岩場には、鎖もロープもありません^^;
おっかねぇっス‼️^^;


やはり三ツ峠は、人気の山ですね〜(^ν^)
ここまで来ると、登山客が沢山いて安心できます(^ν^)
これを狙って土曜日をチョイスしましたからね〜(^ν^)
御巣鷹山山頂から、向かいにある三ツ峠山をパシャリ‼️(^ν^)御巣鷹山山頂には、テレビ塔だけ建っていました^^;


同じく富士山🗻もパシャリ‼️(^ν^)
おー‼️顔出てる‼️
三ツ峠山山頂から、見てみたい〜(^ν^)
手前の三ツ峠山山荘と比較すると、やっぱり大きい‼️(^ν^)


遂に到着〜‼️(^ν^)
三ツ峠山もしくは開運山 1786m
山頂は沢山の登山客で溢れていました^^;
なので、この写真も富士山を入れずに、変な角度になっています^^;


御巣鷹山では、バッチリ顔を出していた富士山でしたが、三ツ峠山山頂に着いた頃には、雲の中へ^^;
山頂にある三ツ峠山山荘と四季楽園という山荘には、ビール🍺の自販機にビックリ‼️^^;
隣には、ジュースの自販機もあります^^;
さらに三ツ峠山山頂には、沢山のジープが停まっていました(^ν^)
ここまで車で来れるんだ🚗何か複雑な気持ち^^;


山頂にある名物と言えば屏風岩です(^ν^)
ここはロッククライマーの名所のようです(^ν^)
あんなところに人が⁉️^^;
凄いなぁ〜‼️(^ν^)


木無山のそばにある、展望台からパシャリ‼️(^ν^)
みんなここでポーズをとってパシャリ‼️していました(^ν^)


さぁそろそろ下山しますよ〜(^ν^)
屏風岩のそばを通って下山しますよ〜(^ν^)
ロッククライミングを、楽しんでいるクライマーが沢山いました(^ν^)


一字一石供養塔
写経を小石に一字づつ書いて、ここに埋めたそうです。
そこにどなたかが、テント⛺️を張っていました^^;


坂東三十三カ所観音塔
愛宕尊
親不知
八十八大師
八十八躰供養塔
空胎上人の墓
愛染明王塔
馬返し
…と、信仰の山だけあって色々と観るところがあります(^ν^)
朽ち果てていたのもありました^^;
馬返しは、ここから先は道が険しくなりますという意味です(^ν^)
でも下山で利用したので、逆にここからなだらかになるのかな?(^ν^)

そして股のぞきからの眺望ですよ〜(^ν^)


この後は、登山口を通過して、有名な達磨石を通りました(^ν^)
その後は、三つ峠駅まで長い林道歩きです^^;
三つ峠駅からも、富士山🗻をパシャリ‼️(^ν^)


下り線には、フジサン特急が入って来ました(^ν^)
そして上り線には、ホリデー快速という電車が入って来て、これに乗って乗り換えなしで、そのまま立川駅まで行けましたよ〜(^ν^)
とても快適でした‼️料金も同じですよ〜(^ν^)

三ツ峠山は、熊🐻との遭遇からの緊張感から解放されて、楽しめました(^ν^)
これから駅近の山へ行く時は、2人以上にします‼️(^ν^)
ソロは怖くて怖くて^^;







コメント
この記事をはてなブックマークに追加

本社ヶ丸 子熊に遭遇して撤退‼️そして滝子山へ再び

2017年06月07日 11時16分52秒 | 登山・トレッキング
先週は、初狩駅から滝子山山頂を目指し、笹子駅方面にあるズミ沢へ沢山の滝を見るために下山を開始した直後に、沢で親熊🐻に遭遇してダッシュで山頂まで逆走する羽目になりました^^;

そんなことがありましたが、昨日も懲りもせずに笹子駅に降り立ちました^^;

今回は、笹子駅から本社ヶ丸を目指し、そのまま三つ峠山を縦走して、三つ峠駅から帰るというルートを計画しました(^ν^)

そして前回の熊騒動🐻で勉強したので、熊鈴を購入し、職場の同僚のうさちゅうさんを連れて行くことにしました(^ν^)
うさちゅうさんを、エサにするわけではありません^^;

まずは、庭洞山(1000m)を目指しますが、いきなりの急登に、後方のうさちゅうさんが離脱しそうです^^;
ほとんどソロで登っている状態でした^^;

