靖枝の一振り2 民主主義を支える貴方の一票

60年安保、15年安保に反対した人は有権者の何%なのだろう?日本人はどうして自民党が好きなのだろう?という素朴な疑問!

権力に あらがう!

2017-01-30 18:11:16 | 政治社会
玄海原発が再稼働に向けて一歩踏み出した。

国民の8割が脱原発を望んでいるのに、性懲りもなく推進している人は誰なのか?

筆頭は田中原子力規制委員長。14年7月16日の記者会見で田中委員長はこう言った。


「安全審査ではなく基準の適合性を審査したということです。

基準の適合性は見ていますけれども、安全だということは私は申し上げません」


 この不可解な安全宣言を根拠に安倍総理は「新基準で安全を保障された原発は動かす」と言う。

政界に氾濫している言葉のすり替え、拡大解釈の典型である。


そしてこれを金科玉条として、原発で儲けてきた企業、議員、地方政治家が再起動したのだ。

原子力ムラと呼ばれる彼らは 結束は固いし、お金(税金)も握っている。


原発反対の住民には権力もお金も無い。負け戦は 解っている。

それでもあらがう! (毎日新聞(1月30日)に石牟礼道子さんの記事が出ている)

国策である原子力利用に楯つくのは大変だ。

 国策を変えられる唯一の庶民の力は投票!

残念なことに国民の50%もの人が棄権しているから、国策は変わらない。

市議会議員と県議会議員に支えられて国会議員が存在する。

市議会議員を しっかり選ぶことが重要だ。

気のいいおっさんだから などと言って投票しないで、 この人がどんな社会を目指して
議員になりたいのか よく確かめてから 選ぼう。

市議レベルの選挙では、「安保法制など国防は国が決めること、市議には関係無い」 と言って問題が逸らされるが、騙されてはいけない。
その重要問題を決める権限のある国会議員は 市議会議員が支援しなければ議員になれない。

投票率が39% ーー昨日の北九州市議会議員 の選挙。



民主主義はみんなで日本の指導者を選ぶことから始まる。

貴方の住む町の議員から 変えて行こう!先を見通して 賢く投票に行こう! 


ジャンル:
きいて!きいて!
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 戦争を二度としない為の 方法 | トップ | 原発の過酷事故から避難でき... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。