さくらの一日

sakuraとともに

通过万花筒看事物

2017-06-02 06:54:31 | 出来事
可以看到许多受过高等教育的人们面对同一材料时而肯定,时而否定,可见只要有了立场、观点,方法,就容易自以为是。这种自以为是容易让人带上有色眼镜看人看事,好像通过思维的万花筒看事物。事物本身是不变的,但是人的思想是不断变化的
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【教育勅語の十二の徳目】 | トップ | 胡适对中国人的10大批判 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。