そして庭洞山手前で、私の右斜め上の林の中を、子熊らしき動物が走って来て、私に気づいて立ち止まりました⁉️^^;

前回、ベテランハイカーさんが言っていましたね^^;
「1度熊に遭遇したら、次の山でもまた熊に遭遇するらしいよ〜(^ν^)」
まさかね〜^^;
でも…、やはり、どう見ても子熊です…^^;
しかも、大き目です…^^;

慌てて走って戻りましたよ〜‼️
「うさちゅうさん〜‼️熊だよ‼️熊‼️」
しかし、いくら走って下山しても、うさちゅうさんがいません^^;
そしてかなり降りたところに、うさちゅうさんを発見⁉️

うさちゅうさんに、事情を説明すると…
「子熊の側には、必ず親熊がいるから、危なかったね〜^^;」
とのこと…^^;
いやいや〜^^;
うさちゅうさん、このスピードだと熊が、いても、いなくても、山を登って下りることができないんじゃないの⁉️^^;

うさちゅうさん、かなりお疲れのようです^^;

ひとまず、撤退します〜^^;

本社ヶ丸撤退の後、笹子駅まで戻ってきました。
まだ9時半頃です^^;
うさちゅうさんと、この後どうしようか?^^;と相談しました。

うさちゅうさんは、三つ峠駅まで移動して、三つ峠山を目指したいと言うのですが、この日のうさちゅうさん、はちゃめちゃに遅いっす‼️^^;
牛歩戦術を、登山で披露するとは思いませんでした^^;
と言うことで却下しました^^;

目の前には、滝子山があるので、先週見逃した色々な滝を見に行くことにしました(^ν^)
うさちゅうさんも、滝子山山頂ではなく滝を目標に頑張る💪と言っていました(^ν^)
目標は、ナメ滝に設定しました(^ν^)

ちなみに、笹子駅から滝子山の登山口を目指す途中に、笹一酒造の酒遊館🍶という大きな施設がありました。
これを見たうさちゅうさん、興奮気味に…
「よし‼️下山したらここだな‼️(^ν^)」
と急にヤル気モードになっていました^^;

しかし、滝子山に入ってすぐに、またもや牛歩戦術を披露してくれました^^;
私が「早く歩かないと、酒飲めないよ〜‼️^^;」と遠くから呼びかけても、歩みは遅いままです^^;

三丈の滝を過ぎて、倒木が沢山あるところで、遂にうさちゅうさんギブアップです^^;
どうやら足裏が痛いそうです^^;
ナメ滝まで辿り着けませんでした^^;
うさちゅうさん「いや〜^^;申し訳ない‼️まっ、こんな日もあるよ(^ν^)」と明るく言っていました^^;
それ私のセリフでは…^^;

正直、私も滝子山の雰囲気が、怖くて怖くて仕方がなかったです^^;
あの蝉のような鳴き声が森中にコダマしていて、色々な音を掻き消しています。
うさちゅうさんを、待っている間も、突然太い蛇🐍が私の足下を通り過ぎて行きビックリ⁉️
前回と同じ流れでは⁉️
キョロキョロし過ぎて、首が痛くなりましたよ〜^^;

ナメ滝を見てみたかったけど、無理はせずに下山して、お楽しみの酒遊館🍶に、立ち寄りました(^ν^)
美味しいビールと蕎麦とソフトクリームに、舌鼓を打つ上機嫌なうさちゅうさんに、足は平気なの?と質問すると…
「へっ?足?あ、あ〜(^ν^)全然平気‼️全く痛みはないよ〜(^ν^)」
あっさりと爽やかに答えていました^^;
ナメ滝まで、行けたんじゃないの〜?^^;

そして14時半頃の電車で、帰ることができました(^ν^)
この日は、登山と言うよりは、笹子駅周遊でした(^ν^)
それなりに、楽しかったです(^ν^)



8:00 笹子駅 到着(笹子駅付近には、コンビニなし)
8:15 登山口 到着
8:54 庭洞山 直前で子熊 目撃
9:45 笹子駅 戻りました^^;
9:45 本社ヶ丸撤退 笹子駅 着
10:20 櫻公園
10:30 おそ沢 分岐
10:50 大鹿橋
11:00 道証地蔵尊
11:30 モチガ滝の案内標識
11:35 三丈の滝
11:50 倒木 ここでリタイア
12:40 道証地蔵尊 戻り
13:40 酒遊館 お食事タイム
14:30 笹子駅

