すけあくろう 多楽祭 ライブレポート

毎月最後の土曜日に開催しているアマチュアミュージシャンばかりが集まって出演するライブイベントのレポートです。

多楽祭・十月編♪♪

2016年11月05日 | 多楽祭・十月編
黒田が引退した。
 みんな、泣きょうた。

 さて、十月の多楽祭は、奇しくも日本シリーズ第6戦のマツダzoom zoomスタヂアムと同時中継で開催されました。期待と不安が混じり合った出演者の面々でありまして、歌を唄ようる場合じゃあなぁで空気感の中、強行されたのであります。

 トッパチは、筆者がチョイと唄い、、、









 二番目には、初出場のナオさんが、鍋谷師匠の伴奏で熱唱されたのであります。









 三番には、超久しぶりの湯谷くん登壇。以前は確か、イケメン同士のDuoだったけど、今はソロで活動中。今宵は、ヤマナカフミオとの共演もありました。







 ヤマナカフミオの「弾き語り」は、この夜もガツンと炸裂しとります。









 フォークソングの生き字引こと川近さん、カープの大ファンでもあります。






 うるしだにウルトラ7/11南畠店店主は、いつものスタイルで、いつものペースで唄はります。







 畑中キャプテンもカープが気が気でなりませぬ。"なんでジャクソンに投げさせるや~!"と、云うたか云わんかったか







 確かクライマックス・ファイナルで横浜を下したのは、佳舟先生が唄い終わった直後のことだったのです。げんを担いでの登壇も力尽き、、、







 広島cityからは、「やまんば」が上がりのステージを務めてくれました。やまんばワールドが益々濃ゆく拡がって参った様子です。









 "なんでジャクソンに投げさせるんじゃ~!"の代わりに、黒田がいっとったら、ぶちえかったのに‥と、ペナントレースと変わらない継投をした監督に、モノ申したかった筆者でありました。
 日本シリーズと同時中継で、大変な神経をつかわれた参加者のみなさん、お疲れ様でありました。

 次は、11月3日の【風の丘・秋の風まつり2016】の模様を報告させていただきませう。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 多楽祭・九月編 | トップ | 風の丘・秋の風まつり2016 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

多楽祭・十月編」カテゴリの最新記事