では写真とどうぞ〜(^ν^)

午前8時、笹子駅に到着〜(^ν^)
山梨県ですよ〜(^ν^)


本社ヶ丸を目指してすぐ、庭洞山山頂手前で子熊に遭遇⁉️熊との連続遭遇にビックリ‼️^^;
おそらく親熊も近くにいると思い、子連れの熊はかなり危険なので、即撤退です‼️^^;


まだ10時前なので、駅を挟んで反対側にある滝子山の滝を見に行くことにしました(^ν^)


道証地蔵尊の分岐から、滝子山方面に下りたところです(^ν^)


地元の小学生が作成した、案内板です(^ν^)
モチガ滝まで30分か〜、うさちゅうさんの牛歩戦術では無理だな〜^^;


沢が気持ち良いですよ〜(^ν^)


ここら辺は、名もなき滝ばかりです。


名前があるのは、こちら💁‍♂️
三丈の滝ですよ〜(^ν^)
この滝の手前にも、地元の小学生が作成した案内板がありました(^ν^)


こんな写真を撮っているときも、熊には警戒していますよ〜^^;


この後、うさちゅうさんリタイアします^^;
そしてピストンで戻りますよ〜^^;


モチガ滝も平滝も、そしてナメ滝も見れなかったっス^^;


最後はここで、無事に下山できたことを乾杯🍻しました(^ν^)


これは私のGPSの軌跡です(^ν^)
右が先週の初狩駅から滝子山山頂に行って、熊に遭遇した軌跡です(^ν^)
そして左が、今回の撤退だらけの軌跡です^^;
繋げたかったですね〜(^ν^)


さらに、わかりやすくしました(^ν^)
赤色のところ(沢)で、大きな月の輪熊(親)に遭遇しました^^;
青色のところ(林の中)で、子熊に遭遇しました^^;
緑色のところで、うさちゅうさんがリタイアを申し出ました^^;


まぁ無事に下山できたからOKですね〜(^ν^)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

滝子山(たきごやま) 熊と遭遇しました‼️

2017年06月01日 10時05分41秒 | 登山・トレッキング
先日1人で、山梨県にある滝子山(たきごやま)に行ってきました(^ν^)
滝という名前が付くだけあって、いくつかの滝が見所です(^ν^)

先に言っておきます‼️
今回は熊に遭遇しましたよ〜‼️^^;

当初予定していたコースは…
初狩駅から登山口に入り、滝子山山頂を目指して、その後、三丈の滝やナメ滝を堪能しながら笹子駅へ下山するというものでした。

ルートは…

08:30 JR初狩駅 着

09:00 子神社⛩

09:20 滝子山 登山口

10:00 水場

11:00 檜平

11:40 滝子山 山頂

12:00 鎮西ケ池山頂

12:30 沢沿いの道

熊に遭遇‼️
滝子山山頂まで逆走‼️
檜平まで戻り北方川東尾根ルートで下山

14:40 登山口

15:10 JR初狩駅 着

沢沿いの道までは予定していたルートとおりです(^ν^)
ちなみに水場以降、山頂までほとんど急登でした^^;
本当にしんどかった^^;

そして、ナメ滝や三丈の滝を見るために向かった、スミ沢方面の沢沿いの道で熊に遭遇しました⁉️^^;
ハチャメチャに大きい親熊が一頭、私の50m先に現れて、沢を横切りました‼️

熊鈴は持って来ていなくて、いつもiPhoneで音楽を鳴らして熊鈴の代わりに使っていましたが、沢の景色を写真に収めるために、音楽を止めていたため、熊も出て来てしまったようです^^;
後少しで、出会い頭になるところでした^^;

テレビなどで、熊に遭遇しても絶対に背を向けて逃げてはダメと言われていましたが、猛ダッシュで逆走して山頂手前まで逃げましたよ〜‼️^^;

そして山頂手前で、これからスミ沢方面に下山しようとしていた、70歳のベテランハイカーさんに会い、沢方面で熊を目撃したことを伝えると、このハイカーさん笑いながら「それでは、一緒にその沢へ行きましょう(^ν^)」と無茶な事を爽やかな笑顔で言っていました^^;

私が無理無理と反対すると、一緒に檜平方面に下山してくれましたよ〜(^ν^)
檜平からは、ベテランハイカーさんが気を利かせてくれて、北方川東尾根を使い下山してくれました(^ν^)

本当は、檜平の少し手前にある、北方川西尾根を使いたかったそうです。
ちなみになかなかの激下りでした^^;

その後は、このベテランハイカーさんが、登山中に知り合った50歳のカメラ大好きなハイカーさんと駅のホームで再開して、帰りの電車の中まで、登山談義で盛り上がりました(^ν^)

とても参考になる話ばかりで、面白かったです(^ν^)

しかし今回は、熊のおかげで色々な滝を、見ることが出来ませんでした^^;
特にナメ滝は、見たかったなぁ〜^^;

次回は誰か連れてリベンジですね〜(^ν^)

それでは写真と一緒にどうぞ〜(^ν^)

朝8時30分頃、初狩駅に到着〜(^ν^)


初狩駅は無人駅でした^^;
PASMOで改札を通るときに、料金不足の表示がでましたが、精算機などないので、一度改札を出て、券売機でチャージして再び改札を出ましたよ〜(^ν^)


この集落を抜けて行きます(^ν^)
ここには挨拶街道というのが数メートルあり、すれ違う地元の方々が、みなさん気持ちいい挨拶をしてくれます(^ν^)
そこで、この先の神社⛩からの富士山🗻の眺望がイイよと教えていただいたので、早速行ってみました(^ν^)


子神社というらしいです。
奥に富士山🗻が見えますよ〜(^ν^)


アップにするとこんな感じです(^ν^)


それでは、登山口から入りスタートです(^ν^)
最初は、涸沢の中を歩き、その後は沢沿いの道を歩きます(^ν^)


こちらの沢はマイナーですが、それでも水が豊富です(^ν^)
ちなみに、大きな蛇🐍がいました^^;
さらに、辺りに獣臭が漂っていました^^;


色々な鳴き声も聞こえます(^ν^)
ヒグラシの様な鳴き声が、ずっと聞こえていました(^ν^)


この後、最後の水場という謎のネーミングの水場があり、そこから山頂まで、ずっと急登で心臓バクバクです^^;
その途中に突然現れる広場が、この檜平です。
振り返ると…


またまた富士山🗻‼️
こんにちは〜〜(^ν^)


もっとちこうよれ(^ν^)


そして檜平から、男坂と女坂との分岐があります。
迷わず女坂をチョイスしましたが、キツかったっす^^;
そして三角点です(^ν^)1590mの表示がありました。


そして山頂目前です(^ν^)


そして滝子山山頂1620m到着〜(^ν^)


富士山もっとちこうよれ(^ν^)
雲隠れしちゃってます^^;


反対側はこんな感じです(^ν^)


山頂には、沢山の蜂🐝がいて、休憩できないので、スミ沢方面に下山開始ですよ〜(^ν^)
すぐに鎮西ヶ池山頂に到着〜(^ν^)
そこには、白縫神社⛩がありました。
なぜここに?^^;


さらに下ると、こんな開けた登山道にでます(^ν^)
ここで大きなトカゲをみました^^;


正直、大きな蛇🐍と大きなトカゲ🦎を見たので、次は大きな熊🐻が出てくるかなと心の片隅で思っていました^^;


そして問題の沢沿いの道に入ります。


この蝶々🦋をパシャリ‼️するため数分ここにいました(^ν^)
これが運命の分かれ道だったかもしれませんね〜^^;


そしてこの写真の奥の方で、突然大きな黒い熊🐻が私の50m前をノッソリと横切りました^^;
もっと近かったかもしれません^^;
蝶々🦋撮影していなかったら、出会い頭になって死んでいたかもしれません^^;


登ってきた道を戻り、檜平から北方川東尾根ルートで下山しました(^ν^)
この尾根道は、東京電力の作業員の方のためのルートのようです(^ν^)


そして無事に下山できました(^ν^)
本当に生きてて良かったです^^;

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ついに車が…^^;

2017年05月29日 17時05分24秒 | 色々なこと
半年に一度、マイカーの調子をディーラーさんに持って行って、診てもらっています。

私は車に疎いので、あそこを交換しましょうとか、これは修理しましょうなど言われると、すぐによろしくお願いしますと言ってしまいます^^;

なので、毎回かの半年点検での出費が痛いです^^;

そして今回もどこか修理するんだろうなぁと構えていました^^;
今年で9年目です^^;
さらに今年は車検ですよ〜^^;
ガッツリ診てもらおうかななんて思いながら、待っていると、担当の方が早目に戻って来ました。

そしてただならぬ雰囲気を醸し出していたので、すぐに何かあったなと思いましたよ〜^^;

なんと欠損箇所があるそうです⁉️
そこからエンジンを冷却する水が漏れているとのこと⁉️
一気に水が漏れると、エンジンがオーバーヒートしてロックしてしまい、廃車になるとのこと⁉️

何〜‼️
原因は⁉️

予測になりますが、今までほとんど車を利用してこなかったのに、昨年の秋から登山のために、頻繁に高速道路を利用したため車体に負荷が掛かったのでは?ということらしいです^^;

そうかな〜^^;

と言うことで、どうしたものか^^;

修理費は約20万円、車検と合わせたら、約40万円‼️
そして10年目を過ぎたらこれからも、ちょくちょく壊れるかも^^;

なので、新たな車を購入することになりました^^;
金がない〜^^;

そして、納入日まで今の車を慎重に乗らなくてはなりません^^;
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

初めての自転車(^ν^)

2017年05月24日 17時25分15秒 | 色々なこと
運動会の振り替え休日に、息子たちの自転車を買いに出掛けました(^ν^)
なんと、初めての自転車ですよ〜(^ν^)

小学2年生と4年生ですが、今まで自転車に乗ったことはありません^^;
ストライダーは、小さい頃から乗っていましたよ〜(^ν^)

自宅の周りは、車の往来が激しい幹線道路ばかりなので、今まで購入を渋っていましたが、そろそろ限界かな?と思い、購入することにしました(^ν^)

ちなみに、2人で1台を使用することにしました^^;

早速近所の自転車屋さんへ🚴

下の写真の自転車を購入しましたよ〜(^ν^)


ちなみに、22インチを希望していましたが、自転車屋さんのアドバイスで24インチを購入しましたよ〜(^ν^)

早速、帰宅して練習開始です‼️(^ν^)

すると⁉️

あっさり2人とも数分で、乗れるようになりました‼️(^ν^)

ビックリです‼️(^ν^)

しかし、喜びも束の間、一度転ぶと恐怖心に襲われてしまい、途端に乗れなくなってしまいました^^;

現在、2人とも練習中です^^;
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

猛暑の運動会(^ν^)

2017年05月22日 06時53分58秒 | 色々なこと
先週の土曜日は、息子たちが通う小学校で運動会が開催されましたよ〜(^ν^)

朝7時半から開門されるので、6時から場所取りで並びましたよ〜(^ν^)
この前日には、南高尾山稜のハイキングに行って来ていたので、眠くてたまりませんでした^^;

実際、並んでいるときは寝ていましたよ〜^^;

場所取りも終えて、帰宅してビックリ⁉️
私が取った場所は、レジャーシートを敷いてはいけないところだったようです^^;

慌てて戻り、違う場所にレジャーシートを敷き直す羽目に^^;
朝早く並んだ甲斐がありませんでした^^;

ちなみに、隣に公園があるのですが、ここを確保する方が多いらしいですよ〜(^ν^)
お子さんとは、お昼しか一緒にならないので、割り切って公園の日陰で休んでいる方が良いという家族向けの場所ですよ〜(^ν^)


私は炎天下の日向の場所に、テントを張りました⛺️
テントを張っているのは、私だけです^^;

プログラムはこんな感じですよ〜(^ν^)


○がしている箇所は次男が参加する競技です。
これに長男の競技が合わさると、結構出ずっぱりです^^;

まずは次男の玉入れですよ〜(^ν^)
ホノボノしています(^ν^)


色々と競技は進行していきます。
息子たちの活躍ぶりは、動画で収めましたよ〜(^ν^)
お父さんたちも大変です^^;


そしてお昼ご飯🍚ですよ〜(^ν^)


義父母も応援に来ていましたが、はちゃめちゃに暑くて疲れていましたね〜^^;


そして、この運動会の名物の騎馬戦ですよ〜(^ν^)


一騎当千で、途中から一騎打ちの勝負になるのが、面白いですよ〜(^ν^)

やっぱ、楽しいですね〜(^ν^)
息子たちも頑張っていて、感動しました(^ν^)


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

南高尾山稜 稜線歩き(^ν^)

2017年05月20日 09時30分13秒 | 登山・トレッキング
先日、次男と高尾山登山をしてきましたが、昨日も高尾山に行ってきました^^;

職場の同僚のMくんと一緒に、高尾駅から住宅街を抜けて南高尾山稜から大垂水峠、もみじ台、高尾山山頂までハイキングしてきましたよ〜(^ν^)

Mくんは、登山靴もなにも持っていない初心者なので、ハイキング感覚で楽しめるコースを探して、この南高尾山稜をチョイスしました(^ν^)

しかし、意外にロングコースだったので、Mくんの脚が悲鳴をあげる羽目に⁉️^^;

それでも最後まで歩き通しましまたよ〜(^ν^)

最後はリフトでおりましたよ〜(^ν^)

それでは、写真と一緒にどうぞ〜(^ν^)

高尾駅に朝8時に集合、そして住宅街の中を歩いて、月極駐車場の横から、登山口に入ります(^ν^)


まずは、四辻、草戸峠を目指しますよ〜(^ν^)


開けた所にでましたが、熊蜂🐝が大量にいて、怖いっス^^;
左側には巨大な霊園があります。
高尾山近辺って、霊園が多いですね〜。


まずは四辻に到着〜(^ν^)
辻という字が違うような^^;


意外に、アップダウンが激しいです^^;
すれ違う方は、みんな御高齢な方ばかりですよ〜(^ν^)
みんな健脚ですね〜(^ν^)


ミヤマシキミかな?
初夏の花々が沢山咲いていました(^ν^)


そして草戸峠に到着〜(^ν^)


草戸峠からすぐの所にあるのがこれですよ〜(^ν^)
ここは、草戸山ですよ〜(^ν^)


草戸山 364m ですよ〜(^ν^)


階段が続きますよ〜(^ν^)


かなり淋しい雰囲気の城山湖です^^;


ここから南高尾山領に合流しますよ〜(^ν^)
左に行くと、武相四薬師のひとつ蜂ノ薬師(大覚院東慶寺)に行きますよ〜(^ν^)


三沢峠を通過しますよ〜(^ν^)


西山峠も通過しますよ〜(^ν^)

西山峠のそばにある、西山広場にはリュック掛けがあります(^ν^)
と言うか、いたるところにリュック掛けがありましたよ〜(^ν^)


そして見晴らし台に到着〜(^ν^)
既に先客で満席ですよ〜(^ν^)


ここにもリュック掛けがありましたよ〜(^ν^)
そしてここにリュックを掛けて、振り向くと…


ドーンと津久井湖か相模湖かわかりませんが、素晴らしい眺望がありましたよ〜(^ν^)


中沢峠も通過しますよ〜(^ν^)
一応稜線を歩いていますよ〜(^ν^)


また少し登りますよ〜(^ν^)
いくつか峠を巻いていますよ〜^^;


ヤブテマリ(^ν^)


コンピラ山で休憩しましたよ〜(^ν^)


大洞山ですよ〜(^ν^)
稜線歩きもこの山でおしまい(^ν^)
さぁ大垂水峠を目指しますよ〜(^ν^)


なんとこれが大垂水峠⁉️
普通の橋でしたよ〜^^;


大垂水峠からもみじ台を目指しますよ〜(^ν^)


水も岩から滲み出ていますよ〜(^ν^)


もみじ台まで来ましたよ〜(^ν^)
あと少しですね〜(^ν^)


今日は4号路から下山しますよ〜(^ν^)


そして1号路に合流しますよ〜(^ν^)


そして無事下山できましたよ〜(^ν^)


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

次男と一緒に高尾山(^ν^)

2017年05月14日 21時48分59秒 | 登山・トレッキング
息子達に、一緒に山に行こうと毎回誘いますが、面倒臭いと断られてきました^^;

しかし今回は、珍しく小学2年生の次男が一緒に行ってくれることに⁉️😁
小学4年生の長男は、自宅でゲームをするそうです^^;

数年前に一度、息子達と3人で、高尾山に登ったときは、アスレチックが好きな次男がまさかの、途中の眺望を見て高い〜⁉️とギブアップ^^;

なので今回は、眺望がない山の中のコースの6号路をチョイスしました😁
それなりに楽しんでいたのかな?^^;

なんとか山頂に到着〜😁
凄い人でびっくり⁉️

山頂でお昼御飯を食べましたよ〜😁
しかし次男の足元を見ると、靴が壊れかけていました^^;
応急処置をして、下山開始です^^;

そして無事下山できましたよ〜😁
また行きたいね〜😁
行ってくれるかな^^;

それでは、写真と一緒にどうぞ〜😁

シャガです😁


シャガについて、高尾山マガジンから抜粋
「種をつくることができないため、根茎をどんどんとのばして、ふえていく植物である。その特徴を利用して、土手道などの土留めによく植えられている」
高尾山が崩壊しないのは、シャガのおかげかな?😁


6号路にも沢山のシャガ😁


さぁ6号路に入りますよ〜😁


6号路は、沢沿いの林道を登って行きますよ〜😁


ちなみに、次男の靴ですが…壊れています^^;
行きの電車の中で気づきましたが、甲の部分が外れてパカパカ状態です^^;


ガムテープは、一応購入してあります^^;
でも、なんで壊れかけの靴をわざわざチョイスするかな?^^;


前を行くグループは、登山道のゴミを拾いながら登っていました😁
ボランティアかな?


6号路は、沢沿いを登って行きますよ〜😁
高尾山の中でも、自然に沢山触れ合えると思います😁


この写真の前を歩くグループの方々が、次男に「ぼく、ほらここにでんでん虫がいるよ〜😁」とカタツムリの場所を教えてくれました😁


でも次男は、虫系が苦手で「カタツムリ怖い〜」と言って、そのグループの方々の笑いを誘っていました😁


でも次男は、そのグループの方々を気に入ったらしく、その方達の側に居たかったようで、離されないようにすぐ後方を歩いていました😁


6号路は、沢の中を詰めて行きますよ〜😁
そして次男は、そのグループのしんがりをつとめています😁


壊れかけの靴で、よく必死に登っています😁
偉い‼️😁


山頂の手前で軽く休憩しました😁
ハイチュウ食べています😁
私にも分けてくれました😁
次男は優しいんですよ〜😁


そして山頂に到着〜😁


数年前までは、高い所からの景色に慄いていたのに、今回は感慨深げに、曇り空の下の景色を、眺めていました^^;


山頂は、凄い人集りです^^;


見晴園地からの眺望です😁


レジャーシートも何も持ってきていなかったので、空いている階段に腰を下ろして、おにぎり🍙を2人で食べましたよ。
なんか淋しい思いを、させてしまったような気がします^^;


壊れかけの靴も、ここで応急処置しましたよ〜😁


山頂では、ツーショットも撮りましたが、ここには載せませんよ〜😁

こういう植物や動物の看板が彼方此方にあります。
次男は、この看板をちゃんと読んでましたね〜😁


下山は、1号路を利用しました😁


1号路は、さらに凄い人集りでした^^;


1号路途中からの眺望です😁


最後は、次男の希望でリフトを使って下山しました😁
ここまでくると、次男はいつものニコニコ顔で、元気になっていましたよ〜😁


そして無事下山できましたよ〜😁
電車で帰りますね〜^^;

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

キュウハ沢、寿岳、丹沢山、蛭ヶ岳 エンジン探し

2017年05月10日 16時57分50秒 | 登山・トレッキング
昨日、職場の登山部からうさちゅうさんと2人で、塩水橋からキュウハ沢を目指し、キュウハ沢にある慰霊碑を拝みに行くことにしました。



その慰霊碑の隣には、昔の戦闘機のエンジンが眠っているそうです。
しかし、キュウハ沢の水量が凄く、すぐに撤退決定‼️^^;
次回は長靴持参で来ましょうと約束して、次の目的地へ😁

日高東尾根は崩壊気味でした^^;
寿岳山頂から日高に出て、丹沢主脈線を丹沢山方面に行き、丹沢山に到着〜😁
(ちなみに、日高東尾根ですが、山岳地図にはなぜか記載されていません。
破線ルートとしても記載されていません^^;)

ここで、うさちゅうさんお疲れで、お留守番を申し出ます^^;

私1人で、蛭ヶ岳の往復をして2時間半後に丹沢山に戻りましたよ〜😁
すると、丹沢山山頂でうさちゅうさん、爆睡していましたよ🤣

その後は、堂平方面に下りて、塩水橋まで下山して終了です😁

そして、ルートは…
塩水橋 → キュウハ沢 → 日高東尾根 → 寿岳山頂 → 日高 → 竜ヶ馬場 → 丹沢山 → 箒杉沢ノ頭 → 不動ノ峰 → 棚沢ノ頭 → 鬼ヶ岩ノ頭 → 蛭ヶ岳 → 丹沢山(往復) → 天王寺尾根分岐 → 堂平 → 塩水橋

また長靴持参で行きたいですね〜😁

それでは、写真と一緒にどうぞ〜😁

まずは、塩水橋から本谷橋は渡らずに、本谷林道を歩きます。


ハルユキノシタ(春雪の下)です😁
道端でよく見ます😁


ウツギです😁


このマムシグサ、いかつい〜^^;
本当のマムシみたい^^;


マルバマンネングサです😁


山藤です😁
これからですね〜😁


林道沿いには、沢山の落石の跡があります。
こんな巨石が林道まで、転がってきたらヤバイっす^^;


本谷川です😁
前に来た時は、渓流釣りを楽しむ人で賑わっていました😁


キュウハ沢出合から入り、1つ目の堰堤を越えて、2つ目の堰堤を左岸の高巻きで越えます😁
そして3つ目の堰堤を、渡渉して右岸から越えて行きますが、水量が多くて今回は止めて撤退することにしました^^;
次回は長靴持参ですね〜😁

後で知りましたが、4つ目の堰堤の手前に戦闘機のエンジンと慰霊碑があるそうです。
無理すれば行けたなぁ〜^^;

さぁ気を取り直して、日高東尾根を登り寿岳を目指しますよ〜😁


流石、山岳地図に記載されないだけあって、これが寿岳の山頂標識らしいです^^;


そしてそのまま丹沢主脈線まででますよ〜😁
日高(1461m)


途中からパシャリ‼️😁
下には尊仏ノ土平、奥には霞み富士です😁


私です^^;
誤って黒色のインナーを着てきたので、熊蜂のターゲットにされました^^;


竜ヶ馬場(1504m)


山桜が満開でした😁
レジャーシートを敷いて花見をしたい気分です😁


コケイバイソウです😁
花が咲くところを見てみたいです😁


うさちゅうさんを置いて、お先に1人で到着〜😁
丹沢山(1567m)です😁


ここから蛭ヶ岳の往復ですが、うさちゅうさん体力の限界とかで、丹沢山でお留守番して私の帰りを待っていてくれることになりました^^;

ここからは私が1人で行ってきま〜す‼️😁
箒杉沢ノ頭(1550m)です😁


まずは箒杉沢ノ頭から不動ノ峰を眺めます😁


そして不動ノ峰(1614m)です😁
なかなか幻想的な世界です😁


棚沢ノ頭(1590m)から霞み富士をパシャリ‼️😁


コイワザクラですよ〜😁


鬼ヶ岩ノ頭(1608m)に到着〜😁


ここには鎖場が2箇所ありますよ〜😁


こちらも怖いよ〜^^;


鬼ヶ岩は鬼の角に見立てたこの岩が由来です😁


さぁ残すは、蛭ヶ岳ですよ〜😁


到着〜😁
蛭ヶ岳(1673m)ですよ〜😁
富士山は最後まで霞んでいましたよ〜😁


蛭ヶ岳山頂から霞み富士です😁


さぁ直ぐに戻りますよ〜😁
うさちゅうさんが、待ってますよ〜😁


かなりハイペースで来たので、ヘロヘロになっています^^;


先ほどの鎖場を、今度は登りますよ〜^^;


こちらから見ると、かなり崩壊しているような^^;
そのうちなくなるのでは?^^;


鎖場自体は、大したことはないのですが、周りの景色を見てしまうと足が竦みますよ〜^^;


そしてやはり、帰りの丹沢山山頂手前の登りがキツイっす^^;


丹沢山山頂に戻り、うさちゅうさんを探すと、うさちゅうさんが倒れています⁉️^^;


爆睡していました^^;
後で聞いたら、待っている間、色々な登山客と談笑していて退屈しなかったそうです😁
ちなみに蛭ヶ岳の往復は、2時間半掛かりましたよ〜^^;


さぁ下山しますよ〜😁


以前来た時は、ここは辺り一面雲海でしたね〜😁


天王寺尾根か堂平か、どちらを下山コースに選ぶか検討中です😁


鎖場降りてから決めましょうね😁


堂平からにしましたよ〜😁
そしてこの巨石⁉️
凄いですね〜😁


丹沢山登山口からワサビ沢出合を目指しています😁


塩水川沿いの林道を歩いています😁
林道は、どこも長いっす^^;


この橋の名前⁉️
ほうきすぎばし⁉️
箒杉沢ノ頭から、繋がっているんだ‼️😁


そして本谷橋に到着〜😁


そして無事、下山できました〜😁


さぁ、次回はどこに行こうか?😁
コメント
この記事をはてなブックマークに追加